デザイナーズと言えばコレ!コンクリート打ちっ放しの魅力とは?

コンクリート打ちっ放しイメージ

Pocket

デザイナーズマンションで見られるコンクリート打ちっぱなしのマンション、その都会的なお洒落感は通常のマンションでは得られないものです。一方でこのコンクリート打ちっぱなしには、いくつかの課題があることも事実です。けれども、そのようなデメリットも上回る魅力とはどのようなものなのかを挙げてみます。

満足度の高いデザイン性

飲食店やヘアサロンなどで内装がコンクリート打ちっぱなしの場合、何か非日常的なものを感じることはないでしょうか。お洒落なレストランなどは何か特別な感じを受けるものです。この特別感を味わうことができるのが、デザイナーズマンションのコンクリート打ちっぱなしです。居住空間でありながら非日常性を味わうことができるのが魅力です。住宅の中でも1パーセントに満たないと言われる特別感も、住むことによる満足度を高めてくれます。

また、何かしらの創作活動を行っている人であれば、自宅をアトリエとして使う場合、コンクリート打ちっぱなしほど適した空間は無いでしょう。あるいは趣味でも創作活動を行う人の感性を刺激してくれる空間となります。これも非日常感を感じるゆえのメリットとなります。さらに一部をワークショップとして活用するのもお洒落なものです。これが一般的なマンションでは、なかなか雰囲気が出ないものです。コンクリート打ちっぱなしだからこそ楽しめるわけです。

さらに、コンクリートだからこそ様々なデザイン表現が可能となります。液状のものを枠型に流しこむという工法により、どんな形も形成できるからです。室内に局面を生み出すこともできますし、他では見られない独創的な空間演出が可能となります。そして床材との相性の良さも挙げられます。例えば組み木のようなデザインのヘリボーンの床はお洒落ですが、単体では個性が強すぎて浮いた印象を与えてしまいます。けれども壁がコンクリート打ちっぱなしとなることで一体感を生み出すことになります。

インテリアが楽しめる

このようにコンクリート打ちっぱなしの部屋はデザイン性に関する魅力が大きなものですが、インテリアとの組合せでもそのクールさを楽しむことができます。そして実は、ナチュラル素材の家具との相性も良いものです。クールで無骨な印象に柔らかみが加わり、シンプルかつクールな室内空間になります。あるいは小物を多く集める場合、シンプルなコンクリートの壁がすっきり感を与えてくれます。壁一面に棚を設けて小物を陳列しても、それがお洒落なインテリアになります。ほんのりオレンジ色の照明もあれば、さらに素敵な雰囲気を演出します。

コンクリート打ちっ放し 室内

またコンクリートの壁は、グリーンが映えるのも特徴です。観葉植物を置いておくと、無機質な空間に温もりが生まれます。けれども逆にそれが、コンクリートのクールさをさらに引き立てることにもなるのです。

あるいは部屋の真ん中にシンボルツリーを置いて天井まで届くような本棚、そしてソファなどの温かみのあるファブリックを置けば、居心地の良いカフェの雰囲気を再現することができます。例えば仕事の書類をまとめるのに、ノートパソコンを抱えてわざわざカフェへ出かけるといった経験はないでしょうか。何とも言えないその雰囲気が、作業効率を高めているのかもしれません。自宅でそれを再現できるのも、コンクリート打ちっぱなしの特権かもしれません。

大空間を作れる

一般的に住宅は柱が建物を支えることになります。マンションの場合も当然ながら柱が必要ですが、一定の間隔で配置しなければなりません。そのために室内にはその柱が大きく存在感を与えることにもなります。けれどもコンクリート打ちっぱなしの場合、戸境となる壁もコンクリートとなるために、そのような柱は不要となります。つまり、広い大空間を作ることが可能となるわけです。ワンルームマンションの場合、柱のスペースが無くなることで限られた面積を最大限に確保できます。

コンクリート打ちっ放し 大空間

ワンルームマンションの場合、広い空間を仕切ることなくキッチンやバスルームなどを自由に配置することで、まるでお洒落なホテルのような雰囲気になります。ここでも非日常感を演出することになります。

ただし、この広い空間が逆にデメリットと言われることも事実です。寒い冬場はなかなか室内が暖まらないというのが理由です。これはコンクリート壁の蓄熱容量が原因と言われます。蓄熱容量が大きいコンクリートは暖房の立ち上がりが遅いので、なかなか室内が暖まらずに寒いというわけです。けれども逆に部屋が暖まれば、コンクリートが熱を蓄えるので暖かさが続くことになります。つまり、暖房の時間軸を考慮すればコンクリート打ちっぱなしは決して寒い部屋というわけではないことがわかります。また、暖房の際には空気を温めるエアコンよりも、壁を温める遠赤外線の暖房器具の方が効率よく暖めることができます。

高い防音性

コンクリート打ちっぱなしの部屋のメリットに、防音性の高さも挙げられます。多くのマンションで最も多く苦情が寄せられるのが、音の問題です。特に上階の足音などは結構響くものですし、ましてや子供がいると大変です。走り回る音はかなり響きますし、注意しても改善されることは稀です。けれども、コンクリート打ちっぱなしの住宅の場合は、このような悩みから解放されます。また、自分が楽器演奏を行いたいような場合にも、他の部屋の人に迷惑をかけることもなくなります。

ただしこの上階の音の問題は、あくまでも床スラブ厚に比例して軽減されます。そして壁がコンクリートの場合、厚い床のコンクリートを支えることができるということで、厚みのある床でなければ意味はないので注意は必要です。一般的な賃貸マンションの場合は、床スラブが割と薄いところが多いものですが、コンクリート打ちっぱなしの物件の場合には厚めに設計されるところが多くなります。その点で快適性が確保されることになります。

耐火性の高さ

コンクリート打ちっぱなしの住宅は、耐火性に優れていることも特徴となります。躯体そのものが不燃性であることに加えて、コンクリートは1000度の炎にも2時間は耐えられるとされています。よくある隣家からのもらい火にも耐えることができる安心感があります。特に住宅が密集している都市部では、このもらい火による被害が多いものです。その点において、コンクリート打ちっぱなしの住宅は有利とされています。それを裏付けるように、火災保険料は安く設定されています。木造住宅と比べると、大体三分の一となっているようです。このように延焼の可能性が低いことにより、建ぺい率ぎりぎりまで建てられていることが多くみられます。狭い敷地であっても、広い室内を確保できるのは、これが理由となります。

終わりに

このように、コンクリート打ちっぱなしの住宅には数多くのメリットや魅力があります。確かに夏は暑く冬は寒いという課題もあります。けれどもこれは、蓄熱容量を考えて冷暖房器具を上手く利用することによって快適な環境を維持することができます。ポイントは室温を常に維持するように運転することと、冷暖房器具を上手くチョイスすることです。その結果、冬場の結露を防ぐこともできます。そして何よりも、コンクリート打ちっぱなしでなければ楽しめないインテリアがあります。さらに感性を刺激されるような空間にしたり、お洒落なカフェのような空間にしたりと思うような部屋づくりを楽しむことができます。また、耐火性の高さや堅牢性の高さによる地震への安心感もコンクリート打ちっぱなし住宅ならではのメリットと言えます。

Pocket

心も体もリラックスできる、この秋に取り入れたいインテリアのポイントとは?

インテリア秋

Pocket

秋も深まり、部屋にも季節感を持たせたいところです。けれどもインテリアを変えるとなると、なかなか簡単にはいかないものです。お金がかかる、時間が無い、具体的に何をどうすれば良いのか分からないといった理由が多いのではないでしょうか。そこで、簡単に秋らしさを演出できるインテリア術を幾つかご紹介します。

3つのアイテムを変えること

部屋の雰囲気を効果的に変えるためには、最低限3つのアイテムを変えることが必要と言われます。加えてできる限り面積の大きなものを選ぶことがポイントです。リビングで大きな面積のものといえば、まずはカーテンですね。何も特別なものを買わなくても、安く購入するとことができるので、季節ごとに交換しても良いものです。秋のカラーといえば暖色系です。オレンジ系や明るめの茶系を選べば無難です。ボーダーデザインであれば、さらに雰囲気を増すことになります。

リビングで次に手軽に交換できるのはクッションカバーです。もしソファがあれば、そのカバーも交換するのがベストです。ベージュ系の色はセンスを問われることになりますが、凝ったインテリアを目指すならばチャレンジしたい色です。イメージとしてはカントリー調といったところでしょうか。デザインとしては、ナチュラルな質感のある植物をモチーフにしたボタニカル柄が流行りとなっています。さりげなく取り入れると、オシャレ感が増すことでしょう。

部屋全体のポイント

秋といえば落ち着いた雰囲気でしょう。部屋全体を落ち着いた雰囲気にするためのポイントは、下にいくほどに濃く暗めのトーンの色にすることです。そこでまず、床に濃い茶系のラグなどを敷いておくとグッと秋らしくなります。そして注意したいのは、目線の高さにあるグッズは少し明るいトーンの色にすることです。オレンジやマスタードイエローなどの小物を置くと良いでしょう。また、手軽に雰囲気を出せるのがウォールステッカーです。簡単に剥がせる優れものアイテムです。秋らしさを演出するものが簡単に手に入るので、お気に入りのデザインのものを貼ると良いでしょう。その際にも、ラグマットよりも明るめの色合いのものを選ぶのがコツです。

ちょっとしたひと工夫

リラックスできる部屋作りは、ほんのちょっとした工夫で行えます。まず玄関先から秋らしさを感じさせることで、疲れて帰ってきた心を癒すことができます。暖色系の玄関マットを置くだけで、その空間に秋らしさを感じるようになります。また、シューズボックスの上などに小物を置くだけでも効果的です。例えば松ぼっくりのついたリースとキャンドルを置くだけで、何となく心が落ち着きます。

キッチンやリビングにも、秋を感じさせるアイテムを置くことで落ち着いた雰囲気に変わります。ブロンズや赤銅色のような小物を雑貨店で探すのも楽しいものです。お気に入りのものを選んで、棚などの空いたスペースに置いておきましょう。キッチンなら作業する時の目線の先に、リビングならいつも座る位置から視界に入るところに置いておくのがポイントです。

リラックス効果といえば観葉植物ですが、秋をイメージさせるものを探すのは難しいものです。観葉植物のグリーンは涼しさを感じさせるので、ひと工夫する必要があります。ニット素材のカバーを鉢につければ、暖かさを演出することができます。

終わりに

秋らしさを演出するインテリアは、割と分かりやすいものです。色合いもほぼ決まっているからですが、大事なことは手軽に簡単にできるということです。大きなものでもカーテンやソファカバーを変えるだけで、かなり部屋の雰囲気は変わります。あとはお気に入りの小物を探して部屋のあちらこちらに置いておくだけで、リラックス効果を期待することができます。

Pocket

ホントにお得なの?|オール電化物件のメリットとデメリット

オール電化

Pocket

東日本大震災以降、電気料金は値上がりしていることでオール電化には逆風とみられてきました。この4月から電力の自由化が始まりましたが、深夜割引をするサービスは今のところありません。このような状況の中でオール電化はお得なのでしょうか?それを考えるために、改めてそのメリットとデメリットを知っておくのも良いでしょう。

オール電化の設備について

オール電化で導入する設備は、主にキッチンのIHヒーターと電気給湯器です。マンション用のエコキュートも普及が始まっています。また床暖房は電気で温水を温めて循環させるタイプが主流となっています。

キッチンのメリットとデメリット

IHクッキングヒーターのメリットは、火を使わないことで火事の心配が無いことです。ガスキッチンからの出火による火事の割合は多いものです。特に歳を取るにつれて視力が弱まることで、ガスの青白い炎が見えなくなると言われます。さらにフラットなIHクッキングヒーターは掃除も簡単で綺麗に維持できます。また燃焼による水蒸気も発生しないので、結露も発生しにくくなりますし、夏場のキッチンの暑さもなくなります。

デメリットとしては、まず使用できる調理器具が限られることがあります。ガスコンロならば激安のフライパンなども使えますが、IH対応となるとそういうわけにはいきません。また火力を必要とする料理は難しくなります。さらに、多少ではありますが同じ料理を作るにも電気は時間も料金も増えます。

給湯器のメリットとデメリット

深夜の割安電力を使えるならば、電気温水器は安くお湯を沸かすことができます。また給湯器の不完全燃焼といった危険性も無くなります。メリットとしてはこのくらいで、デメリットは幾つかあります。

まずタイマーのセットを間違えてしまうと、日中の高い電力でお湯を沸かしてしまうので割高となることです。あるいはタンクのお湯を使い切ってしまうと、やはり日中の割高な電力を使うことになります。また冬場はなかなかお湯が温まらないので、電気代がかかるようになります。さらにタンク内を清掃することができないので、長く使うとお湯が臭うようになります。そのために、飲料に利用するためには、お湯を一度沸騰させることが必要となります。もちろん、タンク内の水を全て抜き取ることである程度はタンク内を綺麗にすることは可能となります。

その他のメリットとデメリット

災害時には電気が使えなくなるとの意見もありますが、それはガスも同じです。割高となるプロパンを使っていれば別ですが、大抵の地域ではガスの復旧はかなり遅くなります。例えば東日本大震災での電気の復旧は4日でしたが、ガスは34日かかっています。阪神淡路大震災は電気の復旧が1日に対してガスは実に61日後に復旧しています。

このようなことを踏まえて、これからのオール電化を検討することが必要です。

結局オール電化はお得なの?

オール電化を経済面で見るとデメリットが目立つようになります。けれども、オール電化でなければ手に入らない室内環境や安全性というメリットがあります。その安心感を買うためのコストと見ることができるか否かがポイントになるようです。

Pocket

7つの疑問にお答えします|タワーマンションQ&A

Q&A

Pocket

日常生活では得られない眺望が楽しめるタワーマンション、憧れる人は多いものでしょう。その一方で、気になるデメリットとされることも多いのが事実です。デメリットをメリットで帳消しにできるのか、それとも生活する上では致命的なものなのか、それがきになるところです。そこで今回はタワーマンションにまつわる様々な疑問について取り上げたいと思います。

タワーマンションは音が気になると言うけれど・・・

防音性

重厚感のあるタワーマンションですが、実際に住んでいる人の声を聞くと、思いのほか音に関する悩みを聞きます。例えば隣戸との境となる壁ですが、多くの場合はコンクリートではなく、石膏ボードを使った乾式壁となっています。これは、上層階の壁をコンクリートにしてしまうと重量が増すために、梁や柱を太くしなければならいからです。そのためのコストがかかりますし、確保できる部屋数も少なくなります。

この乾式壁の防音性ですが、実際には話し声などはほとんど通ることはないようです。ただし打撃音には弱いので、例えば掃除機が壁に当たる音などは響くようです。

注意が必要なのは上階からの音です。一般的にタワーマンションは床スラブのコンクリートは厚くなっていますが、軽量化のために梁を小さくしています。これが音漏れの原因とされています。ただし防音性の評価が高い物件もあります。スラブ厚が350mmほどあれば、特に気にはならないようです。

高層階は子育てに影響があると聞くけれど

子育て

タワーマンションに住むことで心配されるのは、小さな子供にとっての環境が挙げられます。高層階となると外出が少なくなるのはよく聞かれることです。その結果、子供を外に連れ出すことが少なくなるために、教育上影響を及ぼすというものです。もちろんマンション内には子供同士が遊べるコミュニティルームがある物件もあります。けれども、子供にとっては自然環境の中で自由に遊ばせることが重要と言われています。

これはタワーマンションに限ったことではなく、一般のマンションでも言えることです。高層であっても低層であっても、公園などで遊ばせる時間を取れるかどうかといったことが問題になります。子供の五感が育つ6歳までは、極力外に連れ出して遊ばせることが大切です。

また、親が外出しなくなることで、子供の依存度が高まるとのデータもあります。確かにエレベーターの待ち時間などを考えると外に出るのが億劫にもなります。けれども、子育てを考えての行動を意識するならば、どのようなタイプのマンションでも影響はないと言えます。外で遊ばせてあげないと、子供は低体温になるとも言われます。面倒がらずに外に連れ出してあげることが大切です。

外からの音が気になると言われるけれど

外からの音

外の音は上に上がるほどに反響されるので、タワーマンションの高層階に住んでびっくりする人は多いようです。車の音や人の喧騒、線路が近ければ電車の音はかなり気になるようです。また、常に吹いている風の音もあります。特に近くに同じような高層の建物があれば、反響するようです。

もちろんタワーマンションはペアガラスを採用しているので、通常のサッシよりは防音性は高いものです。けれども外からの音は窓を閉めていても気になる人はいるようです。賃貸で借りる場合には必ず確認ができるので、チェックしておくことが大事です。

タワーマンションと言えば揺れが気になる

タワーマンションは地震に対しての対策はしっかりとしています。ただしこれは、建物が倒れないようにとのことで、中に住んでいる人のことは実際には考慮されていません。例えば免震構造の場合、建物全体が地震のエネルギーを直に受けない形で揺れます。そのために、地震が収まってからもしばらくはゆっくりと揺れ続けています。上層階ともなれば前後1メートルほどの幅で動くと言われます。

タワーマンションのような高層の建物でよく聞くのが、風が吹くだけで揺れるということです。実際にどうなのか、様々な意見がありますが、たとえ揺れているとしても気にはならないようです。もちろん中には体調の不調を感じる人もいるようですが、高層階との関連性は確認されてはいません。ただし、精神的なストレスは感じるかもしれないので、気になるようなら高層階は避けた方が良いかもしれません。

高層階での気圧の影響はどの程度あるの?

気圧

高層階へと移動するエレベーターに乗ると、耳が痛くなることはありませんか?これは気圧の変化が原因ですが、タワーマンションの高層階となれば気圧も少し低くなります。気圧変動は人によって感じ方は違うものです。台風が近づくと体調が悪くなる人もいるように、高層階での生活が慣れない人も中にはいます。

100メートルほどの高さでは、気圧の違いによる健康への影響はほとんど無いとされています。けれどもこれはあくまでも数字上の話なので、人間の五感には関係ないデータです。例えば風による建物の揺れを感じる人もいなければ、船酔いのような症状を訴える人もいます。気圧の違いを敏感に感じる人ならば、タワーマンションの高層階は避けた方が良いでしょう。

上層階は空気が綺麗なのは本当?

マンション生活で悩みのひとつとなるのが、幹線道路の排気ガスではないでしょうか。高層マンションの上層階となれば、排気ガスは希釈されて少なくなるとの意見もあります。確かに地上に比べると少なくはなりますが、排気ガスや埃は風に乗って舞い上がります。実際に中国の黄砂がはるばる日本まで運ばれるほどです。たとて上層階といっても、空気がクリアになるとは言い切れないわけです。

ただし、一般のマンションと比べると影響は少ないのも確かです。さらに、そもそも風が強い上層階は窓を開けることができない物件も多いものですし、室内は24時間換気されるので、空気が綺麗なのは間違い無いかもしれません。

ひとつ注意が必要なのは、完全に密閉された空間となるのでダニが発生しやすくなるということです。窓を開けての換気ができないので、まめな掃除と湿度管理が必要になります。

高層階からの景色がインスピレーションを生む?

インスピレーション

眺望の良さが前面に出るタワーマンションの高層階ですが、その眺望を目にすることにより、インスピレーションが豊かになると言われます。

人は目に飛び込む様々な景色から、想像力を生み出すと言われます。よく歩いているとアイデアが生まれると言われます。もちろん血流が良くなることもひとつの要素ですが、これも視界に入る景色が変わることにより、インスピレーションにつながる神経が刺激されるのが原因のようです。

タワーマンションから見る景色は、一般的な生活環境からは目にすることが無いものです。その特別な景色を目にすることによって、あるいは夜景の光の変化を見ることで創造性が高まることは十分に考えられます。眺望を楽しみながらゆったりと寛ぎの時間を、というのも良いのですが、創造性を必要とする仕事をする人にとっても良い環境と言えそうです。

終わりに

タワーマンションに関しては、実際に住んでみてわかることが色々とあります。また個人的な感覚に訴えることもあるので、生活してみないと分からないことも多くあるようです。生活習慣を意識することでクリアできる課題もあれば、体質的にどうしても無視できないこともあります。住んでから後悔することがないように、この記事が少しでもお役に立てばと思います。

Pocket

新築賃貸マンションご紹介|プレサンス久屋大通公園エアリー

プレサンス久屋大通公園エアリー

Pocket

久屋大通公園と百貨店エリアのほど近くに、シティ派のデザイナーズマンションが誕生します。本年10月下旬竣工予定の「プレサンス久屋大通公園エアリー」は、名古屋市営地下鉄名城線と鶴舞線の上前津駅から徒歩3分、名城線の矢場町駅からも徒歩5分と好立地となります。13階建ての全72戸は24m2前後の3タイプの1Kとなります。部屋の向きは東向きと西向きに分かれるので、使い勝手を考えて部屋を選ぶことができます。

栄へは矢場町駅からわずかひと駅

栄
名古屋有数の繁華街である栄は、矢場町駅のひとつ隣となります。ショッピングなどで楽しむこともできますし、東山線への乗り換えなどで通勤に関しても非常に便利です。また大須商店街にも近く、サブカルチャーを存分に楽しむことができます。まさに名古屋の中心地に住むという感覚を味わうことができ、絶好のロケーションと言えます。

都会に相応しいスタイリッシュな外観

重厚感溢れる建物の外観は、黒いタイル貼りですが上層部は白となり、ツートンのデザインがシャープなイメージを与えます。また手すりはタイルやガラス、アルミルーバーの3種類と変化に富んだものとなります。この手すりのタイプでも好みの部屋を選ぶことができそうです。

エントランスからエレベーターまで

少し奥まったエントランスアプローチから風除室に入るとオートロックがあります。風除室右手には宅配ボックスがあるので、留守中に届いた荷物はここで受け取ることができます。鍵を開けて中に入ると、右手にメールボックスがあります。そのまま奥へ進むと、突き当たり左がエレベーターになります。突き当たりには階段室へと入る扉があり、さらにその階段室を抜けると屋内自転車置き場のある通路へと出ます。反時計回りに進むと、出口近くの左手にゴミ置場があります。

室内の様子

室内は、玄関を入ると通路を挟んで洗濯機置き場にトイレや洗面台、ユニットバスにキッチンとクローゼットが並んでいます。一番広いタイプの部屋はキッチンにカウンターがついています。

トイレは温水洗浄暖房便座付きなので、冬は暖かくて便利です。また便座カバーが不要なのですぐに掃除ができて衛生的です。洗面台はシャンプーもできる洗髪洗面化粧台なので、女性の朝の身支度にも便利です。ユニットバスには浴室乾燥機が付いているので、雨の日の洗濯にも活用できます。

キッチンはシングルライフには充分な二口コンロを採用しています。収納も多く使い勝手をコンパクトにまとめた機能的なものとなっています。

安心して住める基本構造

このところ大きな地震が多いので、マンションの耐震性に関しては注目が集まっているものです。プレサンス久屋大通公園エアリーは耐久性にもこだわった構造となっています。高気密なコンクリートは100年は大規模補修を不要とする強度を誇るものとなります。

マンションの周辺環境

プレサンス久屋大通公園エアリーの周りには、まずコンビニが2件すぐ近くにあります。会社帰りが遅くなっても買い物には不便がないというわけです。カフェなどの飲食店も多いので、食事をするにも恵まれた環境となります。マンションの裏手には久屋大通庭園フラリエがあります。6つのテーマガーデンを中心としてカフェや雑貨店なども敷地内にあります。季節ごとにイベントも行われているので、休日などには散策したり食事を楽しむことができる憩いの場所になりそうです。

おわりに

プレサンス久屋大通公園エアリーの周辺は名古屋でも有名なエリアが多くあります。久屋大通に百貨店エリアやブランドショップエリア、大須商店街など休日に散策などで楽しめるエリアにも恵まれています。さらに都会的でスタイリッシュな建物は住むことに満足感を与えてくれます。都心生活に充実感を与えてくれるマンションと言えそうです。

※本記事で使用されている室内写真は同シリーズの写真となりますのでご了承ください。

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工