間取りのあれこれ

Pocket

1R、1DK、1LDK+S …。これって何のこと? ネットなどで間取り図を見ていて、多くの方が疑問に思うことでしょう。今回は間取りの種類や間取りの見方をご紹介します。

まずは文字の説明から。1Rは文字通り「ワンルーム」で、1つのフロアー内にキッチンがある間取りです。居室とキッチンの仕切りがないので、玄関部分から居室が丸見えの物件が多いのですが、1人住まいにはこれでも十分で、ワンルームマンションなどが学生に人気です。

次は1Kです。こちらは居室とK(キッチン)が仕切られたタイプです。キッチンの広さは一般的に4.5畳以下とされています。1DKは居室とDK(ダイニングキッチン)の間取りです。1Kと同様に居室とダイニングキッチンに仕切りがあるのですが、1Kと比べるとキッチンが広く、一般的には4.5畳~8畳あります。1LDKは居室とLDK(リビングダイニングキッチン)の間取りです。LDKはリビングという名前が付いているだけに最低でも8畳はあり、けっこう広いので家賃は一般的に高くなるようです。

聞きなれないのが「1LDK+S」かもしれませんね。この「S」はサービスルームの頭文字で、衣類や家具の収納を目的とした小部屋です。建築基準法上は採光や換気基準を満たさないので居室として認められない部屋です。昔から「納戸」と呼ばれているスペースなので、「N」と表記されることもあります。

間取り図の表記にはこのほか、書斎(DEN)、ユーティリティスペース(U)、フリールーム(F)、マルチルーム(M)などもあります。
また、「CL」はクローゼット、線が何本も入っている部分は板の間です。トイレは洋式が一般的ですが、楕円形の中に線が1本入っているものがあれば和式トイレです。扉が内開きなのか外開きなのかも図に記入されています。
広さについては、「畳」や「帖」が使われるのが一般的ですが、京間、本間、中京間、江戸間、団地間などさまざまなものがあり、それぞれサイズが違うので注意が必要です。

間取り図にはさまざまな用語が並んでいます。誰でもわかるものもあれば初めて聞く言葉、さらには知っているようでもよく似た用語が並んでいて区別がつかないものもあります。不動産会社の営業マンでも、正確に説明できないものもあるかもしれないので、あなただけにそっと教えます。

まず間取り図の表記から。Kはキッチン、DKはダイニングキッチン、LDKはリビングダイニングキッチン、これはどなたもご存知のはず。でもその区別となると知らない方が多いかもしれませんね。広さの目安は、Kは2畳~4畳、DKは4.5畳~7畳、LDKが8畳以上とされています。例えば、1Kという表記は1R(ルーム)と構成は同じですがキッチンが居室と分かれています。Kの前の数字は居室の数を表していて、例えば2Kという表記は「2つのお部屋・仕切られたキッチン・浴室・トイレなど」で構成されていることを示します。このほか、「CL」はクローゼットで、居室に設置されている収納棚、「WCL」はウォークインクローゼットで、歩いて中に入れる広い収納棚です。

若い人たちに人気のロフトは、天井付近に設けられたスペースです。屋根裏部屋といえば分かりやすいでしょう。天井が低い欠点はありますが、ベッドを置いたり収納スペースとして重宝します。建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないので、居室としては認められていません。

「振り分け」というのは、2K(2部屋とキッチン)以上の間取りで、部屋と部屋の仕切りがふすまや引き戸ではなく壁になっているもの、あるいはキッチンを挟んで部屋が隣接していないものを指します。

お風呂の説備には、追い焚きとフルオートバスがあります。追い焚きは入浴前や入浴中にお風呂の湯を沸かせる機能です。フルオートバスは、ボタン1つでお湯を張って入れる状態にしてくれ、お湯の温度が下がってきたら沸かして温度を保ってくれる最高級設備です。

Sは「サービスルーム」で、床面積の7分の1以上の開口部(窓)がないため居室としての表示はできず、一般的には収納スペースとして使われます。日本語では「納戸」を指すので「N」と表示されることもあります。

室外設備にはベランダやバルコニー、ルーフバルコニーといった区別のつきにくい表示があります。ベランダは外に張り出した縁で屋根のあるものです。雨が降っていても洗濯物が干せます。バルコニーは屋根のない手すり付きの台、ルーフバルコニーは下の階の屋根を上階の庭として使うもので、バルコニーの広いものを指します。

マンションやアパートを借りる場合の専有面積というのは、共用部分以外の借主が使用できるスペースのことで、バルコニーは共用部分の扱いになるので、専有面積には入りません。

Pocket

賃貸に便利なカーシェア

Pocket

大都市中心街の賃貸マンションに住んでいる人にとって、頭が痛いのが駐車場の問題です。マンション敷地内に必ず1台分のスペースを確保できるとは限らず、確保できても料金が高いのが通り相場。おまけに普段は乗る機会が少ない…こんな人たちの間で注目されているのが、カーシェアリングです。

カーシェアリングは、文字通り特定の車を多くの人たちで共同使用するシステムで、交通渋滞の解消と環境保全の一環として欧州で考案されました。日本には15年ほど前に入ってきました。当初は「共同使用」はなじみにくいと思われていましたが、賃貸住宅で水回りやリビングを共同使用する「ルームシェア」が人気を集めているように、マンション居住者を中心に「シェア」という文化が芽生え始めています。

居住者にとってのメリットは、車を持たないので購入費はもちろん、ガソリン代や税金、自動車保険、車検費用などのコストを大幅に削減できることです。もちろん、駐車場代もいりません。

カーシェアリングが普及するうえでの最大のネックである車を借りたり返したりする専用ステーションを、マイカー感覚で住んでいるマンションに確保できるのも大きなメリットです。マンション経営者にとっては、駐車場に割くスペースを減らすことができるので余った土地を有効活用できるというメリットがあります。

居住者のデメリットは、マンションに住む人たちの家族構成がそれぞれ違うので、乗りたい車が乗用車タイプからワンボックス、SUVなど多様になってニーズを満たせない場合があることです。

また、年末年始や大型連休などに利用希望が多くなることが予想され、それに対応するだけの台数を確保することが難しく、調整も大変です。マンション経営者にとっては、敷地内駐車場に空きが増えると駐車場収入が減ってしまう心配があります。

賃貸マンションでカーシェアリングを導入する場合の方法としては、管理組合が車を購入し、車の所有者として居住者に貸し出す方法や、管理組合がカーシェアリングの運営会社と契約して、そのシステムを導入して居住者に車を貸し出す方法などが考えられます。

Pocket

1

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工