木のぬくもりが安らぎを感じるカントリー調インテリア

11DSC_1091

Pocket

今回お届けするインテリアはカントリー調をテーマにしたものです。木のぬくもりを感じるような部屋作りを目指す方のお役に立てるかと思います。

 

カントリー調のインテリアのポイント

今回ご依頼を受けたお部屋は、キッチンのデザインからカントリー調のお部屋が似合うのではないかという発想を得ました。フローリングもパイン材のような淡い色合いなので、木のぬくもりを感じるような雰囲気作りを目指しています。カントリー調といえば、パイン材ですよね。そこで今回、パインの無垢材を使ってハンドメイドテイストを醸し出しているインテリアブランドから家具を選んでみました。

 

3DSC_1063

 

ベッドとテレビボードをmamというブランドの商品から選んでいます。ベッドはカモミール、テレビボードはmalberryという商品です。そしてソファはナチュラルなライフスタイルを提案する、noraというブランドから選んでいます。実はmamはnoraから生まれたブランドでもあるので、共に同じような雰囲気を感じるというわけです。

 

家具の配置について

今回のお部屋は1LDKなので、リビングルームとベッドルームが分かれています。それぞれに家具をレイアウトするわけですが、部屋全体の統一感を失わないように注意しました。

 

2DSC_1056

 

幸い、リビングとベッドルームは引き戸で仕切られているので、戸を開けば一体感のある空間にすることができます。そこでベッドは戸を開いても見えにくいところにセッティングして、リビングからバルコニーまでの一体感を感じるようにしています。収納はウォークインクローゼットがあるので、他に収納家具は置いていません。他にも理由はありますが、それは後でご説明します。

 

ローテーブルの下には大きめのラグマットを敷いて、暖かみのある雰囲気をさらに高めています。また部屋の片隅に折り畳み式のパーティションを置くことで、カントリー感を演出しています。

 

 

インテリアで余白を作る理由とは?

こちらのお部屋はウォークインクローゼットがあるので、特に収納家具は置いていません。けれども理由はそれだけではなく、あえて余白を作っています。

 

北欧調インテリアもそうですが、このような木のぬくもりを感じるお部屋というのは、暖かみのある小物などを置きたくなるものです。そしてそのためには、さらにお気に入りの家具も欲しくなったり・・・つまり、モノが増えるということです。もちろん、あまり窮屈になるほど詰め込むのは良くありませんが、気に入ったもので囲まれたいという欲求が出てくるんですね。そこであえて余白を残しています。これで完成ではなくて、ご依頼者様のお気に入りの家具などを入れて満足度がさらに高まるようにと、色使いなども工夫しています。

 

6697e2c78ecae3a7b0e4d1a316323219

 

あまり色数を増やすと、今後増える家具の色を限定することになってしまいます。かといってあまりに同系色でまとめてしまうと部屋に締まりがなくなります。今回はテーマがカントリー調なので、基本は淡い木目の色としています。そしてアクセントカラーとして濃いブラウンの丸テーブルを置いています。メインのローテーブルはチェリーのLT-80で、色は白にしました。

 

その他のインテリアのご紹介

今回採用した、その他のインテリアをご紹介します。まずスタンド照明はエルックスのHARVE、ラグマットは東谷のTTR-117を選びました。カーテンはスミノエのD-7151です。ベッド周りの小物もライトカラーで統一していますが、カーテンは濃いブラウンにして寝室を落ち着いた雰囲気にしています。デザインも重厚感のあるドレープにしています。

 

6710613772cae9b5ea6c2417be518229

 

終わりに

いかがでしょうか。カントリーの基本はパイン材の木材家具を置くことです。それだけでも雰囲気を醸し出せますが、大事なのは適度な空間作りです。そして余白部分にどんなお気に入りの家具を置くかによって、さらに満足度は高まることと思います。

 

Pocket

爽やかさと安らぎを与える緑のインテリア

インテリア

Pocket

今回ご紹介するのは、ベランダからの開けた眺望のおかげで非常に明るい室内のワンルームのインテリアです。広さは一般的なワンルームなので、ソファベッドを置くことを前提としたご依頼となっています。

 

ポイントは明るいカーテンの色

今回、ご依頼主様に非常に気に入っていただけたカーテンの色を主体にインテリアを考えました。カズマというカーテンの直営店で購入したものですが、専門店だけあって実に多様な商品が揃っています。その中で、爽やかさを感じさせる若菜色の少し濃いめをチョイスしました。黄色味が強い緑が清々しさを感じさせます。そこで、ご依頼主様がご希望のソファベッドも緑色の系統で選んでみました。

 

ソファベッドは室内を有効活用できる利便性がありますが、その形状によっては寝にくいこともあります。その点を危惧されていたので、ベッドの性能を重視したものを選びました。色はカーテンよりも少し濃い色味とすることで、落ち着ける雰囲気にしています。

 

03a

 

 

緑色の持つ心理効果について

今回はカーテンとソファベッドという、室内でも大きな面積を占める部分に緑を使っています。黄色味が強く明るい印象ではありますが、緑の安心感を与える効果は損ねていません。けれどもリラックス効果が得られる反面、刺激が少ない色でもあります。仕事などをしたい時には、集中しにくいかもしれません。そこで、まずベッドカバーには白を選んでいます。

 

 

sopuIMG_3375_TP_V (1)

 

 

緑の補色は赤ですが(クリスマスカラ―として有名ですね)、白との組合せも元気な印象を与えてくれます。かつ緑の持つリラックス効果を損なうことがないので、今回の部屋作りにはベストではないかと思います。

 

テーブルとテレビボードのチョイスについて

テーブル選びに関しても、緑との調和をどのようにするのか考えました。基本的には明るくてリラックスできる雰囲気をご希望されていますが、ワンルームの場合はマルチスペースとなります。食事をしたり本を読んだりと、活動する空間にもなります。そこで、ゾーニングを考える必要が出てきます。

 

ゾーニングとは、部屋をいくつかの空間に分けて休む場所や食事をする場所などに分けることを意味します。今回、ソファベッドの空間と反対側の壁の空間とを分けることを意識しました。こちらにはダークブラウンのテレビボードを置いています。製品は東谷のMOC-02を選びました。東谷はアジアンテイストの家具を求める人に人気の会社ですが、今回はオーソドックスなデザインを選んで部屋の雰囲気を壊さないように配慮しています。

 

04a

 

そしてローテーブルはそれよりも明るいブラウンとすることで、ソファベッドのある空間との調和を保てるようにしました。製品は同じく東谷のCPN-107です。実は緑も茶色も自然界に存在する色なので、この組み合わせはインテリアでは鉄板とも言える安心感があります。あとは濃さを変えることで、住み心地の良さを変えることができます。

 

家具の配置について

今回、玄関を入ってキッチンのある廊下を通り、ドアを開けると左手にソファベッドを置くという配置にしています。右手にクローゼットがあるために、その正面にスペースを空けるという意味もありますが、最初に部屋に入った時の印象も考慮しています。

 

ドアは右に開くタイプなので、必然的に左側が最初に視界に入ります。その色が部屋の印象を決めるということもあって、今回のテーマカラーである緑が目に入るようにと考えたわけです。このように、部屋に入って最初に何が目に留まるのか、それを意識して家具を配置するのも良いのではないでしょうか。

 

終わりに

今回は色を最初に決めたことから、インテリアを選ぶ形となりました。ある意味で選択肢が決まっていくという点ではやりやすいかもしれません。部屋の広さとそこでの生活を考慮するという点で、参考になればと思います。

 

Pocket

非日常空間を演出するスタイリッシュモダンコーディネート

4DSC_4294

Pocket

今回ご紹介するインテリアは、メゾネットタイプとなるデザイナーズ物件の雰囲気を生かしたものを、とのご要望によるものです。お客様は女性の方なので、スタイリッシュでありながらもホテルのようなラグジュアリー感も生み出せるように工夫しました。

 

非日常の中に贅沢な空間を

スタイリッシュでモダンなデザインと言えば、生活感が無いクールなイメージがあります。今回のお部屋も基本的にはホワイトとグレーを基調としています。狭い部屋であれば壁にストライプのアクセントカラーを入れてワンポイントとするところですが、今回は広いリビングなので壁には特に手を加えていません。その代わりに、バルコニーに出るサッシにつながる壁がカーブのついたR壁となっているので、ここにドレープ型のカーテンを取り付けてエレガントさを演出してみました。

 

13cb090068c835e63ab0106609e66f71

 

製品はスミノエのU4229です。色は壁に合わせているので、部屋の一体感を損なわないようにしています。依頼主が女性ということもあるので、家具の選別にはこのエレガントというフレーズをキーワードにしています。

 

 

リビングにホテルのような雰囲気を

非日常な空間を楽しむホテルにも、スタイリッシュなデザインのものがあります。今回、リビングのくつろぎの空間にホテルのようなモダンな雰囲気を出したいと考えました。まずソファはホテルでも定番の革製で、丸みのあるものにしています。選んだのはプラネットという製品の一人用ですが、実はこれは合成皮革なのでリーズナブルに購入できます。これを二脚置いて、丸型のローテーブルを置いています。テーブルはFITのモンローですが、ソファと揃えてパイプ足としています。

 

0e6ec956fc3007f8d8f88f5a644ced9f

 

 

ホテルにはよく壁に絵が飾ってあると思いますが、モダンインテリアでは壁に非日常な風景を演出するのも定番です。今回は絵ではなく、大きな鏡を立てかけています。ここに移り込むシンプルな部屋の風景が、非日常感を演出します。ソファに座り、正面の目線から少しずらした位置に写る室内の様子は左右逆になることもあって、いつもと異なる印象を受けることになります。

 

 

DSC_4313

 

さらにモダンインテリアでは、大きめな柄となる幾何学模様のラグを敷くというのも定番です。このお部屋では女性らしさを反映させたかったので、曲線模様のラグを敷いています。色はやはり白とグレーを使ったものを選んでいます。白い壁や床と黒のソファとの調和が取れるようにしています。

 

8fecc308d0859db0864794433f70e699

 

 

ダイニングもシンプルに、かつお洒落感も

こちらのリビングは、吹き抜けとなるリビングスペースと2階に寝室があるダイニングスペースがうまくゾーニングされています。そこでダイニングはリビングスペースとは異なる雰囲気を出したいと思いました。そこで丸みのあるソファとは対照的に、シンプルで直線的なダイニングテーブルを選んでいます。あずま工芸のTOT-5121という製品ですが、180cmものワイドな長さとなっています。そこに同じくあずま工芸のダイニングチェアであるTDC-9765を色違いで配しています。

 

78c688fe65fd0cb9a913fe0f6cf8ea5a

 

テーブルのセンターには赤のテーブルランナーを置いてアクセントカラーとしています。白いダイニングチェアにも、赤のリボンを結んでお洒落な雰囲気を出してみました。

 

 

女性の部屋らしさを演出する小物家具たち

今回はスタイリッシュさを徹底せずに、本来のシンプルモダンが醸し出す無機質感や生活感の無さをそれほど出さないようにしています。そして他の小物でも、少しだけ生活感を感じたり暖かみが伝わるになっています。

 

例えばリビングスペースには明るい色の木目調のフラップキャビネットを置いています。好きな雑誌をここに飾ったりして、見て楽しめるようにしました。さらにこのリビングスペースと2階のベッドルームには、エルックスのイオスという変わった形のスタンド照明を置いています。これはガチョウの羽をセードに使うことで、あたたかい質感を感じさせるフロアスタンドです。

 

7f9c5ea0552e032642aaf8b604f2bfe7

 

 

終わりに

今回のデザイナーズ物件のインテリアはいかがでしたか。女性がお住まいになるということで、少し変わったアプローチを取っていますが、こんな演出もできるのだなと思っていただければ幸いです。

 

Pocket

ブルーの差し色が素敵な北欧テイストなお部屋

3DSC_1541

Pocket

今回ご紹介するお部屋は、イメージカラーにブルーを選んでスッキリと爽やかな印象にしています。明るい色の家具を入れているので、これからの暑い季節にはピッタリではないかと思います。

 

白を最大限に活かしたコーディネート

元々のお部屋の内装が、白を基調とした明るい雰囲気となっています。壁も床もドアも白く、キッチンも白で統一されています。そこでその白を生かして、まずリビングのカーテンは濃い目のブルーにしました。商品は光沢感のあるモダンなデザインが特徴のスミノエの、遮光性の高いD7291を採用しました。遮光性を持たせたのは、夏場の強い日差しを遮断できるようにとの配慮です。さらに断熱性も高いので、エアコンを効率良く効かせることができるために、電気代を抑えつつ室内を涼しく保てます。

 

2DSC_1546

 

それに対してソファは東谷のMS-576のホワイトを置いています。東谷はオンラインで購入できる、比較的お手頃な価格が魅力ですが、実は大正2年創業の老舗インテリア製造販売会社です。MS-576は足のついたタイプなので、床面をすっきりと見せることで、より清涼感を演出します。けれどもこのままでは白が強調されて、落ち着かない雰囲気にもなりかねませんので、アクセントカラーに明るいブラウンをチョイスしました。

 

テレビボードとローテーブルを明るい茶色にすることで、落ち着けるようにしています。テレビボードはチェリーのLV-90、ローテーブルは同じくチェリーのLT-62としています。チェリーは京都の村田家具店が販売しているシリーズですが、シンプルなデザインが人気です。クッションは白、ブルー、ブラウンとしているのでベース色とイメージカラー、アクセントカラーでまとまっています。少ない色でまとめているので、部屋がすっきりとした印象になり、清涼感を効果的に演出することができます。

 

フローリングに敷いたラグは、カーテンと同じスミノエのレシエを選びました。モダンなデザインが印象的ですが、色はグレーを選んでいます。これは白とブルーとの調和が取れる色調となるからです。

 

清潔感と清涼感を意識したベッドルーム

寝室も同様に、ブルーをイメージカラーとしています。こちらはカーテンもベッドの小物も明るめのブルーとしています。これは目覚めをすっきりとさせることを意識したものですが、ドレッサーもベッドも白に近い色調としているので非常に明るい雰囲気としています。白と明るいブルーのコントラストが程よい刺激を与えてくれるでしょう。ドレッサーもチェリーのSD-622を、ベッドはサンコウのスイートを選びました。寝室にはウォークインクローゼットがあるので、他には収納などの家具は置いていません。室内をすっきりとさせることで、清潔感と清涼感を演出するようにしています。

 

6DSC_1558

 

洗面室も、白で統一された洗面台が清潔感を感じさせるものとなっています。ここでは床に濃いブルーのマットを敷いて、より目覚めを良くする効果を狙っています。ここまで白とブルーで統一したインテリアとしてきているので、トイレには暖かみのある色を入れると良いかもしれません。ちょっと落ち着いた雰囲気も欲しいので、タオルはブラウンが良いでしょう。

 

b5b129578a583420b17722c88662b9f1

 

キッチンのちょっとしたスペースも活用

こちらのお部屋はキッチンが独立したスタイルとなっていますが、少し広めのスペースが確保されています。そこでここにチェリーCT-35のカウンターテーブルを置いて、ちょっとした軽食を取れるようにしています。

 

3f0f1e20dc7eab17d601cee73b0468ec

 

いかがでしょうか。今回は極めてシンプルなインテリアになっていますが、決してモダンすぎることなく居心地の良さを感じることができるのではないかと思います。リビングに木目調のテーブルを入れることで落ち着いた雰囲気を感じさせつつも、その明るさが白とブルーの邪魔をしないようになっています。

 

Pocket

アクセントウォールを活かしてリラックスできる空間に

01

Pocket

今回ご紹介するインテリアは、ワンルームのお部屋に勉強するスペースが欲しいとのご要望にお応えするものです。さらにリラックスできるような色使いもお求めとのことで、提案させていただきました。

 

お部屋は8.6畳の居住スペースにクローゼット、玄関からの通路にキッチンといった普通のワンルームスタイルになります。居住スペースは割と広めに確保されていて、一面の壁がグレーのアクセントウォールとなっています。

 

アクセントウォールを最大限に活かす

まずはこの壁に注目しました。勉強するためのスペースをどこに確保するかですが、このアクセントウォールを正面にする形でテーブルデスクを配置しました。白い壁よりも集中力が増しますし、しかもグレーには筋肉を緊張させずに、長時間勉強しても疲れないという効果があります。物事を受け入れやすく、忍耐強くなるという心理的効果も確認されています。そこで、反対側の壁側をリラックスできる空間にしています。こちらの壁側には何も置かないことで、ストレスを感じにくいようにしています。

 

e7c9fcd2e49afd46f2d91abe1b02f2b6

 

そのために、ベッドは必然的に奥の窓際に配置するということになりました。となると、部屋に入ってすぐに目に入るのはベッドということになります。つまり、部屋の印象はベッドの色が決めると言えます。そこで、基本的にリラックスできる空間となる色遣いをとのご要望なので、ベッドは木目調の明るいナチュラル色を選びました。商品はサンコウのスミカです。多少の収納もあるので、リラックススペースにはモノを置かずに、このベッドに収納できるようにしています。

 

そして勉強机となるテーブルデスクやチェア、さらにローテーブルもナチュラル色の木目色としています。ローテーブルはチェリーのLT-68を選んでいます。これは細長いデザインなので、ワンルームに合うタイプとなります。

 

シェルフがお部屋のアクセントに

収納はクローゼットのみなので、多少物足りないと思います。そこで収納家具を考えたわけですが、今回は圧迫感を感じないシェルフを選びました。色はやはり木目色です。置き場所ですが、リラックススペースは広く確保したいので、テーブルデスクの横にしました。シェルフなので、見せる収納の役割も持ちます。そこで、ここにお気に入りの小物などを置いてもらうことで、リラックススペースから見て楽しめるようもなります。

 

DSC_1023

 

リラックススペースには、モリヨシのフェレットという白いラグを置いています。これは程よい肌触りが楽しめるシャギーラグとなっているので、見た目だけではなく手触りでもリラックス感を味わえる効果を狙っています。

 

小物としてクッションを置いていますが、色は白とパープル系のブルーとしています。これはアクセントカラーとして選んだ色ですが、落ち着いた雰囲気にワンポイントアクセントを与える効果を生むようにしています。

 

カーテンはエレガンスな雰囲気が特徴のドレープ型を選びました。商品はオーダーカーテンで有名なカズマのLX10705という型番になります。色はベッド周りを明るくしたいので白としています。窓から明るい光が入るので、朝の目覚めを気持ちの良いものにできるのではないかと思います。

 

調色機能の照明で雰囲気を自在に

今回、照明にもひと工夫しています。天井のシーリングライトをドウシシャのCS-F12DSに替えています。LED照明ですが、LED特有のまぶしさはありません。そして大きな特徴となるのが、調色機能がついていることです。明かりの色を変えることができるので、部屋の雰囲気を簡単に変えることができます。例えば勉強の時は明るい白昼色に、リラックスしたい時は電球色にするといったように変えることができるわけです。

 

いかがでしょうか。今回はワンルームの一部屋ですが、ゾーニングによってふたつの雰囲気を使い分けることができる例になっています。またシーリングライトの明かりの色を変えることでも、雰囲気を変えることができるのが分かります。

 

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工