空間の変化を楽しむスキップフロアのある生活

スキップフロア

Pocket

マンションやアパートには様々な間取りがありますが、多くは当然ながら平面でのバリエーションが変わる形です。ここに縦のバリエーションを生み出すのがスキップフロアです。これはフロアの高さを半階分ずらすことで、連続する層を構成するものとなります。いわゆる中二階のようなスタイルです。マンションやアパートでごく稀に、このような間取りを採用したものを見ることができます。ちなみにマンションでスキップフロアと言うと、一般的には共用部のことを表します。エレベーターを全ての階に止まるようにせず、その踊り場から半階上下にずらして部屋を配置した構造となります。バリアフリー新法が施行された2006年12月以降は建設されなくなっています。

スキップフロアの生み出すメリットとは?

元々このスキップフロアは、狭小住宅を少しでも広くみせるための工夫から生まれたものです。目線に高低差が生まれて実際の床面積よりも広く感じることができるようになります。開放的な空間を作り出すことができますし、家の中を広く見せる効果を生みます。

特徴としては、段差ができることによって壁や扉をつけることなく自然に仕切りができるものとなります。空間を区分けしつつも開放的であることから、家族の気配を感じることができるようになります。例えば小さな子供がいる場合、リビングにいる子供を見ながら中二階にあるキッチンで用事をする、などといったことが可能となります。

また、廊下を作らない構造となるのでデッドスペースを少なくすることができます。そして空いた空間を利用して収納を作ることができるので、縦に生まれる空間を無駄なく活用できるようになります。また階段が短いので、子供が誤って足を踏み外しても大きな怪我をせずにすみます。

スキップフロアの活用方法とは?

スキップフロアによって空間に遊び心が生まれるので、活動的になるのも特徴のひとつです。さらに少し天井の低い部屋は秘密基地のような雰囲気を生み出すので、書斎や趣味の部屋として利用されることも多くなります。もちろん子供部屋として使うと子供が喜びますし、その様子を半階違いの部屋から見ることができます。

スキップフロアの踊り場も活用できる空間です。テーブルを置けば、主婦のちょっとしたワーキングスペースとなります。上下共に目を配ることができるので、家族の様子を伺うことができるわけです。

スキップフロアの注意点とは?

遊び心が生まれることで、生活に楽しさを与えてくれるスキップフロアですが、注意点などもあります。まず壁や扉で部屋を区切らないので、その広い空間の空調を整えるための光熱費がかかります。エアコンやファンヒーターなどで上から下まで室内全体を暖めたり冷やしたりする必要があるからです。また家族の気配を感じることができるのは良いのですが、プライバシーをどう守るのかが課題になります。遮音性に関しても低くなることは覚悟が必要です。さらにバリアフリーと逆行する構造となるので、高齢者との同居となると考慮が必要となります。

また、スキップフロアは空間の把握が難しい構造となります。その設計には知識と経験と技術が必要になります。設計士の腕が無ければ使い勝手の悪い間取りになってしまいます。見た目には楽しそうに見えるものですが、部屋選びの際は動線や収納の位置など生活のしやすさをチェックすることが大切です。

終わりに

マンションでスキップフロアの間取りを採用しているのは、デザイナーズマンションが多いものです。あるいはメゾネットタイプのアパートやマンションでスキップフロアを採用しているところも見られます。使い方は自由なので、アイデア次第で同じ間取りでも素敵な空間になるのがスキップフロアの特徴です。さらに階段そのものも部屋の一部として利用することができます。活動的になり、また創造力も働くようになるのがスキップフロアの魅力のひとつと言えます。

スキップフロアのお部屋名古屋市昭和区「Green Avenue」

Pocket

眺望で選ぶお部屋探しのポイントとは?

眺望花火

Pocket

賃貸マンションの魅力のひとつに、眺望の良さがあります。目の前が開けていることによって解放感があることは、生活にもゆとりが生まれます。また部屋が明るいために気分も良いものです。そこで、眺望の良い部屋の特徴や探すのためのポイント、そして注意点を挙げてみます。

眺望が良い部屋とは?

近年タワーマンションが人気を集めているので、眺望と言えば高層階と連想する人も多いのではないでしょうか。もちろんその景観は絶品です。ほとんどの人には縁の無いような絶景を毎日楽しめる部屋もあります。もちろん、そのような部屋は家賃もかなり高いものですし、誰もが住めるというわけではありません。また後述しますが注意点もあります。そこで、眺望の良い部屋にはどのようなものがあるのかを考えてみるのも良いでしょう。

眺望夜景

まずタワーマンションの高層階の特権とも言える夜景があります。都市部を臨む部屋ならば綺麗な夜景を毎日眺めることができるわけです。また昼間であれば、例えば東京であれば、富士山や東京タワーなどのビューポイントを楽しめる部屋もあります。あるいは夏の風物詩とも言える花火を堪能できる部屋もあるわけです。

他にも楽しめる眺望はあります。例えば都心部ではなかなか見つけることができませんが、緑が楽しめる部屋もあります。この場合には高層マンションではなく、逆に低層型のマンションの方が楽しめるのが特徴となります。

眺望緑

あるいは桜や紅葉などの四季の移り変わりを楽しめる部屋もあります。忙しい都心生活の中で心が癒される住空間を堪能することができます。またリバーサイドや海沿いなど、水辺を望める部屋もまた風情があるものです。高層マンションとは異なる魅力を持つものです。

眺望の良い部屋を探すコツとは

眺望にも様々なタイプがあることが分かりましたが、その探し方は知っておいた方が良いでしょう。専門サイトもあるので、ある程度の物件の目安をつけることはできます。けれども大事なのは、実際に部屋から見える景色です。同じように目の前が開けているとはいっても、そこで感じるものは異なります。まずは実際に内見するのが一番ですが、手当たり次第に内見していては手間がかかるものです。

例えば高層マンションの場合、目の前にも同じような高いマンションが建っていないかを確認することは必要です。さらに将来建設される可能性が無いかもチェックすることが大切です。古い家屋が多く残っていたり、広い駐車場などがあれば要注意です。花火を楽しみたい時にも、やはり前に高い建物があると邪魔になります。これはある程度地図を見ることでも確認できます。

一方で緑の眺望を楽しみたいのであれば、まずひとつは高台にある物件を探すことです。低層マンションであっても、目の前が開けているので景色を楽しむことができます。あるいは小学校や図書館などといった公共施設があれば、その敷地の緑を眺めることができます。このような施設があれば、そう簡単には将来高い建物が建つことは無いわけです。

さらに少し高度な探し方として、用途地域の境目を狙うという方法があります。例えば大通りを境目にして、目の前が第1種低層住宅専用地域となる近隣商業地域であれば、高台ではなくても眺望を楽しむことができます。第1種低層住宅地域とは、戸建て住宅や4階建て以下の低層マンションしか建てられない地域のことです。高台となると、坂道を歩かなければいけませんが、このような地域ならば平地でも眺望を望むことができます。

眺望の良い部屋の注意点とは?

マンションに眺望を求める人ならば、そのための注意点も知っておくことが大事です。例えば緑が目の前に広がるマンションの場合、あまりに距離が近いと夏場のセミの声は大きな問題となります。これがびっくりするほど大きな声で鳴きますし、しかも木が多ければ大量に発生しての大合唱となります。しかも朝は早くから夕方まで、ほとんどずっとその鳴き声を聞くことになります。そのために、窓は二重サッシであることが必須です。

あるいは桜を楽しめる場所ならば、見物客の声がかなり気になります。夜遅くまで騒いでいることもありますし、また防犯面でもしっかりしていることが必要になります。

川を臨むリバーサイドは川を通る風が涼しいのも魅力のひとつとなります。川で開催される花火大会を見ることができる場合もあります。ただし注意点として、川沿いには蚊をはじめとして羽虫が発生するので、低層階では室内に入り込んでくることがあります。また都心部でも河川の浄化が進んでいるとはいっても、臭いが気になることもあります。さらに川沿いや海沿いには洪水リスクもあるので、ハザードマップなどを確認しておくことも大切です。

高層マンションの注意点とは?

夜景を楽しめる高層マンションにも、注意点が幾つかあります。まず日常生活ておいて、エレベーターを待つ長さがよく取り上げられます。複数のエレベーターがあれば多少は緩和されますが、実際に生活してみないとわからない部分もあります。

また、南向きの部屋の夏場の暑さもかなりのものとなります。目の前を遮るものが無いので、太陽の直射日光をまともに受けることになります。そうなると日中は厚手のカーテンを閉めてエアコンをずっと運転させることになります。これでは日中は眺望を楽しむことはできません。そのために北向きの部屋を選ぶ人も多くいます。高層マンションであれば、北向きであっても反射光によって窓からかなり光が入るので明るいものです。また洗濯物も高層マンションはベランダで干せないところが多いので問題は無いわけです。

また、たとえ日中に外の眺望を見渡せるとしても、それが床に座った状態で見えるのかをチェックすることも必要です。手摺が邪魔になって空しか見えないようでは意味がないものです。普段どのような生活をするのかを考慮して部屋選びをすることが大事というわけです。また高層マンションの場合、地震の揺れに対して制振構造と免震構造とがあります。いずれにしても、高層階はしばらく大きな揺れが続くことは覚悟する必要があります。風が吹いても多少の揺れがあるので、慣れる必要もあります。

どんな生活を望むのかを考えよう

眺望の良い部屋にも色んなタイプがありますし、そのメリットとデメリットもそれぞれ違うことが分かります。そこで、自分の場合にはどんな景色が必要なのかを考えてみるのも良いでしょう。

日中はほとんど家にいないとなれば、求めるのは夜景になります。この場合、高層マンションでも低層マンションでも得ることはできます。大切なのは、実際にその景色を目にして感動するかどうかです。夜景なら何でも良いというわけではありません。人によって琴線に触れるポイントは違うものです。フィーリングに合う夜景を探すことが大切でしょう。

家族で住むならば、日中の景色も大切です。家事をしながらふと緑が目に入ると癒されるものです。また、子供が小さいうちは高層マンションは何かと心配するものです。ひとつのケースとして、1人でエレベーターに乗って下に降りたものの、元に戻れないということがあります。エレベーターのボタンが高くて押せないのです。そのような細かな点にも考慮して、生活環境に合った眺望を選ぶことも大切です。

最後に

マンションにはそれぞれ個性があります。外観のデザインや室内の間取り、設備などはもちろん、周辺の買い物環境などもそのひとつです。そして部屋から見える眺望は、部屋それぞれが持つ個性となります。いかに自分の生活スタイルやフィーリングに合う眺望を持つ部屋を選べるかが大事なポイントです。

Pocket

Reno Base 本山 ~ 物件レポート ~

Reno-Base-本山

Pocket

今回はフルリノベーションを施した3階建ての総戸数12戸となるコンパクトマンション「Reno Base 本山」をご紹介します。場所は東山線本山駅から徒歩13分の閑静な住宅街となります。竣工は1979年ですが、本年2016年7月に室内を完全リノベーションによって作り変えています。

フルリノベーションによる部屋の雰囲気は?

フルリノベーションの良さは、その時代に合った住みやすい部屋に作り変えることができることです。本物件はモダン&レトロをテーマにお洒落な室内環境となっています。

間取りは1DK、広さは33㎡ほどとなります。単身者には広めですが、2人暮らしにも十分な空間です。全てバスとトイレは別となり、さらにトイレには温水洗浄便座が設備されているのが嬉しいポイントです。専用設計のシステムキッチンは2口コンロなので、料理をする人にも満足の設備となります。

リノベーションの利点を最大限に発揮

Reno Base 本山_室内

室内は割とシンプルな雰囲気となります。持ち込むインテリアで自由に住空間を演出できることが利点となります。デスクを備え付けたタイプもあるので、書斎として活用できるスペースになります。


Reno Base 本山


また黒板壁が備わっている部屋もあります。メモ書きをしたり、カフェのメニュー風な書き込みで雰囲気を出すなど自由に活用できます。本山駅周辺は特色のあるカフェが多いので女性客が多いのですが、そのようなお店で得たインスピレーションをこの部屋のインテリアに活かすこともできそうです。ちなみに本山駅エリアは幼稚園や小学校、中学校が多いので治安の良さが有名です。女性の一人暮らしでも安心できます。


Reno Base 本山ダイニング

また、土間のあるタイプの部屋もあるので、自転車を持ち込んで手入れをしたりと、様々な使い方を楽しめます。このような一般的なマンションには無い設備が用意されているのも、リノベーションならではの利点です。

本山エリアの住み心地は?

名古屋大学が近いこともあって、学生が多く住むエリアです。駅前にも多くの学生がいますが、夜は静かになります。その名古屋大学へかけて飲食店が多いので、外食には不自由しないでしょう。帰りが遅くなって食事の用意も面倒な時は、お気に入りのお店でゆっくり食事するのも良いものです。あるいはカフェに立ち寄って資料に目を通したり、あるいは帰宅前にちょっと読書を楽しんだりすることもできます。

本山エリアの買い物環境は?

本山駅周辺にはコンビニや大きなスーパーマーケット、本屋などお店が色々とあるので、日常生活に必要な買い物には便利です。また、リーブナブルで美味しいお店から、お洒落な高級志向のお店までバラエティに富んだ環境となるのが特徴です。これは、隣に名古屋一お洒落なエリア覚王山があることも影響しているようです。週末ともなると多くの人で賑わうことになります。

本山エリアの住環境は?

本山の特徴は、大きな道路は歩道が歩行者用と自転車用とに分かれていることです。そのために安全に歩くことができます。学生が多いこともありますが、教育環境が良いことから子育て世代の家族も多く住んでいることも特徴です。そのために、このように安全に歩ける歩道は、小さなお子さんを連れて歩くのにも安心できます。

おわりに

本山エリアは庶民的で気楽に住めるのが魅力と言えます。そして学生が多いので、今回の物件も単身者の勤め人やカップルはもちろんのこと、学生の方にも向いているのではないでしょうか。フルリノベーションされた部屋は、それ自体が様々なインスピレーションを与えてくれることになります。余計な装飾などが無いことにより、インテリアを楽しむのにもぴったりの物件です。低層マンションは何となく落ち着いた雰囲気も醸し出しているので、満足感の高い生活が送れそうです。

モダン&レトロのフルリノベーション「Reno Base本山」の詳しい情報はこちら

Pocket

シエルブルー栄 ~ 物件レポート ~

シエルブルー栄

Pocket

今回ご紹介するマンションは、東山線栄駅から徒歩わずか3分の「シエルブルー栄」です。名古屋でも有数の都心部での生活を満喫できるデザイナーズマンションとなります。女性も安心して住める防犯セキュリティ、そして白を基調としたモノトーンの色調となるスタイリッシュな外観が特徴です。

住居は3階から

シエルブルー栄は1階から2階までガラス張りとなっています。ここには店舗などが入っているので、居住するのは3階からとなっています。

1階には旬の食材や高級食材をリーズナブルに、かつカジュアルに楽しめるダイニングバーが入っています。そして2階には、ニューヨークで有名な暗闇バイクエクササイズのフィットネススタジオが入ります。レディー・ガガやニコール・キッドマン、ジェシカ・アルバなどが利用することで人気のフィットネススタジオの名古屋初上陸店となります。

気になる間取りは?

シエルブルー栄は全部で98戸、1Kから2LDKと生活スタイルに合わせて好きな間取りを選べるようになっています。家賃は63000円から134000円となります。1Kタイプでもバスとトイレは別ですし、しかも浴室乾燥機を装備しています。またキッチンも2口コンロとなるので、しっかり料理をする人にも嬉しいものです。

7202319f522147566146dd89a00ba4f2
室内は明るい木目調の壁を多用しているので、落ち着いた雰囲気となります。

5244e910f6984e0a23d5fe7073c74c21
1LDKにはメゾネットタイプの部屋もあります。こちらは床などが黒となるモダンな雰囲気となっています。住む人の感性に応えることができる選択肢の多さは、デザイナーズマンションならではのものです。

栄に住むということ

シエルブルーが建つ中区栄4丁目周辺は、中区役所や中日ビル、昭和ビルなどの官公庁やオフィスビルが多く集まるエリアです。周辺にはテレビ塔やデパート、ショッピング施設などが多くあり、昼夜を問わずに人が行き交う活気ある街です。生活に刺激を求める人にはぴったりの住環境です。毎日の生活から様々なインスピレーションが浮かぶことも期待できます。

栄のショッピング環境とは?

シエルブルー栄に住むことで、様々な商業施設へもすぐに足を運ぶことができます。

例えば丸栄は、名古屋の老舗百貨店として親しまれていますが、ギャル系のショップも多く入っています。若者に人気の「ムルーア」や「ロデオクラウンズ」、あるいは化粧品メーカーも多くあります。

高級感漂う百貨店といえば三越です。アナスイやティファニーなどの定番ブランドを楽しめます。高級ブランドといえば、国内最大級の売り場面積を誇る松坂屋です。ここ栄が本店になります。ルイヴィトンといったブランドが入りますが、美術館も入っています。大型テナントビルとして楽しめるのが、ラシックです。全部で170店ほどのショップやレストランが入っているので、中を回るだけでも楽しめます。海外ブランドが多く、また各国のフード関係も充実しています。

また栄といえば有名なのが、セントラルパーク地下街です。名城線の栄駅から久屋大通駅を結ぶ地下街となり、100店舗ほどが入っています。

栄で楽しむエンタテインメント

栄での生活では、ショッピングの他にも様々なエンタテインメント施設も楽しめます。観覧車が目印のサンシャインサカエは買い物や食事ができますが、SKE48の劇場が入っていることで有名です。また、「なぞともカフェ」は、飲食と謎解きが楽しめる施設です。17種類の個性的な個室「ミッションキューブ」と「パーティキューブ」とで構成されています。制限時間内に仲間と共にミッションクリアを目指すものとなっています。

シエルブルー栄はまさに都市部での生活を丸ごと楽しめる物件です。仕事に遊びに、刺激のある毎日を求める人にお勧めです。

栄を遊び尽くす「シエルブルー栄」の詳しい情報はこちら

Pocket

プレサンス錦ラウム ~ 物件レポート ~

プレサンス錦ラウム室内

Pocket

オフィス街として活気ある中区錦に、今回紹介するプレサンス錦ラウムが2015年5月に竣工しました。地下鉄東山線の伏見駅から歩いてわずか4分、名古屋駅へも10分という利便性の高い立地が特徴です。

エントランスへ向かうアプローチの両側には植栽があり、夜にはライトで照らされて出迎えてくれます。エントランスを中に入ると、折り上げ天井のダウンライトが印象的に感じます。右側のオートロックで鍵を解除して中に足を踏み入れると、広めのエレベーターホールへと続きます。この内装は白を基調としていますが、伏見という都会に調和するような雰囲気を感じます。

プレサンス錦ラウムエントランス
プレサンス錦ラウム共用部

このマンションは全部で98戸、間取りはワンルームが1タイプと1Kが4タイプ、そして1LDKが2タイプ、広さは22.8㎡から39.92㎡の7種類となっています。単身者からDINKS層まで入居することができます。

上質なワンルーム

プレサンス錦ラウム室内

ワンルームのお部屋に入ってみると、キッチンがカウンター式となる10帖のお部屋が広がります。ワンルームと聞けばどこか貧相な感じになりがちですが、このワンルームはオシャレさと上質さを兼ね備え、友達を積極的に招待したくなるようなお部屋となっております。床のフローリングが白いので明るさを感じます。キッチンはカウンター式なので開放感があります。ガスコンロはふたつ、一人暮らしには十分の広さと機能を備えております。

室内の設備は、バスとトイレが別となっています。忙しい朝に便利なシャンプードレッサーは何気に便利です。バスルームには浴室乾燥機もついているので、帰りが遅くなってからの洗濯にも困りません。この辺りの設備は都会生活を送る人には嬉しいものです。もちろん光ファイバーによるインターネット環境やケーブルテレビも引かれています。さらに荷物をいつでも好きな時に受け取れる宅配ボックスは、都心マンションには必須とも言えるものです。

建物内には広い駐輪場に加えて、バイク置き場もあります。マンションの周辺には大きなスーパーやホームセンターが無いので、日用品などの買い出しは名古屋駅まで出ることになると思います。歩いても10分程度ですが、自転車で気軽に出られる距離なので駐輪場は嬉しいものです。もちろん駐車場もあります。使用料は月額25.000円となっています。

一人暮らしに最適な住環境

買い物環境としてスーパーはありませんが、コンビニは多くあります。1番近いところで143メートルと、ちょっと何か欲しい時にはすぐに買い出しに出られる距離です。またオフィス街だけあって、夜でも明るいので女性が歩くのにも安心できます。またランチに関してはとにかく多くのお店があります。このような点から、特に単身者にとっては住みやすい環境と言えそうです。錦1丁目には名古屋商科大学とその大学院があるので、学生さんにもぴったりの立地ではないでしょうか。もちろん名古屋駅や栄駅も近く、また鶴舞線との唯一の乗換え駅とあって、利便性を求める人には申し分のない立地です。そしてそのような都会生活のイメージそのものといったデザインの建物なので、満足度の高い生活を送ることができそうです。

建物は白をメインカラーとした都会的なデザインですが、南向きの部屋となると非常に明るい印象です。夜遅くまで仕事で忙しい単身者の人はもちろんのこと、DINKSでも住み心地の良さそうな雰囲気のマンションです。何よりも名古屋駅まで歩いていける距離はとにかく便利です。


伏見駅徒歩4分の好立地「プレサンス錦ラウム」の詳しい情報はこちら

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工