お風呂好きには必ず欲しい設備|便利な追い焚き機能を知る

入浴イメージ|追い焚き

Pocket

賃貸マンションを選ぶ際に、お風呂の設備として追い焚き機能が付いているかどうかが大きなポイントになります。長くバスタイムを楽しみたい人にとって、お湯の温度を保てる追い焚き機能は便利なものです。そこで今回は、このお風呂の追い焚き機能について取り上げたいと思います。

 

追い焚き機能とはどのようなもの?

そもそも追い焚き機能とはどのようなものなのかを知っておく必要があります。賃貸物件の情報では、割とこの機能についてあやふやな場合があるからです。

 

追い焚き機能とは、浴槽のお湯を設定する温度に保つために温める機能のことを表します。ガスによる給湯器でその機能が備わっている場合と、オール電化でエコキュートなどに備わっている場合とがあります。基本的には、追い焚き機能ありとされていれば、給湯器などにお湯の温度調節を行う機能が備わっていることを表しています。

 

追い焚き機能にはどのような種類があるのか

まず賃貸マンションにおいて、追い焚き機能にはどのような種類があるのかを紹介します。

 

基本的には追い焚き機能とは、浴槽のお湯の温度が下がった時に設定温度まで温める機能を意味します。これを自動的に行ったり、あるいは手動で行うことになります。そしてもうひとつ、追い焚き機能に近いものとして差し湯機能があります。

 

追い焚きがあくまでも湯船のお湯をそのまま温めることに対して、差し湯は高温に温めたお湯を湯船に送ることで、全体の温度を高めるものとなります。湯量が増えるのが特徴ですが、温めるのは追加で送るお湯の分だけで済むというメリットがあります。

 

追い焚き機能も湯量が少なくなれば、自動的にお湯の量を増やして温度を上げることになります。結果的には差し湯と同じことになりますが、湯船全体を暖めるのか足すお湯を事前に温めておくかが違うというわけです。

 

賃貸マンションにおける追い焚き機能の種類について

賃貸マンションの追い焚き機能には、フルオートバスとセミオートバスのふたつの種類があります。フルオートバスの場合には、湯船の湯量が少なくなると自動的に足し湯を行います。その上で、お湯を設定された温度に保つように温めながら巡回させます。

 

さらにフルオートバスには、追い焚き配管に自動洗浄機能が付いているものがあります。お風呂の追い焚きで気になるのは、湯船の雑菌が繁殖することです。お湯は36度前後が最も雑菌が繁殖しやすいとされますが、長時間お湯を使い続けることでその繁殖が気になります。けれどもフルオートバスの中には、浴槽の栓を抜くことで配管にお湯が通り、その時点で追い焚き配管を洗浄する機能が備わっているものがあるというわけです。

 

一方でセミオートバスの場合には、スイッチを押すことで設定した温度のお湯を設定量まで張ったり、自動機能を入れることによって自動的に追い焚きを行うものとなります。フルオートとの違いは、スイッチを押すか否かにあります。機能的にはほとんど同じというわけです。

 

オール電化の追い焚き機能について

ここで、オール電化の場合の追い焚き機能について紹介します。これまでは電気でお湯を沸かす場合、タンクを設置して夜間の安い電力を使うものが主流でした。そしてお風呂のお湯はこのタンクから使うことになるので、追い焚き機能というものはありませんでした。

 

けれども最近は追い焚き機能が備わっているエコキュートを設置することで、オール電化でも追い焚きができるようになっています。賃貸マンションの場合には、このような追い焚き機能が備わっているエコキュートが設置されているかどうかを確認しておく必要があります。

 

賃貸マンションの追い焚き機能の主流について

数年前までは、賃貸用マンションでは追い焚き機能がついた物件は少ないものでした。特に単身者向けのワンルームマンションはほとんど設置されていなかったものです。これは建設コストを下げることも理由ですし、それほど需要がなかったこともあります。また追い焚き機能を備えた給湯器の寿命は、無いものの半分とも言われます。そのランニングコストを考えると、家主としては追い焚き機能がない給湯器を付けたいという事情があります。

 

けれども近年では、追い焚き機能が備わったワンルームマンションも増えています。人気の設備ランキングでも、この追い焚き機能が上位に上がってきていることも背景にあります。空室リスクを軽減させるためにも、これからも追い焚き機能がついた物件は多く建設されると見られています。

 

ただし築年数の古い賃貸マンションには、追い焚き機能がない物件が多くあります。実際に市場で見られる賃貸物件情報では、追い焚き機能が備わっている物件は少ないものです。新築や築年数の新しいものは装備されているものが多くなっていますが、家賃もその分高くなります。手頃な家賃の物件では装備されていないことが多いので、注意しておく必要があります。

 

分譲タイプのマンションの追い焚き機能について

分譲タイプのマンションは設備を充実させることで、物件の魅力をアピールしています。そのために分譲賃貸マンションはフルオートバスが設備されているのが主流と言えます。オール電化の高層マンションでも、追い焚き機能が備わったエコキュートを設置しています。

 

また築年数の古いマンションでも、リフォーム時に追い焚き機能のついた給湯器に交換しているものがあります。給湯器は10年以上経過すると、交換が必要になります。その際に追い焚き機能がなかった場合には、新たに機能が備わっているものに交換するというわけです。賃貸マンションの場合には、このような交換をするケースはあまり見られません。けれども分譲賃貸マンションの場合には築年数が古くても、フルオートバスが備わっているものが多く見られます。

 

追い焚き機能つきマンションのメリットとデメリット

お風呂が好きな人にとっては、追い焚き機能がついていると嬉しいものです。またお湯を張り替えるとガス代と水道代がかなりかかるという点も挙げられます。特に寒冷地の場合、水温はかなり低いので新たに温めるとなるとガス代が高くなります。けれどもお湯を一晩残しておいても、温度は水道水ほどには下がりません。そのために温め直せばガス代はほどかからないというわけです。

 

ただし同じお湯を使い続ける場合には、雑菌に注意が必要です。1人暮しの場合なら、湯船に浸かる前に体を洗っておくなどの工夫をすれば、雑菌の繁殖を抑えることができるかもしれません。

 

一方で給湯器は給湯用バーナーに比べると、追い焚き用バーナーの出力は半分と言われます。夏場は良いのですが、冬場に冷めたお湯を温め直すには、相当のガス代が必要となります。一晩置いたお湯がかなり冷えているのであれば、新たに張り替えた方がお得と言えます。その点に注意して利用する必要もあるというわけです。

 

終わりに

湯船にゆっくりと浸かりたい人にとっては、お湯の温度を一定に保てる追い焚き機能は非常に便利です。けれどもその機能を備えたマンションを借りるには、色々と条件があります。

 

賃貸専用であれば築年数の新しいものを、あるいは分譲賃貸マンションを探すことが必要となります。またガス代などのランニングコストを考えて、どのように活用すれば良いのか、無駄のない出費となるように工夫することも必要です。

 

Pocket

お洒落でリラックスできる空間|淡い色の家具で清潔感を演出

インテリアコーディネート|グランツ|名古屋

Pocket

今回のインテリア案件は、ワンルームで生活する女性の方がご依頼人になります。清潔感のある部屋をご希望とのことで取り組みました。

 

清潔感のあるワンルームのインテリアとは

 

清潔感を感じる部屋にするポイントは、白などの明るく淡い色を使うことです。またガラスなど光を通す素材の家具を置くのも効果的です。さらにモノをあまり置かずにスッキリとした雰囲気にする必要もあります。

 

ただしワンルームとなると収納も少ないですし、どうしてもモノに囲まれた空間になりがちです。そこをどのように工夫するかがポイントになります。

 

今回のお部屋で注意したこと

 

今回のご依頼人のお部屋は、壁の一面が濃いブラウンのアクセントクロスとなっています。そのために透明感のある素材を使った家具を置いてしまうと、その濃さが透けることで家具の存在感が薄れてしまいます。さらに壁の濃さが目立ってしまうので、家具を選ぶ際には淡い色で統一することにしました。

 

インテリアコーディネート|グランツ

 

面積の大きなソファは東谷のハミングSS-112を選びました。丸みをおびた可愛らしいフォルムと、細かな千鳥柄が女性の部屋にはぴったりではないかと思います。色は淡いブルーにすることで、アクセントクロスを背に存在感を感じさせることになります。

 

家具選びのポイントは?

インテリアコーディネート|居室|グランツ

 

ソファの前には丸いラグマット、スミノエのFP-101を敷いています。こちらも白とブルーの柄となっているので、清潔感を感じさせるものとなります。

 

そしてローテーブルもやはり丸みのあるお盆のようなフォルムが特徴の、NW-723という商品を選んでいます。細くて長い脚も特徴的ですが、このすっきりとしたデザインも清潔感を演出するのに役立ちます。また、通常のテーブルとは異なり縁のついた独特のフォルムが、上に花瓶などを置いてもお洒落に感じさせてくれます。円形のテーブルは狭い部屋に置くとスペースを取らないので、圧迫感がなくなって便利でもあります。

 

カーテンも清涼感のあるレースカーテン、LX50505を選びました。陽射しが入るので部屋全体が明るい雰囲気になります。

 

ベッドもシンプルなデザインに

インテリアコーディネート|ソファ|グランツ

 

ワンルームのお部屋ということで、決して広くはない空間をいかに有効に活用するかが今回の課題でもあります。そこで大きな面積を取るベッドに、スチール製のシンプルなデザインとなる東谷のB-241S-WHを選びました。

 

コンパクトなサイズなので部屋を圧迫しませんし、スチールに施された白の塗装が清潔感を演出してくれます。また小物としてクッションを置いていますが、ファーのついた可愛らしいものをチョイスしています。

 

お気に入りの小物をディスプレイする工夫とは

インテリアコーディネート|シェルフ|グランツ

 

収納が少ないワンルームでは、お気に入りの小物をどのようにディスプレイするのかも悩みどころとなります。

 

今回はシェルフタイプのチェストとなる、OL-334という商品を置いています。ちょうどソファの正面に設置することで、写真や気に入っている雑貨などをディスプレイして楽しむことができます。シェルフ棚は背面もすっきりしているので、家具自体は大きなものですがワンルームに置いてもそれほど圧迫感を感じません。

 

ゆとりある空間が清潔感を演出します

 

今回のインテリアは以上となり、非常にシンプルにまとめています。ワンルームのお部屋でもまだ十分にスペースが空いています。もう少し収納を置いたりすることも可能ではありますが、ちょっと贅沢かなと感じる程度のゆとりを確保することで清潔感を演出することができます。

 

終わりに

 

今回は清潔感のある部屋をテーマにしたインテリアに仕上げました。狭いワンルームのお部屋であっても、色使いと工夫によってすっきりとした印象を与えることができます。また小物にもこだわることで、可愛らしさも演出している点に注目していただければと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/glanz/b/

名古屋市中区「グランツ」

 

Pocket

モロッコインテリア|異国情緒あふれる個性を演出

インテリアコーディネート|名古屋|アーデン春岡

Pocket

今回は美容師という専門職の仕事をしている女性がクライアントです。個性的なインテリアをご希望とのことで、ヒアリングを行いモロッコインテリアを取り入れる形で提案させていただきました。

モロッコインテリアの特徴

モロッコカサブランカイメージ

 

今回のお部屋はワンルームタイプなので、インテリアを統一することで部屋全体の雰囲気を希望するものにできます。そこで取り入れたモロッコスタイルは、ヨーロピアンとアジアンのそれぞれのスタイルを融合させたような形となります。鮮やかな色合いと宮殿をイメージさせることが特徴となっています。

 

専門職に携わっているということで、このような刺激を受けるような部屋の方がイマジネーションも生まれやすいのではないかと考えました。もちろん仕事から帰ってゆっくりとくつろげることも大切です。けれどもクライアント様のご要望により、刺激も受けることができるようなお部屋をとのことで個性的なモロッコスタイルを選んだというわけです。

 

モロッカンテイストを決めるポイント

インテリアコーディネート|居室|名古屋|アーデン春岡

 

まずモロッコスタイルを感じさせるアイテムとして、トレーテーブルを採用しました。丸く縁があるのが特徴ですが、今回は東谷のNW-724という製品を選びました。さらにソファも脚が長く、丸みを帯びているのが特徴のクラッシュクラッシュのMONIKAⅡを採用しています。このふたつのアイテムを置くだけで、モロッカンテイストを感じることができます。

 

さらにモロッコスタイルの特徴となるのが、宮殿をイメージさせる提灯のような形のモロッコランプがあります。MALLEE-PENDANTというシーリングライトが、ちょうどモロッコランプに近いものとなります。そしてテーブルとソファの下にフランセル円型140φというラグマットを敷くことで、イメージするものに仕上がっています。

 

インテリアの色に関しては、落ち着いた印象を受けるブラウンを基調としています。ブラウンにも様々な色調がありますが、今回はモロッコで富や財産を守ってくれるとされるイエローを帯びた色合いにしています。

 

テレビボードもテーブルやソファと同様に、脚の長いタイプを選んでいます。製品はテーブルと同じ東谷のSTN-333としています。金属製の脚がモダンスタイルを感じさせます。

 

ベッドスペースのポイントは天蓋

インテリアコーディネート|ベッドスペース|名古屋|アーデン春岡

 

宮殿をイメージさせるモロッコインテリアでは、ベッドに天蓋というのも定番です。とはいっても、今回のようなワンルームタイプのお部屋で天蓋というわけにもいかないので、カーテンを利用することにしました。カーテンはスミノエのD-7161、綺麗なブルーが印象的な製品です。モロッコインテリアではブルーやホワイトも、爽やかさを演出するものとしてよく取り入れられます。そしてこのカーテンの下を開いて左右でまとめることにより、まるで天蓋のような形にすることができます。ベッドもこのカーテンに合わせて、ブルーの関家具のウッシーを選びました。シンプルなデザインなので部屋も広く感じさせることになります。

 

インテリアをまとめるポイント

 

インテリアを決める上でポイントになるのは、落ち着いた雰囲気の中に刺激を受ける個性を持たせることです。今回はあまり馴染みのないモロッコスタイルを取り入れていますが、このような独特な雰囲気が専門性の高い仕事に携わる方には人気があります。そして色合いを工夫することで、落ち着ける雰囲気も醸し出せるようにします。このバランスをいかに取るかが重要なポイントと言えます。

 

終わりに

 

今回は美容師の方に提案したインテリアになりますが、同じように創造性を感じさせるような部屋を希望される方の参考になるかと思います。モロッコスタイルは実は押さえておけば良いポイントが決まっているので、誰でも取り組めるインテリアではないかと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/aden_haruoka/a/

名古屋市千種区「アーデン春岡」

 

Pocket

ダークトーンの中にメリハリを演出したインテリア

インテリアコーディネート|シエルブルー栄

Pocket

今回のご依頼は、ダークトーンでまとめた部屋をご希望のお客様からの案件です。単身赴任されている方ですが、予算は10万円とのことで10万円セットプランで提案させていただきました。

 

どのような雰囲気にまとまったのか

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

 

まず家具は全体的にダークトーンにして、統一感を出せるようにしています。ただし全てが同じ色調となってしまうと部屋全体が重い雰囲気になるので、カーテンは明るめの色を選んでいます。

 

今回のお部屋は建具やリビングの床が濃いダークブラウンとなっています。その色調に合わせた家具を選びました。インテリアの基本は、統一感を出すために同系色でまとめることです。ダークブラウンの同系色はビビッドなレッドや暖色系のオレンジです。それを踏まえて、今回のインテリアを考えてみました。

 

基本はブラウン・アクセントカラーにレッド系

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

 

まず家具は基本的にブラウン系でまとめています。テレビボードはダークブラウンの東谷のSO-1120を、ローテーブルも東谷のSO-100を選びました。ガラストップとすることでスタイリッシュ感を演出しています。このふたつを同じメーカーにすることで、色調を合わせることができます。ソファは少し赤身を帯びたブラウンで、レザー調の佐藤産業のASHBYをチョイスしています。

 

ここでひとつチェックポイントがあります。テレビボードとローテーブルは足の無いタイプを、ソファは足のついたタイプを選んでいます。足が無い家具は重厚感を生みますし、逆に足があれば床との間にスペースが空いて軽さを感じることができます。少し明るめのソファは足つきにすることで、あまり部屋が重い雰囲気にならないようにしています。けれどもそのソファに座って正面を見ると、テーブルとテレビボードの重厚感を楽しむことができるようになっています。

 

ローテーブルの下にはラグマットを敷いていますが、こちらはアクセントを出すためにグレー調のモリヨシのショアという商品を選んでいます。濃いブラウンの床に同系色のラグを置いてしまうと、重い雰囲気になってしまいます。けれどもグレー系のラグを置くことによって、部屋の統一感を失うことなく雰囲気を重くしないようにできます。

 

カ―テンはオレンジ系で

 

インテリアで大事なのは、アクセントカラーをどのように使うかということです。メリハリを持たせつつも統一感を出すために、メインカラーの同系色を選ぶことになります。そこで今回はカーテンにアクセントカラーを取り入れて、部屋全体が重い雰囲気にならないようにしています。選んだ商品はカズマのプレーンを、明度を抑えたオレンジ系のものとしています。

 

ベッドスペースは窓際に

 

今回のお部屋は1Kタイプなので、リビングルーム内にベッドスペースを確保することになります。そこでベッドは窓際に置いて、明るい光が差し込む中で目覚めることができるようにしています。リビングスペースはダークトーンに、ベッドスペースは明るめにすることで、メリハリを出しています。ちなみに枕カバーにもアクセントカラーであるビビッドなレッドを採用しています。

 

部屋に入った時の印象を決めるもの

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

 

今回、家具の置き場所にもこだわりを持って選んでいます。まず玄関から廊下を通ってリビングに足を踏み入れた時、その目線の先にベランダのサッシがあります。実はこの場所が、部屋の第一印象を決めると言われています。サッシにはオレンジ系のカーテンを、その目線上に置いてあるソファも明るめのブラウンとしています。つまり、部屋に足を踏み入れた瞬間は、明るい印象を受けることになるわけです。仕事から帰って明るい印象を受ければ、疲れも癒されるというわけです。そしてソファに座ると重厚感のある家具が目に入り、ゆったりとくつろぐことができます。

 

終わりに

 

今回はダークトーンの雰囲気を目指したインテリアとなりました。ポイントは全てをダークな色調にせずに、アクセントカラーをうまく取り入れてメリハリを出すということです。また生活動線を考慮した家具の配置を考えて、カラーを選ぶことも大切と言えます。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/ciel_blue_sakae/e/

名古屋市中区「シエルブルー栄」

 

Pocket

お気に入りの小物を華やかにディスプレイできるインテリア

インテリアコーディネート|プレサンス錦プレミアム

Pocket

今回は好きな雑貨小物でお部屋を華やかな印象にしたいとお望みの女性の方によるご依頼です。スタイリッシュな雰囲気に仕上げていますので、そのポイントをご紹介します。

 

小物が映えるインテリアのポイントとは

 

今回のご依頼人の方は、Francfrancやザラホーム、ロンハーマンなどに足を運ばれて小物の雑貨を購入されることが多いとのことです。

このようなお気に入りの小物が映えるインテリアのポイントは、シンプルかつスタイリッシュにすることです。

そこで使う色数を抑えて、なおかつ落ち着いたトーンのものにすることが必要になります。家具は直線的なものを選び、材質も金属やガラスを取り入れると良いでしょう。

 

また、インテリアの色そのものには華やかさはなくなるので、アクセントカラーを取り入れることも必要です。以上を踏まえて、今回の案件に取り組んでみました。

 

リビングのインテリアのポイント

インテリアコーディネート|リビング|プレサンス錦プレミアム

 

まずリビングのインテリアを考える際に、ダイニングスペースをカウンターキッチンで済ませる形にしました。

できる限りリビングスペースを広く確保するのが理由ですが、ちょうどキッチンのカウンターが広めに確保されているので、これを利用することにしました。そこで選んだチェアはサンコーのSP-3021というバーチェアです。

これは座面と背もたれが直線的なデザインとなり、脚も金属製なのでスタイリッシュ感を感じます。

二脚用意しましたが、色はグレーとパープルとしています。グレーは部屋のベースカラーに合わせ、パープルはアクセントカラーです。

 

リビングスペースを広く確保したので、ソファは大きめのものを選ぶことができました。

選んだのはNDstyleのロブストという製品です。レザーの質感がスタイリッシュさを演出してくれます。

そしてローテーブルはアルテジャパンのYG-64、これは天板がガラス製となり、脚も幾何学模様を思わせるデザインとなっています。

対面する壁にはサンコーのルーツⅡというテレビボードを置きました。色はいずれも落ち着いたブラウンとなっているので、それほど主張するようなことはありません。

 

インテリアコーディネート|リビング2|プレサンス錦プレミアム

 

このままでは単純に落ち着いた雰囲気で終わってしまうので、白いラグマットを敷いて明るい雰囲気を演出しました。

選んだのはスミノエのニューツイスティという製品です。そしてシーリング照明もシャンデリア調の華やかなデザインとなるインターフォルムのLT-2340を設置しています。カーテンはスミノエの白にすることで、その華やかさをさらに引き立てるようにしています。

またソファにもアクセントカラーとなるバイオレッドのクッションを置いています。

このようにちょっとした工夫をすることで、スタイリッシュかつ華やかな印象にすることができます。

 

ベッドルームのポイント

 

今回のお部屋はリビングと寝室が引き戸でつながっています。そのためにリビングの延長として使えるように工夫しています。

 

インテリアコーディネート|ベッドルーム|プレサンス錦プレミアム

 

まずデスクとチェアを置いて、ちょっとした仕事もできるようにしています。

チェアはやはりビビッドなパープル色とすることで、アクセントカラーの役割を持たせています。このデスクも上も、お気に入りの小物をディスプレイするスペースとして活用できるようになっています。

ベッドはインプルに、楽天の畳ベッドを選びました。この寝室のクローゼットの横にスペースがあるので、白いチェストを置いて上に小物を置けるようにしています。

 

終わりに

 

今回の主役はお気に入りの小物ということで、それを華やかにディスプレイできるようなインテリアにしました。

スタイリッシュでありながらそれほど自己主張しないという部屋作りの参考になればと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

//www.style–plus.jp/bukken/pressance_nishiki_premium/h/

名古屋市中区「プレサンス錦プレミアム」

 

Pocket