「上質な暮らし」を感じる賃貸マンション設備とは?

上質な時間

Pocket

高級タワーマンションのこんな広告を目にすることはありませんか?

 

”上質な暮らしをあなたに・・・“

 

豪華なスカイラウンジやコンシェルジュサービス、夜景を見渡せる眺望など、確かに非日常とも言える生活を送れそうです。ところで上質な生活というのは、このような高級物件に住まなければ手に入らないものでしょうか。

 

上質な生活とは?

辞書を引くと、上質とは「品質が優れていること」「質が良いこと」などと書いてあります。では上質な暮らしとは、そのような高品質なものを使った生活ということでしょうか。確かにタワーマンションの設備やサービスは品質が良さそうです。では、そのような生活を維持するために働きづくめであったならどうでしょうか。家賃を払うために、あるいは住宅ローンを払うために寝る間も惜しんで働き続ける生活は、上質と言えるのでしょうか。

 

ちょっと違う気がしますよね。とすれば上質な暮らしとは、生活の仕方も意味するのではないかと考えられます。スカイラウンジで少しお酒を飲みながら夜景に目をやり、一日の疲れを癒す・・・まさに上質な暮らしのワンシーンといった感じです。

 

暮しのワンシーンを考える

先ほど、暮らしのワンシーンという表現を用いました。朝起きてから夜寝るまで全てが上質である必要はないという意味です。たとえ毎日仕事に追われて忙しくしていても、ほんの少しでも上質な時間というものを確保できるのであれば、それで良いのではないでしょうか。そう考えると、上質な暮らしというのは時間の使い方が上質であると言いかえることもできそうです。とすると、そのような時間を過ごすことができるようなアイテムや設備、サービスや空間が確保できれば良いのではないでしょうか。

 

上質な睡眠にこだわってみる

寝室

 

睡眠は一日の疲れを癒す大切な時間です。毎日を目まぐるしく過ごしていても、質の良い睡眠を取ることで日々に充実感を感じることができるのではないでしょうか。

 

そこで賃貸マンション選びでは、上質な睡眠が確保できるような部屋探しが必要になります。そのためには、まずベッドを置く位置を確認してみます。その近くに水回りの設備がないかどうかをチェックします。キッチンが近いと冷蔵庫の音も気になります。また、朝日が差し込むような窓の配置も大事です。外で車の往来などが多いようであれば、二重窓やペアガラスのサッシがあることも必要です。

 

バスルームにこだわる

バスルーム

 

疲れを癒す空間として、バスルームも重要な場所です。バスタイムはまさに上質な暮らしの代名詞とも言えるのではないでしょうか。

 

まずゆったりと湯船に浸かるためには、フルオートバスは必要です。いわゆる追い炊き機能がついていることですが、湯船のお湯の温度を一定に保つためです。さらに冬場のバスルームを暖めておけるように、浴室暖房乾燥機もあった方が良いでしょう。バスルーム室内の明かりにも配慮するのであれば、サークル照明で柔らかい光につつまれるようにしたいものです。シャワーヘッドを好きな高さで固定できるスライドバーもついていると便利ですね。また、マイクロバブルを発生させるエステケアシャワーは、疲れた心も癒してくれそうです。

 

キッチンにこだわる

キッチン (1)

 

上質な生活といえば、食事も欠かせません。そんなに贅沢をする必要は無く、贅沢に時間をかけて好きな料理にこだわるのも良いものです。自分のために、あるいは家族のために手料理を楽しみたい場合に役立つキッチン設備があると嬉しいものです。

 

例えば解放感のあるオープンキッチンであれば、家族みんなで料理に参加することも、あるいは仲の良い友達を呼んで楽しむこともできます。水はねを抑えた静音使用のシンクなら、ストレスいらずで後片付けもできそうです。ディスポーザーがあれば生ごみの処理もストレスなく行えます。コンロ回りがホーロー使用となっている物件もあります。油はねによって汚れやすい場所ですが、ホーローを使うことで汚れにくくなっています。上質な暮らしには清潔感も必要です。手間をかけずに掃除ができるキッチンがあると嬉しいですね。

 

こだわりのお気に入りの食器をしまっておける引き出しタイプの収納も便利です。奥にしまった食器も不便なく取り出せるので、食事の度に雰囲気に合わせて食器を変えるといった演出もできそうです。さらに静かに引き戸が閉まるソフトクローズ機能がついていると、開け閉めを静かに行うようになるのでゆとりのある生活になります。

 

ここで分かるのは、上質な暮らしにはある程度のゆとりが必要ということです。そして備え付けられた設備によって、そのようなゆとりある暮らしを与えてもらうこともできるということです。

 

上質な洗面台はゆとりある身だしなみを誘います

洗面台

 

物件の設備によって、ゆとりある行動を誘うこともあります。美しく機能性の高い独立洗面台は、その優雅さゆえに朝の身だしなみも贅沢な時間に変えてくれます。

 

スクエア洗面ボウルは掃除がしやすいことでも好評ですが、シンプルながらに洗練されたデザインは上質さを感じさせてくれます。収納力もあり機能性の高い洗面台は、小物などもしっかりと収納できるのですっきりと綺麗にしておけます。シンプルかつ洗練されたデザインというのも、上質な暮らしに必要なキーワードのようです。

 

上質な暮らしについて

ここまで幾つかの設備を見て、上質な暮らしというものをイメージしてきました。

 

・ちょっとだけ贅沢な時間を楽しむこと

・シンプルかつ機能的な洗練されたデザイン

・ストレスなく清潔感を保てること

 

などがそのシーンとして目に浮かびます。

 

断捨離やミニマリスト、エコといったキーワードが上質な暮らしと結びつくのは、以上のような条件を満たしているからかもしれません。もちろん、このような生活をしなければ上質な暮らしができないわけではありません。ただし、適度に部屋が片付いていること、不必要にモノを増やさないことは必要なようです。そのためには収納もある程度必要ですし、そこに収まらないほどに荷物を増やさない工夫も必要です。上質な暮らしは設備とそれをどのように活用するかという工夫も必要なようです。けれども何よりも大切なことは、生活を楽しむということです。それもお金をかけるわけではなく、ちょっとだけ時間を贅沢に使うことだけが必要になります。忙しい中でそんな時間を作ることは・・・と考えるのも分かります。けれどもあえてゆとりを持つことで、これまでは気づかなかったアイデアが生まれることもあります。それが忙しさを解消させる工夫につながることもあるものです。

 

その他の上質な暮らしにつながる設備について

賃貸マンションも、分譲マンションのような贅沢な設備を備えたものが増えてきています。床暖房は部屋を乾燥させることなく暖めることができることでも人気があります。また浴室換気乾燥機も、これまでは分譲住宅ならではの設備でした。洗濯の時間を気にすることもなくなり、その分時間を自由に使えるようになります。サッシにペアガラスが採用されていれば、外部の音が気になりませんし、その上結露も抑えられるので清潔感も保たれます。

 

まとめ

上質な暮らしというのは、決してホテル住まいや高級マンションに暮らすことだけではありません。ちょっとした設備があれば、その雰囲気を味わうことができます。何よりも少しだけ時間を贅沢に使って、生活を楽しむ習慣を身に付けることで実現できます。忙しい毎日であっても、この時間だけは大切にしたいというものを見つけてみるのも良いものです。

 

Pocket

狭くても大丈夫!効率アップのキッチン活用アイデア

Pocket

image
賃貸マンションで割と多い不満が、キッチンの狭さです。限られたスペースをできる限り広く使うために、キッチンスペースが削られているのが理由です。また、ひとり暮らしが前提となる物件の場合は比較的コンロがひとつとなるケースが多いものですし、オール電化の場合にはIHコンロがひとつという形が多くなります。そのようなキッチンで毎日料理をするとなると、それなりの工夫は必要になります。キッチンにおける不満は大きく分けて3つあります。作業スペースが狭いことと散らかって片付かないこと、道具類が収納しにくいことです。料理をする上で重視される点としては、効率良く短時間で作業できること、掃除がしやすいことと無駄の無い収納ができることです。この3点を押さえれば良いことになります。

【キッチンの収納術は多いけれど】

狭いキッチンの収納をいかに活用するかは、それこそ山のようにアイデアが溢れています。それでもまだ情報を求めている人がいるということは、何かが足りないことを意味するのでは無いでしょうか。そのひとつは、収納を工夫するだけでは狭いキッチンでの調理が効率良くはならないということです。そして収納を試してみても何かしっくりこないということです。それは当然のことですが、キッチンにも様々な種類がありますし、所有するキッチン用品や食器も人によって異なるからです。

【収納で重視すること】

まず基本的なことですが、重くて大きいものは下の方に、軽くてあまり使わないものを上にしまうことは大事です。特にキッチンは吊り戸棚をいかに利用するかがポイントになります。調味料は軽いですし隙間に上手くしまうことができます。けれども上の方や狭い隙間に収納してしまうと、普段使い難いものとなってしまいます。そしてもうひとつ注意したいのが、魅せる収納です。突っ張り棒を利用して道具類を吊るす方法は良くあるパターンです。けれどもワンルームのように居室とキッチンが近いタイプの部屋は、埃がたまりやすいものです。使う前に水洗いする必要があるとなれば、効率が悪いものとなります。

【効率を考える】

調理で重視されるのが効率良く行えることです。狭いキッチンの場合にはモノを取り出したり作業スペースが無いために使用する道具や下ごしらえをしている食材の置き場を考える時間が無駄になるものです。そのストレスが不満の原因にもなります。そこで、そのストレスをいかに解消するかを考えることが必要です。例えばまな板を使わずに済むキッチン用品を活用するのもひとつの手です。あるいは折りたたみの椅子の上を利用してまな板を置くなどの工夫もできます。

【食器洗いのコツ】

最近のキッチンのシンクはかなりコンパクトです。デザイナーズマンションのようなお洒落な部屋には多く見られますが、大きめの鍋をひとつ置いただけでスペースが無くなるほどのサイズも多くあります。そこで洗い物にも工夫が必要になります。多くの人がやりがちですが、鍋に水を張って食器を中に漬けていることは避けるべきです。洗剤を混ぜておいても、油が他の食器に移るので洗うのに手間がかかります。まず邪魔になるのなら大きな鍋やフライパンは先に洗っておきます。油のついた食器はティッシュやキッチンペーパーで油を拭き取ることが大事です。そしてコップなど油のついていないものを優先的に洗っておくのがポイントです。また、水切りカゴを置くスペースも無いようであれば、洗った食器はキッチンペーパーなどで水を拭き取ってすぐに収納してしまいます。お湯で洗えば水切りも早いものです。

他にも注意点は幾つもあります。例えば引き出しの仕切り収納はきちんとサイズを測って、デッドスペースができないようにすることが大事です。また、普段良く使う道具や食器類はゆとりあるスペースに収納することが大事です。すぐに取り出せるよう効率重視で考えることがポイントとなります。

Pocket

大掃除で慌てない!楽に続く簡単な普段掃除とは

Pocket

image (55)
毎年恒例とはなりますが、年末の大掃除で大変な思いをした人は多いのではないでしょうか。そして、今年こそは日頃から掃除を心掛けておこうと考える人もいると思います。毎日とは言いませんが、まめに掃除をするにはコツがあります。汚れがこびり付いて苦労することの無いように、心掛けておくべきことを幾つか挙げてみます。

【掃除が面倒になる心理】

何事もそうですが、行動を起こすか起こさないか、心理的な癖が大きく影響します。汚れがこびりついてしまうと、後で時間のある時にと考えてしまいます。そのために日頃から少しでも綺麗にしておくことが大切です。特にキッチンは料理のために油がこびり付くことになります。汚れは洗剤を含ませたキッチンペーパーで簡単に落とせます。とにかく放置しないことが大事です。とは言っても疲れて帰れば面倒にもなるものです。食事が終わったあとに処理しようとすると、眠気も手伝っておっくうになります。休みの日などに時間を取るスケジュールを組んでおくのもひとつの手段です。長続きさせるためには、無理をしないスケジュールで習慣付けることが大事です。休みの日であれば、まず簡単に掃除を済ませることで気分良く1日をスタートさせることもできます。

【掃除はまず片付けから】

掃除が続かない理由の大きな理由として、散らかった部屋が挙げられます。掃除をするためには、まず片付けから行わなければなりません。それが面倒のなで、取り掛かるのに気合を入れなくてはならなくなります。そこで普段から片付けができる部屋にしておくことが大事です。と言っても難しく考えることはありません。何かひとつ大きめのボックスを用意しておいて、散らかった小物などを取り敢えず入れることができるようにするのです。この”取り敢えず”という行為が、簡単に取りかかれる鍵になります。取り敢えず簡単に行動できることを決める、これが大きな行動を起こすためのエンジンをかける鍵になるのです。

【掃除が楽になる部屋を作る】

日頃から簡単に掃除を行えるようにするコツは、それが可能となる部屋作りをすることです。家電に積もった埃をさっと拭くことができるシートを取り出しやすいところに置いておく、掃除機をかけるのが面倒であればハンディクリーナーを用意するなどの工夫をするわけです。そのような掃除道具を置いておくスペースを確保しておくわけです。キッチンや洗面所などにもすぐに取り出せる位置に拭き取りペーパーなどを置いてすぐに使えるようにします。小物などはまとめて収納できるケースに入れて、隙間の掃除の時にはすぐに移動できるようにしておきます。

【収納は場所を決める】

掃除しにくくなる部屋は、何かとモノが溢れているものです。許容量をオーバーするような買い物は控えるように、あらゆるモノの収納場所を決めておくことは大事です。そこ以外には置かないようにすれば、余分な買い物をしないようになります。そしてモノが散らばることがないので掃除もしやすくなります。

デザイナーズマンションのようにお洒落な部屋に引っ越したならば、綺麗にしておきたいと思うものです。けれども忙しくてついサボりがちになってしまうと、汚れが堆積し部屋も散らかるようになります。その結果、年末にまとめてやれば良いという心理になります。散らかった部屋は片付けも億劫なものです。掃除の前に憂鬱になってしまいます。そこでまずは日頃の片付けが簡単にできる仕組みを作り、そして簡単に掃除を始められる仕組みを作るわけです。手始めに何を行うのかを考えるわけです。取り敢えずテーブルの上を拭く、テレビの埃を拭き取る、レンジの油汚れを拭き取るといったことです。いっぺんに全てを行うのではなく、ローテーションを組んで順番に取り組むようにしても良いものです。

Pocket

あなたならどう使う?ロフトのあるお部屋

Pocket

image (48)
ワンルームの部屋に多く見られるロフトは、少しでも空間を利用したい人にとっては貴重な場所です。多くは部屋の上、天井までのスペースを利用した形となりますが、その使い方や注意点などが色々とあります。デザイナーズマンションなどは、使い方によってお洒落な生活を演出できる空間になります。

寝室として使う

居住スペースをリビングとして使いたい場合、寝具などはインテリアにマッチしないと思う人も多くいます。また、女性でロフトを好む場合、玄関を開けて部屋の中が見える時に布団が見られるのを嫌がるケースが多いものです。そこで、少し限定された空間としてのロフトは丁度良い寝室になるわけです。ただし注意が必要なのは、夏場の暑さ対策です。多くの部屋の場合、エアコンはロフトよりも下の位置にあることから、冷気がロフトまで回らないことになります。そのために暑さがこもることから、扇風機やサーキュレーターの使用が必要となります。

書斎として使う

ロフトのような低い天井で、少し狭いスペースは書斎としても最適です。ロフトが好まれる理由のひとつが、この非日常空間です。作業を行ったり趣味に没頭するために最適な場所というわけです。クッションやラグを持ち込めば、お気に入りの空間になります。やはり夏場の暑さ対策は必要ですが、それに加えて湿気がこもることを防ぐことが必要となります。本がカビないように、やはりサーキュレーターなどを使ってこまめに空気を循環させることが大事です。

収納として使う

ワンルームの部屋はとかく収納が少ないものです。そこで、ロフトを収納として使うケースも多く見られます。季節ごとに使うものが変わるような服などをしまっておくことで、居住空間には必要なものだけを置いておくことができます。

ロフト付き物件を探すポイント

ロフトを使う上では、何かと注意すべきポイントもあります。内見の際には是非チェックしておきたいことが色々とあります。まず梯子の位置が邪魔にならないところかが大切なポイントとなります。居室に家具などを置いた際に、邪魔にならない場所にかけることができるかどうかは大切なポイントです。また、上り下りがスムーズに行えるかも大事なポイントです。さらに、ロフト部分に机や棚が置けるかどうか、あるいは扇風機やサーキュレーターを使うためのコンセントがあるかも確認が必要です。また、実際に住んで問題になるのが音です。すぐ上が屋根なので、雨が降りつける音が気になる場合もあります。最近のロフトは、特にデザイナーズマンションなどの場合屋根と外壁の間に断熱材を多く入れているものもありますし、暑さ対策にもなっています。あるいは下の階の部屋にもロフトがある場合には、居室にそのロフトでの音が響く場合もあるので、できれば確認しておきたいところです。

ロフトを使う上でのポイントとは

実際にロフトを使ってみて分かることは色々とあります。その中で注意しておきたいことを幾つか挙げてみます。まず掃除ですが、特に女性の場合には普通の掃除機を持って上がり降りするのは大変です。そこでコンパクトなクリーナーなどが必要となります。収納として使うならば、できる限り軽いものやコンパクトなものを多く置いておくことになりますが、数を増やしすぎると出し入れが面倒になるので注意が必要です。

実際にロフトを使っている人の意見

ロフトを使っている人の意見は大いに参考になります。どのように活用しているのか、何が気になるのかがわかるからです。例えば学生の頃に勉強スペースとして使っていた人は、その閉鎖的な空間が集中力を高めることになったと語っています。また、油絵を勉強している人は、居住空間を全て油絵のキャンバスや道具で埋め尽くしていたので、ロフトにマットと布団を持ち込んで寝ていたそうです。油絵の道具を片付ける必要が無いので、作業がはかどったとのことです。このように、ロフトは活用の仕方によって生活に変化を与えたり便利にしたりすることができることがわかります。

Pocket

書斎のある間取り|「DEN」の魅力とは?

Pocket

image (45)
マンションには居室の他にウォークインクローゼット、そしてDENなどがあります。DENとは居室としては認可されない小さなスペースですが、それがDENという名前の由来ともなる隠れ家的な魅力を持つものとなります。近年では書斎を希望する人も多いものですが、家族の中で真っ先に犠牲にされるのは書斎です。けれどもDENがあれば、その夢を叶えることもできます。デザイナーズマンションなどでは、あえてその空間を用意することで趣味に没頭できるようにしています。納戸やサービスルームとは異なり、その狭さゆえに書斎として優先して使えることになるわけです。

書斎の必要性について

「本棚のない家は知恵のない家と同じ、書斎のない家は主人のない家と同じ」このような格言があります。夫は家長として1人で考える時も必要と言われます。そして書斎は単に本を収納する空間ではなく、自分が自分らしいことをするための場所となります。オープンスペースでの書斎も人気はありますが、自分と向き合いこもることができる場所として確保されていることが必要というわけです。

DENを活用する

とは言え、DENは様々な利用のされ方をしています。小さな子供がいる時にはキッズスペースとして使われることもあります。家族が寝静まった後にパソコンとチェアを持ち込んでの作業スペースにするなどのフレキシブルな使用方法もあります。程よい狭さがサーキュレーターや電気ストーブを使うことで、効率良く空調を整えることになります。

書斎の作り方

DENを利用して、専用の書斎とする場合にはデスクのレイアウトも大事です。そのためには、書斎をどのように使うのかがポイントになります。例えば毎日短時間だけ使用するような場合には、デスクを壁面に向けるレイアウトが一般的となります。その周辺に本棚を備えることで、より隠れ家的な雰囲気を楽しむことができます。ただし、このスタイルは長時間作業には不向きとなります。もし週末などのまとまった時間に利用するのであれば、壁を背にする形でデスクを置くことがお勧めです。というのも、人は後ろに空間ができると集中力を欠くと言われるからです。背後を壁にすることで、創造性を必要とする作業に向くレイアウトとなるわけです。ちなみに椅子は沈み込まない硬めのものが必要です。腰を立てて座る姿勢を維持できることが大事です。けれどももし、その隠れ家としての雰囲気を楽しんでリラックスしたいのであれば、好みのソファを持ち込むのも良いものです。デザイナーズマンションであれば、DENも使い勝手を考慮して確保されているものもあります。

家族にとっての書斎の存在

家族には時に、いざこざもつきものです。夫婦喧嘩も起きるものですが、その前に2人一旦それぞれの居場所を作ることも必要です。特に子供がいる時には、言い争う姿は見せなくないものです。もしそのような雰囲気を感じ取る時には、書斎にこもることも必要です。頭を冷やすことで、謝るきっかけもつかめるものです。オープンなスペースで家族がいつも一緒にいることも大切ですが、時にはそれぞれが居場所を持つことも大切ということです。
建築家の杉浦伝宗氏はこう言い表しています。「家はそもそも、女性のために存在する、」と。それゆえに家には、男が独りになれる書斎が必要であるというわけです。女性であれば家を丸ごとテリトリーにすることができると言っています。それに対して、男性は世帯主としての冠をかぶせられながらも、決まった居場所を持っていないからです。そしてDENがあれば、そのような居場所を”正式に”所有することができるわけです。使用目的は人それぞれですし、作業効率が上がったり寛ぎの空間を楽しむことができます。けれどもそれ以前に、家族としての在り方を考えると是非確保したいスペースであることがわかります。

 

名古屋のデザイナーズマンション専門サイトは下記から

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工