女性でも安心できる賃貸マンションの特徴とは?

安心している女性

Pocket

女性が賃貸マンションを選ぶ際には、安心して住めることも大切な条件ですよね。そこで今回、どのような特徴を持つマンションであれば安心して住めるのかを取り上げてみます。

 

オートロックは当たり前

オートロック

 

まず防犯面を考えると、エントランスにオートロックがあるのは当たり前と言えるでしょう。誰でも勝手に入り込めるような建物では心配です。同時にオートロックは、様々な勧誘を排除する役目もあります。

 

例えばチャイムが鳴った時、まずはモニターで確認をしてから対応することができます。もし勧誘らしき人が立っていたら、対応せずに済むわけです。そしてそれを分かっているので、オートロック付きの物件には勧誘はあまり足を運ばなくなっています。

 

そのように不特定の人の訪問を受けることが少なくなるために、オートロック付き物件は必須とも言えます。けれども実は、防犯面から考えるとオートロックだけでは不十分です。住人になりすまして、エントランスが開いたところで一緒に入ることもできるからです。そこで防犯カメラの設置されたエレベーターや、そのエレベーター内部の様子が見えるモニター付きの物件も女性には人気を集めています。

 

エレベーターのキースイッチ

防犯面に関しては、様々なシチュエーションを考慮した対応策が必要になります。そこで考えられた便利なものが、エレベーターのキースイッチです。

 

これは元々高級マンションに設置されたものですが、希望するフロアへエレベーターで移動するためには、専用の鍵が必要になるというものです。つまり、自分と同じフロアに止まるためには、そのための鍵を持っていなければならないというわけです。オートロックを他の人の後について通り抜けることができても、目的の階に行くためには専用の鍵が必要になるということで、防犯性が高まるというわけです。

 

ディンプルキー

防犯性を高めるためには、不正開錠されにくい鍵のついた玄関ドアが必要です。そこでディンプルキーと呼ばれる特殊な形状をした鍵を備えたマンションであれば安心できます。

 

一般的な鍵は、その凸凹した部分でシリンダーと呼ばれる鍵穴内部のピンを動かすことで、ロックを外す仕組みとなっています。そしてこのピンはピッキングと呼ばれる方法で、鍵が無くても開錠できてしまいます。一方ディンプルキーの場合には、このピンが上下だけではなく左右や斜めなど複数設置された構造となっています。そのためにピッキングによって複数の方向にあるピンを同時に不正に動かすことは不可能となっているのです。しかもディンプルキーは鍵屋でコピーを作ることができません。そのおかげで安心して住めるというわけです。

 

ちなみにこの防犯性の高さゆえに、鍵を外で無くしてしまうと自分が部屋に入れずにやっかいなことになるので注意が必要です。

 

カバーつきのドアスコープ

単純なようですが、玄関ドアについているドアスコープにカバーがついていることも大事なことです。ドアスコープとは、ドアを開けなくても外の様子を見ることができる小さな穴のことです。これは魚眼レンズを取り付けているので、部屋の中からは外の様子が見えますが、逆に外から部屋の中は見えないようになっています。けれども実は、ちょっとした道具を使えば外から部屋の様子をのぞき込むことはできます。そこでこのドアスコープには、内部にカバーが必要というわけです。また、サムターン回しと呼ばれる鍵の不正開錠を防ぐためにも、このカバーは効果があります。スコープそのものを外部から取り外してドアの鍵を開けられないようにするためです。

 

洗濯機置場と乾燥機

女性が一人暮らしをする上で気になるのが洗濯物です。一般に2階以上に住めば防犯上リスクが少なくなります。けれども外に洗濯物を干しておくことは何かと心配になります。夜に出ていれば不在であると考えられることもあります。また築年数がよほど古くなければ良いのですが、中には洗濯機置き場がベランダにあるものもあります。できれば洗濯機は室内に、そして洗濯物を外に出さずに済むように乾燥機も欲しいものです。単身者向けの物件でも、浴室換気乾燥機を設備しているものが増えています。これならば帰りが遅くなっても洗濯できますし、乾かすことが可能です。

 

宅配ボックス

 

宅配ボックス

 

これは女性に限らす便利なものとして人気の高い設備です。荷物の受け取りを直接せずに済むという点で安心できます。帰りが遅かったり、仕事のシフトなどで不定期な人でもいつでも荷物を受け取れる便利さもあります。また、郵便受けから飛び出すように荷物を入れられることも避けることができます。郵便受けから荷物が飛び出していると、勝手に持っていかれる恐れがあります。宅配ボックスであれば、確実に受け取ることができるので安心です。

 

また、できればカードキーを使って解錠できるものの方がより安心できるでしょう。暗証番号が記載されたお届け表を郵便受けに入れるタイプの場合、それを抜き取られるリスクが無いとは言えないからです。

 

24時間管理人常駐

 

24時間管理

 

何かあった時に、すぐに管理人を呼ぶことができると安心です。大型マンションに多い24時間管理人常駐ですが、注意が必要なのは防犯上安心できるということではない点です。当然ですが外出の際に施錠をしなければ空き巣に入られる可能性はあります。管理人が常にいることで、何かあった時にすぐ対応してくれる安心感があります。けれどもそのために、逆に防犯意識が低くならないよう注意する必要があります。

 

同じような理由で、同じ建物内に大家さんが住んでいるマンションも安心できます。ちなみに小規模の物件の場合、大家さんも住むマンションは造りが良いケースが多く見られます。大家さん自身が住むことから、耐震性や防音性などを一般の賃貸マンションよりも高めている場合があるからです。

 

都市ガスを使っている物件

自炊する人も多い女性向けの物件として、プロパンガスを使用するマンションは避けた方が良いでしょう。都市ガスと比べるとプロパンガスはガス料金がかなり高くなります。キッチンがIHであっても、お風呂でかなりのガスを使うので経済面から考えると都市ガスの物件がお勧めです。家計に優しいという点で、安心して住めます。

 

女性専用マンション

防犯面で究極の安心感を得られるものとして、女性専用マンションがあります。文字通りに女性しか住むことができないので、安心感はあります。ただし、たとえ家族であっても男性は入ることができないといった不便な点もあるので、理解しておく必要があります。また、意外と女性ばかりが住む建物はゴミなどが気になるとの意見もあります。物件を下見する際には、管理がどれほど行き届いているかをチェックする必要があります。

 

駅からの距離が短いこと

 

帰り道

 

女性が賃貸マンションに求める条件として、防犯性の高さは非常に重視されています。そのためには多少部屋が狭くなっても良いとのアンケート結果もあるほどです。駅からの距離も、防犯面では大きく影響します。

 

もちろん駅に近くなるほどに家賃相場は高くなるので、同じ家賃を払うのであれば部屋は狭くなります。それでも、毎日の通勤では安心して行き来したいものです。まず通りが明るいことは必要でしょう。夜の帰り道が暗いと物騒だからです。街灯が多く点灯していたり、あるいはコンビニなどが適度にある方が安心できます。

 

終わりに

女性が安心して住める賃貸マンションの条件としては、実に色んな設備があることが分かります。けれどもそのような設備が整っていると、かえって安心して防犯面での注意力が鈍る恐れもあります。マンション内は決して完璧に守られているとは限らないので、自分なりに注意すべきことは心得ておくことが大切です。

 

Pocket