知っておきたいマンションの耐震性能

耐震性能

Pocket

東日本大震災以降、大きな地震が発生していますが、先日熊本で震度7の地震が発生しました。その規模は阪神淡路大震災にも相当するものだそうです。マンションに対する地震対策はこれまで以上に注目されることになるでしょう。そこで賃貸マンションを借りる上でも、どのような対策が講じられているのかを知っておくことは大切です。1981年の耐震基準改定以降、ほとんどのマンションは耐震構造となっています。躯体を強化して地震の揺れに耐えることを目的としたものです。そしてその弱点を補う形で免震構造と制震構造によるマンションも建つようになってきています。それぞれどのような特徴を持つのかを挙げてみます。

耐震構造

とにかく地震の揺れによって建物が倒れないように、その目的で地震に耐える構造にしています。建物の骨組みなどを強く頑丈にすることで、地震の揺れを受け止めることになります。理論上は震度6強の揺れには耐えることができます。けれどもそのエネルギーは建物の内部にそのまま伝わるので、高い建物ほど上層部の揺れは大きくなります。そのために、家具などが倒れる恐れがあるので、壁に固定するなどの工夫が必要になります。

免震構造

基礎と建物との間に免震装置を設置しているものです。最大震度7の新潟中越地震でもほとんど倒れなかった実績があります。大きな地震を受けると、この免震装置が変形することで激しい揺れをゆっくりとしたものに変えてくれます。地震の力を50%から80%は減らすと言われます。そのために建物には地震のエネルギーが伝わらないことになります。ただし、想定以上の巨大な地震が起きると、免震装置に使われている積層ゴムが破断する恐れがあることを指摘されています。また、この免震構造とするためには、軟弱地盤や液状化の恐れがある地盤の場合には不向きとなります。また、免震装置が正常に作動するかどうかを定期的に点検する必要がありますし、大きな地震を受けたら免震装置を修理する必要もあります。また、ゆっくり長く揺れる長周期地震動に対しては共振しやすいという面も持っています。ただし、大きな地震が起きても建物が変形したり外壁や天井などが破損することも少ないのが特徴となります。

制震構造

建物の要所に揺れを吸収する制震装置を設置しています。制震パネルやオイルダンパーなどが使われていますが、地震の揺れを20%から30%ほど減らすとされます。超高層マンションでは多く導入されているものです。長所として繰り返しの揺れに強いことが挙げられます。免震装置のようにメンテナンスをまめに行う必要もありません。ただし中高層マンションに設置しても、それほどの効果は期待できません。

地震が起きた時はどうする?

どのような地震対策が採用されていても、大きな地震が発生した時のための備えは必要です。少なくても数日間買い物せずに済むくらいの水と食べ物は備蓄しておきたいところです。そして地震が発生した時にどう行動するかを決めておくことです。というのも、大きな揺れの中では体を自由に動かすことができないからです。まずは頭を守ることが大事です。そしてキッチンで火を使っていたら、その場から離れることです。揺れを感知したら火は勝手に消えてくれます。そしてとにかく玄関を目指すことです。ドアを開けて、枠が変形して開かなくなるのを防ぎます。建物から外へ逃げる時は、ブレーカーを落として、できればガスの元栓も閉めておきます。エレベーターは使わずに非常階段を使うことも忘れてはいけません。あとは地域で定められた避難場所を目指すことになります。


マンション選びではどのような構造となっているかも大切ですが、過信するのは危険です。制震構造も免震構造も、その実績については十分なデータがありません。まずは日頃の備えと、発生した時の行動をシミュレーションしておくことが大切です。

Pocket

インテリアのもうひとつの主役!リビングにピッタリな観葉植物10選

image (87)

Pocket

リビングのインテリアのひとつとして、観葉植物は手軽に購入できることと見た目にも癒されることで人気があります。また観葉植物には風水的にも役割を持つものがあるので、どれを選ぶかの参考にするのも良いでしょう。今回数多くある観葉植物の中で、リビングに置いておきたいものを10種類選んでご紹介します。

ドラセナ

image (80)

ミリオンバンブーの別名を持つことから分かるように、金運と開運を招く木として有名です。陽の気を持っているので、気が滞りがちなリビングの隅などに置いておくと良いものです。一般に幸福の木と呼ばれているのはマッサンゲアナですが、ハワイで家の前に植えておくと幸せが訪れると言われることに由来しています。日当たりの良いところに置いて、直射日光は避けることが必要です。人間で言えば火傷のような葉焼けを起こすからです。水は土が乾いてからたっぷりとあげることが大事です。ただし受け皿には水を溜めずに、根腐れしないよう注意が必要です。寒さに弱いので、室温は5℃以下にならないようにしましょう。

フィカス・ウンベラータ

image (81)

葉っぱがハートの形をして、出会い運を上げると言われています。カフェなどに良く置かれていますね。花言葉は健やかさと永遠の幸せ、夫婦愛です。18~30℃が生育適温で日当たりを好みます。購入直後は日光に慣れるように少しずつ日に当てる時間を延ばすようにしましょう。4~9月か成育期なので、土が乾いたら鉢の底から水がしみ出すくらいに水をあげます。水不足になると葉っぱが下を向くので注意してあげましょう。

パキラ

image (82)

葉っぱが傘のように広がっていて、可愛らしい観葉植物です。家族の調和をもたらしてくれると言われます。太陽の当たる場所に置くと仕事運が上昇するとされます。発財樹とも呼ばれてお金を生み出す、商売繁盛するとも言われます。ある程度日が当たらなくても育ちます。冬場は室温が5℃以下にならないように、また窓際は夜間に冷えるので避けることが大事です。鉢の中が根でいっぱいになると根詰まりをおこして、葉っぱが下から落ちていきます。その時は落ちた葉っぱの枝を切ってあげると、新芽が生えてきます。

オーガスタ

image (83)

葉先が丸いことから、人間関係が円満になるとされます。周囲の人達がバックアップしてくれる後援運を持つとされます。大きな葉っぱはトロピカルな雰囲気を持っていて、リゾートホテルでもよく見られます。丈夫で枯れにくく、初心者にも人気があります。日当たりと風通しが良い場所に置くのがポイントです。日光を浴びるほどに幹が丈夫になり、葉っぱは光沢を持つようになります。新陳代謝によって新芽に栄養分が取られるので、株の一番下の黄色くなった葉っぱは茎の根元からカットしてあげることが大切です。

ガジュマル

image (84)

多幸の木と呼ばれています。生命力が強くエネルギーに満ち溢れていますが、ジャングルでは周囲の他の木を枯らしながらも成長します。その生命力の強さが金運の上昇につながり、幸せを呼び込むと言われています。沖縄ではこのガジュマルに、精霊のキジムナーが宿っていると言われています。販売されているものはほとんどが挿し木で増えたものなので、購入してからは伸びることがありません。気に入ったサイズのものを選ぶことがポイントです。

ポトス

image (2)

リビングのインテリアとして高い人気があります。年間を通して葉っぱをつけていることと、温度にさえ気をつけていれば冬でも枯れることが少ないのが理由です。花言葉は永遠の富であることから、金運を上げると言われています。緑を絶やさないということから、華やかな明るさという花言葉も持っています。風水では自己の活性化や恋愛運の上昇効果があるとされています。ただし繁盛力があることにより、育てる人のエネルギーさえも奪うと言われます。そのために、置き場所としては空気が淀みやすいリビングの隅やキッチンなどが適するでしょう。

ベンジャミン

image (85)

インドやネパールの原生地では聖木とされているものです。花言葉は家族の絆や夫婦愛です。風水の面からみると、人間関係をスムーズにすると言われ、漂う悪い気を吸収して家全体の気の流れを良くするとされます。気持ちが明るくなり、喜びをもたらすなどの運気の上昇につながるようです。このベンジャミンは、環境の変化によって葉っぱが落ちるのが特徴です。そのために購入直後はどうしても葉っぱが落ちてしまいますが、心配はいりません。新しい環境に合う葉っぱを生やそうとしているので、見守ってあげましょう。ただし、一度置いたらストレスを与えないために場所は頻繁に変えないであげてください。冬の乾燥する時期も葉っぱが傷んで黄色くなりますが、これもよくあることです。ただし水やりや日当たりなどをきちんと管理していないと丸坊主になってしまうので注意が必要です。冷暖房の風が直接当たらないようにすることも大事です。

サンスベリア

image (86)

スタイリッシュな見た目が人気です。花言葉は永遠と不滅ですが、和名は長い年月を意味する千歳です。アメリカのNASAが発表した空間清浄効果を持つとされる50種類のエコプランツの中でも、特に効果が高いとされています。風水的には魔除けや厄除けの効果があることから、窓辺に置くのが良いとされます。また日当たりの良い場所を好みますが、夏場の直射日光は避けることが必要です。マイナスイオンを発することから、美肌効果を持つとも言われます。乾燥に強いので、水やりはあまり必要ありません。室温が10℃以下になったら、水を一切断って光も当たらないようにして、休眠させてあげるのがポイントです。

アロマティカス

image (87)

ミントを甘くしたような香りでハーブティーや料理にも活用できる多肉植物です。その香りにはリラックス効果もあります。風通しが良いところで育てるのがポイントで、湿気が高いと枯れてしまいます。多肉植物特有の性質で、水をあげすぎてしまうと根が腐ってしまいます。春から秋の成育期は土が乾いてからたっぷり水をあげますが、冬場は土が乾いてから数日後に水を上げることが大事です。梅雨の前には根元近くの葉っぱを間引いて風通しを良くしてあげましょう。

ワイヤープランツ

image (88)

1~1.5センチほどのたまごのような丸っこい葉っぱが特徴です。寒さに強く、マイナス5℃くらいまでは耐えることができます。花言葉は憧れや純愛、風水的には健康運がアップするとされます。丸い葉っぱは調和をもたらす気があるために、絆を深めるとも言われます。鉢植えやハンギングプランターで天井から吊るす形で育てられることが多いものです。育て方のポイントは、よく伸びる枝を剪定して風通しを良くしてあげることと土を乾燥させないことです。水切れに弱いので、葉っぱが黄色くなる前に、土が乾燥しきる前に水をあげることが大切です。かといって常に土が濡れていると根腐れしてしまうので、土が乾燥するタイミングを逃さないことが大事です。また夏の直射日光は避けることと、霜や寒風に当たらないようにすることも大切です。葉っぱが一気に落ちてしまうからですが、それでも根っこが元気なら葉っぱはまた復活します。その時は根気良く育ててあげることが必要です。

このように観葉植物には様々な役割がありますし、大きさや葉っぱの形も異なります。置き場所によって種類を選ぶこともできますが、大事なのはその育て方です。土の乾き具合もそれぞれタイミングが異なるので、1つひとつきちんと面倒を見てあげることが大切です。

Pocket

オシャレなショップと落ち着いた街並みが魅力の本山エリア

Pocket

image (79)

地下鉄東山線の本山駅は、2004年に乗り入れている名城線が環状化されたことによって、利便性が一気に高まりました。その結果、舞鶴線や名城線からの乗り換えが増えたことで、今では多くの人が乗り換え駅として利用しています。本山駅には構内にコンビニがあり、すぐ近くには銀行や郵便局もあるので便利です。また一番出口には24時まで営業しているマックスバリュ本山店が直結しているので、買い物も楽です。

【周辺環境】

周辺には学生が1万人を超える名古屋大学をはじめとして、南山大学などがあることで学生や大学関係者が多く暮らしています。そのために駅の周辺には、オーガニックカフェやビストロ、ワインバーに多国籍居酒屋などのお洒落なお店が多く集まっています。駅から徒歩で15分ほどのところには、東山動植物園や平和公園があります。定期的にイベントが開催されているので、多くの人が集まっています。またこの公園には桜の木も多いことから、市内でも有数のお花見スポットとして有名です。

本山の主な通りは広小路通りと四谷通り、猫洞通りの3つです。そして駅から南に伸びるグリーンロードは、学生のストリートとなっていることから、お洒落なショップが並んでいます。飲食店などが入っている複合ビルの「ZAZ」は、ゴジラがよじ登っているオブジェが目印となります。この周辺は名古屋の山の手とも呼ばれるエリアとなり、東京で言えば世田谷の雰囲気を持つような新興住宅街となります。

【買い物環境】

買い物で便利なのはまず、駅の出口に直結するマックスバリュ本山店です。元々は松坂屋ストア本山店だったところですが、上の階には100円ショップやボーリング場もあります。また駅から四谷通りへ歩いてすぐのところには、無印良品があります。こちらでは日用品の他に食料品や衣料品も揃っています。駅から猫洞通りへ向かって歩いていくと、雑貨屋の「shan(サハン)」があります。ここは家具やインテリア、キッチングッズなどが揃っているところです。

【グルメ】

駅から歩いてすぐの「マフィンレティバグ」は、マフィンとスコーンが美味しいお店です。イタリアンなら「cotto(コット)」が隠れ家的な雰囲気で人気を集めています。イタリアンとフレンチのコースがリーズナブルな価格で楽しめます。フレンチならば、四谷通りを南へ少し歩いたところにある「KOCHB_FRENCH(コカブフレンチ)」といったところでしょうか。美味しく美しく、そしてリーズナブルがコンセプトのお店です。ランチはデザートとドリンクが付いて1,500円(税別)となっています。カフェならば本山駅から少し上り住宅街の中にある、「cucciolo cafe(クッチェロカフェ)本山店」が人気です。ここはオーダーケーキが特に有名なお店です。

【住宅街】

本山は名古屋でも屈指の文教地区として有名な住宅エリアです。家賃は少し高めとなりますし、また坂が多いことも特徴です。駅の北側の猫洞通り、いわゆるキャットストリートの奥が閑静な住宅街となります。幹線道路から奥に入ると落ち着いた雰囲気の高級住宅街が広がります。子育て世代にも人気がある理由は、名古屋市立東山小学校などの、レベルの高い公立校が多いことが理由となります。


このように本山エリアは昔ながらの高級住宅街に加えて、大学が多いことから学生が増えた住宅エリアとなります。その学生が増えたことによって、お洒落なショップや飲食店も増えたわけです。また家族で楽しめる公園があったりと、落ち着いた雰囲気の住宅街でありながら休日の楽しみも多いことが特徴となります。交通の利便性の高さに加えて、駅周辺の徒歩圏内で様々なショップや施設が揃っていることとが本山エリアの魅力と言えるでしょう。

Pocket

こんなにもある!収納の種類と特徴をチェック

Pocket

住まいにはモノをしまっておくための収納が数多くあります。設置する場所や収納目的に応じてかなりの種類があるので、それぞれの特徴や役割を把握して上手く活用すると便利です。

 

 クローゼット

クローゼット

洋室に一般的に設置されるのが、このクローゼットです。奥行きは服の幅に合わせたものが多く、扉を開ければ一目で中の状態を把握できるデザインとなります。
ワンルームのような狭い部屋にも、それなりのスペースで確保されるものとなります。主に衣類を中心として雑貨など小物を収納することを想定しています。内部は棚板やハンガーパイプなどが設置されています。間口は扉の幅に合わせるので、ある程度はサイズの種類は決まってきます。
特徴としては奥行きが服の幅に合わせたものとなるので、無駄なスペースが生まれにくいことが挙げられます。また、内部に仕切りが無いタイプのものは衣装ケースなどを利用することで自由度の高い活用方法を考えることができます。

 

 ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット

その名の通り、内部を歩くことができるクローゼットのことです。小部屋のような形をしています。真ん中を歩いて両サイドに既製品の収納棚を設置しています。
特徴としては、間口を広く取る必要が無いので、通常のクローゼットのような幅の広い扉が不要となります。そのために、部屋の壁を広く確保することができます。内部の広い空間のおかげでカビが発生しにくくなっています。また、中で着替えることもできます。

 

ウォークスルークローゼット

ウォークスルークローゼット
ウォークインクローゼットに出入り口が2つあるタイプの収納部屋です。その2つの出入り口を使って通り抜けることができるので、その設置場所に工夫することができるものとなります。
基本は寝室に面したものとなりますが、欧米式に洗面所から浴室へと通り抜けできる設計とするケースは多いものです。あるいはキッチンなどへ出る通り道に設置する場合もあります。また、夫婦の寝室を別にして、その間に設置することで収納を共有するケースもあります。洗面所へ通り抜けできるものであれば、朝の身支度がしやすいものとなります。水回りに隣接するものは湿気対策も必要になります。生活動線を確保した収納となるのが特徴となります。

 

 押入れ

押入れ
伝統的な日本家屋で昔から設置されている収納スペースです。現在でも和室のある家には設置されています。
サイズはほぼ決まっているのが特徴です。標準的な広さは間口が一間、つまり畳と同じサイズとなっています。三方を壁で囲まれていて、襖で仕切られる形となります。中板で上下に仕切られていて、上部に寝具を収納するように設計されています。そのために奥行きがあることが特徴となります。下の広いスペースは、家具を置いたり衣類や大きめな家電など収納することができます。

 

 シューズボックス

玄関に設置する、いわゆる下駄箱です。最も一般的な靴の収納となります。効率的に靴を収納できるので、設置スペースをそれほど必要としないものになります。また、作り付けだけではなく、追加で購入して空いたスペースに置くこともできるものです。
保有する靴の量に応じて増やすことができるのが特徴となります。傘立てやブーツを収納するスペースも用意されたものもありますが、それほどの広さは確保されてはいないものです。ワンルームのような限られた空間では多く設置されています。

 

 シューズWIC

シューズWIC
ウォークインクローゼットのシューズボックス版です。玄関に設置されていて、靴のまま内部に入ることができます。中には靴の他に、アウトドア用品などを収納できるようになっています。買い物用のカートやベビーカーなど、玄関に置いておくと邪魔になる大きめなものを入れておくこともできるので便利です。
土がついたものを室内に入れることがないのが特徴となります。あるいは花粉のついた服をここにしまっておくことで、室内に花粉を持ち込むことが無くなります。また、扉を閉めることで玄関をすっきりと見せることができます。ただし土間続きとなるので、このシューズWICに入るための靴やサンダルなどが必要になります。

 

 トランクルーム

トランクルーム
室外に設置される収納です。マンションの共用部分や地下に設置されることもありますが、玄関脇に用意されるケースが増えているので便利です。主にアウトドアで使うものをしまっておくことが目的となります。例えばゴルフバッグやスキー用品など、大きくかさばるものをしまっておくことができます。

 

 パントリー

パントリー
キッチンに隣接された食品庫です。飲料や乾物、缶詰や粉物に常温で保存できる野菜などを収納できます。他にも調理器具なども収納しておけるので、キッチンがすっきりと片付くことになります。
食品の買い溜めができるのが特徴となります。また災害時に備えての備蓄を確保しておくスペースとしても利用できます。数日分の飲食料となると量も多くなるので便利です。

 

 床下収納

床下収納
キッチンや洗面室の床下の収納庫です。キッチンなら保存食を、洗面室なら掃除用品などを収納します。ビンなどが入る深型と浅型があります。
少しの間口でも、スライド式でたっぷり収納できるのが特徴となります。また、床下の点検にも活用されます。室内に収納スペースを確保する必要がないことと、人目に触れずに収納できるのが利点です。ただし間口が狭いので、適時中を管理する必要はあります。

 

納戸

納戸
建築基準法では、採光が確保されないなどの理由によって居室と認められない空間のことです。あくまでも収納部屋として用意されるものですが、実際には書斎や趣味の部屋として使われることも多いものです。
サービスルームやDENと表記されることもあります。内装は他の部屋と変わらないものとなるので、収納以外の用途として使われることが多いのが特徴となります。

 

 階段下収納

階段の下のスペースを有効利用した収納です。階段の形状に合わせているので変形した形となっています。収納目的としては、掃除用品や普段使わない荷物、大きめな家電などが挙げられます。
階段の幅に合わせているので、割と奥行きがあるのが特徴です。そのために、奥には普段使わないようなものを、手前には出し入れが多い道具などをしまうと便利です。あるいは災害時に備えての備蓄用の飲料水や、季節物の暖房器具などを収納することにも使えます。

 

 屋根裏収納

屋根裏収納
屋根裏のスペースを利用して設けた収納スペースです。建築基準法の制限内で作られるために、天井が低くなります。納戸のように広いスペースを確保できるので、書斎などに利用されることもあります。
季節ごとに不要となる衣類などをしまっておくのに便利です。ただし、階段を使って昇り降りするので、重い荷物を置いておくのは避けるのが無難です。
このように様々なタイプの収納が用意されている中で、どう活用するかも大切な課題です。収納計画を立てて効率良くモノをしまうことが大事です。ポイントはしまっておくだけではなく、使いやすくすることです。
例えば部屋の掃除をする掃除機を取り出すのに、スペースが空いているからとシューズWICにしまっておくと、毎回出し入れするのが面倒になります。また季節物の洋服であっても、あまりに奥にしまい込んでしまうと出し入れが不便になります。
適材適所を心掛けて収納計画を立てることが必要となります。衣類は極力寝室に、掃除道具は使う場所に近いところにと、大きさや量も考慮しつつ優先的に置く場所を決めていくことが大切です。また、見せる収納とするのか見せないようにするのかも、ひとつの要素となります。

Pocket

「栄エリア」vs「名駅エリア」3つの視点で徹底比較!

久屋大通公園

Pocket

名古屋で栄エリアと名駅エリアと言えば、名古屋が誇る二大エリアとして何かと比較される地域となります。それぞれに発展の歴史は異なりますし、今後の発展もそれぞれに異なります。そこで今回、幾つかの視点からこの二つの地域を比較してみます。

 

買い物等のプライベート

栄エリアは元々城下町として発展してきた地域です。清洲越しと呼ばれる遷都により清洲の町屋は移り、やがて栄町と呼ばれるようになりました。1910年には市内初のデパート、後の松坂屋が開店し、以降地下街や百貨店やファッションビルなどが完成しています。中心となる久屋大通公園は名古屋の流行発信地にもなっています。
一方の名駅エリアは、かつては広大な湿地だったところです。東京と大阪を結ぶ鉄道計画が決まり、1886年に名護屋駅が開業しました。翌年に名古屋駅と改称します。その後近鉄が乗り入れ、1941年に名鉄新名古屋駅、現在の名鉄名古屋駅が開業します。そして地下鉄東山線や東海道新幹線の開業などで、中部の玄関口としての役割を担うようになりました。周辺に百貨店や地下街が揃い、1999年のJRセントラルタワーズ誕生を機に複合高層ビルが立ち並ぶようになりました。
現在の栄はデパートや商業施設が密集し、地下街も多く銀行や病院など必要な施設も揃っています。休日には音楽イベントも行われ、歩行者天国で賑わっています。名駅エリアも大きなショッピングセンターが多く、地下街にはレストランやカフェも多く集まっています。近くには円頓寺商店街がありスーパーもあります。駅の東側は治安も良く、家賃も高めですがスーパーはありません。西側は昔ながらの雰囲気を残す地域となります。

 

交通の利便性

栄エリアは各方面へ出るためには、JRや名鉄、近鉄などへの乗り換えが必要となります。東山線沿線や名城線沿線が便利です。東山線、名城線共に本数も多いのでラッシュ時以外は快適に利用できます。栄駅や名城線と桜通線の久屋大通駅が近いので利用できます。
一方で名駅エリアはあらゆる主要な路線とつながっているので、全て一本で利用することができます。JRや名鉄、近鉄に地下鉄、さらにあおなみ線が通っています。東山線を利用することで、名古屋市内の主要地へ一本で出ることができます。また、名鉄バスや名古屋市営バスのターミナルがあるので非常に便利です。

 

将来性について

将来性に関しては名駅エリアの方が期待されています。JRセントラルタワーズの開業から10年の間に名駅エリアと栄エリアの勢力図に変化が見られます。地価の推移を見るとその動きが良くわかります。2003年には名駅エリアの最高地価は栄に比べると30%以上低いものでした。けれども2008年には逆転して、その差が広がっています。新築マンションの供給量に関しても、名駅エリアの利用が便利な路線で増えているのがわかります。
名駅エリアには今年、大型の複合ビルが開業します。大名古屋ビルヂングにJR名古屋タワーが、そして来年には、JRゲートタワーも完成します。さらには2027年度までの開業を目指して名鉄百貨店再開発事業も進んでいます。一方で栄は現在、特に大きな再開発の話はありません。けれども文化施設や美術館、そして緑や公園などを活かした街づくりが進められると考えられます。都市化が進む名駅エリアとは異なる形で、さらなる発展を目指すものと見られます。また、名駅周辺に多くの新築事務所が建設されていることを受けて、栄では新規での事務所建設は止まっています。その代わりに、都心回帰を掲げて分譲マンションの建設が増えています。
このように名古屋の二大都市として成長してきたふたつのエリアですが、再開発によりそれぞれの特色がはっきりとするようになってきています。名駅エリアはオフィスを中心として商業地区としての色が濃くなり、栄エリアはゆとりのある生活を提供する住宅地として認識されるようになってきています。

 

栄エリアと名古屋エリアのデザイナーズマンション賃貸情報は下記をクリック

 

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工