建具と床色の調和を目指した大人カジュアルインテリア

リバーコート砂田橋|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回のご依頼はカップルでお住まいの部屋を大人カジュアルな雰囲気に、というものです。新婚でのインテリアの参考になると思います。

 

 

大人カジュアルなインテリアとは

 

今回のお部屋は50㎡ほどの1LDK、寝室もリビングも広めに確保されているので、二人暮らしには十分な広さとなります。インテリアも余裕を持って家具を配置することができます。カジュアルな雰囲気をご希望とのことで、まずはアクセントとなる家具をひとつ決めることになります。

 

お部屋を拝見すると、木目調の建具やキッチンが印象的に映ります。フローリングもこれらの色合いに合わせた濃い色となっています。そこでメインの家具を茶色にすることにしました。そこで選んだのが、東谷のGS-78です。アメリカンヴィンテージの雰囲気を持ったソフトレザーによるものです。室内の建具やフローリングなどよりもワントーン落とした色合いなので、存在感を持たせることができます。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|ソファ

 

そして足つきのソファを選んだのは、カジュアル感を出すためでもあります。足の無い家具は重厚感を感じるために、カジュアルな雰囲気を生み出しにくくなります。そこで今回はベッドやチェストなど全て足つきのものを選んでいます。

 

また、テーブルは東谷のPT-28を選びましたが、これは全てがガラスでできています。この素材感とブラックを選んだことで、大人な雰囲気を演出できます。ベンチチェアも座面はテーブルに近い色合いにして、さらに落ち着いた雰囲気を感じるようにしています。ただしこのままでは重い雰囲気になってしまうので、ラグマットは明るいグレーのモリヨシ製ショアGYをチョイスしました。

 

照明にもひと工夫しています。アートワークスのAW-0407Vという製品を選びましたが、アンティーク調のシンプルなデザインとなっています。

 

 

アクセントポイントに何を選ぶか

 

ベースカラーは茶色を使い、落ち着いた雰囲気を演出したリビングですが、ここでアクセントとなる家具に何を選ぶかがポイントになります。

 

そこでリビングの一面の壁がブルーであることに注目しています。このアクセントウォールをどのように演出するかを考えた末、チェアを置くことにしました。ソファがヴィンテージ系となるので、同じヴィンテージ感を演出できるような東谷のCOD-456という製品を選んで配してみました。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|テーブル

 

ホテルのような雰囲気も醸し出す製品なので、大人な感じを演出することにも役立ちます。そしてこのチェアの上に、DICLASSEのアクアというスタンド照明を置いています。室内の照明を落とせば、ブルーの壁をお洒落に照らしてくれます。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|照明

 

 

ダイニングスペースのこだわり

 

ダイニングテーブルには、サンコウのブリード3点セットを選びました。これはテーブルがハート型になっている独特のフォルムとなります。若い夫婦にも人気の製品ですが、落ち着いた雰囲気のリビングスペースに対して、こちらは若々しい雰囲気を演出しています。チェアもS字のハイバックとお洒落なデザインになっています。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|ダイニング

 

 

寝室はシンプルに

 

リビングには色のチョイスなど色々と工夫していますが、寝室は逆にシンプルな雰囲気にまとめました。ベッドも極めてシンプルなデザインとなっていますし、両脇にも照明や観葉植物を置くための簡単なサイドテーブルを配するのみとしています。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|ベッドルーム

 

 

解放的な広い部屋なので、あえて他には何も置かずにストレスフリーな空間にしています。収納もウォークインクローゼットがあるので、他に家具は置いていません。北欧インテリアのようなシンプルな雰囲気で、リラックスできる空間にしています。

 

 

終わりに

 

今回は大人カジュアルがテーマでしたが、いかがでしょうか。室内の建具などを生かしたベースカラー選びと、アクセントウォールを生かしたテーブルなどがポイントになっています。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/rivercourt_sunadabashi2/b/

名古屋市東区「リバーコート砂田橋Ⅱ」

 

 

Pocket

モダン感を愉しむ寒色系インテリア

アーデン泉プレミア|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご依頼のお客様は非常に多趣味であり、交際されている方もよく遊びに来るお部屋とのこと。そこでお二人でくつろげるようなインテリアを目指して取り組んでみました。

 

 

基本的なテイストを決める

 

今回は具体的なご要望はありませんでしたので、まずはお部屋の雰囲気を生かしたインテリアを目指すことにしました。建具や素材感などがデザイナーズ仕様となっているので、モダンな雰囲気が自然であると判断できます。となればモノトーン系の色合いで揃えたいところですが、注意点があります。交際されている方がよく遊びに来られるとのことで、完全なシングルライフを目指すわけではないということです。そこでベースの色はグレーとすることにしました。グレーはモダンインテリアによく使われますが、この色自体には中性的かつカジュアルなイメージがあります。

 

アーデン泉プレミア|インテリア|リビング

 

そこでまずソファにグレーを選びました。製品はNDのエルダーというものです。座クッションにポケットコイルを使っているので、へたりが少ないモデルです。今回はオットマンもセットで用意しました。ソファに合わせて選んだラグマットは、モリヨシのベルギー製インフィニティです。グレーやブラウン、ブラックなどを織り込んだ絵柄が単調になりがちなモダンインテリアに変化を与えてくれます。さらにテレビボードの黒とソファを調和させる役割も持ちます。テレビボードもNDのWD-AV160を選びました。

 

ローテーブルは東谷のPT-26、ガラステーブルです。ラグマットで遊びを持たせているので、ここでモダンスタイルらしさをしっかりと演出しています。これでリビングのスタイルは完成となります。カジュアルテイストのグレーのソファでゆったりとした安心感を得られるようになります。様々な色が入ったラグでさらにリラックスしながら、ガラステーブルのモダン感を楽しむというスタイルになります。完全にモダン系で揃えてしまうと、落ち着かないものですしリラックスできません。少しゆるさを持たせることで、モダンスタイルの生活を楽しむ余裕が生まれるわけです。

 

 

寝室もリビングの雰囲気をそのままに

 

今回は寝室もリビングの雰囲気をそのまま受け継ぐ形にしました。あえてこの二つの空間を分けずに統一させているわけです。もちろん、寝室はゆっくりと休むための工夫も必要です。ベースの色は寒色系のグレーとし、リビングと同様なラグを敷いています。

 

また照明にも工夫しています。インターフォルムのメルチェロという、ペンダント照明を設置しています。これは北欧デザインが温かみを感じさせてくれるものとなります。シェードを重ねるデザインが光を柔らかくしてくれるのが特徴です。

 

アーデン泉プレミア|インテリア|寝室

 

カーテンはカズマのLX50505、これはいわゆるレースカーテンですが、南東の2面の窓から明るい陽射しが入るようになっています。リビングもレースカーテンのみですが、こちらは北向きとなるので室内が明るくなるようにとの配慮があります。

 

 

一部にアクセントカラーを入れるとメリハリが生れます

 

インテリアで大事なことは、統一感を持たせると同時にメリハリもうまく出すことです。統一感というのは、逆に言えばメリハリがなくつまらない印象も与えます。家というのは完全に休息するだけの空間ではありません。時にクリエイティブな思考を必要とすることもあるわけです。そこで今回、寝室の他に残っている部屋に、イームズの赤いアームシェルチェアを置いています。明るい雰囲気とすることで、リラックスする空間と差別化を図っています。

 

アーデン泉プレミア|インテリア|アクセント

 

 

終わりに

 

今回は寒色をベースにモダンな雰囲気を実現しつつも、落ち着ける部屋を目指してみました。色と素材の組み合わせで、一見すると相反するものを同居させることができる例ではないかと思います。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/aden_izumi_premier/e/

名古屋市東区「アーデン泉プレミア」

 

 

Pocket

色の使い方で「広さ」と「立体感」を演出するコーディネート

ノーブル徳川|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご紹介するインテリアは、50㎡弱の1LDKのお部屋です。決して広くはないお部屋をダイニングとリビングに分けて、生活空間を使い分けたいとのご要望の元に提案させていただいています。また、色の使い方に工夫をして圧迫感を感じないようにしているのもポイントです。

 

 

ダイニングテーブルの位置がポイント

今回の間取りは、リビングダイニングと寝室とに分かれた形となっています。そのリビングダイニングですが、キッチンが部屋の中心部近くに配されています。いわゆるセミオープンタイプのキッチンですが、リビングにいる家族とのコミュニケーションが取りやすいのがメリットとなります。ただしリビングを広く確保できないので、テーブルやソファなどをどのように配置するかが重要です。今回の場合はダイニングテーブルの場所がポイントになります。

 

まず置き場所として選んだのはシステムキッチンの横です。これでキッチンスペースとリビングスペースを分けることができますし、キッチンからダイニングテーブルまでの動線もしっかりと確保できます。選んだテーブルはHOMEDAYのDT-03-08です。心地よく上質な生活を提供したいとのコンセプトに提供される家具ですが、チェアを2脚置いてちょうど良い大きさとなっています。

 

ノーブル徳川インテリア|ダイニングテーブル

 

ダイニングテーブルはスペースが空いていれば、ついモノを置いてしまうものです。それを避けるために、食事のために最低限必要な大きさで選んでいます。チェアは同じHOMEDAYのDC-156-Fですが、パイプ製のために圧迫感を感じさせない存在感となっています。

 

 

すっきりとした印象にするコツ

今回のご要望は、ダイニングスペースとリビングスペースをきっちりと分けながらも狭さを感じさせないというものです。そのために、部屋全体をすっきりとした印象にする必要があります。そのためには色の配色に気を配ることになります。

 

そこでダイニングテーブル以外は寒色系でまとめています。上品な印象も欲しいのでグレーを多く使っています。ダイニングチェアやソファ、ローテーブルは同じグレーで統一し、カーテンも明るめのグレーとしています。ラグには白のラインを取り入れることで、若干明るい雰囲気となっています。ソファとTVボードを縦に配することで、横のダイニングスペースが視界に入りにくくしています。これだけで同じ空間でありながら、集中してリラックスできるようになります。

 

使用したインテリアは、ソファがNDstyleのTETTOベンチ、ローテーブルも同じくNDstyleのAM-LT100となります。TVボードはHOMEDAYのLV-85-165、ラグはスミノエのレチェGYです。カーテンもスミノエのD-7111/7538としています。

 

ノーブル徳川インテリア|リビング

 

 

ベッドは寝室にあまり家具を置いていないので、少し存在感を感じさせる黒のサンコウのカールを選んでいます。リビングダイニングと寝室との間に、エルノックスのシルヴェィアという個性的なスタンド照明を置いています。シーリング照明も同じエルノックスのカプスを設置しています。

 

ノーブル徳川インテリア|ベッドルーム

 

 

シンプルながらも落ち着いた雰囲気に

今回のお部屋は収納が十分に確保されているので、収納家具はあまり用意していません。そのためにすっきりとしたシンプルなインテリアを実現できるわけですが、あまり無機質にもしたくないものです。そこで同じグレーでも、色のトーンを変えることで室内に変化を感じさせるようにしています。

 

あまりに同系色でまとめてしまうと、かえって落ち着かないものです。そこで色の明るさを変えることによって、室内に立体感をもたせるようにしているわけです。

 

 

終わりに

今回は部屋を広く見せるための色使いがポイントとなっています。上品な雰囲気を演出させるためにグレーを使い、さらにそのトーンを変えることで落ち着ける雰囲気も感じるようにしています。シンプルな部屋にしたいけれども、どうしても単調になってしまうという場合には参考になるかと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/tokugawa_mansion/b/

名古屋市東区「ノーブル徳川」

 

 

Pocket

ナチュラルな色合いで高級感を演出するコーディネート

TOURNEY名駅|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回インテリアのご依頼をいただいたお部屋のご要望は、高級感を感じるものとなります。お部屋は広めのワンルームで、明るい雰囲気を感じます。そこでその明るさを生かした高級感を演出したものといたしました。

 

ベースカラーはブラウンに

高級感と言えばダーク系の色彩がメジャーですが、明るい上品な雰囲気でも演出することができます。またワンルームのお部屋の場合、黒っぽい高級感を演出すると部屋が狭く感じます。そこで今回はブラウンをベースにして、ナチュラルな雰囲気になるようにしました。

 

45775c89af01fa5328c0575d0984ac0b

 

まずカーテンはサンゲツのAC6263のブラウンを選びました。モール糸を使った上質な生地とシックな色合いが、上質感を感じさせます。ベッドもブラウンのフレームとなる関家具のシティⅡを選んでいます。タモ材を使ったシンプルで上品なデザインが決め手となっています。ちなみに床板はスノコとウッドスプリングの二種類から選ぶことができます。どちらも今回のナチュラルな高級感というイメージに合うものだと思います。

 

他にサイドテーブルとシェルフにもブラウンを選んでいます。サイドテーブルはMKマエダのTMO-030、シェルフは東谷のNWS-603です。ここまでブラウンで統一してきたので、室内の雰囲気にメリハリを出すためにソファはホワイトを、ベッドと同じ関家具のズームという製品を選びました。ラグもソファに合わせて白をベースとしたスミノエのツイスティにしています。テレビボードはこの白とブラウンの調和が取れるようなライトブラウンに、選んだ製品はFISのカーシーとなっています。

 

2DSC_6990

 

ここで白を選んだ理由を説明します。高級感を演出するために必要なのは、ある程度の広い空間です。上質な住空間を作るためにもゆとりのある広さが必要ですが、ワンルームというスペースで広さを感じるために白を選んだというわけです。

 

アクセントカラーはグリーンに

インテリアでの色使いで大切なのは、ベースカラーとアクセントカラーの選び方です。今回のアクセントカラー選びで注目したのは、キッチンのシンクに使われていた明るいグリーンです。緑はナチュラルな雰囲気に合いますし、高級感も演出できます。今回はソファに置いたクッションを、キッチンの明るいグリーンに合わせてみました。ベッドランナーもベッドフレームのブラウンに近い色調のグリーンにして、統一感を保てるようにしています。

 

目指したのはパリのアパルトマン

インテリア作りでは誰でも苦労するものです。今回のような高級感をテーマにした場合、家具には注力するけれども空間作りがうまくいかずに、求める雰囲気が出ないというケースも少なくありません。そこで他のインテリアを参考にするのも良いかもしれません。

 

例えば今回のように、ワンルームでナチュラルかつ上質な高級感を演出する場合はどうでしょう。これはヨーロピアンスタイルが近いですし、フランスのアパルトマンが参考になります。狭い部屋が多く、それでもエレガントな雰囲気を出しています。今回のインテリアは寝室となるスペースをベッドの後ろにして、普段は視界には入らないようにしています。そしてソファに座って視界に入る家具に注目して欲しいと思います。

 

DSC_6960

 

まず存在感を感じないサイドテーブル、淡い色合いのテレビボード、そしてお気に入りのアイテムを飾れるシェルフなどがテーマとなるナチュラルな高級感を生み出しています。このようなアイテムの使い方は、アパルトマンインテリアから学ぶことができます。絵画やサンスペリアといった観葉植物も、ちょっとした雰囲気作りに貢献しています。

 

終わりに

いかがでしょうか。高級感は決して、重厚な色合いで演出するものとは限りません。このようにナチュラルな色合いでも、上質な雰囲気で高級感を演出することができるというわけです。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/tourney_meieki/d/

名古屋市西区「TOURNEY名駅」

 

 

Pocket

都会的な重厚感にエレガントさを加えたインテリア

アルテミス|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご紹介するインテリアは、重厚感を感じさせる雰囲気がテーマとなります。とは言っても、ダークな感じにならずにお洒落感も生み出せるような仕上がりを目指しています。

 

今回のお部屋の特徴

今回インテリアのご依頼をいただいたお部屋は、35㎡ほどの1DKタイプです。1人でお住まいになるには十分すぎるほどの広さとなります。

 

お部屋を拝見して目に留まったのは、主寝室の壁一面に備えられたクローゼットの扉です。黒に近いダークな色合いと白い壁のコントラストが重厚感を感じさせました。そこでインテリアのテーマも、重厚感を感じるようなお洒落な雰囲気としました。

 

3

 

とは言っても、完全にモノトーンにせずにお洒落感の割合を増やしたいと思いました。フローリングの色が明るく、その色合いを生かしたいと思ったからです。そこで、使う色は白と黒の他に、深い色合いの緑を取り入れました。黒と緑の組み合わせはエレガントさを感じさせます。緑の彩度によっては、芸術的な雰囲気も感じることになります。都会的な重厚感にエレガントさを加える、そんな雰囲気に仕上げることができるわけです。

 

ポイントは緑の使い方

黒と緑は都会的であり、エレガントな雰囲気を演出します。そこで、どの家具に取り入れれば良いのかという話になります。

 

今回のテーマはあくまでも重厚感なので、ソファなどに緑を入れると、その重厚感が薄れてしまいます。そこで、主寝室のインテリアはあくまでもモノトーンを基本としています。ソファを白に、ローテーブルとベッドを黒にしました。そしてソファに座った正面が、壁一面のクローゼットという配置になります。さらにラグも黒をベースとしたデザインを選びました。そして深い緑色をカーテンに採用して、部屋の雰囲気にアクセントを添えています。カーテンはサンゲツのEK554です。これはオーダーカーテンなので、バルコニーのサッシと壁の窓でデザインを揃えることができました。

 

3

 

さらにモノトーンによる緊張感を和らげるために、ベッドにも緑を取り入れています。ベッドスローの色を光沢感を抑えたエメラルドグリーンにすることで、和らいだ印象とゴージャス感を演出しています。

 

色の使い方と部屋の印象の決め方

ダイニングからバルコニーに目を向けてみると、壁一面のクローゼットの色が濃い割には圧迫感を感じないと思います。これはソファを白にしているからです。さらに奥にベッドを置いて緑のベッドスローを敷いておくことにより、暗い印象を受けずに重厚感を感じることができるのではないかと思います。

 

2

 

ここで選んだ家具をご紹介します。まずベッドは関家具のスピナです。スピナは国内最高環境安全基準の素材を使用し、ドイツ製のウッドスプリングとのダブルクッションで包まれるような感触となっています。

 

ソファはFISのオズを、ローテーブルはMKマエダのコレットを選んでいます。このテーブルはガラスの天板を使い、中はディスプレイスペースとなっています。お気に入りのコレクションを収納しておくことができるので、見て楽しめるテーブルとなります。ソファは足がついたタイプなので、スマートな印象を与えます。これが重厚感を感じさせながらもお洒落な雰囲気を与える効果を演出します。

 

家具のレイアウトのポイント

今回のお部屋は1DKですが、ダイニングスペースにはテーブルなどを置いていません。主寝室との境は引き戸なので、扉を開けば広い空間にすることができます。そこで主寝室にローテーブルを置いて、ダイニングとの一体感を感じるようにしています。重厚感を感じるには、ある程度の広さを確保する必要があります。狭い空間の中をモノトーンで決めてしまうと、どうしても圧迫感を感じるからです。

 

終わりに

今回は壁一面のクローゼットからインスピレーションを得て取り組みました。部屋の個性を生かすようにしてテーマを絞ると、無理のない暮しやすい空間を生み出すことができます。このようなアプローチも、インテリアのひとつのポイントと言えます。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

 

//www.style–plus.jp/bukken/artemis/a/

名古屋市西区「アルテミス」

 

Pocket