色柄で印象が変わるカーテン選びのポイント

カーテン

Pocket

image (53)

部屋のインテリアの中でも、存在感の大きなカーテンによって室内の印象は大きく異なることになります。絵柄や色によってどのようにも演出することができるので、まずは選び方を知っておくと便利です。基本として色には進出色と後退色があります。前者の色のカーテンを選ぶと、存在感が大きなものとなります。そのために狭い部屋には不向きと言えます。カーテンの存在感が室内を狭く感じさせるからです。赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系が相当します。それに対して後者は控えめな存在感となるために、狭い部屋には向いています。ブルーやグリーンなどの寒色系となります。そして狭い部屋を広く見せたい時には、壁の色と合わせることで壁と窓との区切りが無くなり広さを感じるようになります。

色によって受ける印象について

カーテン選びでどの色にするとどんな効果を得るのかを知っておくと便利です。ブルー系の場合、鎮静効果を持つものとなります。寝つきが良くなることから寝室に向いています。また食欲を抑える効果もあることから、ダイエットしたい時に利用できます。パープル系は癒しを与える効果があります。ラベンダー色が人気です。色合いが濃くなると個性が強すぎるので、特に面積の大きなカーテンを使用するなら淡い色調のものが合います。女性にも人気のピンクは気持ちを和ませる効果があります。リビングにも合いますが、濃いピンクを寝室に使用すると寝つきが悪くなるので要注意です。

柄の選び方

カーテンは柄によっても大きく印象が変わります。例えば無地の場合には、生地の素材や質感を主張するものとなります。その色によって部屋の雰囲気が決まってくるので、実は無地での色の選び方は結構むずかしいものとなります。チェック柄の場合には、カジュアルな雰囲気となるので子供部屋にもよく使われるものです。あるいはリビングで使用するような高級感を感じさせるものもあります。またストライプとなると、ラインの太さや間隔によって雰囲気は変わります。ラインの幅が広くなればクラシックな雰囲気に、細くなるとカジュアルな雰囲気になります。ボーダーの場合には、視覚的に周囲の空間が広く見えるものとなります。和風な雰囲気にも馴染むものです。

部屋によってどのように変える?

カーテンは設置する部屋によっても色柄や生地を変えると、それぞれの雰囲気に合うものにできます。リビングのように、ベランダに出る窓にかけるカーテンの場合には、洗濯できるものが便利です。そしてプリント柄のものより織りがしっかりしているものが向いています。リビングが広いほどに、重厚感のある存在感が必要となります。色はベージュやブラウン、淡いグリーン系統が人気となります。寝室の場合には、静かな深い眠りを誘うようなものを選ぶことになります。室内をしっかりと屋外の光から守るために遮光性の高いもの、また保温性のある厚手のカーテンを選ぶことがお勧めです。人気の色はブラウンやグリーンです。そして和室でもカーテンを使用することが増えています。和テイストなカーテンが多くあるので、部屋の雰囲気を損なうことがないものを選ぶことができます。畳の色と合うような、抹茶を濃くしたようなグリーン系の色が似合うものです。

賃貸マンションによっても、室内の雰囲気は異なるものです。またデザイナーズマンションであれば、個性的なものも多くあります。その室内の雰囲気に加えて、家具の色合いとの組み合わせも考慮して選ぶことになります。同系色の色で合わせれば統一感が生まれて落ち着いた雰囲気になります。明るさや鮮やかさを変えることでカーテンの個性も出せます。逆に家具などと反対色と呼ばれる系統の色を選ぶことで、部屋にメリハリが生まれ元気が出る雰囲気になります。

Pocket

理想のお部屋を探すポイントとは?

Pocket

-shared-img-thumb-Lisa88_sumahoganmi20141018093542_TP_V
賃貸物件を探すにあたり、誰もが理想の部屋を探したいと思うものです。けれども家賃設定などに余裕があれば良いのですが、大抵は少しでも家賃を抑えた中で探すことになるのではないでしょうか。そしてとりあえず賃貸物件のサイトや不動産屋で物件探しをしてみる人も多いものです。そこで多くの人が実感するのは、好条件となる物件はすぐに決まってしまうので、なかなか良いものが見つからないということです。そこで、まず自分が本当に求めるべき理想の条件をはっきりさせて、その上でどのように探すのかを知っておく必要があります。

【理想探しは引き算で】

賃貸物件を選ぶ上でのポイントは、家賃と立地、部屋の間取りや広さです。この全てが理想となる部屋は、現実にはなかなか見つかりません。探している間に、本当は住み心地の良い条件であったものが無くなっているという事態にもなりかねないものです。そこで現実的に考える必要があります。まず3つのポイントの中でどれを重視するかを考えます。大抵は家賃設定をすることになるので、その条件で立地か部屋の広さかを選ぶことになります。妥協できる方を選ぶことになるわけです。通勤時間を少しでも短くしたいのであれば、部屋の広さを妥協することになります。そして通勤経路を調べて負担のかからない乗り換え経絡などを調べることが必要となります。部屋が狭くなることに対しては、収納を確保するか、それとも生活空間を少しでも確保するかによって物件を選ぶことになります。一方で部屋の広さは妥協できないとなれば、職場から離れた立地で探すことになります。帰りが遅くなることを考慮して、遅くまで開いているスーパーがあるか、あるいは食事ができる飲食店が駅の周りにあるかをチェックすることになります。

【ライフスタイルによる物件選び】

自分の理想となる部屋がどのようなものか、実は結構難しいものです。例えば将来持ち家が欲しいと思うのであれば、極力家賃負担は減らしたいものです。そのためには、現在の暮らしは多少制約を受けることを理解する必要があります。つまり、理想とする住まいは何も現在だけのことではなく、将来も見据えることが必要というわけです。賃貸暮らしを続けるのであれば、何度も引越しをせずに済む立地を探すことが大事です。また、荷物が多い生活なのか、逆に荷物を減らして生活スペースを広く確保したいのかも大事なポイントです。同じ専有面積でも、収納スペースを多く取れる間取りを選ぶなどの工夫が必要となります。

【デザイナーズマンション】

物件自体も、どのようなタイプのものを選ぶのかは大事な要素です。大抵の賃貸マンションは少しでも借り手がつきやすいようにと、無難な間取りにしていることが多いものです。個性が無いと言うこともできます。そこで自分が理想とする間取りなどがあれば、デザイナーズマンションを検討するのもひとつの手段となります。ある意味借り手を選ぶような攻めた間取り設計となる物件も多くあります。その中で理想に近いものを選ぶことも可能となります。また、子供がいる居住者が少ないので、飛び跳ねたりする騒音に悩まされるリスクは軽減されます。

【物件探し】

自分が求めるべき部屋の姿がある程度絞られたら、物件探しに移ります。まずはネットで情報集めとなりますが、掲載されている中から条件に合うものを見つけ出すのは難しいものです。そこで、可能であれば不動産屋に足を運ぶことをお勧めします。ネットに掲載される前の物件も多くありますし、またオーナーから専任で任されているネットに載らない物件もあります。また、希望条件を伝えておくことで、物件情報を知らせてもらうこともできます。

このように、理想の物件探しをするためには、闇雲に情報を集めるのではなくある程度条件を絞ることが大切です。すると意外にも、これまで排除していたような条件が、実は自分の生活に合うということがわかることもあります。そうなれば、物件探しの幅も広がることになります。

Pocket

「南向き」が一番?ライフスタイルにあった日当たりを考察する

日当たりの良い部屋

Pocket

ライフスタイルが多様化している現代では、賃貸物件を選ぶ時の部屋の向きも、どの向きが最適かは変わってきています。南向きが人気であることは変わりないのですが、はたして自分にはどの向きがベストなのかを考えてみることも大事です。特にデザイナーズマンションなどは、どの向きの部屋であっても住みやすいように工夫されています。そこで部屋の向きによってどんな特徴があるのかをまとめてみます。

南向きの部屋

最も人気の高い部屋の向きが南向きです。とにかく明るく暖かい、そんなイメージが先行していますが、実際は東向きと西向きとの日照時間は変わらないものです。とはいえ、どのようなライフスタイルにも適応できるメリットがあります。また、太陽は夏場は高く冬場は低いことから、夏場は室内まで日差しが入ることがなく、逆に冬場は日差しが入るので過ごしやすいものとなります。またガラス面が多いほどに明るく、開放感を感じることができます。南向きに向いている暮らしは、休日も自宅に居ることが多いものです。

デメリットとしては、とにかく人気の高い向きなので賃料も高めに設定されます。また空き部屋もすぐに決まってしまうために、物件探しも苦労することが多いものです。そして注意が必要なのは、朝日は入らないことから、早起きする人は暗い室内で目を覚ますことになります。気持ち良く目覚めたい人にとっては不向きと言えます。また前面に道路があることが多いので、車の音や排気ガスが気になるケースもあります。プライバシーの問題もあって、せっかく日差しが入るにも関わらず、ベランダに洗濯物を出しにくいこともあります。

東向きの部屋

日本では古来から縁起が良いとされる向きです。ご来光という言葉があるように、太陽が昇る東の方向は人気があります。会社の経営者には、わざわざ東向きを探すことが多いのはそのような理由があるからです。

まず東向きの魅力は朝日が入ることです。人は太陽の日差しを浴びることによって、体内時計をリセットすると言われます。また活動スイッチが入るので、早い時間から活動的になりたい人にとっては絶好の向きと言えます。また午後からは直射日光が当たらないので、夏場は涼しく過ごすことができます。ベランダにも直射日光が当たらないので、ガーデニングにも向いています。朝早くから活動的な人に向いていることがわかります。

昼からは日差しが入らないために、午後は暗くなることがデメリットとなります。洗濯物も朝早くから干しておく必要があります。また、朝はゆっくり起きたい人にとっては不向きと言えます。

西向きの部屋

午後からの日差しが入るので、遅い時間から活動する人には向いています。朝はゆっくりと寝ていたい人にとって、午前中は日差しが入らないのでゆっくりと寝ていることができます。洗濯物も午後から始めても日差しが当たるので乾きます。また冬場は午後から暖かいので、暖房費用を抑えることができます。遅い時間から活動を始める人にとっては、最適な向きと言えます。

デメリットとして、とにかく西日による夏場の暑さが気になります。カーテンなどで日差しを遮ることはできますが、室内の温度は上昇するのでエアコンの電気代は高くなります。休日の昼間は外出が多い人であれば、さほど影響は受けないことにはなります。ただしペットを飼っている場合には、冷房をかけたままにしておく必要はあります。また、ベランダに植物を置いていると、午後の日差しで弱ることがあるので注意が必要です。

まとめ

このようにそれぞれの部屋の向きにはメリットとデメリットがあります。自分の生活サイクルを考えて、最適な部屋の向きを選びたいものです。また、住んでいる地域によって日の出や日の入りの時間は異なります。北へ行くほど早くなり、南へ行くほど遅くなります。その点も考慮する必要があります。

Pocket

効果的なインテリア照明でお洒落さを演出

Pocket

image (50)
念願のデザイナーズマンションに住むことになり、理想の部屋作りのためにインテリアにこだわりたい、そう願う人も多いことでしょう。もちろんお気に入りの家具を買い揃えることも大切ですが、もっと手軽に理想の部屋の雰囲気を生み出す方法があります。照明の使い方を工夫するだけで、部屋のムードを簡単に高めることができます。そのためのポイントを幾つか挙げてみます。

【お洒落な空間を演出するコツとは】

お洒落な雰囲気の部屋にするためには、幾つかの照明を組み合わせることが必要です。カフェやレストランに足を運んだ時に、その照明に注意してみると良くわかります。例えば日中の窓からの光があるために、照明をあまり使わない雰囲気と、夜の雰囲気が全く違うことに気づくと思います。複数の照明を組み合わせて使う夜の雰囲気は、かなりお洒落なものです。

【照明の種類を把握する】

組み合わせるべき照明器具にどのようなものがあるのかを知っておくことは大切です。まずは天井に取り付けるタイプのものがあります。最も一般的に使われるものがシーリングライトと呼ばれるものです。デザインのお洒落なものにシャンデリアのようなものやレールタイプと呼ばれるものがあります。そして天井から吊るすタイプにペンダントタイプがあります。また、強い光でスポットを照らすスポットライトがあります。次に壁に引っ掛けるタイプのブラケットと呼ばれるものがあります。主に廊下などで使用されるものとなります。さらに床に置いて人の目線あたりに光を灯すスタンドライトがあります。その他にテーブルランプやフロアランプなどで部屋の雰囲気を演出することになります。

【照明のインテリアのコツについて】

お洒落な雰囲気の部屋にするためには、幾つかの照明を組み合わせることが必要です。そこで意識する必要があるのは、全般照明と部分照明です。部屋全体を照らす照明器具と部分的に照らす照明器具との組み合わせを考えることで、雰囲気の出る部屋にすることができます。また、どの程度の明るさにするかも大切な要素となります。照明には蛍光灯と白熱灯がありますが、それぞれに必要とするワット数というものがあります。一般的なワンルームの広さである6畳の広さで必要となるのは、蛍光灯で60〜70ワット、白熱灯で200〜300ワットとされます。複数の照明を組み合わせる時に、このワット数にも注意する必要があります。

【お洒落な演出をするためのコツ】

実際にどのように部屋をお洒落に演出するかという話になります。まず通常のシーリングライトで天井から照らす形の場合、部屋が均一に照らされて明るいのは良いのですが、全く濃淡や陰影が無いためにお洒落とは言えないものとなります。そこで明かりを抑えてみると、確かに落ち着いた雰囲気には近づきますが、床にいくほどに薄暗くなり、生活空間としては不便なものとなります。まず全般照明の明るさを抑えた上で、部分照明をどのように使うかがポイントとなります。間接照明を天井に向けると、天井から部屋全体に光が拡散されることになります。あるいは壁を照らすことで室内に濃淡が生まれることになります。テレビやコレクションなどの後ろの壁を照らすことにより、視線を集める効果を生むことになります。次に光の高さに変化をつけることを考えます。壁にブラケットを取り付けることによって、部屋の中間部分にポイントが生まれることになります。さらにフロアライトを置くことによって低い位置にも陰影が生まれることになります。このようにポイントごとに照明を設置することで必要な明かりを確保すると共に、部屋の中に陰影や濃淡を生み出して、お洒落な雰囲気を醸し出すことになるわけです。

Pocket

都心機能と緑が調和された街「鶴舞公園エリア」

Pocket

image (49)
名古屋で最古の都市公園として有名なのが、鶴舞公園です。明治42年に開園し、元々あった動物園が昭和12年に東山に移り、現在に至ります。入園料は無料なので、自由に入ることができます。フランス式庭園と日本庭園を組み合わせたような庭園にはバラやショウブ、チューリップなどが植えられていて、さらに桜は日本の桜100選に選ばれるほどの名所となります。

【最寄駅は鶴舞駅】

中央本線と地下鉄鶴舞線の鶴舞駅が最寄駅となります。実は鶴舞という地名は元々、「つるま」と呼ばれていたものですが、1937年に中央本線の鶴舞駅が開業した時に、当時の鉄道員が間違えて「つるまい」駅と名付けてしまったことにより、やがて「つるまい」と呼ばれるのが一般的になったのです。そのために、昔からある鶴舞公園や鶴舞中央図書館、鶴舞小学校などは「つるま」と読むわけです。

【鶴舞公園エリア周辺】

鶴舞公園エリアは文教地区としての顔とオフィス街としての顔を持ちます。学校は名古屋工業大学や名古屋大学医学部、その他専門学校が多数あります。また、公園東側には住宅街が広がります。そもそも中央本線が中区と昭和区の境界になっているので、鶴舞エリアは中区と昭和区にまたがる形となっています。そして中区側が都心のオフィス街となり、昭和区側が住宅街となっています。

【鶴舞駅の周辺】

駅の北側には広大な敷地の名古屋大学病院があります。あまりにも広いために、かつてその敷地内には食堂や床屋などが並ぶ小さな商店街があったほどです。また駅の公園口構内には、アスティ鶴舞というショッピングモールが入っています。ちなみに北口から歩いて10分のところに24時間営業のマックスバリューがあるので、周辺に住む人にとっては非常に便利です。さらにその北側には高層の高級賃貸マンションが建っています。鶴舞駅周辺にはデザイナーズマンションも数多く建っていますが、学生が多いのが理由のひとつかも知れません。そして鶴舞公園前交差点の西側には大須通りの入り口があります。ここは、1972年までは市電の鶴舞公園駅があり、4方向にその路線が伸びていくターミナル駅だったところです。現在は市バスの各系統が往来するターミナルとなっています。

【大須通り】

都心部の延長となるオフィス街になります。鶴舞公園前から大須、水主町(かこまち)を経て、中川区の黄金陸橋までを結んだ全長4キロほどの通りです。大正時代まではこの周辺には大きな池があったことから、1969年までは「大池町」と呼ばれる地名でした。また、鶴舞公園から上前津交差点にかけては古書店街となっています。

【鶴舞公園の施設】

鶴舞公園には様々な施設が古くからあります。例えば奏楽堂は明治43年に開催された、第10回関西府県連合共進会の中心的施設として建設されたものです。その外観はアールヌーボーを取り入れたイタリアルネサンス風となる建造物となります。コンサートやイベント、レクリエーション大会などの催しに利用されています。また、鶴舞中央図書館は100万冊にも及ぶ蔵書となり、これは全国でもトップクラスの規模となります。

【鶴舞公園エリアの住み心地】

学生が多いこともあり、飲食店やコンビニが多く、スーパーもあるので住むには便利なエリアです。広大な公園の緑を楽しむことができますし、子供を連れて散歩させるにも絶好の場所です。学校が多いことから治安もかなり良いので安心して暮らせます。少し足を延ばすと、大須商店街があるので散策するだけでも楽しむことができます。学生から子供のいる家族まで、学校やオフィス街、そして豊かな緑に恵まれたことにより幅広い世代が住める魅力あるエリアと言えます。

鶴舞公園周辺のデザイナーズマンション賃貸はこちら

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工