これを知っておけばもう安心|賃貸マンション入居審査で重要なポイントとは?

賃貸 審査

Pocket

賃貸マンションを借りる場合、部屋の条件や家賃など色々と考えることがあります。

 

物件探しに奔走して、ようやく希望に叶う部屋が見つかった・・・けれどもそこで安心してはいけません。賃貸契約を結ぶ前に、入居審査というものがあります。借りたいと思っても、そうすぐには借りることはできないというわけです。

 

 

なぜ入居審査が必要なの?

なせ入居審査が必要?

 

せっかく気に入った賃貸物件が見つかったのに、入居審査に落ちて借りることができないというケースがあります。なぜそのような審査などを受けなければいけないのでしょうか。

 

これは部屋のオーナーの立場に立てばわかります。賃貸マンションを借りるとなれば、毎月家賃を払うことになります。オーナーとしてみれば、きちんとその家賃を払ってくれる人であるかどうかを見極めることは、非常に大事なことというわけです。

 

つまり、入居審査は安心して部屋を貸すことができる人かどうかをチェックするためのものというわけです。気に入ったマンションならば、それだけ厳しい審査を通って借りるものと心得るくらいが良いでしょう。

 

 

入居審査ではどんなことを調べるの?

 

入居調査

 

賃貸マンションの入居審査では、どんなことを調べるのでしょうか。

 

まず、家賃をきちんと払ってくれるかどうかをチェックすることになります。そのためには身元がしっかりしていることと安定した収入があることを調べます。ここでポイントになるのは、安定した収入というところです。たとえ高い収入を得ているとしても、それが継続することが必要です。

 

そして、たとえ家賃の心配がないとしても、他の住人とトラブルを起こすような人は避けられることになります。つまり人柄をチェックされるわけですが、その判断基準に関しては後で述べます。

 

続いて、万が一のことがあった場合に代わりに家賃を払ってくれる保証人がいるかどうかもチェックされます。何かしらの理由で家賃の支払いが滞った場合に、代わりに支払いをしてくれる人が必要というわけです。

 

 

審査に通るための条件とは?

賃貸マンションの入居審査に通るためには、4つの項目をクリアする必要があります。年収と勤務先、見た目と保証人です。

 

まず年収はもちろん、家賃の支払いを担保するものです。無職で賃貸マンションを借りるのは一般的には不可能です。そして先ほど挙げたように、収入が安定していることが求められます。たとえ高額な報酬を得ているフリーランスであっても、審査を通るのは難しいものです。

 

そして安定した収入を得ていることは、もうひとつのことを担保します。

 

それは、その人の「人柄」です。ここで二番目の勤務先も絡んできますが、収入ともうひとつの要素である人柄がチェックされます。他の住人とトラブルを起こしたり問題を発生させる恐れのない人が求められます。その判断基準となるのは勤務先と勤続年数となります。仕事内容や、真面目に勤めているかといったことから間接的に人柄を評価されることになるわけです。3番目の見た目も、この人柄を判断する材料となります。

 

そして4番目の保証人は、賃借人に何かあった時に代わりに家賃を払ってくれたり、あるいは何かトラブルが起きた時に仲介に入ることを求められることになります。

 

 

連帯保証人は絶対に必要?

連帯保証人は基本的に親族が必要となります。身内に迷惑をかけることができないと、家賃の滞納の抑制効果も期待できるからです。けれども、この連帯保証人を頼める人というのは、たとえ身内であってもなかなかいないものです。代わりに家賃を支払うだけの収入があることを求められることも理由です。年金生活をしている親は連帯保証人として認められないのはそのためです。

 

実際のところ、連帯保証人を用意できないケースは多いものです。そのために、他に審査を通るための手段がいくつか用意されています。

 

まず保証会社を利用することが挙げられます。不動産会社があらかじめこの保証会社を用意していることがほとんどです。保証料を支払う必要がありますが、連帯保証人を用意しなくても審査を通ることが可能となります。

 

他には保証会社が発行するクレジットカードで家賃の支払いをするという方法もあります。このように、大抵の賃貸マンションでは保証会社を利用することで連帯保証人は不要となっています。ただし、物件によっては保証会社に加えて連帯保証人を必要とするケースもあるので注意しましょう。

 

 

入居審査を通るために心得ておきたいことは?

入居審査

 

ところで入居審査は誰が行っているのでしょうか。

 

一般的に保証会社を利用する場合には、その保証会社と不動産会社が行っています。不動産会社は、オーナーの代わりに賃貸の申し込みを行う人と直接顔を合わせることになります。そこで受ける印象を元に、ある程度チェックをしています。誠実で信用できそうな人か否かをオーナーの代わりに見ているわけです。

 

入居審査は完璧な書類を提出すれば大丈夫、という考えは捨てましょう。人は見た目といった内容の本が売れましたが、やはり見た目で判断される部分はあります。不動産会社へ足を運ぶ時には、身なりに気を配ることが大事ということです。そして受け答えもきちんとすることです。ようやく見つけたこの部屋に住みたい!と思うのであれば、その気持ちをもって誠心誠意不動産会社の担当者と接することが大事です。

 

そして用意する書類に記載する内容は嘘偽りなく記入することが大切です。住所や氏名は当然ですが、連絡先となる電話番号や年収も正確に記すことです。内容に落ち度があれば、審査に落ちるのはもちろんのこと、同じ保証会社で申し込むことはできなくなるので注意が必要です。審査を通るために収入を水増しして記載するのはやめておいた方が良いでしょう。

 

 

無職で入居審査を通る方法はあるの?

ここまで読めば、審査を通る人物像というものが何となくわかるかと思います。誠実でトラブルを起こすことがなく、家賃を滞納することなく毎月支払いができる安定収入があることが条件というわけです。それでは、無職の場合は賃貸マンションを借りることができないのでしょうか。

 

新卒者が部屋を借りる場合には、内定書や勤務条件などを添えることで審査を通ることになります。

 

それでは引っ越しと同時に職探しをするような事情がある人はどうなのでしょうか。実際にこのようなケースで新居探しをする人は大勢いますし、状況を説明すれば借りることができる物件もあります。もし、きちんと審査を通す必要があるのならば、預貯金を担保に審査を通すことができます。具体的には家賃の25ヶ月分の預貯金があることを証明すれば、審査は通りやすいと言われます。

 

 

終わりに

賃貸マンションの入居審査で重要なポイントは、お分かりいただけたでしょうか。

 

大事なことは家賃を滞納せずに毎月支払える収入があること、それに加えてトラブルを起こさない人柄であることを認められることとなります。審査に必要な書類は教えてもらえるので、その通りに揃えれば問題ありません。住所や勤務先などの記入も、正確にきちんと書くことが大事です。

 

どうしてもこの部屋を借りたいからと、嘘を記載するのはNGです。下手をすれば、他の物件で審査申し込みをしても断られることにもなります。ちなみに審査に落ちた場合には、その理由は明らかにされません。そのためにきちんと真実を申告することが大事と言えます。

 

 

Pocket