7つの疑問にお答えします|タワーマンションQ&A

Q&A

Pocket

日常生活では得られない眺望が楽しめるタワーマンション、憧れる人は多いものでしょう。その一方で、気になるデメリットとされることも多いのが事実です。デメリットをメリットで帳消しにできるのか、それとも生活する上では致命的なものなのか、それがきになるところです。そこで今回はタワーマンションにまつわる様々な疑問について取り上げたいと思います。

タワーマンションは音が気になると言うけれど・・・

防音性

重厚感のあるタワーマンションですが、実際に住んでいる人の声を聞くと、思いのほか音に関する悩みを聞きます。例えば隣戸との境となる壁ですが、多くの場合はコンクリートではなく、石膏ボードを使った乾式壁となっています。これは、上層階の壁をコンクリートにしてしまうと重量が増すために、梁や柱を太くしなければならいからです。そのためのコストがかかりますし、確保できる部屋数も少なくなります。

この乾式壁の防音性ですが、実際には話し声などはほとんど通ることはないようです。ただし打撃音には弱いので、例えば掃除機が壁に当たる音などは響くようです。

注意が必要なのは上階からの音です。一般的にタワーマンションは床スラブのコンクリートは厚くなっていますが、軽量化のために梁を小さくしています。これが音漏れの原因とされています。ただし防音性の評価が高い物件もあります。スラブ厚が350mmほどあれば、特に気にはならないようです。

高層階は子育てに影響があると聞くけれど

子育て

タワーマンションに住むことで心配されるのは、小さな子供にとっての環境が挙げられます。高層階となると外出が少なくなるのはよく聞かれることです。その結果、子供を外に連れ出すことが少なくなるために、教育上影響を及ぼすというものです。もちろんマンション内には子供同士が遊べるコミュニティルームがある物件もあります。けれども、子供にとっては自然環境の中で自由に遊ばせることが重要と言われています。

これはタワーマンションに限ったことではなく、一般のマンションでも言えることです。高層であっても低層であっても、公園などで遊ばせる時間を取れるかどうかといったことが問題になります。子供の五感が育つ6歳までは、極力外に連れ出して遊ばせることが大切です。

また、親が外出しなくなることで、子供の依存度が高まるとのデータもあります。確かにエレベーターの待ち時間などを考えると外に出るのが億劫にもなります。けれども、子育てを考えての行動を意識するならば、どのようなタイプのマンションでも影響はないと言えます。外で遊ばせてあげないと、子供は低体温になるとも言われます。面倒がらずに外に連れ出してあげることが大切です。

外からの音が気になると言われるけれど

外からの音

外の音は上に上がるほどに反響されるので、タワーマンションの高層階に住んでびっくりする人は多いようです。車の音や人の喧騒、線路が近ければ電車の音はかなり気になるようです。また、常に吹いている風の音もあります。特に近くに同じような高層の建物があれば、反響するようです。

もちろんタワーマンションはペアガラスを採用しているので、通常のサッシよりは防音性は高いものです。けれども外からの音は窓を閉めていても気になる人はいるようです。賃貸で借りる場合には必ず確認ができるので、チェックしておくことが大事です。

タワーマンションと言えば揺れが気になる

タワーマンションは地震に対しての対策はしっかりとしています。ただしこれは、建物が倒れないようにとのことで、中に住んでいる人のことは実際には考慮されていません。例えば免震構造の場合、建物全体が地震のエネルギーを直に受けない形で揺れます。そのために、地震が収まってからもしばらくはゆっくりと揺れ続けています。上層階ともなれば前後1メートルほどの幅で動くと言われます。

タワーマンションのような高層の建物でよく聞くのが、風が吹くだけで揺れるということです。実際にどうなのか、様々な意見がありますが、たとえ揺れているとしても気にはならないようです。もちろん中には体調の不調を感じる人もいるようですが、高層階との関連性は確認されてはいません。ただし、精神的なストレスは感じるかもしれないので、気になるようなら高層階は避けた方が良いかもしれません。

高層階での気圧の影響はどの程度あるの?

気圧

高層階へと移動するエレベーターに乗ると、耳が痛くなることはありませんか?これは気圧の変化が原因ですが、タワーマンションの高層階となれば気圧も少し低くなります。気圧変動は人によって感じ方は違うものです。台風が近づくと体調が悪くなる人もいるように、高層階での生活が慣れない人も中にはいます。

100メートルほどの高さでは、気圧の違いによる健康への影響はほとんど無いとされています。けれどもこれはあくまでも数字上の話なので、人間の五感には関係ないデータです。例えば風による建物の揺れを感じる人もいなければ、船酔いのような症状を訴える人もいます。気圧の違いを敏感に感じる人ならば、タワーマンションの高層階は避けた方が良いでしょう。

上層階は空気が綺麗なのは本当?

マンション生活で悩みのひとつとなるのが、幹線道路の排気ガスではないでしょうか。高層マンションの上層階となれば、排気ガスは希釈されて少なくなるとの意見もあります。確かに地上に比べると少なくはなりますが、排気ガスや埃は風に乗って舞い上がります。実際に中国の黄砂がはるばる日本まで運ばれるほどです。たとて上層階といっても、空気がクリアになるとは言い切れないわけです。

ただし、一般のマンションと比べると影響は少ないのも確かです。さらに、そもそも風が強い上層階は窓を開けることができない物件も多いものですし、室内は24時間換気されるので、空気が綺麗なのは間違い無いかもしれません。

ひとつ注意が必要なのは、完全に密閉された空間となるのでダニが発生しやすくなるということです。窓を開けての換気ができないので、まめな掃除と湿度管理が必要になります。

高層階からの景色がインスピレーションを生む?

インスピレーション

眺望の良さが前面に出るタワーマンションの高層階ですが、その眺望を目にすることにより、インスピレーションが豊かになると言われます。

人は目に飛び込む様々な景色から、想像力を生み出すと言われます。よく歩いているとアイデアが生まれると言われます。もちろん血流が良くなることもひとつの要素ですが、これも視界に入る景色が変わることにより、インスピレーションにつながる神経が刺激されるのが原因のようです。

タワーマンションから見る景色は、一般的な生活環境からは目にすることが無いものです。その特別な景色を目にすることによって、あるいは夜景の光の変化を見ることで創造性が高まることは十分に考えられます。眺望を楽しみながらゆったりと寛ぎの時間を、というのも良いのですが、創造性を必要とする仕事をする人にとっても良い環境と言えそうです。

終わりに

タワーマンションに関しては、実際に住んでみてわかることが色々とあります。また個人的な感覚に訴えることもあるので、生活してみないと分からないことも多くあるようです。生活習慣を意識することでクリアできる課題もあれば、体質的にどうしても無視できないこともあります。住んでから後悔することがないように、この記事が少しでもお役に立てばと思います。

Pocket

新築賃貸マンションご紹介|プレサンス久屋大通公園エアリー

プレサンス久屋大通公園エアリー

Pocket

久屋大通公園と百貨店エリアのほど近くに、シティ派のデザイナーズマンションが誕生します。本年10月下旬竣工予定の「プレサンス久屋大通公園エアリー」は、名古屋市営地下鉄名城線と鶴舞線の上前津駅から徒歩3分、名城線の矢場町駅からも徒歩5分と好立地となります。13階建ての全72戸は24m2前後の3タイプの1Kとなります。部屋の向きは東向きと西向きに分かれるので、使い勝手を考えて部屋を選ぶことができます。

栄へは矢場町駅からわずかひと駅

栄
名古屋有数の繁華街である栄は、矢場町駅のひとつ隣となります。ショッピングなどで楽しむこともできますし、東山線への乗り換えなどで通勤に関しても非常に便利です。また大須商店街にも近く、サブカルチャーを存分に楽しむことができます。まさに名古屋の中心地に住むという感覚を味わうことができ、絶好のロケーションと言えます。

都会に相応しいスタイリッシュな外観

重厚感溢れる建物の外観は、黒いタイル貼りですが上層部は白となり、ツートンのデザインがシャープなイメージを与えます。また手すりはタイルやガラス、アルミルーバーの3種類と変化に富んだものとなります。この手すりのタイプでも好みの部屋を選ぶことができそうです。

エントランスからエレベーターまで

少し奥まったエントランスアプローチから風除室に入るとオートロックがあります。風除室右手には宅配ボックスがあるので、留守中に届いた荷物はここで受け取ることができます。鍵を開けて中に入ると、右手にメールボックスがあります。そのまま奥へ進むと、突き当たり左がエレベーターになります。突き当たりには階段室へと入る扉があり、さらにその階段室を抜けると屋内自転車置き場のある通路へと出ます。反時計回りに進むと、出口近くの左手にゴミ置場があります。

室内の様子

室内は、玄関を入ると通路を挟んで洗濯機置き場にトイレや洗面台、ユニットバスにキッチンとクローゼットが並んでいます。一番広いタイプの部屋はキッチンにカウンターがついています。

トイレは温水洗浄暖房便座付きなので、冬は暖かくて便利です。また便座カバーが不要なのですぐに掃除ができて衛生的です。洗面台はシャンプーもできる洗髪洗面化粧台なので、女性の朝の身支度にも便利です。ユニットバスには浴室乾燥機が付いているので、雨の日の洗濯にも活用できます。

キッチンはシングルライフには充分な二口コンロを採用しています。収納も多く使い勝手をコンパクトにまとめた機能的なものとなっています。

安心して住める基本構造

このところ大きな地震が多いので、マンションの耐震性に関しては注目が集まっているものです。プレサンス久屋大通公園エアリーは耐久性にもこだわった構造となっています。高気密なコンクリートは100年は大規模補修を不要とする強度を誇るものとなります。

マンションの周辺環境

プレサンス久屋大通公園エアリーの周りには、まずコンビニが2件すぐ近くにあります。会社帰りが遅くなっても買い物には不便がないというわけです。カフェなどの飲食店も多いので、食事をするにも恵まれた環境となります。マンションの裏手には久屋大通庭園フラリエがあります。6つのテーマガーデンを中心としてカフェや雑貨店なども敷地内にあります。季節ごとにイベントも行われているので、休日などには散策したり食事を楽しむことができる憩いの場所になりそうです。

おわりに

プレサンス久屋大通公園エアリーの周辺は名古屋でも有名なエリアが多くあります。久屋大通に百貨店エリアやブランドショップエリア、大須商店街など休日に散策などで楽しめるエリアにも恵まれています。さらに都会的でスタイリッシュな建物は住むことに満足感を与えてくれます。都心生活に充実感を与えてくれるマンションと言えそうです。

※本記事で使用されている室内写真は同シリーズの写真となりますのでご了承ください。

Pocket

空間の変化を楽しむスキップフロアのある生活

スキップフロア

Pocket

マンションやアパートには様々な間取りがありますが、多くは当然ながら平面でのバリエーションが変わる形です。ここに縦のバリエーションを生み出すのがスキップフロアです。これはフロアの高さを半階分ずらすことで、連続する層を構成するものとなります。いわゆる中二階のようなスタイルです。マンションやアパートでごく稀に、このような間取りを採用したものを見ることができます。ちなみにマンションでスキップフロアと言うと、一般的には共用部のことを表します。エレベーターを全ての階に止まるようにせず、その踊り場から半階上下にずらして部屋を配置した構造となります。バリアフリー新法が施行された2006年12月以降は建設されなくなっています。

スキップフロアの生み出すメリットとは?

元々このスキップフロアは、狭小住宅を少しでも広くみせるための工夫から生まれたものです。目線に高低差が生まれて実際の床面積よりも広く感じることができるようになります。開放的な空間を作り出すことができますし、家の中を広く見せる効果を生みます。

特徴としては、段差ができることによって壁や扉をつけることなく自然に仕切りができるものとなります。空間を区分けしつつも開放的であることから、家族の気配を感じることができるようになります。例えば小さな子供がいる場合、リビングにいる子供を見ながら中二階にあるキッチンで用事をする、などといったことが可能となります。

また、廊下を作らない構造となるのでデッドスペースを少なくすることができます。そして空いた空間を利用して収納を作ることができるので、縦に生まれる空間を無駄なく活用できるようになります。また階段が短いので、子供が誤って足を踏み外しても大きな怪我をせずにすみます。

スキップフロアの活用方法とは?

スキップフロアによって空間に遊び心が生まれるので、活動的になるのも特徴のひとつです。さらに少し天井の低い部屋は秘密基地のような雰囲気を生み出すので、書斎や趣味の部屋として利用されることも多くなります。もちろん子供部屋として使うと子供が喜びますし、その様子を半階違いの部屋から見ることができます。

スキップフロアの踊り場も活用できる空間です。テーブルを置けば、主婦のちょっとしたワーキングスペースとなります。上下共に目を配ることができるので、家族の様子を伺うことができるわけです。

スキップフロアの注意点とは?

遊び心が生まれることで、生活に楽しさを与えてくれるスキップフロアですが、注意点などもあります。まず壁や扉で部屋を区切らないので、その広い空間の空調を整えるための光熱費がかかります。エアコンやファンヒーターなどで上から下まで室内全体を暖めたり冷やしたりする必要があるからです。また家族の気配を感じることができるのは良いのですが、プライバシーをどう守るのかが課題になります。遮音性に関しても低くなることは覚悟が必要です。さらにバリアフリーと逆行する構造となるので、高齢者との同居となると考慮が必要となります。

また、スキップフロアは空間の把握が難しい構造となります。その設計には知識と経験と技術が必要になります。設計士の腕が無ければ使い勝手の悪い間取りになってしまいます。見た目には楽しそうに見えるものですが、部屋選びの際は動線や収納の位置など生活のしやすさをチェックすることが大切です。

終わりに

マンションでスキップフロアの間取りを採用しているのは、デザイナーズマンションが多いものです。あるいはメゾネットタイプのアパートやマンションでスキップフロアを採用しているところも見られます。使い方は自由なので、アイデア次第で同じ間取りでも素敵な空間になるのがスキップフロアの特徴です。さらに階段そのものも部屋の一部として利用することができます。活動的になり、また創造力も働くようになるのがスキップフロアの魅力のひとつと言えます。

スキップフロアのお部屋名古屋市昭和区「Green Avenue」

Pocket

眺望で選ぶお部屋探しのポイントとは?

眺望花火

Pocket

賃貸マンションの魅力のひとつに、眺望の良さがあります。目の前が開けていることによって解放感があることは、生活にもゆとりが生まれます。また部屋が明るいために気分も良いものです。そこで、眺望の良い部屋の特徴や探すのためのポイント、そして注意点を挙げてみます。

眺望が良い部屋とは?

近年タワーマンションが人気を集めているので、眺望と言えば高層階と連想する人も多いのではないでしょうか。もちろんその景観は絶品です。ほとんどの人には縁の無いような絶景を毎日楽しめる部屋もあります。もちろん、そのような部屋は家賃もかなり高いものですし、誰もが住めるというわけではありません。また後述しますが注意点もあります。そこで、眺望の良い部屋にはどのようなものがあるのかを考えてみるのも良いでしょう。

眺望夜景

まずタワーマンションの高層階の特権とも言える夜景があります。都市部を臨む部屋ならば綺麗な夜景を毎日眺めることができるわけです。また昼間であれば、例えば東京であれば、富士山や東京タワーなどのビューポイントを楽しめる部屋もあります。あるいは夏の風物詩とも言える花火を堪能できる部屋もあるわけです。

他にも楽しめる眺望はあります。例えば都心部ではなかなか見つけることができませんが、緑が楽しめる部屋もあります。この場合には高層マンションではなく、逆に低層型のマンションの方が楽しめるのが特徴となります。

眺望緑

あるいは桜や紅葉などの四季の移り変わりを楽しめる部屋もあります。忙しい都心生活の中で心が癒される住空間を堪能することができます。またリバーサイドや海沿いなど、水辺を望める部屋もまた風情があるものです。高層マンションとは異なる魅力を持つものです。

眺望の良い部屋を探すコツとは

眺望にも様々なタイプがあることが分かりましたが、その探し方は知っておいた方が良いでしょう。専門サイトもあるので、ある程度の物件の目安をつけることはできます。けれども大事なのは、実際に部屋から見える景色です。同じように目の前が開けているとはいっても、そこで感じるものは異なります。まずは実際に内見するのが一番ですが、手当たり次第に内見していては手間がかかるものです。

例えば高層マンションの場合、目の前にも同じような高いマンションが建っていないかを確認することは必要です。さらに将来建設される可能性が無いかもチェックすることが大切です。古い家屋が多く残っていたり、広い駐車場などがあれば要注意です。花火を楽しみたい時にも、やはり前に高い建物があると邪魔になります。これはある程度地図を見ることでも確認できます。

一方で緑の眺望を楽しみたいのであれば、まずひとつは高台にある物件を探すことです。低層マンションであっても、目の前が開けているので景色を楽しむことができます。あるいは小学校や図書館などといった公共施設があれば、その敷地の緑を眺めることができます。このような施設があれば、そう簡単には将来高い建物が建つことは無いわけです。

さらに少し高度な探し方として、用途地域の境目を狙うという方法があります。例えば大通りを境目にして、目の前が第1種低層住宅専用地域となる近隣商業地域であれば、高台ではなくても眺望を楽しむことができます。第1種低層住宅地域とは、戸建て住宅や4階建て以下の低層マンションしか建てられない地域のことです。高台となると、坂道を歩かなければいけませんが、このような地域ならば平地でも眺望を望むことができます。

眺望の良い部屋の注意点とは?

マンションに眺望を求める人ならば、そのための注意点も知っておくことが大事です。例えば緑が目の前に広がるマンションの場合、あまりに距離が近いと夏場のセミの声は大きな問題となります。これがびっくりするほど大きな声で鳴きますし、しかも木が多ければ大量に発生しての大合唱となります。しかも朝は早くから夕方まで、ほとんどずっとその鳴き声を聞くことになります。そのために、窓は二重サッシであることが必須です。

あるいは桜を楽しめる場所ならば、見物客の声がかなり気になります。夜遅くまで騒いでいることもありますし、また防犯面でもしっかりしていることが必要になります。

川を臨むリバーサイドは川を通る風が涼しいのも魅力のひとつとなります。川で開催される花火大会を見ることができる場合もあります。ただし注意点として、川沿いには蚊をはじめとして羽虫が発生するので、低層階では室内に入り込んでくることがあります。また都心部でも河川の浄化が進んでいるとはいっても、臭いが気になることもあります。さらに川沿いや海沿いには洪水リスクもあるので、ハザードマップなどを確認しておくことも大切です。

高層マンションの注意点とは?

夜景を楽しめる高層マンションにも、注意点が幾つかあります。まず日常生活ておいて、エレベーターを待つ長さがよく取り上げられます。複数のエレベーターがあれば多少は緩和されますが、実際に生活してみないとわからない部分もあります。

また、南向きの部屋の夏場の暑さもかなりのものとなります。目の前を遮るものが無いので、太陽の直射日光をまともに受けることになります。そうなると日中は厚手のカーテンを閉めてエアコンをずっと運転させることになります。これでは日中は眺望を楽しむことはできません。そのために北向きの部屋を選ぶ人も多くいます。高層マンションであれば、北向きであっても反射光によって窓からかなり光が入るので明るいものです。また洗濯物も高層マンションはベランダで干せないところが多いので問題は無いわけです。

また、たとえ日中に外の眺望を見渡せるとしても、それが床に座った状態で見えるのかをチェックすることも必要です。手摺が邪魔になって空しか見えないようでは意味がないものです。普段どのような生活をするのかを考慮して部屋選びをすることが大事というわけです。また高層マンションの場合、地震の揺れに対して制振構造と免震構造とがあります。いずれにしても、高層階はしばらく大きな揺れが続くことは覚悟する必要があります。風が吹いても多少の揺れがあるので、慣れる必要もあります。

どんな生活を望むのかを考えよう

眺望の良い部屋にも色んなタイプがありますし、そのメリットとデメリットもそれぞれ違うことが分かります。そこで、自分の場合にはどんな景色が必要なのかを考えてみるのも良いでしょう。

日中はほとんど家にいないとなれば、求めるのは夜景になります。この場合、高層マンションでも低層マンションでも得ることはできます。大切なのは、実際にその景色を目にして感動するかどうかです。夜景なら何でも良いというわけではありません。人によって琴線に触れるポイントは違うものです。フィーリングに合う夜景を探すことが大切でしょう。

家族で住むならば、日中の景色も大切です。家事をしながらふと緑が目に入ると癒されるものです。また、子供が小さいうちは高層マンションは何かと心配するものです。ひとつのケースとして、1人でエレベーターに乗って下に降りたものの、元に戻れないということがあります。エレベーターのボタンが高くて押せないのです。そのような細かな点にも考慮して、生活環境に合った眺望を選ぶことも大切です。

最後に

マンションにはそれぞれ個性があります。外観のデザインや室内の間取り、設備などはもちろん、周辺の買い物環境などもそのひとつです。そして部屋から見える眺望は、部屋それぞれが持つ個性となります。いかに自分の生活スタイルやフィーリングに合う眺望を持つ部屋を選べるかが大事なポイントです。

Pocket

Reno Base 本山 ~ 物件レポート ~

Reno-Base-本山

Pocket

今回はフルリノベーションを施した3階建ての総戸数12戸となるコンパクトマンション「Reno Base 本山」をご紹介します。場所は東山線本山駅から徒歩13分の閑静な住宅街となります。竣工は1979年ですが、本年2016年7月に室内を完全リノベーションによって作り変えています。

フルリノベーションによる部屋の雰囲気は?

フルリノベーションの良さは、その時代に合った住みやすい部屋に作り変えることができることです。本物件はモダン&レトロをテーマにお洒落な室内環境となっています。

間取りは1DK、広さは33㎡ほどとなります。単身者には広めですが、2人暮らしにも十分な空間です。全てバスとトイレは別となり、さらにトイレには温水洗浄便座が設備されているのが嬉しいポイントです。専用設計のシステムキッチンは2口コンロなので、料理をする人にも満足の設備となります。

リノベーションの利点を最大限に発揮

Reno Base 本山_室内

室内は割とシンプルな雰囲気となります。持ち込むインテリアで自由に住空間を演出できることが利点となります。デスクを備え付けたタイプもあるので、書斎として活用できるスペースになります。


Reno Base 本山


また黒板壁が備わっている部屋もあります。メモ書きをしたり、カフェのメニュー風な書き込みで雰囲気を出すなど自由に活用できます。本山駅周辺は特色のあるカフェが多いので女性客が多いのですが、そのようなお店で得たインスピレーションをこの部屋のインテリアに活かすこともできそうです。ちなみに本山駅エリアは幼稚園や小学校、中学校が多いので治安の良さが有名です。女性の一人暮らしでも安心できます。


Reno Base 本山ダイニング

また、土間のあるタイプの部屋もあるので、自転車を持ち込んで手入れをしたりと、様々な使い方を楽しめます。このような一般的なマンションには無い設備が用意されているのも、リノベーションならではの利点です。

本山エリアの住み心地は?

名古屋大学が近いこともあって、学生が多く住むエリアです。駅前にも多くの学生がいますが、夜は静かになります。その名古屋大学へかけて飲食店が多いので、外食には不自由しないでしょう。帰りが遅くなって食事の用意も面倒な時は、お気に入りのお店でゆっくり食事するのも良いものです。あるいはカフェに立ち寄って資料に目を通したり、あるいは帰宅前にちょっと読書を楽しんだりすることもできます。

本山エリアの買い物環境は?

本山駅周辺にはコンビニや大きなスーパーマーケット、本屋などお店が色々とあるので、日常生活に必要な買い物には便利です。また、リーブナブルで美味しいお店から、お洒落な高級志向のお店までバラエティに富んだ環境となるのが特徴です。これは、隣に名古屋一お洒落なエリア覚王山があることも影響しているようです。週末ともなると多くの人で賑わうことになります。

本山エリアの住環境は?

本山の特徴は、大きな道路は歩道が歩行者用と自転車用とに分かれていることです。そのために安全に歩くことができます。学生が多いこともありますが、教育環境が良いことから子育て世代の家族も多く住んでいることも特徴です。そのために、このように安全に歩ける歩道は、小さなお子さんを連れて歩くのにも安心できます。

おわりに

本山エリアは庶民的で気楽に住めるのが魅力と言えます。そして学生が多いので、今回の物件も単身者の勤め人やカップルはもちろんのこと、学生の方にも向いているのではないでしょうか。フルリノベーションされた部屋は、それ自体が様々なインスピレーションを与えてくれることになります。余計な装飾などが無いことにより、インテリアを楽しむのにもぴったりの物件です。低層マンションは何となく落ち着いた雰囲気も醸し出しているので、満足感の高い生活が送れそうです。

モダン&レトロのフルリノベーション「Reno Base本山」の詳しい情報はこちら

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工