ダークトーンの中にメリハリを演出したインテリア

インテリアコーディネート|シエルブルー栄

Pocket

今回のご依頼は、ダークトーンでまとめた部屋をご希望のお客様からの案件です。単身赴任されている方ですが、予算は10万円とのことで10万円セットプランで提案させていただきました。

 

どのような雰囲気にまとまったのか

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

 

まず家具は全体的にダークトーンにして、統一感を出せるようにしています。ただし全てが同じ色調となってしまうと部屋全体が重い雰囲気になるので、カーテンは明るめの色を選んでいます。

 

今回のお部屋は建具やリビングの床が濃いダークブラウンとなっています。その色調に合わせた家具を選びました。インテリアの基本は、統一感を出すために同系色でまとめることです。ダークブラウンの同系色はビビッドなレッドや暖色系のオレンジです。それを踏まえて、今回のインテリアを考えてみました。

 

基本はブラウン・アクセントカラーにレッド系

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

 

まず家具は基本的にブラウン系でまとめています。テレビボードはダークブラウンの東谷のSO-1120を、ローテーブルも東谷のSO-100を選びました。ガラストップとすることでスタイリッシュ感を演出しています。このふたつを同じメーカーにすることで、色調を合わせることができます。ソファは少し赤身を帯びたブラウンで、レザー調の佐藤産業のASHBYをチョイスしています。

 

ここでひとつチェックポイントがあります。テレビボードとローテーブルは足の無いタイプを、ソファは足のついたタイプを選んでいます。足が無い家具は重厚感を生みますし、逆に足があれば床との間にスペースが空いて軽さを感じることができます。少し明るめのソファは足つきにすることで、あまり部屋が重い雰囲気にならないようにしています。けれどもそのソファに座って正面を見ると、テーブルとテレビボードの重厚感を楽しむことができるようになっています。

 

ローテーブルの下にはラグマットを敷いていますが、こちらはアクセントを出すためにグレー調のモリヨシのショアという商品を選んでいます。濃いブラウンの床に同系色のラグを置いてしまうと、重い雰囲気になってしまいます。けれどもグレー系のラグを置くことによって、部屋の統一感を失うことなく雰囲気を重くしないようにできます。

 

カ―テンはオレンジ系で

 

インテリアで大事なのは、アクセントカラーをどのように使うかということです。メリハリを持たせつつも統一感を出すために、メインカラーの同系色を選ぶことになります。そこで今回はカーテンにアクセントカラーを取り入れて、部屋全体が重い雰囲気にならないようにしています。選んだ商品はカズマのプレーンを、明度を抑えたオレンジ系のものとしています。

 

ベッドスペースは窓際に

 

今回のお部屋は1Kタイプなので、リビングルーム内にベッドスペースを確保することになります。そこでベッドは窓際に置いて、明るい光が差し込む中で目覚めることができるようにしています。リビングスペースはダークトーンに、ベッドスペースは明るめにすることで、メリハリを出しています。ちなみに枕カバーにもアクセントカラーであるビビッドなレッドを採用しています。

 

部屋に入った時の印象を決めるもの

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

 

今回、家具の置き場所にもこだわりを持って選んでいます。まず玄関から廊下を通ってリビングに足を踏み入れた時、その目線の先にベランダのサッシがあります。実はこの場所が、部屋の第一印象を決めると言われています。サッシにはオレンジ系のカーテンを、その目線上に置いてあるソファも明るめのブラウンとしています。つまり、部屋に足を踏み入れた瞬間は、明るい印象を受けることになるわけです。仕事から帰って明るい印象を受ければ、疲れも癒されるというわけです。そしてソファに座ると重厚感のある家具が目に入り、ゆったりとくつろぐことができます。

 

終わりに

 

今回はダークトーンの雰囲気を目指したインテリアとなりました。ポイントは全てをダークな色調にせずに、アクセントカラーをうまく取り入れてメリハリを出すということです。また生活動線を考慮した家具の配置を考えて、カラーを選ぶことも大切と言えます。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/ciel_blue_sakae/e/

名古屋市中区「シエルブルー栄」

 

Pocket

お気に入りの小物を華やかにディスプレイできるインテリア

インテリアコーディネート|プレサンス錦プレミアム

Pocket

今回は好きな雑貨小物でお部屋を華やかな印象にしたいとお望みの女性の方によるご依頼です。スタイリッシュな雰囲気に仕上げていますので、そのポイントをご紹介します。

 

小物が映えるインテリアのポイントとは

 

今回のご依頼人の方は、Francfrancやザラホーム、ロンハーマンなどに足を運ばれて小物の雑貨を購入されることが多いとのことです。このようなお気に入りの小物が映えるインテリアのポイントは、シンプルかつスタイリッシュにすることです。そこで使う色数を抑えて、なおかつ落ち着いたトーンのものにすることが必要になります。家具は直線的なものを選び、材質も金属やガラスを取り入れると良いでしょう。

 

また、インテリアの色そのものには華やかさはなくなるので、アクセントカラーを取り入れることも必要です。以上を踏まえて、今回の案件に取り組んでみました。

 

リビングのインテリアのポイント

インテリアコーディネート|リビング|プレサンス錦プレミアム

 

まずリビングのインテリアを考える際に、ダイニングスペースをカウンターキッチンで済ませる形にしました。できる限りリビングスペースを広く確保するのが理由ですが、ちょうどキッチンのカウンターが広めに確保されているので、これを利用することにしました。そこで選んだチェアはサンコーのSP-3021というバーチェアです。これは座面と背もたれが直線的なデザインとなり、脚も金属製なのでスタイリッシュ感を感じます。二脚用意しましたが、色はグレーとパープルとしています。グレーは部屋のベースカラーに合わせ、パープルはアクセントカラーです。

 

リビングスペースを広く確保したので、ソファは大きめのものを選ぶことができました。選んだのはNDstyleのロブストという製品です。レザーの質感がスタイリッシュさを演出してくれます。そしてローテーブルはアルテジャパンのYG-64、これは天板がガラス製となり、脚も幾何学模様を思わせるデザインとなっています。対面する壁にはサンコーのルーツⅡというテレビボードを置きました。色はいずれも落ち着いたブラウンとなっているので、それほど主張するようなことはありません。

 

インテリアコーディネート|リビング2|プレサンス錦プレミアム

 

このままでは単純に落ち着いた雰囲気で終わってしまうので、白いラグマットを敷いて明るい雰囲気を演出しました。選んだのはスミノエのニューツイスティという製品です。そしてシーリング照明もシャンデリア調の華やかなデザインとなるインターフォルムのLT-2340を設置しています。カーテンはスミノエの白にすることで、その華やかさをさらに引き立てるようにしています。またソファにもアクセントカラーとなるバイオレッドのクッションを置いています。このようにちょっとした工夫をすることで、スタイリッシュかつ華やかな印象にすることができます。

 

ベッドルームのポイント

 

今回のお部屋はリビングと寝室が引き戸でつながっています。そのためにリビングの延長として使えるように工夫しています。

 

インテリアコーディネート|ベッドルーム|プレサンス錦プレミアム

 

まずデスクとチェアを置いて、ちょっとした仕事もできるようにしています。チェアはやはりビビッドなパープル色とすることで、アクセントカラーの役割を持たせています。このデスクも上も、お気に入りの小物をディスプレイするスペースとして活用できるようになっています。ベッドはインプルに、楽天の畳ベッドを選びました。この寝室のクローゼットの横にスペースがあるので、白いチェストを置いて上に小物を置けるようにしています。

 

終わりに

 

今回の主役はお気に入りの小物ということで、それを華やかにディスプレイできるようなインテリアにしました。スタイリッシュでありながらそれほど自己主張しないという部屋作りの参考になればと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/pressance_nishiki_premium/h/

名古屋市中区「プレサンス錦プレミアム」

 

Pocket

優雅な女性を演出するヨーロピアンスタイルインテリア

インテリアコーディネート|プラウドタワー名古屋栄

Pocket

今回のインテリアのテーマは、女性らしさを感じるエレガントな部屋です。柄の使い方や照明の選び方がポイントになります。

 

 

エレガントなインテリアのポイントとは?

 

ご依頼人はエレガントなインテリアをご希望とのことで、今回はヨーロピアンスタイルを検討しました。クラシカルなヨーロピアンスタイルのインテリアは、優雅な雰囲気を感じさせるのが特徴です。その柔らかなイメージが女性らしく、優しい雰囲気を生み出してくれます。ポイントは柔らかく細い曲線と花柄、そしてシャンデリアを使うことです。このような点を踏まえて、今回のインテリアを仕上げています。

 

 

大きなラグマットに柔らかなデザインを

インテリアコーディネート|リビング|プラウドタワー名古屋栄

 

まずリビングスペースに大きなラグマットを敷いていますが、色は柔らかな雰囲気を生み出す白を選びました。そして花をイメージさせるデザインが描かれているスミノエのクルフィーネという商品を採用しました。この1枚を敷くだけで、一気に華やかな印象を受けるのではないでしょうか。ソファも柔らかく包み込んでくれるようなデザインのHOMEDAY製LS-415を、色はサンドベージュです。ソファは存在感があるので、真っ白ではかえって威圧感があります。ベージュは精神を落ち着ける効果があるので、今回のテーマにも合うのではないでしょうか。

 

ローテーブルも同じくHOMEDAYのLT-56を選んでみました。天板はガラス製となり、その下にアールをつけたデザインの本体となっています。このアール部分にはリモコンなどを収納することもできますが、なだらかな曲線が優雅な雰囲気を感じさせてくれます。色は清潔感を感じるホワイトウォッシュにしています。

 

ソファの対面となる壁には、ブラウンのテレビボードを置いています。商品はMKマエダのJIGN-150、ウォールナット材のルーバー状となるモダンなデザインです。

 

カーテンももちろん、プリーツの入った上品なものを選びました。商品はHOMEDAYのSD-620/DC-104というものです。

 

 

照明のポイント

 

テレビボードの横にはディクラッセのアウロというスタンド照明を置いています。エレガントなヨーロピアンデザインの要とも言えるのが照明ですが、柔らかい光で部屋を明るく照らす形にするのがポイントです。そこでシーリング照明として選んだのが、インターフォルムのLT-2321というシャンデリアです。細身のデザインが女性らしさを感じさせることで選びました。リビングに2つ設置していますが、光量は決して多くないので眩しくなりすぎません。

 

 

ダイニングのポイント

インテリアコーディネート|ダイニング|プラウドタワー名古屋栄

 

今回はリビングスペースを贅沢に使っているので、ダイニングスペースはコンパクトにまとめました。もちろんリビングの雰囲気を損なうことがないように、テーブルはホワイトを選んでいます。ダイニングチェアはHOMEDAYのDC-156、シンプルなデザインながらに曲線が綺麗な印象です。

 

 

寝室のポイント

インテリアコーディネート|寝室|プラウドタワー名古屋栄

 

寝室も照明にはこだわっています。商品はディクラッセのイオスというデザイナーズ照明を使って、少しだけ遊び心も加えています。というのも、この寝室でゆったりとくつろぐ時間を過ごせるようにとの配慮からです。そこでベッドもヘッドが高いHOMEDAYのBH-503-Dを選んでいます。このベッドヘッドを背もたれにして、雑誌を読んだりとくつろぎの時間を過ごせるようにしています。窓際には小さなテーブルとチェアも置くことで、ちょっとした書き物などもできるようにしています。

 

 

終わりに

 

今回のインテリアはいかがでしょうか。エレガントらしさを演出するためのポイントをいくつか解説していますが、お役に立てればと思います。家具の色合いやデザイン、照明などのポイントさえ押さえておけば、女性らしさを感じる雰囲気を演出することができます。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/proudtower_sakae/e2/

名古屋市中区「プラウドタワー名古屋栄」

 

 

Pocket

高級志向を演出したセカンドハウス

インテリアコーディネート|カスタリア新栄Ⅱ

Pocket

今回のインテリアは、大手企業の代表者様のご依頼によるセカンドハウスにおける案件です。高級志向を前面に、生活感を出さないような雰囲気をご希望とのことで仕上げました。

 

 

セカンドハウスのインテリアのポイント

インテリアコーディネート|リビング|カスタリア新栄Ⅱ

 

セカンドハウスのインテリアのポイントは、広い空間を確保してゆったりとくつろげるようにすることです。今回は18畳近くあるリビングですが、この空間をいかに広く演出するかを念頭に家具選びや配置を考えました。

 

まずカーテンはドレープのついたタイプのスミノエのもので統一しています。適度な重厚感が落ち着いた雰囲気を演出してくれます。リビングや寝室などに色を変えて設置しました。色は後述しますが、ソファの色に合わせて落ち着いたパープル系にしています。

 

インテリアコーディネート|ソファ|カスタリア新栄Ⅱ

 

ソファですが、部屋を広く感じるように明るいブルーを選びました。商品はrelaxformのブリストというものです。ソファの前に白いラグマット、イトガのフランセルを敷いてゆったりとしたリビングスペースを確保しています。対面の壁にはテレビボードのMK-180を置いています。このテレビボードを置いている壁はブラウンのアクセントクロスとなっているので、テレビボードは少し濃い色のブラウンとしています。これで同系色でありながら異なる色による立体感を出すことができます。

 

ローテーブルはテレビボードの色と合わせてブラウンのMK-110を選びました。テレビボードと同じメーカーなので、統一感を生むことができます。

 

 

ダイニングキッチンスペースはモノトーン調に

 

リビングスペースとは異なり、ダイニングキッチンはモノトーンでまとめています。基本的に生活感を出したくないとのことで、食事をするスペースは白とブラウンのふたつのカラーで揃えたわけです。ダイニングテーブルはあずま工芸のアルガノを、ダイニングチェアは同じくあずま工芸のTDC-9771と9779を選んでいます。あずま工芸の家具はシンプルなデザインが特徴ですが、オフィスでも使用されることがあるものです。今回のようなセカンドハウスにはピッタリではないでしょうか。

 

 

寝室もシンプルなインテリアに

インテリアコーディネート|寝室|カスタリア新栄Ⅱ

 

寝室も極力シンプルに、普段の生活感ある雰囲気とは異なるように配慮しています。カーテンはやはりスミノエのドレープ付きのタイプで、色はアクセントクロスと同系色のライトブラウンにしています。

 

ベッドはHOMEDAYのBH-503を選びました。ウッドスプリングを採用したものですが、背の高いベッドヘッドが特長です。通常はベッドは眠る時にのみ使用するので、ベッドヘッドにはさほど注意は払わないかと思います。あるいは目覚まし時計やスマートフォンを置くための台がついたタイプが選ばれるのではないでしょうか。けれども今回のような背の高いベッドヘッドがあれば、ベッドの上で上半身を起こした状態で長く過ごすことができます。読書をする際に背もたれとして使うことができるわけです。セカンドハウスとして用意するベッドは、このようなタイプのものを選ぶと良いかと思います。

 

インテリアコーディネート|寝室2|カスタリア新栄Ⅱ

 

寝室はもうひとつ、DENを利用したものがあります。主寝室と共通するのは、背の高いヘッドのあるベッドを用意したことと、部屋をブラウンで統一していることです。ここで寝室にブラウンを使用する際の注意点があります。元々ブラウンはリラックス効果がありますが、色が濃くなると心理的に気持ちを暗くさせることがあります。ダークブラウンを使うのであれば、精神を落ち着けるベージュも使うか、あるいはベージュブラウンと補色の関係にあるブルーを使うと良いでしょう。

 

 

終わりに

 

いかがでしょうか。今回はセカンドハウスのインテリアということで、ちょっとしたポイントも解説しています。同じようにセカンドハウスを検討される方の参考になればと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/loygent_shinsakae1/o/

名古屋市中区「カスタリア新栄Ⅱ」

 

Pocket

都心生活の濃い密度の中でゆとりを感じるインテリア

インテリアコーディネート|スリーアイランドタワー丸の内

Pocket

今回は都心の丸の内に住むサラリーマンの方のご依頼で手がけた案件になります。都心生活を満喫できるようなイメージで仕上げてみました。

 

 

広いリビングを生かしたインテリアのコツ

 

今回のお部屋はベランダに対して横に長い、いわゆるワイドスパンと呼ばれるタイプのリビングになります。採光面積が大きいので、室内が明るくなるのがポイントです。ただし、家具を置く壁面が少ないので、その配置に悩むタイプでもあります。ベランダにはあまり出ることがないとのことなので、窓際にもソファを置いてゆったりとした配置にしました。

 

インテリアコーディネート|ダイニング|スリーアイランドタワー丸の内

 

キッチンが壁面に向けて配されているので、ダイニングスペースはキッチンスペースにコンパクトにまとめました。ダイニングテーブルはコンパクトなカウンターテーブル、チェリーのCT-35という商品を選びました。これは天板に天然木を使い、足はスチールという変わった組合せですが、都会的でモダンな雰囲気を感じさせてくれます。このテーブルに合わせてカウンターチェアはサンコウのバーチェアを置いています。

 

インテリアコーディネート|リビング|スリーアイランドタワー丸の内

 

ダイニングスペースをコンパクトにしたことで、リビングスペースを十分に確保することができました。モダンな雰囲気を出すために、色は黒でまとめてみました。ソファは総合家具のディーゼルを、ローテーブルはチェリーのLT-50としています。さらにラグマットはモリヨシの白のショアを置いています。テレビボードはチェリーのLV-85-165を選びましたが、ローテーブルと同系色に合わせることで統一感を出しています。

 

 

モダンなインテリアで大切なアクセントカラー

 

インテリアコーディネート|アクセントカラー|スリーアイランドタワー丸の内

 

広い空間をシンプルにまとめることで、モダンな雰囲気を醸し出すことができますが、このままでは物足りなさも感じます。そこでソファに明るめのカラーのクッションを置いて、アクセントカラーの役割を持たせています。このような色を配することで、部屋に立体感を生み出すことができるようになります。

 

カーテンは丹羽華産業のc2850というレースカーテンを選びました。明るい陽射しをそのまま室内に届けることができるというわけです。部屋の雰囲気に合わせて、スタンド照明やシーリング照明も選んでいます。シーリング照明はインターフォルムのLT-1989によって、明かりに立体感を出せるようにしています。

 

 

寝室のインテリアのポイント

 

インテリアコーディネート|寝室|スリーアイランドタワー丸の内

 

寝室はリビングとの間に引戸があるので、解放感も感じられる間取りになっています。そこで広々としたリビングの雰囲気をそのままに、シンプルなインテリアを心がけました。広めのクローゼットも備わっているので、ベッドのみを置くというスタイルにしています。選んだベッドはサンコウのロアというシンプルなデザインのものを選びました。色はモノトーンスタイルのリビングに対して落ち着いた雰囲気のブラウンにしています。

 

都心生活であるからこそ、ゆとりを感じられるようなスペースの確保を優先しています。そのためにベッドから目覚めて広いリビングを抜けて、ダイニングで食事をするという動線に特に注意しました。住空間は様々な要因で色んな雰囲気を感じるようになるものです。今回のベッドとソファ、カウンターテーブルの配置にはご依頼人の方にも満足感を得ていただけるかと思います。

 

 

終わりに

 

部屋には密度というものがありますが、今回は都心生活という密度の濃い毎日の中でゆとりを感じてもらえるようなインテリアを目指しました。ダイニングとリビング、寝室と動線を考えた時に、ストレスを感じることのないような配置にしています。また、大きな採光が取れるリビングを生かせるソファの配置も、このような雰囲気を求める方には参考になるのではないかと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/marunouchi_2chome_mansion/a/

名古屋市中区「スリーアイランドタワー丸の内」

 

Pocket