狭くても大丈夫!効率アップのキッチン活用アイデア

Pocket

image
賃貸マンションで割と多い不満が、キッチンの狭さです。限られたスペースをできる限り広く使うために、キッチンスペースが削られているのが理由です。また、ひとり暮らしが前提となる物件の場合は比較的コンロがひとつとなるケースが多いものですし、オール電化の場合にはIHコンロがひとつという形が多くなります。そのようなキッチンで毎日料理をするとなると、それなりの工夫は必要になります。キッチンにおける不満は大きく分けて3つあります。作業スペースが狭いことと散らかって片付かないこと、道具類が収納しにくいことです。料理をする上で重視される点としては、効率良く短時間で作業できること、掃除がしやすいことと無駄の無い収納ができることです。この3点を押さえれば良いことになります。

【キッチンの収納術は多いけれど】

狭いキッチンの収納をいかに活用するかは、それこそ山のようにアイデアが溢れています。それでもまだ情報を求めている人がいるということは、何かが足りないことを意味するのでは無いでしょうか。そのひとつは、収納を工夫するだけでは狭いキッチンでの調理が効率良くはならないということです。そして収納を試してみても何かしっくりこないということです。それは当然のことですが、キッチンにも様々な種類がありますし、所有するキッチン用品や食器も人によって異なるからです。

【収納で重視すること】

まず基本的なことですが、重くて大きいものは下の方に、軽くてあまり使わないものを上にしまうことは大事です。特にキッチンは吊り戸棚をいかに利用するかがポイントになります。調味料は軽いですし隙間に上手くしまうことができます。けれども上の方や狭い隙間に収納してしまうと、普段使い難いものとなってしまいます。そしてもうひとつ注意したいのが、魅せる収納です。突っ張り棒を利用して道具類を吊るす方法は良くあるパターンです。けれどもワンルームのように居室とキッチンが近いタイプの部屋は、埃がたまりやすいものです。使う前に水洗いする必要があるとなれば、効率が悪いものとなります。

【効率を考える】

調理で重視されるのが効率良く行えることです。狭いキッチンの場合にはモノを取り出したり作業スペースが無いために使用する道具や下ごしらえをしている食材の置き場を考える時間が無駄になるものです。そのストレスが不満の原因にもなります。そこで、そのストレスをいかに解消するかを考えることが必要です。例えばまな板を使わずに済むキッチン用品を活用するのもひとつの手です。あるいは折りたたみの椅子の上を利用してまな板を置くなどの工夫もできます。

【食器洗いのコツ】

最近のキッチンのシンクはかなりコンパクトです。デザイナーズマンションのようなお洒落な部屋には多く見られますが、大きめの鍋をひとつ置いただけでスペースが無くなるほどのサイズも多くあります。そこで洗い物にも工夫が必要になります。多くの人がやりがちですが、鍋に水を張って食器を中に漬けていることは避けるべきです。洗剤を混ぜておいても、油が他の食器に移るので洗うのに手間がかかります。まず邪魔になるのなら大きな鍋やフライパンは先に洗っておきます。油のついた食器はティッシュやキッチンペーパーで油を拭き取ることが大事です。そしてコップなど油のついていないものを優先的に洗っておくのがポイントです。また、水切りカゴを置くスペースも無いようであれば、洗った食器はキッチンペーパーなどで水を拭き取ってすぐに収納してしまいます。お湯で洗えば水切りも早いものです。

他にも注意点は幾つもあります。例えば引き出しの仕切り収納はきちんとサイズを測って、デッドスペースができないようにすることが大事です。また、普段良く使う道具や食器類はゆとりあるスペースに収納することが大事です。すぐに取り出せるよう効率重視で考えることがポイントとなります。

Pocket

大掃除で慌てない!楽に続く簡単な普段掃除とは

Pocket

image (55)
毎年恒例とはなりますが、年末の大掃除で大変な思いをした人は多いのではないでしょうか。そして、今年こそは日頃から掃除を心掛けておこうと考える人もいると思います。毎日とは言いませんが、まめに掃除をするにはコツがあります。汚れがこびり付いて苦労することの無いように、心掛けておくべきことを幾つか挙げてみます。

【掃除が面倒になる心理】

何事もそうですが、行動を起こすか起こさないか、心理的な癖が大きく影響します。汚れがこびりついてしまうと、後で時間のある時にと考えてしまいます。そのために日頃から少しでも綺麗にしておくことが大切です。特にキッチンは料理のために油がこびり付くことになります。汚れは洗剤を含ませたキッチンペーパーで簡単に落とせます。とにかく放置しないことが大事です。とは言っても疲れて帰れば面倒にもなるものです。食事が終わったあとに処理しようとすると、眠気も手伝っておっくうになります。休みの日などに時間を取るスケジュールを組んでおくのもひとつの手段です。長続きさせるためには、無理をしないスケジュールで習慣付けることが大事です。休みの日であれば、まず簡単に掃除を済ませることで気分良く1日をスタートさせることもできます。

【掃除はまず片付けから】

掃除が続かない理由の大きな理由として、散らかった部屋が挙げられます。掃除をするためには、まず片付けから行わなければなりません。それが面倒のなで、取り掛かるのに気合を入れなくてはならなくなります。そこで普段から片付けができる部屋にしておくことが大事です。と言っても難しく考えることはありません。何かひとつ大きめのボックスを用意しておいて、散らかった小物などを取り敢えず入れることができるようにするのです。この”取り敢えず”という行為が、簡単に取りかかれる鍵になります。取り敢えず簡単に行動できることを決める、これが大きな行動を起こすためのエンジンをかける鍵になるのです。

【掃除が楽になる部屋を作る】

日頃から簡単に掃除を行えるようにするコツは、それが可能となる部屋作りをすることです。家電に積もった埃をさっと拭くことができるシートを取り出しやすいところに置いておく、掃除機をかけるのが面倒であればハンディクリーナーを用意するなどの工夫をするわけです。そのような掃除道具を置いておくスペースを確保しておくわけです。キッチンや洗面所などにもすぐに取り出せる位置に拭き取りペーパーなどを置いてすぐに使えるようにします。小物などはまとめて収納できるケースに入れて、隙間の掃除の時にはすぐに移動できるようにしておきます。

【収納は場所を決める】

掃除しにくくなる部屋は、何かとモノが溢れているものです。許容量をオーバーするような買い物は控えるように、あらゆるモノの収納場所を決めておくことは大事です。そこ以外には置かないようにすれば、余分な買い物をしないようになります。そしてモノが散らばることがないので掃除もしやすくなります。

デザイナーズマンションのようにお洒落な部屋に引っ越したならば、綺麗にしておきたいと思うものです。けれども忙しくてついサボりがちになってしまうと、汚れが堆積し部屋も散らかるようになります。その結果、年末にまとめてやれば良いという心理になります。散らかった部屋は片付けも億劫なものです。掃除の前に憂鬱になってしまいます。そこでまずは日頃の片付けが簡単にできる仕組みを作り、そして簡単に掃除を始められる仕組みを作るわけです。手始めに何を行うのかを考えるわけです。取り敢えずテーブルの上を拭く、テレビの埃を拭き取る、レンジの油汚れを拭き取るといったことです。いっぺんに全てを行うのではなく、ローテーションを組んで順番に取り組むようにしても良いものです。

Pocket

あなたならどう使う?ロフトのあるお部屋

Pocket

image (48)
ワンルームの部屋に多く見られるロフトは、少しでも空間を利用したい人にとっては貴重な場所です。多くは部屋の上、天井までのスペースを利用した形となりますが、その使い方や注意点などが色々とあります。デザイナーズマンションなどは、使い方によってお洒落な生活を演出できる空間になります。

寝室として使う

居住スペースをリビングとして使いたい場合、寝具などはインテリアにマッチしないと思う人も多くいます。また、女性でロフトを好む場合、玄関を開けて部屋の中が見える時に布団が見られるのを嫌がるケースが多いものです。そこで、少し限定された空間としてのロフトは丁度良い寝室になるわけです。ただし注意が必要なのは、夏場の暑さ対策です。多くの部屋の場合、エアコンはロフトよりも下の位置にあることから、冷気がロフトまで回らないことになります。そのために暑さがこもることから、扇風機やサーキュレーターの使用が必要となります。

書斎として使う

ロフトのような低い天井で、少し狭いスペースは書斎としても最適です。ロフトが好まれる理由のひとつが、この非日常空間です。作業を行ったり趣味に没頭するために最適な場所というわけです。クッションやラグを持ち込めば、お気に入りの空間になります。やはり夏場の暑さ対策は必要ですが、それに加えて湿気がこもることを防ぐことが必要となります。本がカビないように、やはりサーキュレーターなどを使ってこまめに空気を循環させることが大事です。

収納として使う

ワンルームの部屋はとかく収納が少ないものです。そこで、ロフトを収納として使うケースも多く見られます。季節ごとに使うものが変わるような服などをしまっておくことで、居住空間には必要なものだけを置いておくことができます。

ロフト付き物件を探すポイント

ロフトを使う上では、何かと注意すべきポイントもあります。内見の際には是非チェックしておきたいことが色々とあります。まず梯子の位置が邪魔にならないところかが大切なポイントとなります。居室に家具などを置いた際に、邪魔にならない場所にかけることができるかどうかは大切なポイントです。また、上り下りがスムーズに行えるかも大事なポイントです。さらに、ロフト部分に机や棚が置けるかどうか、あるいは扇風機やサーキュレーターを使うためのコンセントがあるかも確認が必要です。また、実際に住んで問題になるのが音です。すぐ上が屋根なので、雨が降りつける音が気になる場合もあります。最近のロフトは、特にデザイナーズマンションなどの場合屋根と外壁の間に断熱材を多く入れているものもありますし、暑さ対策にもなっています。あるいは下の階の部屋にもロフトがある場合には、居室にそのロフトでの音が響く場合もあるので、できれば確認しておきたいところです。

ロフトを使う上でのポイントとは

実際にロフトを使ってみて分かることは色々とあります。その中で注意しておきたいことを幾つか挙げてみます。まず掃除ですが、特に女性の場合には普通の掃除機を持って上がり降りするのは大変です。そこでコンパクトなクリーナーなどが必要となります。収納として使うならば、できる限り軽いものやコンパクトなものを多く置いておくことになりますが、数を増やしすぎると出し入れが面倒になるので注意が必要です。

実際にロフトを使っている人の意見

ロフトを使っている人の意見は大いに参考になります。どのように活用しているのか、何が気になるのかがわかるからです。例えば学生の頃に勉強スペースとして使っていた人は、その閉鎖的な空間が集中力を高めることになったと語っています。また、油絵を勉強している人は、居住空間を全て油絵のキャンバスや道具で埋め尽くしていたので、ロフトにマットと布団を持ち込んで寝ていたそうです。油絵の道具を片付ける必要が無いので、作業がはかどったとのことです。このように、ロフトは活用の仕方によって生活に変化を与えたり便利にしたりすることができることがわかります。

Pocket

書斎のある間取り|「DEN」の魅力とは?

Pocket

image (45)
マンションには居室の他にウォークインクローゼット、そしてDENなどがあります。DENとは居室としては認可されない小さなスペースですが、それがDENという名前の由来ともなる隠れ家的な魅力を持つものとなります。近年では書斎を希望する人も多いものですが、家族の中で真っ先に犠牲にされるのは書斎です。けれどもDENがあれば、その夢を叶えることもできます。デザイナーズマンションなどでは、あえてその空間を用意することで趣味に没頭できるようにしています。納戸やサービスルームとは異なり、その狭さゆえに書斎として優先して使えることになるわけです。

書斎の必要性について

「本棚のない家は知恵のない家と同じ、書斎のない家は主人のない家と同じ」このような格言があります。夫は家長として1人で考える時も必要と言われます。そして書斎は単に本を収納する空間ではなく、自分が自分らしいことをするための場所となります。オープンスペースでの書斎も人気はありますが、自分と向き合いこもることができる場所として確保されていることが必要というわけです。

DENを活用する

とは言え、DENは様々な利用のされ方をしています。小さな子供がいる時にはキッズスペースとして使われることもあります。家族が寝静まった後にパソコンとチェアを持ち込んでの作業スペースにするなどのフレキシブルな使用方法もあります。程よい狭さがサーキュレーターや電気ストーブを使うことで、効率良く空調を整えることになります。

書斎の作り方

DENを利用して、専用の書斎とする場合にはデスクのレイアウトも大事です。そのためには、書斎をどのように使うのかがポイントになります。例えば毎日短時間だけ使用するような場合には、デスクを壁面に向けるレイアウトが一般的となります。その周辺に本棚を備えることで、より隠れ家的な雰囲気を楽しむことができます。ただし、このスタイルは長時間作業には不向きとなります。もし週末などのまとまった時間に利用するのであれば、壁を背にする形でデスクを置くことがお勧めです。というのも、人は後ろに空間ができると集中力を欠くと言われるからです。背後を壁にすることで、創造性を必要とする作業に向くレイアウトとなるわけです。ちなみに椅子は沈み込まない硬めのものが必要です。腰を立てて座る姿勢を維持できることが大事です。けれどももし、その隠れ家としての雰囲気を楽しんでリラックスしたいのであれば、好みのソファを持ち込むのも良いものです。デザイナーズマンションであれば、DENも使い勝手を考慮して確保されているものもあります。

家族にとっての書斎の存在

家族には時に、いざこざもつきものです。夫婦喧嘩も起きるものですが、その前に2人一旦それぞれの居場所を作ることも必要です。特に子供がいる時には、言い争う姿は見せなくないものです。もしそのような雰囲気を感じ取る時には、書斎にこもることも必要です。頭を冷やすことで、謝るきっかけもつかめるものです。オープンなスペースで家族がいつも一緒にいることも大切ですが、時にはそれぞれが居場所を持つことも大切ということです。

建築家の杉浦伝宗氏はこう言い表しています。「家はそもそも、女性のために存在する、」と。それゆえに家には、男が独りになれる書斎が必要であるというわけです。女性であれば家を丸ごとテリトリーにすることができると言っています。それに対して、男性は世帯主としての冠をかぶせられながらも、決まった居場所を持っていないからです。そしてDENがあれば、そのような居場所を”正式に”所有することができるわけです。使用目的は人それぞれですし、作業効率が上がったり寛ぎの空間を楽しむことができます。けれどもそれ以前に、家族としての在り方を考えると是非確保したいスペースであることがわかります。

Pocket

憧れのルーフバルコニーで毎日の生活をもっと豊かに

Pocket

image (44)
マンションには洗濯物を干すためのスペースとしてバルコニーがあります。そして同じ共用部分として、一部の住戸にはルーフバルコニーが使用できるようになっています。ルーフバルコニーの特徴としては、階下の部屋の屋根部分を利用したものとなります。屋根が無いものがほとんどですが、広い空間を確保されたものが多いものです。

通常は日照権の都合により北側の斜面制限によって生じるスペースを利用した形となるので、北向きとなるものがほとんどです。けれどもその広さを活用することで、生活を豊かにすることができます。デザイナーズマンションのように満足度の高い住空間を提供する建物であれば、ルーフバルコニーも使い勝手の良いようにデザインされているものも多くあります。

ガーデニングに最適

通常のバルコニーでもガーデニングはできますが、ルーフバルコニーの場合には広さを利用してより多くの種類を楽しむことができます。家庭菜園を作って野菜を育てることも可能です。

ただし、ルーフバルコニーはあくまでも共用部分であることから、使用する上では様々な規約が定められるものとなります。大抵のルーフバルコニーは、直接土を撒いてガーデニングを行うことは禁止されることになります。というのも、ルーフバルコニーは周りを遮るものが無いので強風が吹き込むことがあります。その風によって土が舞い上がることを避けるためとなります。さらにマンションの大規模修繕が行われる時には、ルーフバルコニーの上は全て撤去する必要が出てきます。そのために、すぐに持ち運びができるようにプランターを使用することが必要となります。

リビングの延長として楽しむ

ルーフバルコニーにデッキ材を敷くことにより、リビングの延長のような雰囲気を楽しむことができます。天気の良い日にはテーブルやチェアを置いて、カフェスペースとしても利用できます。お茶を楽しんだり食事をしたり、開放感のあるルーフバルコニーならではのメリットを享受できるわけです。また、小さな子供が遊ぶにも程よい広さとなります。ただ、下は住戸がありますし、走り回ったりすると振動音などの迷惑をかけることになります。その点に注意して利用することが大切です。

ルーフバルコニーの管理規約について

とにかく広い、開放感のあるスペースなので様々な使い方が楽しめそうなルーフバルコニーですが、階下の住戸や周辺に迷惑をかけないようにと規約があります。

まず基本は共用部分なので、避難ルートの確保などのために倉庫や物置を置いたりサンルームを設置することは禁止されます。また、大量の土砂や石を置くこともNGとなる場合がほとんどです。重量制限もあるので、チェックしてみることも大切です。また、ガーデニングを行うなどのために水を使用することもあります。そのために、排水口はまめに掃除することが必要となります。ゴミや落ち葉などが詰まることで雨水なども溜まることになりますし、下の住居へ漏水することもあるので注意が必要となります。また、人を集めてバーベキューなどを行う場合にも周辺に迷惑をかけないようにすることが大事ですし、規約によっては事前に許可が必要な場合もあります。

まとめ

このように使用するには制限も多いものですが、開放感のあるこの空間を活用できるのは特権とも言えます。シーツや布団を広々と干すこともできますし、たとえ北向きではあっても東や西からの日差しは入ります。デッキ材も木材の他に様々なものがあります。テラコッタやコルクなども人気があります。強い日差しの照り返しを防ぐ効果もあります。水はけが良いように、少し隙間を開けて敷くことも大事ですし、強風が吹いても吹き飛ばされないようにする必要もあります。と同時に大規模修繕が行われる際にはすぐに撤去できるようにしておく必要もあります。このような条件の元に、いかに楽しむことができるかがポイントにもなります。

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工