お部屋の雰囲気がガラリと変わる!今どきのアクセントクロス事情

アクセントクロス

Pocket

部屋のお気に入りの空間にするために家具や小物に凝ってみる。けれども何か物足りないと思う人も多いことでしょう。とは言っても部屋そのものに手を加えるわけにはいきません。

 

壁紙を変えることはできませんし、かといって気に入った壁紙の部屋はそう簡単には見つからないものです。そんな時、賃貸物件でも使用できるアクセントクロスを検討してみてはいかがでしょうか。今時のアクセントクロスはかなり進化しています。今回はそのアクセントクロスを詳しくご紹介します。

 

アクセントクロスはどんな役に立つの?

部屋の雰囲気は壁の色や柄で驚くほど変わります。賃貸物件は大抵、無難な白い壁紙が多いものです。けれどもアクセントクロスを使えば、色や柄を変えることができます。さらにリビングやキッチン、あるいはトイレなどもアクセントクロスを使うことで雰囲気をかなり変えることができます。

 

アクセントクロスはどうやって貼ればいいの?

まず、アクセントクロスは実際に賃貸物件でも使えるのかどうかが気になるところです。貼ることはできても、はがせなくては困ります。実はこのクロスを貼るために、はがせる糊が売られています。はがせる両面テープもありますが、シワができないように貼るにはコツが必要です。全面的に貼れる糊ならば、誰でも簡単に綺麗に貼ることができます。ネットショップで購入できるので、アクセントクロスと一緒に入手すると良いでしょう。

 

アクセントクロスはどこで購入すれば良い?

アクセントクロスはネットショップで購入することができます。例えば壁紙屋本舗ならば、あらゆるクロスを扱っています。また輸入品であれば色んなデザインがありますし、はがせる糊や道具がセットになっているものもあります。

 

注意したいのはサイズです。国産のアクセントクロスはほとんど90㎝幅で統一されていますが、海外製の場合には幅が異なります。貼る場所に応じてサイズを確認しておく必要があります。

 

賃貸OKアクセントクロス

引用:http://item.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/rkik-set-mttp-mn/

 

img5

引用:http://item.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/rkik-set-mttp-wo/

 

アクセントクロスを手軽に活用しよう

アクセントクロスは、ウォールステッカーとは異なりしっかりとした壁紙です。そのために壁一面に貼るとなれば、大抵の人は大仕事になると思うでしょう。けれどもアクセントクロスは小さなサイズから購入することができます。

 

例えば玄関に少しだけ貼ってみる、といった使い方もできるわけです。玄関といえば出入りする時に必ず通る場所です。あるいは来客を招く時に最初に目に留まる場所です。ここでインパクトのあるアクセントクロスを貼っておくことで、部屋の印象というものが伝わるようになります。

 

アクセントクロスは量産型のクロスよりも価格は高めです。サンゲツやリリカラといったメーカーから1000番台クロスとして販売されていますが、メーターあたり千円ほどとなります。そこで玄関の・・・例えばシューズクローゼットの上部あたりに限定することで予算も抑えることができます。

 

また、アクセントクロスは一般の壁紙とは異なり、色んな機能が備わってるものがあります。例えば汚れを防止したり消臭効果があったりといった具合です。まさに玄関にぴったりではないでしょうか。さらにマイナスイオンを発生したりアレルギーの抑制効果を持つとされるものもあります。調湿機能を備えたものを使えば、湿気対策にもなります。

 

アクセントクロスの貼り方

アクセントクロスを貼る時には様々なテクニックも必要になります。例えばコンセントのある部分は切り取る必要があります。いきなりリビングの壁に貼るとなれば、失敗できないプレッシャーもありますよね。そこで練習も兼ねて玄関で貼ってみましょう。

 

アクセントクロスは輸入品などであれば、糊やハケなどをセットにしているものがあります。これなら道具を揃える必要もなく簡単に作業できます。やり方は説明書に書いてありますが、大まかに言えばクロスを貼る場所に糊を塗り、その上にクロスを貼ってスムーサーで空気を抜くといった流れになります。

 

コンセントがあれば、まず先にカバーを外しておきます。クロスを貼ってコンセント周りのラインに沿ってカッターでクロスを切り抜きます。これはそれほど厳密にきっちりと行わなくても、カバーをすれば見た目は綺麗に仕上がります。

 

賃貸物件でのアクセントクロスを効果的に貼れる場所

賃貸物件でアクセントクロスを貼る場合、予算が潤沢にあれば良いのですが、そういうわけにもいかないものです。そこでどこに貼ればコスパ良く効果を期待できるのかを考えてみましょう。候補となるのは、良く目につく場所です。つまり普段良く使う場所、例えばトイレやキッチンなどが候補となります。それほど広くないスペースなので、クロスもそれほど購入する必要もありません。さらに季節が変わるごとにデザインを変えるといったこともできます。

 

トイレに貼る場合の注意点ですが、便座に座って正面に貼るのは避けましょう。ここにデザイン性のあるクロスを貼ると、心理的に閉塞感が強まるようです。タンクの裏や側面に、明るい色合いのものを貼ると良いでしょう。柄もそれほど強調するものではないものがベストです。キッチンも同様に、狭さを感じさせなくするために明るめの色合いのクロスを、幅の狭い壁に貼ると効果的です。

 

リビングでのアクセントクロスの活用方法

さて、いよいよ本丸とも言えるリビングでのアクセントクロスの貼り方です。ここは貼る場所や色合い、デザインが上手くマッチしなければ、失敗することも多いところです。しかもアクセントクロスは見本で見る色合いと、広い場所に貼った時の印象が変わるものです。特に淡いパステルカラー調の色合いは、ほんの少しの濃淡で印象がかなり変わるものです。できればデザイナーに頼んでチョイスして欲しいところですが、自分で全てを行うとなると難しいものです。

 

そこでお勧めなのが、梁や柱に限定して貼る方法です。ワンポイントにすることでコストもかからず、心理的なプレッシャーも少なくなります。もちろん、これだけでも部屋の雰囲気はかなり変わります。出っ張りとなる梁や柱には、濃いめの色のクロスを貼ることで部屋が引き締まった印象になります。

 

アクセントクロスを選ぶ際の注意点

アクセントクロスに限らず、壁紙はサンプルで見る色と、実際に貼った時の色合いが違って見えることがあります。これは視覚的な問題ですが、面積が広くなるほどに色が薄く感じるのが原因です。広い壁に貼るのであれば、気持ち濃いかな、と思うくらいの色が良いかもしれません。

 

また窓のある壁にアクセントクロスを貼る場合には、カーテンの色との兼ね合いが問題になります。カーテンの色も存在感があるので、通常はここにアクセントクロスを貼るのは避けることになります。どうしても貼りたい場合には、カーテンとクロスのどちらを引き立たせるのかを決めることが大事です。同じような理由で、壁にソファを配置する場合には、ソファの色と喧嘩しないように色を考える必要があります。

 

Pocket

心が温まる空間にしよう!冬の北欧インテリア

北欧インテリア

Pocket

北欧調インテリアの人気が続いています。暖かな雰囲気が日本人の暮らしに合うのが理由のようですが、インテリアといっても身構える必要はありません。身近なところから少しずつ、その雰囲気を楽しむコツを挙げていきます。

手軽に始める北欧スタイル

ワンルームマンションなどで、とりあえず予算をかけずに北欧スタイルを楽しんでみようという思う人にお勧めの方法を挙げていきます。家具を購入するにも、失敗したらどうしよう、と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、まずは一枚の布から雰囲気を味わう方法をご紹介します。

北欧スタイルのファブリックと言えば大きな柄が特徴ですが、マリメッコという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。フィンランドのアパレル企業ですが、鮮やかな色と大柄なプリント柄が特徴のデザインによるファブリックで有名です。さらに北欧の伝統的な植物柄が特徴のボロースや動物や植物をモチーフにしたヨブスなど色んな柄があります。これを100均ショップなどで売られるファブリックボードに貼り付けて飾るわけです。アイロンで綺麗にのばした布をファブリックボードにかけて、裏からホチキスで留めれば簡単に作れます。布も北欧家具のIKEAならば、必要な分だけカットしてくれますし、通販でも購入できます。

北欧ではこのようなファブリックボードを絵画のように飾っています。壁のピクチャーレールに吊るしたり棚の上に置いたりと、自由に飾ることができます。あるいは賃貸物件でも取り付けられるウォールシェルフに飾ることで雰囲気を楽しむことができます。

ウォールステッカーで部屋全体を飾る

ファブリックボードで雰囲気を掴んだら、ウォールステッカーに挑戦してみましょう。北欧調の雰囲気を感じることができるのは、植物や木のステッカーです。最もオーソドックスなものとなりますし、家具などを揃えていないお部屋でも雰囲気は結構変わります。また、フェルトの素材感となるデザインのファブリック調の木の絵柄も暖かみを感じさせてくれます。さらに北欧ではポピュラーなアイテムであるフラッグガーランド調のウォールステッカーを組み合わせると、なお雰囲気は高まります。もう少し可愛らしいデザインをという場合には、ずばりムーミンのステッカーを使うのも良いかもしれません。あるいはレトロ調の木のみ柄のものも可愛らしく演出できます。トイレやキッチンなどに使うのもGoodです。本物は無理でも雰囲気だけでも、という方にはシャンデリアやランプといったものもあります。慣れてきたら幾何学模様にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。クッションカバーなどにも使うとお洒落な幾何学模様ですが、まずはこのウォールステッカーで試してみるのも良いでしょう。

クッションカバーにチャレンジ

それでは徐々に大きなものに挑戦していきましょう。次はクッションカバーです。北欧調と一口に言っても、その柄は色々とあります。基本的には部屋全体の雰囲気はシンプルがキーワードになりますし、色もアースカラーと呼ばれる落ち着いたものとなります。けれども小物類はカラフルに鮮やかにして明るい雰囲気を演出するのがポイントです。そこでクッションカバーも赤や黄色といった暖色系のカラフルなものにしてみてはいかがでしょうか。鳥や植物などをモチーフにしたプリントのあるものであれば、明るく楽しい雰囲気になります。

一般的な賃貸マンションはブラウン系のフローリングに白い壁と天井といった内装になります。ここにベッドやテーブル、ソファや椅子などを北欧調に揃えていくことになります。このような大物家具は基本的に木材調になるので、部屋を引き立たせるカラーをクッションなどで演出することになるわけです。

カーテンの選び方

いよいよ部屋の中でも大きな存在感のあるカーテンを選びます。絵柄は細かなものよりも大柄なものを選ぶのが北欧調です。色合いですが、ここは個人の好みで選べば良いでしょう。いくつかのケースがありますが、落ち着いた雰囲気を好むならば淡い色合いの花や植物をデザインしたものが良いでしょう。生地も綿や麻といった自然素材のものが合います。自然を感じさせるものが好きな人には、アニマル柄が良いかもしれません。ビンテージ家具を置くのであれば、カーテンも存在感のある大柄デザインの単色カラーが合います。モダンでお洒落な雰囲気を好む人ならば、幾何学模様や切り絵調の花が良いかもしれません。パイプ製の足となるテーブルや椅子を置く部屋に合います。

照明にもこだわりを

だいぶ部屋の雰囲気が北欧調に染まってきたら、照明にもこだわりたいものです。柔らかな明かりで暖かさを求める北欧では、間接照明を多く使っています。スタンドライトなどを置くのも良いのですが、天井にダクトレールを取り付けてペンダントライトやスポットライトを設置すると、いろんな変化をつけて楽しめます。北欧では太陽の光をあまり見ないために、照明の光も直接見るのは苦手とされます。そのためにシェードなどで電球を隠すのが本場のスタイルです。けれども特にこだわらずに、雰囲気で良いと思うものを選んではいかがでしょうか。それほどお金をかけずに通販でも購入できますし、もちろんIKEAの通販でも注文できます。

お気に入りの家具を選ぶ

だいたい自分なりの北欧スタイルのインテリアのイメージが固まってきたら、いよいよ大物家具を選んでみるのも良いでしょう。テーブルやソファなどよく使うものをお気に入りのものにすることで、雰囲気をさらに味わうことができます。北欧スタイルの生活とは、気に入った家具をいつまでも長く使って、その経年による劣化も楽しむものです。そのような味わいを楽しめる木製の家具を選ぶのがポイントです。テーブルや椅子は全てが木製である必要はありません。モダンな雰囲気が好きな人なら足がパイプ製でももちろんOKです。一般的に木の風味を味わえる家具は多くが、ピーチ材かオーク材となっています。

特にオーク材は木目によって高級感も漂わせています。ただし、無垢のオーク材は高価なので、家具を全て無垢材で揃えるとかなりの予算が必要になります。そこで、食卓にするテーブルだけでもオーク材にするというのはいかがでしょうか。そして椅子などは安価なピーチ材で揃えるなど工夫すると良いかもしれません。

テーブルだけでも無垢のオーク材は高い!という場合には、チェストなどなにか一品、お気に入りの家具を選ぶというのはいかがでしょうか。北欧テイストのインテリアは、部屋の雰囲気ももちろんですが、その生活を楽しむという意味合いがあります。何かひとつ、長く愛用できる家具を持つということで、その生活を楽しむことができるわけです。

北欧スタイルの生活の楽しみ方

北欧調インテリアは、もちろん形から入ることができます。けれどもその真髄(と言っては大げさですが)は、北欧スタイルの生活を楽しむということです。何もお金をかけなければ楽しめないというわけではありません。むしろ、手作りした小物などで住みやすい部屋に作り上げていくことこそが北欧スタイルと言えます。

終わりに

北欧調インテリアは、基本さえ押さえれば自由に楽しむことができるものです。まずは身の周りから、例えばデスク周りやベッド、棚などから少しずつ楽しんでみてはいかがでしょうか。

Pocket

6畳でも快適なお部屋に|一人暮らしを楽しく演出するインテリアのコツとは?

パリのアパルトマン風

Pocket

ワンルームのひとつの基準として、6畳の部屋があります。この限られた空間をどのように生かしたインテリアを考えれば良いのか、今回はそのアイデアをまとめてみました。

 

ベッドの置き方で変わる部屋の雰囲気

まず6畳という空間に占める存在感の大きなベッドを、どのように置くかで雰囲気は変わります。窓に対して並行となるように横向きにするのか、それとも縦にするかによって他の家具も変わります。横向きにすると、残りの室内はある程度空間を確保できます。ここにテーブルを置くことで、床に座る生活スタイルが実現します。さらにソファも置けるので、ゆったりとくつろげるインテリアを楽しむことができるようになります。ベッドに背を向けるようにソファを置けば、寝室とリビングとを分けることができます。このようにゾーニングすることで、生活にメリハリがつくようになります。

 
一方で縦向きにベッドを置くとすると、残りのスペースも横長の形になります。そこでベッドと反対側の壁に机や家具を揃えて置くことで、椅子に座る生活をすることになります。床に座るにはスペースが狭くなりますし、また圧迫感もあるからです。ただし、ベッドを横に置くことに比べて、バルコニーへの動線は確保できます。洗濯物を干すなどといった作業はしやすいというわけです。

 
また、このようなレイアウトはホテルでもよく見られるものです。ホテルライクな空間を目指すならば、あえて自宅を寝室メインの部屋と割り切って考えることもできます。特に普段仕事で忙しい人は、ほとんど寝るために帰るような生活になります。そこで思い切って、ベッド周りを充実させたインテリアにするという方法もあります。

 

ベッドを手前に置くレイアウト

ベッドを窓際に置かずに、逆の手前に置くという方法もあります。窓側にリビングスペースを作ることで、落ち着いた空間を生み出すことができます。というのも、ベッドを窓側に置くと玄関からリビングスペースまでが続いているので、その移動のしやすさがかえって落ち着きをなくす感じを与えることになります。けれども入り口からベッドというワンクッションを置くことで、その奥のリビングが独立した空間となるわけです。間接照明をうまく活用すれば、さらに雰囲気を高めることができます。

 
朝日が差し込むような気持ちの良い部屋ならば、その窓際にテーブルとソファを置いてゆったりとした朝食タイムを楽しむのも良いものです。家具などを厳選することで、パリのアパルトマン風にすることもできます。

横長の部屋の場合

 

ワンルームマンションはほとんどが縦に長い形になります。けれども中には、建物内における部屋の位置によって横長となるタイプもあります。この場合には、部屋を右と左に分けてゾーニングすることができます。片方を寝室に、もう片方をリビングダイニングにするわけです。生活空間を2つに分けることで、生活にメリハリが生まれることになります。

 

窓際がコの字型の場合

間取りによっては、窓側が直線とならずコの字型にへこんだ空間がある部屋があります。そこにベッドを置くと、へこんだ空間が無駄になってしまいます。大抵はその部分に窓もあるので、ここに机を置くと絶好の作業スペースになります。ベッドは入り口側に横向きに置くことになります。そして中央にできた空間をリビングスペースとして、ソファや高さの低いテーブル、そしてテレビなどを置く形になります。

 

ワクワク感を出すインテリア

6畳の部屋は決して広くはありません。そこで無理に広さを感じるようなインテリアを目指すのではなく、逆に狭さを利用する工夫もあります。家具で仕切りを作って、ステーショナリー空間を生み出すのです。部屋の角に机を置き、壁と反対側に仕切りとなる家具を置いて机を周りから見えないような形にするわけです。机の周りに本や好きな雑貨などを集めることで、特別な空間を生み出すことができます。

 

デスク周りを充実する

それほどコアなインテリアにはしたくないけれど、できるビジネスマン風の部屋が欲しい、そう思う人にはワークスペースをメインに考えたインテリアがお勧めです。ベッドは窓際に縦に配置して、反対側の壁にシェルフとテレビを置きます。そして手前のスペースに机や本棚、反対側の壁にクローゼットを置くといった形で、ちょとしたビジネスホテル風の部屋にすることができます。机はベッドの足元の位置に置けば、そこからテレビを観ることもできます。その机とつながるように壁側に背の低い本棚を置くというスタイルになります。

 

お気に入りのソファをメインに

ビジネスマンならばデスク周りを充実させることで、狭い部屋も満足度の高い部屋にすることができます。同様に、普段座ることになるお気に入りのソファをメインにするレイアウトも、満足度の高い部屋になります。窓側にソファを置いて、それを中心にどのように周りを充実させるかを考えるわけです。このようにお気に入りの空間を作ることによって、あとは多少モノが溢れたりしても素敵に過ごせる部屋にできるわけです。

 

統一感を出す

たとえ狭くても、イメージを固めて統一感を出せば、住んでいて楽しいと感じることができます。引っ越しと同時に家具も揃えることができるのであれば、ぜひ挑戦してみたいものです。例えばアンティーク調のベッドや机、チェストなどを置くことで満足感の高い部屋作りができます。お気に入りの雑貨を集めてディスプレイしても、多少部屋が狭くても満足できます。椅子に座る習慣のある海外生活を楽しめる空間にすることができます。

 

カフェ風の部屋

カフェの雰囲気を持った部屋も人気があります。ちょっと狭さを感じるくらいが、逆に雰囲気を高めてくれるのが利点です。レトロ調なラグマットやソファ、チェストなどを置けば、隠れ家的なカフェの雰囲気を再現できます。天井の照明はダクトレールを取り付けて、スポットライトで間接照明にすれば、さらに雰囲気が高まります。

 

シンプルな部屋を目指す

ミニマリストという言葉が流行っています。究極まで物を減らした生活を送ることですが、そこまでいかなくてもシンプルな部屋を目指すのも1つの手段です。最低限必要なテレビ、ソファ、テーブルにベッドだけを置いた生活を目指すことになります。ソファなどの色を統一感させると、なお効果は高まります。

 
こだわりのソファの項目でも述べましたが、お気に入りの家具だけを置くことでミニマムな生活を楽しむことができます。例えばダイニングテーブルとイスだけはこだわるけれども、後は不要といった潔さがあれば、このシンプルなインテリアを楽しむことができます。ベッドも置かずに布団だけ置いて置くというのもアリです。

 
また、このミニマムな生活を進めると、物事を工夫する楽しさを覚えるようになります。例えば炊飯器を置かないで済ませるためには、どうすれば良いのか、といったことです。毎日の生活から仕事へと、様々なことに考えを巡らせる癖もつくようです。これはシンプルな部屋がライフスタイルを変えるということを意味します。

 

終わりに

6畳という広さの部屋にも、様々な暮らし方があることがわかります。ポイントとなるのは、どのように楽しむのか、ということです。狭さを感じさせない工夫をするのも良いですし、逆にその狭さを楽しむこともできるというわけです。さらには理想の部屋作りを目指すことそのものがライフスタイルになる場合もあります。

 

5万円台からのデザイナーズマンション賃貸をご紹介!

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

Pocket

賃貸でも諦めない!ここまでできるインテリア

インテリアリフォーム

Pocket

賃貸物件を借りる場合、室内に傷をつけることはご法度です。真っ白な壁紙が味気ないなどの不満があっても、どうしようもないと諦めがちですが、実は工夫によって部屋の印象は大きく変わります。今回そのポイントをいくつか挙げてみます。

ウォールステッカーを使う

部屋の印象を変えるためには、大きな面積となる部分に手を加える必要があります。室内でそのような部分といえば、窓やサッシと壁、天井です。窓やサッシは好きなカーテンをかけることで対処できますが、壁や天井もウォールステッカーで装飾できます。

ウォールステッカー
出典:harry

ウォールステッカーとは、簡単に貼ったりはがしたりできるシールのことです。壁に傷をつけないので、簡単に原状回復できるのが特徴です。また様々な模様やデザインがあるので、簡単に好みの雰囲気にすることができます。ネット通販で入手できるので、誰でも簡単に入手することができます。種類としては、簡単にはがせるシール式のものと、ドライヤーで温めながらはがす転写式のものとがあります。転写式はしっかりと貼れるのが特徴ですが、壁紙によってははがしにくいこともあるので注意が必要です。

価格はサイズによって異なりますが、だいたい数百円から数千円といった感じになります。100円ショップでも購入できます。

効果的な使い方ですが、基本は目線の位置に貼ることです。壁全面をウォールステッカーで埋めるとなると相当な費用がかかります。またデザイン的にもくどくなるので、ピンポイントで貼るのがお勧めです。まずはリビングで普段座る位置の目線の先に、お気に入りのデザインのものを貼るというのが基本的な使い方です。

さらに上級者的な使い方としては、あえてニッチなスペースに貼るというテクニックがあります。例えば天井近くの梁のように、普段気にかけないような場所に貼ると逆に目立ちます。あるいは、ちょっとしたくぼみなどにお洒落なステッカーを貼るのも遊び心があります。床に近い部分にネコのステッカーを貼ってみるのもいいですね。

玄関を変えよう

玄関は部屋に最初に足を踏み入れる場所です。このスペースをどのように演出するかによって、部屋のイメージも大きく変わります。

玄関の床に木目調のクッションフロアを敷くだけで、暖かみのある雰囲気を感じます。壁も板壁風にカッティングシートを貼ると、さらに柔らかな印象になります。あるいは大理石風のクッションフロアを敷くことでデザイナーズマンション風にすることもできます。また、レンガ調にすることでブルックリンスタイルを演出することが可能です。床にアンティークレンガ、壁は漆喰調とすることによって、ナチュラルな雰囲気にもできます。

さらに、ドアにカッティングシートを貼ることによって、床や壁との相乗効果を生むことになります。

キッチンを変えよう

DIYインテリア-キッチン

壁をウォールステッカーでおしゃれにしたら、次はキッチンを変えてみてはいかがでしょうか。普段使うところをお気に入りのデザインにすることで、楽しい気分にもなります。

まずキッチンの壁を好きなデザインにするコツを紹介します。下地に幅の広いマスキングテープを貼ることで、その上に好きなカッティングシートを壁紙として貼れるようになります。キッチンでは定番となる木目調のものやタイル調のものなど、自由に選ぶことができます。100円ショップでも色んなデザインのものがあるので気に入ったものを探すことができます。

定番のものに飽きたら、他のデザインに挑戦してみましょう。モノクロのタイル状を使えば、メリハリが効いたスタイリッシュな感じになります。ミックスカラーのものであれば、ポップな遊び心を感じることができます。ユニークデザインのものを組み合わせることで、さらにポップな雰囲気を演出できます。

トイレをおしゃれに

DIYインテリア-トイレ

室内でも特に生活感が出るのがトイレです。ここをおしゃれに変えることで、カフェ風にすることもできます。ポイントはタンクを隠すタンクレスです。ちょっと大がかりな作業が必要ですが、雑貨を飾るなどのおしゃれも楽しめるので人気があります。

必要となる道具はメジャーと電動ドライバー、タッカーと呼ばれるホチキスのようなもの、そしてサンドペーパーです。電動ドライバーはネット通販で格安で手に入ります。

タンクレスDIYの流れとしては、まずサイズを測ってベニヤ板をカットします。これはホームセンターで板を購入する際にカットしてもらえます。次にサイドなどに角材やベニヤ板を取り付けて補強しておきます。取り付けは電動ドライバーを使用します。次にベニヤ板に好みのタイルやシートを貼り、土台を完成させます。続いて上部の板も、水受けなどの穴をあけて作成します。上部の板を土台に取り付けて完成です。上部の板には好みに応じて布を貼り付けるのもアリです。そしてお気に入りの雑貨を飾っておけば楽しい空間へと変わります。

壁もマスキングテープとカッティングシートでおしゃれな雰囲気にできます。レトロな感じの壁にすれば、カフェやレストランのような雰囲気となります。

バスルームもDIYでリラクゼーション効果を

DIYインテリア-バスルーム

水回りとしてバスルームのインテリアは難しいものですが、工夫によってリラクゼーション効果を高めることができます。バスルームには、水に強いお風呂用の壁ステッカーを貼ることができます。基本的に茶系を使うことで、落ち着いた雰囲気になります。グリーン系の色を使えば、清々しい気分になれます。さらにワンポイントステッカーを貼ることで、お洒落感を高めることができます。

また、脱衣所にディアウォールを設置することで、ちょっとした物置にすることができます。洗濯機の上にスペースが空いていれば、おしゃれな収納棚を作れます。そこにカゴを置いてタオルなどを収納すると便利に利用できます。

ディアウォールを活用しよう

ディアウォールとは、床と天井の突っ張り棒で、上部のパーツ内にバネが入っています。ツーバイフォー材をはめ込んだものを使うことで、横棚を通して作り棚とすることができます。

ディアウォール
出典:diy-lab.jp

壁一面に設置することで、雑貨や観葉植物を飾ることができます。あるいは本を置いてブルックリンスタイルを演出したりと工夫できます。あるいは奥行のある棚を取り付けることで、ちょっとした作業スペースとなるカウンターを作ることもできます。

キッチンの壁にも設置できるので、調味料や食器などを置いて見せる収納代わりにできます。あるいはカウンター下のようなデッドスペースに設置することで有効利用できます。縦に長いスペースがあれば、食品を保管するパントリーにすることもできます。収納を増やすと共にインテリアとしてのおしゃれな雰囲気も演出できます。

玄関に設置すれば、大量の靴も置けるようになります。見せる収納として、お気に入りの靴をディスプレイするのも良いでしょう。また、うまく活用すれば間仕切り代わりにすることもできます。キッチンが室内から見えないように区切ると共に、収納としても活用できます。

このディアウォールは、一本でも利用できるのが特徴です。フックやワイヤーバスケットなどを取り付けることで、ちょっとしたスペースを収納にしたりディスプレイ空間にできます。

終わりに

賃貸物件でも、このように工夫することによってかなり雰囲気を変えることができます。予算もそれほどかからないので、季節によって変えることも可能です。ウォールステッカーはイベントによっても変えると楽しいものです。ハロウィンやクリスマスなど、時期に応じて変えることで雰囲気を楽しむことができます。

Pocket

こんなのアリ!?オシャレすぎるデザイナーズマンション賃貸3選

Nアパートメント

Pocket

夢はマイホームというあなたにこそ見てほしい今回の記事。

今回は「オシャレすぎるデザイナーズマンション」

今どきのデザイナーズマンションはそこらの分譲賃貸なんかよりもデザイン性が高いマンションがいっぱいです!

見ているだけで楽しくなれる写真をメインにご紹介しています。

NYスタイルのデザイナーズマンション

Nアパートメント

ニューヨークのブルックリン地方のようなデザインで、ブリックタイルやパイプを使ったレール照明などハード目のデザイナーズマンション

Nアパートメント 室内

窓はよくある窓サッシだけではなくアイアン素材の窓サッシと組み合わせる事で、快適性とデザイン性を両立させています。

Nアパートメント-エントランス

コチラのマンションは、エントランスホールもお洒落で、海外のホテルを思わせるようなデザインになっています。

外の視界を気にしなくていいプライベートテラス

デザイナーズマンション

ブロックデザインで囲われたテラスはまさにプライベートテラス!

人の目を気にしなくて良いというのは本当に楽な生活だと思います。

おまけにこんなにオシャレなテラスであれば活躍の機会は多そうですね。

デザイナーズマンション

お部屋の中はこんな感じで、コンクリート打ちっ放しの都会的なデザインが素敵です!

やり過ぎないがちょうど良い、リノベーション賃貸

リノベーション賃貸

 

上の写真はマンションをリノベーションした賃貸。

最近のリノベーションはデザインをいっぱい入れ込んだ完成されたデザインが多いのですが、

デザインはほどほどに入居する人にデザインの余白を残しておくことも賃貸では大切なこと!

カッコよさを引き立たせるデザインですね。

まとめ

いかがでしたか?

デザイナーズマンションでもデザインや住み方は本当に多種多様!

一生住むわけでは賃貸マンションだから、少しくらいの冒険も楽しめるというもの。

よくあるデザインで快適な生活を楽しむのも良いですが、どうせだったらデザインをとことん楽しむのもいいのでないでしょうか?

 

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工