家事が楽になるお部屋の選び方

Pocket

image (18)

賃貸マンションを選ぶ際のポイントのひとつに、家事が楽になる間取りかどうかがあります。あるいは浴室乾燥機が備わっているなど便利な設備があればさらに良いものです。デザイナーズマンションなどでは割と設備が充実しているものがありますが、家事動線に関しては条件に合うものはなかなか見つからないものです。あるいは家賃がそれなりに高くなるために予算オーバーとなるケースも多いものです。そこで、ひと工夫すれば家事が楽になるようなマンションの条件を挙げていきます。

【洗濯が楽になる条件とは】

家事が楽になる部屋を探す場合、自分が最も苦手とする家事や時間が取れない家事を優先して楽に行えるものを探すと効果的です。例えば洗濯が苦手な人や、帰りが遅くてなかなか時間が取れないような場合があります。そのような時には、夜に洗濯ができるような条件の部屋を探すことになります。隣や下の部屋に迷惑とならないような場所に洗濯機置き場があることも大事です。そしてできれば浴室に近い場所、そして洗濯物をストックできるスペースがあるところがお勧めです。まず洗濯物を少し置いておいても大丈夫なものと、すぐにでも洗濯が必要なものなどに分けられる場所があれば便利です。そしてその日に着た服などを夜のうちに洗濯しておいて、バスルームに吊るしておきます。吊るすポールがなければつっぱり棒を使います。そして換気扇を回したまま置いておきます。臭い対策の洗剤を使えば安心です。

【キッチンにはカラーボックスが置けるスペースが必要】

料理が好きな人は、キッチンがいかに充実しているかがポイントです。けれどもデザイナーズマンションなどは比較的キッチンが狭いところが多いものです。調理スペースが少なかったり、あるいは調理道具を十分に収納できないケースもあります。それを補うためにカラーボックスをふたつ置けるスペースがあると便利です。上に棚板を置けば簡易なカウンターができます。買い物の荷物を置いたり、調理の際の作業スペースにしたりと利用できるようになります。またカラーボックスは野菜のストックをしまっておいたり、あるいは調理器具などをしまっておくようにします。また器具を吊り下げておけるようなつっぱり棒を設置できるスペースがあるかどうかも大切なポイントです。

【掃除は床面を広く出せるような部屋を】

掃除が苦手な人は、散らかった部屋を見るだけでその気が失せるものです。そのために極力荷物が床に散らばらないで済むような部屋がポイントとなります。もちろんクローゼットが広ければ良いのですが、多くのマンションはクローゼットは狭いものです。しかもデザイナーズマンションのようにお洒落に暮らしたい部屋ほど収納は少ないものです。まず服などは極力つっぱり棒を利用して吊るしておきたいものです。そのために部屋の中でつっぱり棒を設置できるところがあるかどうかをチェックすることが大切です。また、季節によって使わない布団などの寝具を置けるスペースがあるかも確認します。そこに下にスペースを開けるようにして土台となる板を置いて、その上に衣装ケースを並べて日用品などを収納します。そしてその上に寝具をおいておきます。下のあいたスペースにも衣装ケースを入れて収納にし、掃除をする時にはすぐに取り出せるようにします。この一角に収納をまとめることで、部屋を広く使うことができます。そして広い空間を感じることができれば、掃除もしやすくなります。置き場が決まっていないモノが出た時には、それをとりあえず置ける場所を作っておくことも大切です。

家事は工夫次第で動線を良くすることにより、楽に行えるようになります。たとえ家事が楽に行える動線が確保されたマンションを探すことができなくても、あるいは家賃が高くて借りることができなくても方法はあるということです。つまり工夫する余地のある部屋を探せば良いわけです。そして自分が最も苦手とする家事や、時短を望む家事を効率良く行えることを優先的に考えることが大事です。

Pocket

オシャレになれるクローゼットの使い方

Pocket

image (17)

憧れのデザイナーズマンションでの生活、けれどもクローゼットがなかなか上手く整理できないためにコーディネートも上手く決まらない、そんな悩みは多いかと思います。クローゼットの使い方ひとつで、思うようなオシャレができるようになるものです。そのためのコツを幾つか挙げていきます。

【ローテーションする服を決める】
デザイナーズマンションのように、比較的クローゼットが小さめの物件は多いものです。オシャレが大好きな人ほど洋服や小物などを多く所有しているものですが、全てをそのクローゼットの中にしまうのは至難の技です。しかも、あまりに詰め込みすぎてしまうと取り出しにくくなりますし、中の服をチェックするのも苦労します。そのために、ある程度は余裕を持たせた収納が必要となります。そこで、まず最初にクローゼットの中に入れるものを選ぶ作業から始めることが大事です。少なくとも季節ごとに分けて着回しをするローテーションを組める服を選んで、それだけをクローゼットにしまうようにするわけです。

【ローテーションから外れた服の収納は】
クローゼットに入らない服は、室内に置くことになります。もちろん適当に積み重ねておくのはNGです。きちんと収納ケースなどにしまうことになります。その場合、やはり季節ごとに分けてケースにしまい、引き出しの部分にラベルで季節などを書いておくと便利です。衣装ケースの置き方としては、テレビ台の代わりになるのであれば、上に木目調の天板を置けばインテリアとしてもお洒落になります。あるいは壁に寄せて積み重ねる場合には、階段状に段差をつけて重ねていくとお洒落に見えます。それぞれの上には、小物入れを置いたり写真立てを飾っておくとインテリアとしてお洒落になります。

【クローゼットの中はひと目でわかるように】
デザイナーズマンションもそうですが、大抵のクローゼットはハンガーパイプが設置されて、上部に少しスペースが空いている形となります。通常はこの上部のスペースは、普段使わないものを置くことになりますが、オシャレにコーディネートできるようにするため、靴を置いておくと便利です。靴箱に中の靴の写真を貼って分かりやすくするのもポイントです。また上部に置くことにより湿気対策にもなります。そしてハンガーにかける服は丈の短いものと長いものとに分けます。短い丈の服の下には収納ケースを置いて、さらに他の服や小物類を置くようにします。服を入れる衣装ケースは、引き出しは使わずに書類ケースなどに入れた服を重ねるようにすると、ひと目でわかるようになります。一番下は湿気の心配がいらないような日用品をしまうケースを置いておくと良いでしょう。

【ローテーションが分かるようにする】
服や小物、靴の組み合わせを変えてローテーションを作ることにより、バランス良く組み合わせを変えていくことができます。そこで、ハンガーから選んで一度着た服や上着は、右か左か好きな方で構いませんがどちらかの端にかけるようにします。そして服をしまうケースですが、できれば細かく段を作って引き出しなどは使わずに、そのまま置くようにすると、ひと目で全てを把握できるようになります。そして一度着て洗濯したものは下の段におき、その同じ段の上の服は他の段に移動させていくようにします。そして段ごとにどの上着と組み合わせるのかを決めておくなどすれば、急に外出するような時も適切に組み合わせがわかって便利になります。


クローゼットを上手く活用してオシャレになるためには、まず服は引き出しにしまうのではなく、ブティックのように見せる形にすると便利です。また靴と上着、服に小物の組み合わせをある程度決めた上でどれがどれに対応するのかわかるようにしておくと、外出前に悩むことがなくなります。時間のある時には、その組み合わせをどう変えるかを考えるのも楽しいものです。

Pocket

お部屋と気持ちを豊かにするガーデニングのために

Pocket

image (16)

お部屋のアクセントにもなるインドアガーデニングは、部屋も住む人の気持ちも豊かにするものです。生き物を育てるということは、人の心を優しくします。そしてその愛情を注ぐほどに、植物も元気に育つことになります。お洒落なデザイナーズマンションも、時に無機質な雰囲気となりがちなものです。そこでガーデニングによって元気に植物を育てるためのポイントを幾つか挙げていきます。

【植物のサインを見逃さないこと】

ガーデニングで大切なことは、とにかく良く観察することです。手間をかけずに育てることができるものもありますが、基本的に生き物を育てるためには手をかけることが大切です。すると、その植物の日々の変化がわかるようになってきます。例えば葉が垂れ下がるようになり、黄色く変色するようになると弱ってきているサインとなります。それが下の方の葉から変色して落ちるならば水やりが多い状態となります。一方で若い葉の先から枯れていく場合には、水やりが少ない状態となるのです。

【水やりは注意深く】

水やりの仕方としては、鉢の底から水が出始めるくらいまで上からかける形となります。大事なのはその頻度です。多すぎても少なすぎても、植物はダメージを受けることになります。さらに弱ったり元気になったりを繰り返していくと、そのダメージは蓄積されていきます。それを未然に防ぐために、目安としては夏場は1日に1〜2回、春と秋は1〜2日に1回、冬は3日に1回水をあげることなります。けれども、同じ季節でも気温や湿度によって調整は必要になります。だいたい土が表面から3cmよりも下まで乾いていたら水やりが必要となります。

【こまめに手入れも必要】

枯れた葉があれば取っておくことは大事です。また花が咲いたあとに種子ができると、その種子に養分が集まるようになります。そこで咲き終わった花も取り除いておくことが必要です。また、室内で育てている植物は時々外に出してあげることも大事なことです。そこで注意しなければいけないことは、できる限り室内と変わらない状態の外気に触れさせてあげることです。デザイナーズマンションの場合、室内まで陽が差さないケースもありますが、そのような部屋で育てている植物は陽に当てると葉が日焼けしてダメージを受けてしまいます。木陰に置いて風に当てる程度にしてあげると良いです。

【その他に気をつけること】

モノトーンになりがちなデザイナーズマンションの室内でガーデニングを行うと、暖かな雰囲気を醸し出してくれることになります。その室内で育てる上では注意することもあります。まずエアコンの風が直接当たらないようにすることです。乾燥して水分が無くなってしまうからです。ベランダのそばにおいて陽を当ててあげる場合には、エアコンの風を避ける位置におくことを意識する必要があります。また直射日光が当たらないように、カーテンごしにやわらかな光にが当たる程度にすることも大事です。そして植物にとって大敵なのはホコリです。屋外であれば風に吹かれたり雨にうたれたりするので良いのですが、室内でそのまま置いておくと、葉にホコリが積もるようになり光合成ができなくなってしまいます。月に1回を目安に葉を拭いてあげることが大事です。

お洒落なデザイナーズマンションに小さな観葉植物を幾つか置いておく、ちょっとしたアクセントとなりインテリアの一部としても楽しめるものです。けれども、生き物を育てているという意識を持つことも大切です。そして手をかけるほどに細かな変化に気づくようになります。実はこのように植物を育てることは、仕事にも良い影響を与えるようになるものです。仕事において細かな点にも気づくようになるからです。その意味においても、気持ちにゆとりが出るようになります。インドアガーデニングは単なるインテリアとして癒されるだけではなく、育てている人の心も成長させてくれることにもなるわけです。

Pocket

お部屋を広く見せるコツとは?

Pocket

image (15)

日本の住宅事情において、多くの人が家に狭さを感じているとされています。例えば単身者の場合にはワンルームに住むケースが多いものですが、お洒落なデザイナーズマンションとなると家賃が少し高くなる、あるいは部屋が少しコンパクトになる事があります。狭くてもお洒落な部屋に住みたいと思う人でも、工夫次第でその部屋を広く見せることが可能です。

【基本は背の高い家具を入り口近くに置く】

部屋をお洒落に、なおかつ広く見せたいけれど、それほどお金もかけられないという人は多いものです。家具の色は壁に近い色を、そうはわかっていてもなかなか新しいものは買えないものです。けれどもすでに保有している家具などの配置を変えることだけで、部屋を広く見せることは可能です。そこでまず最初に、部屋の中で普段自分がどこを向いているのかをチェックします。いつも座る位置に座り、目線はどこに行くのかを確認するわけです。また友人などを呼んだ時も、みんなの視線はどこに行くかを考えてみます。その視線の先には背の高い家具は置かないということです。背を向ける方に置いておけば、普段は視界に入らないので目線の先は広く感じることになります。

【入り口から部屋の置くへの視線を確保する】

同じ理由で、部屋に入ってから置までの間に視線を遮るものを置かないことです。そしてその先には、普段良く見るもの、例えばテレビや来客時に見せたいものを置くことがポイントです。あまり周辺に視線が移らないようにすることが大切です。

【床を広くする】

とにかく床を広くすることも、部屋の雰囲気を広くするコツです。横に荷物を広げずに縦に重ねることが大切です。そしてその重ねた荷物は入り口付近にまとめておくようにします。両側の壁もなるべく開けておくようにします。その時に、単純に広く開けておくだけではなく、少しインパクトのある色味の小さめな家具や小物を置いておくと、その後ろの壁紙広く感じられるようになります。

【照明を活用する】

多灯照明を活用することでも、部屋を広く見せることができます。均一に部屋を明るくしていては、あるがままの姿を見せるだけのことになります。けれども間接照明を使って明るい部分と暗めな部分を作ることで、暗い部分に奥行きを感じさせることができます。その先が見えないことによって、錯覚を起こさせるわけです。そして明るく照らすのは天井と両側の壁です。天井を下から照らすことによって高さをかんじるようになります。そして両側の壁を照らすことで広さを感じることができるようになります。デザイナーズマンションの中には壁の間が狭い物件もあります。通常のシーリングライトでは、その狭さは強調されることになりますが、間接照明を利用することで狭さを感じないようになります。これは心理的な錯覚を利用したものとなります。さらに友人を呼んでおしゃべりを、そんな時にはみんなで挟んでいるテーブルの上に明かりが落ちるようにすると効果絶大です。みんなの意識は自然とその光に集まることになるので、周囲には意識が向かないようになります。ピンポイントで明かりを集めることによって、その周りの存在感がぼやけて広がりを感じるようになる心理を利用したものとなります。

このように、それほどお金をかけることなく工夫によって狭い部屋も広がりを感じることができるようになります。あくまでも心理的な錯覚によるものですが、そもそも狭い広いは心理的な感覚によるものです。同じ広さの空間であっても、条件によって感じ方が変わるということになります。家具や荷物をどこに置くのか、また明かりをどのように活用するのか、たったこれだけのことでかなり効果が出ます。またこれは、お洒落なインテリアの基本にもつながるものです。それは見た目だけのことではなく生活動線などの住みやすさにもつながるということです。

Pocket

照明でお部屋の雰囲気作り

Pocket

image (14)

日本の家屋が狭いことは海外の人から見るともはや当たり前のことのようですが、驚かれるのは照明だそうです。天井のシーリングライトで部屋全体を照らしている光景は、あまりに味気ないものと感じられるようです。海外の映画やドラマでは間接照明が使われますが、これは日常的なことのようです。たとえデザイナーズマンションであっても、照明にこだわる賃貸物件が少ないものです。そこで賃貸でも手軽に工夫することで雰囲気を変えられる方法を挙げていきます。

【直接照明と間接照明の違いとは】

天井から床へ均一に光を当てるのが直接照明ならば、壁や天井やらに光を当てるのが間接照明、それはある意味正解です。けれどももっと正確に区別するのであれば、床をどう意識するかということです。普段部屋にいる時の目線を考えてみるとわかりますが、床をじっと見ているようなことはあまりないはずです。大抵はテレビを見ているか家族と話をしているか、独りでスマホに目を落としていることも多いかとは思いますが、床を意識することはそれほど無いはずです。つまり、床を無駄に照らすことをやめるというのが間接照明の考え方です。

【どこを照らせば良いのか】

それでは間接照明でどこを照らせば良いのかというと、注目したいところ、あるいは注目して欲しいところです。普段はテレビを見ることが多いのであれば、その背面にある壁を照らすことになります。ただしここで技術的な話をしますと、単純に部屋全体の明かりを落としてしまうと非常に目が疲れることになります。そこでテレビの後ろに照明を設置して、テレビと後ろの壁との境に明かりの差が出ないようにすることが必要です。

【ダイニングテーブルの中央に光が集まるように】

天井に取り付けるシーリングライトの代わりに、複数のスポットライトが取り付けられた照明を設置することで、ダイニングテーブルを演出することができます。明かりの色は料理が美味しそうに見えるオレンジ系を選びます。そしてそのスポットライトを、ほぼテーブルの中央に集まるようにセットするのがポイントです。人は明かりが集まる方向に寄せられる習性があると言われます。明かりが一点に集まることで、自然とその場の人は顔を寄せるようにして話が弾むようになるのです。家族の間で会話がないと感じる時には非常に有効な手段です。ただし、料理をする調理場の明かりは、味覚を鋭くするとされる白昼色とするのが良いです。

【【洗面台は四方からの明かりで照らす】

洗面台でもクリップライトを使えばひと工夫できます。幾つか用意して左右と下からも顔を照らすようにすると影が無くなって見やすくなります。

【部屋に立体感を出す】

例えば雰囲気の良いと思われるデザイナーズマンションを借りた場合、お気に入りの家具や小物などでインテリアに凝る人も多いものです。そのようなこだわりのグッズに光を当てると、その凹凸に当たる光が周囲に拡散することで立体感が生まれることになります。それがまたお気に入りのグッズを良い雰囲気に演出してくれることになります。そしてその多方面に反射される光が柔らかさも感じさせてくれることになります。

このように、シーリングライトの代わりに可動式のスポットライトがついた照明にしたり、クリップライトを使うなどによって、かなり部屋はお洒落に演出されます。そして基本はオレンジ系の色にすることでリラックス効果を生むことになります。就寝時間が近づくほどに明かりを少しずつ減らしていくことにより、自然とぐっすり眠れるようにもなります。無駄に部屋全体を照らさないことによって、実は電気代も抑えることができるようになります。LEDであれば、調光機能のついている照明器具も使えるので非常に便利に活用できます。電気代もさらに削減できるので検討の価値ありです。

Pocket

123

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工