狭くても大丈夫!効率アップのキッチン活用アイデア

Pocket

image
賃貸マンションで割と多い不満が、キッチンの狭さです。限られたスペースをできる限り広く使うために、キッチンスペースが削られているのが理由です。また、ひとり暮らしが前提となる物件の場合は比較的コンロがひとつとなるケースが多いものですし、オール電化の場合にはIHコンロがひとつという形が多くなります。そのようなキッチンで毎日料理をするとなると、それなりの工夫は必要になります。キッチンにおける不満は大きく分けて3つあります。作業スペースが狭いことと散らかって片付かないこと、道具類が収納しにくいことです。料理をする上で重視される点としては、効率良く短時間で作業できること、掃除がしやすいことと無駄の無い収納ができることです。この3点を押さえれば良いことになります。

【キッチンの収納術は多いけれど】

狭いキッチンの収納をいかに活用するかは、それこそ山のようにアイデアが溢れています。それでもまだ情報を求めている人がいるということは、何かが足りないことを意味するのでは無いでしょうか。そのひとつは、収納を工夫するだけでは狭いキッチンでの調理が効率良くはならないということです。そして収納を試してみても何かしっくりこないということです。それは当然のことですが、キッチンにも様々な種類がありますし、所有するキッチン用品や食器も人によって異なるからです。

【収納で重視すること】

まず基本的なことですが、重くて大きいものは下の方に、軽くてあまり使わないものを上にしまうことは大事です。特にキッチンは吊り戸棚をいかに利用するかがポイントになります。調味料は軽いですし隙間に上手くしまうことができます。けれども上の方や狭い隙間に収納してしまうと、普段使い難いものとなってしまいます。そしてもうひとつ注意したいのが、魅せる収納です。突っ張り棒を利用して道具類を吊るす方法は良くあるパターンです。けれどもワンルームのように居室とキッチンが近いタイプの部屋は、埃がたまりやすいものです。使う前に水洗いする必要があるとなれば、効率が悪いものとなります。

【効率を考える】

調理で重視されるのが効率良く行えることです。狭いキッチンの場合にはモノを取り出したり作業スペースが無いために使用する道具や下ごしらえをしている食材の置き場を考える時間が無駄になるものです。そのストレスが不満の原因にもなります。そこで、そのストレスをいかに解消するかを考えることが必要です。例えばまな板を使わずに済むキッチン用品を活用するのもひとつの手です。あるいは折りたたみの椅子の上を利用してまな板を置くなどの工夫もできます。

【食器洗いのコツ】

最近のキッチンのシンクはかなりコンパクトです。デザイナーズマンションのようなお洒落な部屋には多く見られますが、大きめの鍋をひとつ置いただけでスペースが無くなるほどのサイズも多くあります。そこで洗い物にも工夫が必要になります。多くの人がやりがちですが、鍋に水を張って食器を中に漬けていることは避けるべきです。洗剤を混ぜておいても、油が他の食器に移るので洗うのに手間がかかります。まず邪魔になるのなら大きな鍋やフライパンは先に洗っておきます。油のついた食器はティッシュやキッチンペーパーで油を拭き取ることが大事です。そしてコップなど油のついていないものを優先的に洗っておくのがポイントです。また、水切りカゴを置くスペースも無いようであれば、洗った食器はキッチンペーパーなどで水を拭き取ってすぐに収納してしまいます。お湯で洗えば水切りも早いものです。

他にも注意点は幾つもあります。例えば引き出しの仕切り収納はきちんとサイズを測って、デッドスペースができないようにすることが大事です。また、普段良く使う道具や食器類はゆとりあるスペースに収納することが大事です。すぐに取り出せるよう効率重視で考えることがポイントとなります。

Pocket

大掃除で慌てない!楽に続く簡単な普段掃除とは

Pocket

image (55)
毎年恒例とはなりますが、年末の大掃除で大変な思いをした人は多いのではないでしょうか。そして、今年こそは日頃から掃除を心掛けておこうと考える人もいると思います。毎日とは言いませんが、まめに掃除をするにはコツがあります。汚れがこびり付いて苦労することの無いように、心掛けておくべきことを幾つか挙げてみます。

【掃除が面倒になる心理】

何事もそうですが、行動を起こすか起こさないか、心理的な癖が大きく影響します。汚れがこびりついてしまうと、後で時間のある時にと考えてしまいます。そのために日頃から少しでも綺麗にしておくことが大切です。特にキッチンは料理のために油がこびり付くことになります。汚れは洗剤を含ませたキッチンペーパーで簡単に落とせます。とにかく放置しないことが大事です。とは言っても疲れて帰れば面倒にもなるものです。食事が終わったあとに処理しようとすると、眠気も手伝っておっくうになります。休みの日などに時間を取るスケジュールを組んでおくのもひとつの手段です。長続きさせるためには、無理をしないスケジュールで習慣付けることが大事です。休みの日であれば、まず簡単に掃除を済ませることで気分良く1日をスタートさせることもできます。

【掃除はまず片付けから】

掃除が続かない理由の大きな理由として、散らかった部屋が挙げられます。掃除をするためには、まず片付けから行わなければなりません。それが面倒のなで、取り掛かるのに気合を入れなくてはならなくなります。そこで普段から片付けができる部屋にしておくことが大事です。と言っても難しく考えることはありません。何かひとつ大きめのボックスを用意しておいて、散らかった小物などを取り敢えず入れることができるようにするのです。この”取り敢えず”という行為が、簡単に取りかかれる鍵になります。取り敢えず簡単に行動できることを決める、これが大きな行動を起こすためのエンジンをかける鍵になるのです。

【掃除が楽になる部屋を作る】

日頃から簡単に掃除を行えるようにするコツは、それが可能となる部屋作りをすることです。家電に積もった埃をさっと拭くことができるシートを取り出しやすいところに置いておく、掃除機をかけるのが面倒であればハンディクリーナーを用意するなどの工夫をするわけです。そのような掃除道具を置いておくスペースを確保しておくわけです。キッチンや洗面所などにもすぐに取り出せる位置に拭き取りペーパーなどを置いてすぐに使えるようにします。小物などはまとめて収納できるケースに入れて、隙間の掃除の時にはすぐに移動できるようにしておきます。

【収納は場所を決める】

掃除しにくくなる部屋は、何かとモノが溢れているものです。許容量をオーバーするような買い物は控えるように、あらゆるモノの収納場所を決めておくことは大事です。そこ以外には置かないようにすれば、余分な買い物をしないようになります。そしてモノが散らばることがないので掃除もしやすくなります。

デザイナーズマンションのようにお洒落な部屋に引っ越したならば、綺麗にしておきたいと思うものです。けれども忙しくてついサボりがちになってしまうと、汚れが堆積し部屋も散らかるようになります。その結果、年末にまとめてやれば良いという心理になります。散らかった部屋は片付けも億劫なものです。掃除の前に憂鬱になってしまいます。そこでまずは日頃の片付けが簡単にできる仕組みを作り、そして簡単に掃除を始められる仕組みを作るわけです。手始めに何を行うのかを考えるわけです。取り敢えずテーブルの上を拭く、テレビの埃を拭き取る、レンジの油汚れを拭き取るといったことです。いっぺんに全てを行うのではなく、ローテーションを組んで順番に取り組むようにしても良いものです。

Pocket

4つのポイントを押さえる!趣味を最大限に楽しむお部屋作り

趣味の部屋

Pocket

没頭できる趣味を持つ人にとって、自分の部屋でその趣味を最大限に楽しむことができれば最高です。部屋をひと目みただけで、その魅力を表現できるようなインテリアであれば、満足感も高いものになります。海外のインテリアを見てみると、いかに趣味を楽しんでいるかがわかる楽しそうな雰囲気が感じられます。オシャレなデザイナーズマンションに住んでいる人であれば、そのような個性的な部屋を目指してみるのも良いものです。

そこで、どのようにすれば趣味を大いに活かすことができる部屋づくりができるのか、ポイントを挙げてみます。

いかに趣味をディスプレイするか

住んでいる自分はもちろんのこと、訪れた人にも趣味の魅力が伝わるような部屋にしたいものです。そのためには、趣味で収集したり制作したものをどのようにディスプレイするかがポイントとなります。自慢のコレクションをどのように魅せるのか、腕の見せ所でもあります。

例えばレコードを趣味とする人の場合、そのジャケットをいかに見せるのかもポイントになります。それと同時に大量に保有するレコードを収納するケース選びにも工夫が必要です。カフェ風の小物を収集したり、あるいはその制作を行う人にとっても、ディスプレイそのものが趣味となります。ナチュラルな家具と共に室内を演出できるようにしたいところです。また、近年女性にも人気のDIYはインテリア作りそのものに趣味が直結するものです。

部屋のテーマを決めておくと統一感が生まれます。最初の作品作りからテーマを決めておくことが大事です。

道具をインテリアとして演出する

自転車を趣味とする人は、室内で自転車をディスプレイすることもあります。その際には作業スペースとしても確保しておきたいところです。メンテナンスをしたりパーツ交換を行える空間を確保できればベストです。そしてそのパーツやタイヤなどと共に、工具などもディスプレイとしての演出アイテムとして利用できます。

小物作りを行う場合には、その作業道具やミシンなどもインテリアの一部とすることで部屋との一体感が生まれます。

作業スペースを確保する

制作することを趣味とする場合には、その作業スペースを独立させておくことが大切です。日常生活の空間とは別にすることで、集中することができるからです。DENなどがあれば活用できますが、ワンルームなどの狭い部屋であればいかに区切りをつけるかがポイントとなります。いわゆるゾーニングの確保が必要というわけです。

また、普段リラックスしている場所からその作業スペースを見た時に、いかに満足感を得られるかも大事です。雑然としないように、作業スペースもインテリアを意識することが必要となります。また、映画鑑賞が趣味であれば、座った位置から視界に入る範囲は極力生活感を出さないことが大切です。

室内をアトリエにする

小物を制作したり、DIYで家具などを制作する人にとっては、その作品をどうディスプレイするかも趣味の一環となります。作品を演出するための棚や収納などをどう選ぶかも楽しみのひとつです。

コツは雑然とした印象を受けないようにすることです。部屋の決まったスペースにまとめてすっきりと見せるのか、それとも部屋全体を使った演出をするのかをまずは決めることもポイントです。


趣味には実に様々なものがあります。収集するものでも、切手のようにひとつのアイテムが小さなものがあれば、本のように量が増えると重量を考える必要があるものもあります。あるいはお酒が趣味であれば、ボトルの魅せ方を考えるのも楽しいものです。あるいは自転車のようなアウトドアのものであっても、室内で楽しめる空間を作り出すことが可能です。室内で寛いでいる時に、このような趣味に関わる作品や道具などをいかに楽しめるかがポイントとなります。

Pocket

色柄で印象が変わるカーテン選びのポイント

カーテン

Pocket

image (53)

部屋のインテリアの中でも、存在感の大きなカーテンによって室内の印象は大きく異なることになります。絵柄や色によってどのようにも演出することができるので、まずは選び方を知っておくと便利です。基本として色には進出色と後退色があります。前者の色のカーテンを選ぶと、存在感が大きなものとなります。そのために狭い部屋には不向きと言えます。カーテンの存在感が室内を狭く感じさせるからです。赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系が相当します。それに対して後者は控えめな存在感となるために、狭い部屋には向いています。ブルーやグリーンなどの寒色系となります。そして狭い部屋を広く見せたい時には、壁の色と合わせることで壁と窓との区切りが無くなり広さを感じるようになります。

色によって受ける印象について

カーテン選びでどの色にするとどんな効果を得るのかを知っておくと便利です。ブルー系の場合、鎮静効果を持つものとなります。寝つきが良くなることから寝室に向いています。また食欲を抑える効果もあることから、ダイエットしたい時に利用できます。パープル系は癒しを与える効果があります。ラベンダー色が人気です。色合いが濃くなると個性が強すぎるので、特に面積の大きなカーテンを使用するなら淡い色調のものが合います。女性にも人気のピンクは気持ちを和ませる効果があります。リビングにも合いますが、濃いピンクを寝室に使用すると寝つきが悪くなるので要注意です。

柄の選び方

カーテンは柄によっても大きく印象が変わります。例えば無地の場合には、生地の素材や質感を主張するものとなります。その色によって部屋の雰囲気が決まってくるので、実は無地での色の選び方は結構むずかしいものとなります。チェック柄の場合には、カジュアルな雰囲気となるので子供部屋にもよく使われるものです。あるいはリビングで使用するような高級感を感じさせるものもあります。またストライプとなると、ラインの太さや間隔によって雰囲気は変わります。ラインの幅が広くなればクラシックな雰囲気に、細くなるとカジュアルな雰囲気になります。ボーダーの場合には、視覚的に周囲の空間が広く見えるものとなります。和風な雰囲気にも馴染むものです。

部屋によってどのように変える?

カーテンは設置する部屋によっても色柄や生地を変えると、それぞれの雰囲気に合うものにできます。リビングのように、ベランダに出る窓にかけるカーテンの場合には、洗濯できるものが便利です。そしてプリント柄のものより織りがしっかりしているものが向いています。リビングが広いほどに、重厚感のある存在感が必要となります。色はベージュやブラウン、淡いグリーン系統が人気となります。寝室の場合には、静かな深い眠りを誘うようなものを選ぶことになります。室内をしっかりと屋外の光から守るために遮光性の高いもの、また保温性のある厚手のカーテンを選ぶことがお勧めです。人気の色はブラウンやグリーンです。そして和室でもカーテンを使用することが増えています。和テイストなカーテンが多くあるので、部屋の雰囲気を損なうことがないものを選ぶことができます。畳の色と合うような、抹茶を濃くしたようなグリーン系の色が似合うものです。

賃貸マンションによっても、室内の雰囲気は異なるものです。またデザイナーズマンションであれば、個性的なものも多くあります。その室内の雰囲気に加えて、家具の色合いとの組み合わせも考慮して選ぶことになります。同系色の色で合わせれば統一感が生まれて落ち着いた雰囲気になります。明るさや鮮やかさを変えることでカーテンの個性も出せます。逆に家具などと反対色と呼ばれる系統の色を選ぶことで、部屋にメリハリが生まれ元気が出る雰囲気になります。

Pocket

理想のお部屋を探すポイントとは?

Pocket

-shared-img-thumb-Lisa88_sumahoganmi20141018093542_TP_V
賃貸物件を探すにあたり、誰もが理想の部屋を探したいと思うものです。けれども家賃設定などに余裕があれば良いのですが、大抵は少しでも家賃を抑えた中で探すことになるのではないでしょうか。そしてとりあえず賃貸物件のサイトや不動産屋で物件探しをしてみる人も多いものです。そこで多くの人が実感するのは、好条件となる物件はすぐに決まってしまうので、なかなか良いものが見つからないということです。そこで、まず自分が本当に求めるべき理想の条件をはっきりさせて、その上でどのように探すのかを知っておく必要があります。

【理想探しは引き算で】

賃貸物件を選ぶ上でのポイントは、家賃と立地、部屋の間取りや広さです。この全てが理想となる部屋は、現実にはなかなか見つかりません。探している間に、本当は住み心地の良い条件であったものが無くなっているという事態にもなりかねないものです。そこで現実的に考える必要があります。まず3つのポイントの中でどれを重視するかを考えます。大抵は家賃設定をすることになるので、その条件で立地か部屋の広さかを選ぶことになります。妥協できる方を選ぶことになるわけです。通勤時間を少しでも短くしたいのであれば、部屋の広さを妥協することになります。そして通勤経路を調べて負担のかからない乗り換え経絡などを調べることが必要となります。部屋が狭くなることに対しては、収納を確保するか、それとも生活空間を少しでも確保するかによって物件を選ぶことになります。一方で部屋の広さは妥協できないとなれば、職場から離れた立地で探すことになります。帰りが遅くなることを考慮して、遅くまで開いているスーパーがあるか、あるいは食事ができる飲食店が駅の周りにあるかをチェックすることになります。

【ライフスタイルによる物件選び】

自分の理想となる部屋がどのようなものか、実は結構難しいものです。例えば将来持ち家が欲しいと思うのであれば、極力家賃負担は減らしたいものです。そのためには、現在の暮らしは多少制約を受けることを理解する必要があります。つまり、理想とする住まいは何も現在だけのことではなく、将来も見据えることが必要というわけです。賃貸暮らしを続けるのであれば、何度も引越しをせずに済む立地を探すことが大事です。また、荷物が多い生活なのか、逆に荷物を減らして生活スペースを広く確保したいのかも大事なポイントです。同じ専有面積でも、収納スペースを多く取れる間取りを選ぶなどの工夫が必要となります。

【デザイナーズマンション】

物件自体も、どのようなタイプのものを選ぶのかは大事な要素です。大抵の賃貸マンションは少しでも借り手がつきやすいようにと、無難な間取りにしていることが多いものです。個性が無いと言うこともできます。そこで自分が理想とする間取りなどがあれば、デザイナーズマンションを検討するのもひとつの手段となります。ある意味借り手を選ぶような攻めた間取り設計となる物件も多くあります。その中で理想に近いものを選ぶことも可能となります。また、子供がいる居住者が少ないので、飛び跳ねたりする騒音に悩まされるリスクは軽減されます。

【物件探し】

自分が求めるべき部屋の姿がある程度絞られたら、物件探しに移ります。まずはネットで情報集めとなりますが、掲載されている中から条件に合うものを見つけ出すのは難しいものです。そこで、可能であれば不動産屋に足を運ぶことをお勧めします。ネットに掲載される前の物件も多くありますし、またオーナーから専任で任されているネットに載らない物件もあります。また、希望条件を伝えておくことで、物件情報を知らせてもらうこともできます。

このように、理想の物件探しをするためには、闇雲に情報を集めるのではなくある程度条件を絞ることが大切です。すると意外にも、これまで排除していたような条件が、実は自分の生活に合うということがわかることもあります。そうなれば、物件探しの幅も広がることになります。

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工