昭和的な風情が残るレトロな街並み|名駅西エリア

名駅西

Pocket

名古屋駅の近くにありながら、名古屋駅東一帯の名駅エリアと比べると再開発が進まず、ほとんど発展していないイメージのある名駅西エリア。その分レトロなイメージが強い街並みは家賃相場も手頃なこともあり、住みやすい地域でもあります。今回はこの名駅西エリアをご紹介します。

下町情緒を残す町並み

いわゆる名駅西エリアとなる中村区は豊臣秀吉誕生の地であることから、太閤、千成、日吉、豊臣、本陣などといった秀吉に由来する地名が多くみられます。駅近くにはレトロな雰囲気の駅西銀座商店街があり、周辺は明らかに名駅東側とは異なるノスタルジックな景観となります。

名駅西の交通

JR、名鉄、近鉄、地下鉄の名古屋駅が利用できます。バス路線は名古屋市営バス、名鉄バス、三重交通が利用できます。市営バスは定時性が良いことで定評があります。市内を縦横に走ることで、観光客は1日乗車券を使って利用することが多いものです。ビジネスでも多く利用されています。

名駅西の不動産事情

これからの開発が注目されることで、地価公示などではこの1~2年で数割上昇しています。金沢駅の新幹線開通と同じパターンで、これまで地価が安く放置されていた分、これからの開発が期待されていると言われます。現状としてはリニア中央新幹線の開業後に合わせてマンションやホテル、オフィスや学校などの建設計画が検討されています。

名駅西の賃貸相場

名駅西エリアは名古屋の平均家賃と比べれば高いものですが、名古屋駅を利用できる地域として考えると安く感じられます。

マンションの平均家賃はワンルームで6万円(名古屋平均は5.1万円)、1LDK~2DKで7.4万円(同6.2万円)、2LDK~3DKでは11.0万円(同6.6万円)となっています(情報は賃貸サイトによって多少異なりますので、あくまでも参考に)。同じ名古屋駅を利用する地域として、名駅エリアと比べるとかなり安い単価となります。

名駅西の特徴

人口はほとんど変わらないか、やや減少傾向となります。夜遅くまで開いている飲食店があるので、帰りが遅い勤め人には便利です。リーズナブルなお店が多い一方で、高級な雰囲気のお店もあります。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど生活に必要なものは大抵揃っているので生活しやすいエリアと言えます。

名駅西のショッピング施設

名駅西口

百貨店としてはジェイアール名古屋高島屋に名鉄百貨店、近鉄百貨店名古屋店(近鉄パッセ)に松坂屋名古屋店があります。また、地下街として有名なのはエスカ地下街です。スーパーマーケットとしてはパレマルシェ中村やピアゴ中村店、青木スーパーに成城石井と24時間営業のマックスバリュといった感じです。

人気グルメ店の種類としては、まずパンとサンドイッチのお店が多いのが特徴です。次にラーメン店、続いてスイーツ店にアジア・エスニック料理店、和食のお店となっています。

エスカ

エスカ地下街は1964年の東海道新幹線開業に伴って整備された、歴史あるショッピング施設です。新幹線改札口に近いこともあって、土産屋が多いことが特徴です。また味噌カツや味噌煮込みうどん、名古屋コーチンといった名古屋ならではのお店も多く並んでいます。名古屋市営地下鉄桜通線名古屋駅からは、地下街ファッションワンを通る形でユニモールにもつながっています。

ジェイアール名古屋高島屋は2017年度から、JRゲートタワーに増床出店する予定となっています。これによって日本最大の店舗面積を誇る近鉄百貨店本店 に次ぐ規模となります。地下1階と2階は食料品店が、1階から6階までは婦人服店などが入っています。7階から8階は紳士服、12階と13階はレストランが入っています。

近鉄パッセ

近鉄百貨店名古屋店は名古屋地区全体の中でも有数の、書籍やCDの発売記念イベントが開催されることで有名です。8階の星野書店近鉄パッセ店や9階のタワーレコード名古屋近鉄パッセ店では、新商品発売を記念しての握手会なども行われています。主にレディースのファッションや雑貨のお店が入っていますが、メンズファッションは名鉄百貨店ヤング館へ移動しています。

松坂屋名古屋駅店は松坂屋の本店です。本館・南館・北館の3館で構成されています。

名駅西エリアの注目スポット

駅西銀座は名古屋駅のすぐ近くでありながらも、昔の雰囲気を残す商店街です。レトロな建物もそのまま残っていますが、まさに名駅西エリアを象徴する存在とも言えます。お店の顔ぶれは実に多彩で、和菓子のお店があるかと思えばイタリア風のキッチンバーがあったり、あるいはサブカルチャー色の強いお店も新規でオープンしたりと知用客が多いことを感じさせます。

名駅西といえば遊郭があったことでも有名ですが、その面影を残す建築物も残っています。例えば長寿庵は入り口に美人画が掲げられていることが特徴ですが、名古屋市都市景観重要建築物に指定されているものです。中村遊郭を伝える建築物として貴重な存在と言えます。

名古屋みやげ処は新幹線口から近くのエスカ地下街にあるお店です。名古屋のお土産の専門店として、手羽先やういろう、天むすなどの定番が揃っています。名古屋に出張などで訪れた人が立ち寄るショップとして有名です。

椿町エリアは現在、アニメ関連のお店が増えていることでも注目されています。アニメイト名古屋やとらのあな名古屋店といったメジャーショップをはじめとして、らしんばん名古屋店、メロンブックス名古屋店などが営業しています。さらに代々木アニメーション学院名古屋校もあり、その一階にはアニメイトカフェ名古屋店が入っています。

名駅西の生活環境

名駅西と聞いて、治安を心配する人は少なくありません。昔は駅裏とも呼ばれたものですが、現在は雰囲気が変わっています。予備校やウェディング関連のお店が増えるなど住みやすい環境となっています。古くから生活する人が多く、地域の密着性は高いと言えます。年に何度か出店が出て、子供からお年寄りまで集まって楽しむ光景もみられます。

このエリアは病院などが多いことでも有名です。名古屋セントラル病院や日赤病院といった大きな病院のほかにも、内科や整形外科、耳鼻科など充実しています。

また、2015年頃から飲食店が増えるようになり、一人暮らしの人にとってはさらに便利になっています。デニーズや餃子の王将といったメジャーなチェーン店からテレビで紹介されるような有名なラーメン店まで、あらゆるジャンルのお店を利用できます。

歩道に街路樹としてイチョウやつつじが植えられているところもあり、季節感を感じながら歩くことができるところもあります。公園のある地域もあり、子供を遊ばせる風景も見ることができます。

終わりに

名駅西エリアは、古くから名古屋に住む人から見ると印象が良くないかもしれません。けれども環境はかなり変わっているのは事実です。治安も良いですし、何より古くからこのエリアに住んでいる人の地元愛も感じます。そして名古屋駅が徒歩圏内という利点は何よりも大きなものです。普段の買い物やショッピング、通勤にと非常で便利でありながらも、家賃相場はかなり安く感じます。

確かに名古屋駅東一帯の名駅エリアは再開発で大きく変貌していますが、この名駅西エリアは生活のしやすさとレトロな雰囲気の落ち着いた感じが特徴となります。これからの開発計画も上がってはいますが、レトロな雰囲気を好む人にとっても穴場と言える地域です。

Pocket

心も体もリラックスできる、この秋に取り入れたいインテリアのポイントとは?

インテリア秋

Pocket

秋も深まり、部屋にも季節感を持たせたいところです。けれどもインテリアを変えるとなると、なかなか簡単にはいかないものです。お金がかかる、時間が無い、具体的に何をどうすれば良いのか分からないといった理由が多いのではないでしょうか。そこで、簡単に秋らしさを演出できるインテリア術を幾つかご紹介します。

3つのアイテムを変えること

部屋の雰囲気を効果的に変えるためには、最低限3つのアイテムを変えることが必要と言われます。加えてできる限り面積の大きなものを選ぶことがポイントです。リビングで大きな面積のものといえば、まずはカーテンですね。何も特別なものを買わなくても、安く購入するとことができるので、季節ごとに交換しても良いものです。秋のカラーといえば暖色系です。オレンジ系や明るめの茶系を選べば無難です。ボーダーデザインであれば、さらに雰囲気を増すことになります。

リビングで次に手軽に交換できるのはクッションカバーです。もしソファがあれば、そのカバーも交換するのがベストです。ベージュ系の色はセンスを問われることになりますが、凝ったインテリアを目指すならばチャレンジしたい色です。イメージとしてはカントリー調といったところでしょうか。デザインとしては、ナチュラルな質感のある植物をモチーフにしたボタニカル柄が流行りとなっています。さりげなく取り入れると、オシャレ感が増すことでしょう。

部屋全体のポイント

秋といえば落ち着いた雰囲気でしょう。部屋全体を落ち着いた雰囲気にするためのポイントは、下にいくほどに濃く暗めのトーンの色にすることです。そこでまず、床に濃い茶系のラグなどを敷いておくとグッと秋らしくなります。そして注意したいのは、目線の高さにあるグッズは少し明るいトーンの色にすることです。オレンジやマスタードイエローなどの小物を置くと良いでしょう。また、手軽に雰囲気を出せるのがウォールステッカーです。簡単に剥がせる優れものアイテムです。秋らしさを演出するものが簡単に手に入るので、お気に入りのデザインのものを貼ると良いでしょう。その際にも、ラグマットよりも明るめの色合いのものを選ぶのがコツです。

ちょっとしたひと工夫

リラックスできる部屋作りは、ほんのちょっとした工夫で行えます。まず玄関先から秋らしさを感じさせることで、疲れて帰ってきた心を癒すことができます。暖色系の玄関マットを置くだけで、その空間に秋らしさを感じるようになります。また、シューズボックスの上などに小物を置くだけでも効果的です。例えば松ぼっくりのついたリースとキャンドルを置くだけで、何となく心が落ち着きます。

キッチンやリビングにも、秋を感じさせるアイテムを置くことで落ち着いた雰囲気に変わります。ブロンズや赤銅色のような小物を雑貨店で探すのも楽しいものです。お気に入りのものを選んで、棚などの空いたスペースに置いておきましょう。キッチンなら作業する時の目線の先に、リビングならいつも座る位置から視界に入るところに置いておくのがポイントです。

リラックス効果といえば観葉植物ですが、秋をイメージさせるものを探すのは難しいものです。観葉植物のグリーンは涼しさを感じさせるので、ひと工夫する必要があります。ニット素材のカバーを鉢につければ、暖かさを演出することができます。

終わりに

秋らしさを演出するインテリアは、割と分かりやすいものです。色合いもほぼ決まっているからですが、大事なことは手軽に簡単にできるということです。大きなものでもカーテンやソファカバーを変えるだけで、かなり部屋の雰囲気は変わります。あとはお気に入りの小物を探して部屋のあちらこちらに置いておくだけで、リラックス効果を期待することができます。

Pocket

ロイヤルパークERささしま ~ 物件レポート ~

名称未設定-2

Pocket

再開発が進む名古屋駅から南へ1キロの「ささしまライブ24」地区に、大型複合賃貸マンションが誕生しました。2015年3月に完成した「ロイヤルパークERささしま」です。賃貸の共同住宅が430戸に東海エリア最大級のシェアハウス130室、有料老人ホーム66室からなる建物です。緑の多さと災害対応機能を重視した贅沢なマンションです。

とにかく広い敷地ですが、とりあえず建物内に入ってみることにします。

こだわりの贅沢空間

entrance_front

エントランスはバリ島のリゾートホテルをイメージしているとのことで、南国の雰囲気を感じることができます。中に入ると奥に開放感のある中庭が見えます。オートロックはガラスに浮かぶように設置されていますが、その周りにも緑が多く配置されています。共用部にはゆったりと大きなソファとガラステーブルが置かれています。座って天井を見上げると、まさにホテルのエントランスに居るような感覚を覚えます。仕事帰りにここを通る度に、癒されると共に満足感に包まれそうです。宅配ボックスは白に統一されて、とても綺麗です。それに対してエレベーターの扉はダークブラウン、重厚感があります。

今回は2階にある47㎡ほどのワンルームタイプの部屋におじゃまします。ちなみにこのマンションは、ワンルームは30〜50㎡、ファミリータイプは60〜100㎡、そしてプレミアムフロアは110㎡〜といった広さになっています。

お洒落な室内

916979f9f411f1d6437206702fde6c0c

玄関の床は人工大理石、そして天井のダウンライトがお洒落な雰囲気を与えてくれます。シューズボックスもなかなかの広さです。左側には全身が映る鏡があるので、朝の身支度に便利そうです。部屋に入ってみると、普通のマンションとは違う感覚を覚えます。その理由は、リビングと水回りとを隔てる壁ですが、緩やかなアールを描いています。このようなデザインはまさにデザイナーズマンションの特徴です。設計した人のこだわりが感じられます。このようなちょっとしたこだわりが、住むことに楽しさを生むわけです。

89a7dced6502c81b516ea5d0b12823d5

キッチンは全面が明るいオレンジ色になっています。料理も楽しくなりそうな、元気が出る色合いです。ちなみに洗面台の収納も同じオレンジ色になっています。コンロは3口になっているのが嬉しいものです。シンクにはディスポーザーが標準装備されているので、野菜などの切り落としもラクに処分できます。

4a2668576414abc2821300ef5c96e135

バスルームの全面はシックなダークブルーで、落ち着いた感じです。浴室換気乾燥機もあるので、毎日帰りが遅くても洗濯はラクそうです。

8897ca199cf4489d01d14797207592f1

リビングをベランダへ進むと、右側のアールの壁が少し延びていています。これがちょっとした仕切りの役目となって、リビングとは別に寝室のスペースを作り出しています。ここにはクローゼットもあるので、ワンルームながらに、もうひと部屋ある感じです。ベランダは東向きなので、朝目覚めると気持ちの良い朝日が差してきそうです。

マンションの設備は?

マンション全体の設備について見てみると、まず英語対応可能なコンシェルジュが常駐しています。そして入居者専用の天然温泉や認可保育園もあります。またパーティルームもあるので、友達を呼んでパーティやイベントに利用できます。東棟の2階にはゲストルームも用意されています。

spa
party

マンションの周辺は?

このマンションでの生活を考えると、周りの環境も気になるところです。まずシネコンも入る複合商業施設の「マーケットスクエアささしま」があります。スープマーケットは「マックスバリュ太閤店」が、さらに複合施設の「グローバルゲート」があります。

交通機関としては、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の「ささしまライブ駅」が徒歩2分に、JR東海道本線「名古屋駅」が徒歩16分にあります。少し家賃は高めですが、ここに住んでいると元気をもらえる感じがします。目覚めの良い朝とリゾート気分のエントランス、毎日これを味わえるなら仕事も頑張ろうという気分になれそうです。

ロイヤルパークスERささしまの詳しい情報はこちら

Pocket

GK fan RESIDENCE  ~ 物件レポート ~

gk_fan_residence

Pocket

今回ご紹介するのは地下鉄名城線黒川駅から徒歩わずか1分という便利なところに、今年3月に完成したばかりの新築デザイナーズマンション、「GK fan RESIDENCE」です。9階建ての全38戸というコンパクトな規模のスタイリッシュな建物です。スタイリッシュというと男性受けするイメージもあるものですが、こちらは白を基調とした明るい雰囲気なので女性にも安心感を与えてくれます。

3e7f5108a68d02657db07525a624a360
エントランスは少し奥まっていて、オートロックの自動ドアを開けて中に入ります。天井のダウンライトが大人な雰囲気を醸し出しています。エントランスに足を踏み入れると、整然と並んだメールボックスと宅配ボックスがあります。宅配ボックスはかなりの大型なので便利に利用できます。

fb98edfb0b8709e099162ed9fad16c61
2階には多目的スペースが用意されています。こちらは無料で自由に使えるので、会議や打ち合わせなどに活用できます。

1fd107c59763ef2767a8d88add72de88
館内は白を基調としていて、とても明るい雰囲気です。エレベーターの扉も白い中で、住戸の玄関ドアは落ち着いたブラウンなので、何故かほっとする感覚を覚えます。この色調のバランスは実は冒険的なもので、まさにデザイナーズマンションの特徴を打ち出したものと言えるでしょう。では室内に入ってみます。

玄関を入るとすぐに高級感が

d0c61ead0b176fc7db95807f9da5a15c
玄関の床は間取りのタイプによって色が違います。例えばAタイプは落ち着いたブラウン、Bタイプは明るいホワイトとなっています。シューズボックスは家具調のブラウンやナチュラルホワイトなどのシックな作りとなっています。天板が少しせり出しているので、上に観葉植物などを置いておくと、帰宅した瞬間に癒されるのではないでしょうか。リビングに続く廊下の天井のダウンライトが高級感を醸し出しています。

分譲マンション並みの設備が嬉しい

d4a35c0738353d88a8186d56878061dc
リビングへ入る前に、バスとトイレをチェックしてみます。その前に洗面台ですが、正面は全面的に鏡となっているので朝の忙しい時間にもストレスなく身支度をすることができるでしょう。水栓はシャワーヘッドになっているので、洗面台の掃除も楽そうです。下の収納もブラウンの落ち着いた色調なので、就寝前には心を落ち着ける効果があります。トイレの壁紙は正面がワンポイントとなるデザイン性のあるものなので、とってもお洒落です。中に手を洗える流し台があるのも嬉しいものです。

浴室は部屋のタイプによって内装が変わります。Aタイプは渋いダークブラウンの天然石仕上げによるラグジュアリーなタイル貼りです。Bタイプは明るいホワイトのタイルになります。もちろん、浴室乾燥機がついているので雨の日の洗濯にも便利ですね。

贅沢なキッチンが嬉しい

238117cc0550359faec5c75a5000a5d4

リビングへと進んでみます。その前のキッチンですが、嬉しいことに3口コンロになっています。デザイナーズマンションとなると、お洒落に住まうイメージがありますが、ここでがっつりと料理することができます。そしてリビングルームと寝室は仕切り壁で区切ることも、あるいは開け放して広い空間にすることもできます。バルコニーはすりガラスが明るい光を室内へと届けてくれます。リビングと寝室は部屋のタイプにより、それぞれ異なる特徴を持っています。例えば寝室には、他ではあまり見ない布張りと呼ばれる壁材を使っていたり、あるいはリビングの壁紙がコンクリート打ちっ放し風となっている部屋もあります。カウンターテーブルを置けば、まるでカフェにいるような雰囲気を味わうことができます。

生活環境を見てみると、マンションから歩いて3分でローソンが、6分歩けばスーパーのピアゴやドラッグストアもあります。交通の便も良く、買い物も便利な場所でありながら、一歩室内に入るとラグジュアリーな雰囲気に包まれる癒しの空間になっています。きっと忙しい1日の疲れを癒してくれることでしょう。

GK fan RESIDENCEの詳しい情報はこちら

Pocket

知っておきたいマンションの耐震性能

耐震性能

Pocket

東日本大震災以降、大きな地震が発生していますが、先日熊本で震度7の地震が発生しました。その規模は阪神淡路大震災にも相当するものだそうです。マンションに対する地震対策はこれまで以上に注目されることになるでしょう。そこで賃貸マンションを借りる上でも、どのような対策が講じられているのかを知っておくことは大切です。1981年の耐震基準改定以降、ほとんどのマンションは耐震構造となっています。躯体を強化して地震の揺れに耐えることを目的としたものです。そしてその弱点を補う形で免震構造と制震構造によるマンションも建つようになってきています。それぞれどのような特徴を持つのかを挙げてみます。

耐震構造

とにかく地震の揺れによって建物が倒れないように、その目的で地震に耐える構造にしています。建物の骨組みなどを強く頑丈にすることで、地震の揺れを受け止めることになります。理論上は震度6強の揺れには耐えることができます。けれどもそのエネルギーは建物の内部にそのまま伝わるので、高い建物ほど上層部の揺れは大きくなります。そのために、家具などが倒れる恐れがあるので、壁に固定するなどの工夫が必要になります。

免震構造

基礎と建物との間に免震装置を設置しているものです。最大震度7の新潟中越地震でもほとんど倒れなかった実績があります。大きな地震を受けると、この免震装置が変形することで激しい揺れをゆっくりとしたものに変えてくれます。地震の力を50%から80%は減らすと言われます。そのために建物には地震のエネルギーが伝わらないことになります。ただし、想定以上の巨大な地震が起きると、免震装置に使われている積層ゴムが破断する恐れがあることを指摘されています。また、この免震構造とするためには、軟弱地盤や液状化の恐れがある地盤の場合には不向きとなります。また、免震装置が正常に作動するかどうかを定期的に点検する必要がありますし、大きな地震を受けたら免震装置を修理する必要もあります。また、ゆっくり長く揺れる長周期地震動に対しては共振しやすいという面も持っています。ただし、大きな地震が起きても建物が変形したり外壁や天井などが破損することも少ないのが特徴となります。

制震構造

建物の要所に揺れを吸収する制震装置を設置しています。制震パネルやオイルダンパーなどが使われていますが、地震の揺れを20%から30%ほど減らすとされます。超高層マンションでは多く導入されているものです。長所として繰り返しの揺れに強いことが挙げられます。免震装置のようにメンテナンスをまめに行う必要もありません。ただし中高層マンションに設置しても、それほどの効果は期待できません。

地震が起きた時はどうする?

どのような地震対策が採用されていても、大きな地震が発生した時のための備えは必要です。少なくても数日間買い物せずに済むくらいの水と食べ物は備蓄しておきたいところです。そして地震が発生した時にどう行動するかを決めておくことです。というのも、大きな揺れの中では体を自由に動かすことができないからです。まずは頭を守ることが大事です。そしてキッチンで火を使っていたら、その場から離れることです。揺れを感知したら火は勝手に消えてくれます。そしてとにかく玄関を目指すことです。ドアを開けて、枠が変形して開かなくなるのを防ぎます。建物から外へ逃げる時は、ブレーカーを落として、できればガスの元栓も閉めておきます。エレベーターは使わずに非常階段を使うことも忘れてはいけません。あとは地域で定められた避難場所を目指すことになります。


マンション選びではどのような構造となっているかも大切ですが、過信するのは危険です。制震構造も免震構造も、その実績については十分なデータがありません。まずは日頃の備えと、発生した時の行動をシミュレーションしておくことが大切です。

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工