心が温まる空間にしよう!冬の北欧インテリア

北欧インテリア

Pocket

北欧調インテリアの人気が続いています。暖かな雰囲気が日本人の暮らしに合うのが理由のようですが、インテリアといっても身構える必要はありません。身近なところから少しずつ、その雰囲気を楽しむコツを挙げていきます。

手軽に始める北欧スタイル

ワンルームマンションなどで、とりあえず予算をかけずに北欧スタイルを楽しんでみようという思う人にお勧めの方法を挙げていきます。家具を購入するにも、失敗したらどうしよう、と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、まずは一枚の布から雰囲気を味わう方法をご紹介します。

北欧スタイルのファブリックと言えば大きな柄が特徴ですが、マリメッコという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。フィンランドのアパレル企業ですが、鮮やかな色と大柄なプリント柄が特徴のデザインによるファブリックで有名です。さらに北欧の伝統的な植物柄が特徴のボロースや動物や植物をモチーフにしたヨブスなど色んな柄があります。これを100均ショップなどで売られるファブリックボードに貼り付けて飾るわけです。アイロンで綺麗にのばした布をファブリックボードにかけて、裏からホチキスで留めれば簡単に作れます。布も北欧家具のIKEAならば、必要な分だけカットしてくれますし、通販でも購入できます。

北欧ではこのようなファブリックボードを絵画のように飾っています。壁のピクチャーレールに吊るしたり棚の上に置いたりと、自由に飾ることができます。あるいは賃貸物件でも取り付けられるウォールシェルフに飾ることで雰囲気を楽しむことができます。

ウォールステッカーで部屋全体を飾る

ファブリックボードで雰囲気を掴んだら、ウォールステッカーに挑戦してみましょう。北欧調の雰囲気を感じることができるのは、植物や木のステッカーです。最もオーソドックスなものとなりますし、家具などを揃えていないお部屋でも雰囲気は結構変わります。また、フェルトの素材感となるデザインのファブリック調の木の絵柄も暖かみを感じさせてくれます。さらに北欧ではポピュラーなアイテムであるフラッグガーランド調のウォールステッカーを組み合わせると、なお雰囲気は高まります。もう少し可愛らしいデザインをという場合には、ずばりムーミンのステッカーを使うのも良いかもしれません。あるいはレトロ調の木のみ柄のものも可愛らしく演出できます。トイレやキッチンなどに使うのもGoodです。本物は無理でも雰囲気だけでも、という方にはシャンデリアやランプといったものもあります。慣れてきたら幾何学模様にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。クッションカバーなどにも使うとお洒落な幾何学模様ですが、まずはこのウォールステッカーで試してみるのも良いでしょう。

クッションカバーにチャレンジ

それでは徐々に大きなものに挑戦していきましょう。次はクッションカバーです。北欧調と一口に言っても、その柄は色々とあります。基本的には部屋全体の雰囲気はシンプルがキーワードになりますし、色もアースカラーと呼ばれる落ち着いたものとなります。けれども小物類はカラフルに鮮やかにして明るい雰囲気を演出するのがポイントです。そこでクッションカバーも赤や黄色といった暖色系のカラフルなものにしてみてはいかがでしょうか。鳥や植物などをモチーフにしたプリントのあるものであれば、明るく楽しい雰囲気になります。

一般的な賃貸マンションはブラウン系のフローリングに白い壁と天井といった内装になります。ここにベッドやテーブル、ソファや椅子などを北欧調に揃えていくことになります。このような大物家具は基本的に木材調になるので、部屋を引き立たせるカラーをクッションなどで演出することになるわけです。

カーテンの選び方

いよいよ部屋の中でも大きな存在感のあるカーテンを選びます。絵柄は細かなものよりも大柄なものを選ぶのが北欧調です。色合いですが、ここは個人の好みで選べば良いでしょう。いくつかのケースがありますが、落ち着いた雰囲気を好むならば淡い色合いの花や植物をデザインしたものが良いでしょう。生地も綿や麻といった自然素材のものが合います。自然を感じさせるものが好きな人には、アニマル柄が良いかもしれません。ビンテージ家具を置くのであれば、カーテンも存在感のある大柄デザインの単色カラーが合います。モダンでお洒落な雰囲気を好む人ならば、幾何学模様や切り絵調の花が良いかもしれません。パイプ製の足となるテーブルや椅子を置く部屋に合います。

照明にもこだわりを

だいぶ部屋の雰囲気が北欧調に染まってきたら、照明にもこだわりたいものです。柔らかな明かりで暖かさを求める北欧では、間接照明を多く使っています。スタンドライトなどを置くのも良いのですが、天井にダクトレールを取り付けてペンダントライトやスポットライトを設置すると、いろんな変化をつけて楽しめます。北欧では太陽の光をあまり見ないために、照明の光も直接見るのは苦手とされます。そのためにシェードなどで電球を隠すのが本場のスタイルです。けれども特にこだわらずに、雰囲気で良いと思うものを選んではいかがでしょうか。それほどお金をかけずに通販でも購入できますし、もちろんIKEAの通販でも注文できます。

お気に入りの家具を選ぶ

だいたい自分なりの北欧スタイルのインテリアのイメージが固まってきたら、いよいよ大物家具を選んでみるのも良いでしょう。テーブルやソファなどよく使うものをお気に入りのものにすることで、雰囲気をさらに味わうことができます。北欧スタイルの生活とは、気に入った家具をいつまでも長く使って、その経年による劣化も楽しむものです。そのような味わいを楽しめる木製の家具を選ぶのがポイントです。テーブルや椅子は全てが木製である必要はありません。モダンな雰囲気が好きな人なら足がパイプ製でももちろんOKです。一般的に木の風味を味わえる家具は多くが、ピーチ材かオーク材となっています。

特にオーク材は木目によって高級感も漂わせています。ただし、無垢のオーク材は高価なので、家具を全て無垢材で揃えるとかなりの予算が必要になります。そこで、食卓にするテーブルだけでもオーク材にするというのはいかがでしょうか。そして椅子などは安価なピーチ材で揃えるなど工夫すると良いかもしれません。

テーブルだけでも無垢のオーク材は高い!という場合には、チェストなどなにか一品、お気に入りの家具を選ぶというのはいかがでしょうか。北欧テイストのインテリアは、部屋の雰囲気ももちろんですが、その生活を楽しむという意味合いがあります。何かひとつ、長く愛用できる家具を持つということで、その生活を楽しむことができるわけです。

北欧スタイルの生活の楽しみ方

北欧調インテリアは、もちろん形から入ることができます。けれどもその真髄(と言っては大げさですが)は、北欧スタイルの生活を楽しむということです。何もお金をかけなければ楽しめないというわけではありません。むしろ、手作りした小物などで住みやすい部屋に作り上げていくことこそが北欧スタイルと言えます。

終わりに

北欧調インテリアは、基本さえ押さえれば自由に楽しむことができるものです。まずは身の周りから、例えばデスク周りやベッド、棚などから少しずつ楽しんでみてはいかがでしょうか。

Pocket

6畳でも快適なお部屋に|一人暮らしを楽しく演出するインテリアのコツとは?

パリのアパルトマン風

Pocket

ワンルームのひとつの基準として、6畳の部屋があります。この限られた空間をどのように生かしたインテリアを考えれば良いのか、今回はそのアイデアをまとめてみました。

ベッドの置き方で変わる部屋の雰囲気

まず6畳という空間に占める存在感の大きなベッドを、どのように置くかで雰囲気は変わります。窓に対して並行となるように横向きにするのか、それとも縦にするかによって他の家具も変わります。横向きにすると、残りの室内はある程度空間を確保できます。ここにテーブルを置くことで、床に座る生活スタイルが実現します。さらにソファも置けるので、ゆったりとくつろげるインテリアを楽しむことができるようになります。ベッドに背を向けるようにソファを置けば、寝室とリビングとを分けることができます。このようにゾーニングすることで、生活にメリハリがつくようになります。

一方で縦向きにベッドを置くとすると、残りのスペースも横長の形になります。そこでベッドと反対側の壁に机や家具を揃えて置くことで、椅子に座る生活をすることになります。床に座るにはスペースが狭くなりますし、また圧迫感もあるからです。ただし、ベッドを横に置くことに比べて、バルコニーへの動線は確保できます。洗濯物を干すなどといった作業はしやすいというわけです。

また、このようなレイアウトはホテルでもよく見られるものです。ホテルライクな空間を目指すならば、あえて自宅を寝室メインの部屋と割り切って考えることもできます。特に普段仕事で忙しい人は、ほとんど寝るために帰るような生活になります。そこで思い切って、ベッド周りを充実させたインテリアにするという方法もあります。

ベッドを手前に置くレイアウト

ベッドを窓際に置かずに、逆の手前に置くという方法もあります。窓側にリビングスペースを作ることで、落ち着いた空間を生み出すことができます。というのも、ベッドを窓側に置くと玄関からリビングスペースまでが続いているので、その移動のしやすさがかえって落ち着きをなくす感じを与えることになります。けれども入り口からベッドというワンクッションを置くことで、その奥のリビングが独立した空間となるわけです。間接照明をうまく活用すれば、さらに雰囲気を高めることができます。


パリのアパルトマン風
朝日が差し込むような気持ちの良い部屋ならば、その窓際にテーブルとソファを置いてゆったりとした朝食タイムを楽しむのも良いものです。家具などを厳選することで、パリのアパルトマン風にすることもできます。

横長の部屋の場合

ワンルームマンションはほとんどが縦に長い形になります。けれども中には、建物内における部屋の位置によって横長となるタイプもあります。この場合には、部屋を右と左に分けてゾーニングすることができます。片方を寝室に、もう片方をリビングダイニングにするわけです。生活空間を2つに分けることで、生活にメリハリが生まれることになります。

窓際がコの字型の場合

間取りによっては、窓側が直線とならずコの字型にへこんだ空間がある部屋があります。そこにベッドを置くと、へこんだ空間が無駄になってしまいます。大抵はその部分に窓もあるので、ここに机を置くと絶好の作業スペースになります。ベッドは入り口側に横向きに置くことになります。そして中央にできた空間をリビングスペースとして、ソファや高さの低いテーブル、そしてテレビなどを置く形になります。

ワクワク感を出すインテリア

こだわりのスペース
6畳の部屋は決して広くはありません。そこで無理に広さを感じるようなインテリアを目指すのではなく、逆に狭さを利用する工夫もあります。家具で仕切りを作って、ステーショナリー空間を生み出すのです。部屋の角に机を置き、壁と反対側に仕切りとなる家具を置いて机を周りから見えないような形にするわけです。机の周りに本や好きな雑貨などを集めることで、特別な空間を生み出すことができます。

デスク周りを充実する

それほどコアなインテリアにはしたくないけれど、できるビジネスマン風の部屋が欲しい、そう思う人にはワークスペースをメインに考えたインテリアがお勧めです。ベッドは窓際に縦に配置して、反対側の壁にシェルフとテレビを置きます。そして手前のスペースに机や本棚、反対側の壁にクローゼットを置くといった形で、ちょとしたビジネスホテル風の部屋にすることができます。机はベッドの足元の位置に置けば、そこからテレビを観ることもできます。その机とつながるように壁側に背の低い本棚を置くというスタイルになります。

お気に入りのソファをメインに

ビジネスマンならばデスク周りを充実させることで、狭い部屋も満足度の高い部屋にすることができます。同様に、普段座ることになるお気に入りのソファをメインにするレイアウトも、満足度の高い部屋になります。窓側にソファを置いて、それを中心にどのように周りを充実させるかを考えるわけです。このようにお気に入りの空間を作ることによって、あとは多少モノが溢れたりしても素敵に過ごせる部屋にできるわけです。

統一感を出す

たとえ狭くても、イメージを固めて統一感を出せば、住んでいて楽しいと感じることができます。引っ越しと同時に家具も揃えることができるのであれば、ぜひ挑戦してみたいものです。例えばアンティーク調のベッドや机、チェストなどを置くことで満足感の高い部屋作りができます。お気に入りの雑貨を集めてディスプレイしても、多少部屋が狭くても満足できます。椅子に座る習慣のある海外生活を楽しめる空間にすることができます。

カフェ風の部屋

カフェ風
カフェの雰囲気を持った部屋も人気があります。ちょっと狭さを感じるくらいが、逆に雰囲気を高めてくれるのが利点です。レトロ調なラグマットやソファ、チェストなどを置けば、隠れ家的なカフェの雰囲気を再現できます。天井の照明はダクトレールを取り付けて、スポットライトで間接照明にすれば、さらに雰囲気が高まります。

シンプルな部屋を目指す

シンプルインテリア
ミニマリストという言葉が流行っています。究極まで物を減らした生活を送ることですが、そこまでいかなくてもシンプルな部屋を目指すのも1つの手段です。最低限必要なテレビ、ソファ、テーブルにベッドだけを置いた生活を目指すことになります。ソファなどの色を統一感させると、なお効果は高まります。

こだわりのソファの項目でも述べましたが、お気に入りの家具だけを置くことでミニマムな生活を楽しむことができます。例えばダイニングテーブルとイスだけはこだわるけれども、後は不要といった潔さがあれば、このシンプルなインテリアを楽しむことができます。ベッドも置かずに布団だけ置いて置くというのもアリです。

また、このミニマムな生活を進めると、物事を工夫する楽しさを覚えるようになります。例えば炊飯器を置かないで済ませるためには、どうすれば良いのか、といったことです。毎日の生活から仕事へと、様々なことに考えを巡らせる癖もつくようです。これはシンプルな部屋がライフスタイルを変えるということを意味します。

終わりに

6畳という広さの部屋にも、様々な暮らし方があることがわかります。ポイントとなるのは、どのように楽しむのか、ということです。狭さを感じさせない工夫をするのも良いですし、逆にその狭さを楽しむこともできるというわけです。さらには理想の部屋作りを目指すことそのものがライフスタイルになる場合もあります。

Pocket

今どきの賃貸マンションのインターネット設備事情

インターネット

Pocket

賃貸マンションを探す場合、インターネット環境がどのようなものかを調べることは大切です。用途にも応じますが、料金と回線速度など違いがあるので、ここでは主なものを紹介します。

フレッツ光

今最も主流となっているのが、このフレッツ光のタイプです。東日本と西日本とでは料金体制が違いますが、NTTのフレッツ光を利用したものとなります。建物まで回線が引かれているものと、自分で引き込む必要がある場合とに分かれます。回線が引かれていても、さらにそこから自分の部屋でインターネット接続ができるように、工事をしてもらう必要はあります。

マンション内に引き込む回線の数によって、料金が変わるので注意が必要です。大抵の大型マンションならば気にする必要はありませんが、コンパクトな低層マンションの場合には一応、何世帯に引かれているのかを聞くことが大事です。もちろん、その数が多いほど料金は安くなります。ただし、一度に利用する世帯が多いほどに、回線速度が落ちるという特性もあります。

物件によっては、すでに各部屋に回線が引かれているものがあります。この場合にはLANコンセントが用意されているので、そこにパソコンをつなぐだけで、すぐにインターネットが使えるようになります。料金も安いのが一般的です。

電力系光サービス

電力会社が直接手掛けるものではなく、グループ会社を作って提供しているインターネット接続サービスです。現在次の5つが主なものとなります。中部電力系グループのコミュファ光(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)と関西電力系グループのeo光(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県)、中国電力系グループのメガエッグ(広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県)と四国電力系グループのPikara(香川県、愛媛県、徳島県、高知県)、そして九州電力系グループのBBIQ(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)となっています。

フレッツ光とは異なり、回線とプロバイダがセットになっているのが特徴となります(中部電力系のコミュファ光は提携しているプロバイダから好きなところを選べるようになっています)そのために、料金が安めとなっています。

そしてもうひとつの特徴は、各社はKDDIと提携していることです。そのために、auのスマホを使っている場合には、auスマートバリューと呼ばれる割引が適用になります。

通信キャリア系光サービス

大手通信キャリアも光インターネット接続サービスを提供しています。スマートフォンや携帯とのセットで申し込むことで割引を受けられるのが特徴です。

ソフトバンクは「おうち割」と呼ぶセット割引サービスを展開しています。携帯電話やスマートフォンの料金が2年間毎月最大2,000円割引になります。インターネットサービスは、「SoftBank 光」や「ホワイトBB」、「SoftBank Air」などがあります。

NTTドコモは「ドコモ光パック」で割引サービスを行っています。割引金額は家族なら月額で最大3,456円、ひとり向けでは月額で最大1080円割引されます。

auの「auスマートバリュー」の場合は、携帯電話やスマートフォンの料金が2年間毎月最大2,160円割引となります。ただし月額540円の「auひかり 電話サービス」への加入が必要となります。

また、Y!mobileも「光おトク割」でソフトバンクが提供する「SoftBank 光」に加入することによってスマートフォン1台あたり540円、4台以上の契約ならば最大で5,616円のセット割引を利用できます。

ケーブルテレビ

地元のケーブルテレビを導入しているマンションでは、各ケーブルテレビが提供するインターネット接続サービスを利用できます。光ハイブリット形式が多く採用されるものですが、光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせた通信回線となっています。

ケーブルのモデムが放送用にデータを変換しているのでプロバイダが無いのが特徴ですが、光ファイバーよりも回線速度が落ちます。ただし、その回線速度には様々なコースが用意されていて、料金もそのコースにより異なります。それほどの速度を必要としない人ならば、料金を安く済ませることができます。

ADSLのネットサービス

光ケーブルが主流となる前にポピュラーだった、固定電話回線を利用したインターネット方式です。通信速度は遅いものの、料金の安さは魅力です。ネットサーフィンをする
程度の利用であれば、このADSLで十分と言えます。

大きなポイントは、光回線とは違い混雑しないということです。というのは、ひとつの回線をマンション内の居住者が共有する光回線とは異なり、1契約で1回線を与えられるからです。また、基地局からの距離が近いほどに回線速度が速くなる特性も持っています。光回線に対応していない地域もあるので、電話回線を利用できるこのADSLを利用しているマンションも多くあります。

NURO光

フレッツ光を凌ぐ回線速度で話題のNURO光にマンションタイプが誕生しました。現在は関東圏での提供となりますが、今後、提供エリア、導入されるマンションが増えることと考えられます。

大きな特徴は、その料金の安さです。加入者が多いほどに安くなる仕組みとなっていますが、10世帯以上が加入すれば月額1900円となります。

5階建て以下であれば、個人で光ケーブルを引き込むこともできます。ただし料金は、6階建て以上のように安くなることはありません。戸建てと同じ料金プランが適用されます。

回線を引けない場合

マンションによっては光ケーブルやケーブルテレビが引かれておらず、さらに個人でも回線を引くことができないものもあります。そのような場合には、モバイルルーターを利用することになります。契約すればすぐに使えるのがメリットです。パソコンでもスマホでもインターネット接続ができます。ただし、光回線と比べるとどうしても通信が不安定になる面はあります。

おわりに

現在主流はフレッツ光ですが、今後は電力系のものも増えると考えられます。検討するマンションがどれに対応しているのか、調べておくことが大事です。

Pocket

賃貸でも諦めない!ここまでできるインテリア

インテリアリフォーム

Pocket

賃貸物件を借りる場合、室内に傷をつけることはご法度です。真っ白な壁紙が味気ないなどの不満があっても、どうしようもないと諦めがちですが、実は工夫によって部屋の印象は大きく変わります。今回そのポイントをいくつか挙げてみます。

ウォールステッカーを使う

部屋の印象を変えるためには、大きな面積となる部分に手を加える必要があります。室内でそのような部分といえば、窓やサッシと壁、天井です。窓やサッシは好きなカーテンをかけることで対処できますが、壁や天井もウォールステッカーで装飾できます。

ウォールステッカー
出典:harry

ウォールステッカーとは、簡単に貼ったりはがしたりできるシールのことです。壁に傷をつけないので、簡単に原状回復できるのが特徴です。また様々な模様やデザインがあるので、簡単に好みの雰囲気にすることができます。ネット通販で入手できるので、誰でも簡単に入手することができます。種類としては、簡単にはがせるシール式のものと、ドライヤーで温めながらはがす転写式のものとがあります。転写式はしっかりと貼れるのが特徴ですが、壁紙によってははがしにくいこともあるので注意が必要です。

価格はサイズによって異なりますが、だいたい数百円から数千円といった感じになります。100円ショップでも購入できます。

効果的な使い方ですが、基本は目線の位置に貼ることです。壁全面をウォールステッカーで埋めるとなると相当な費用がかかります。またデザイン的にもくどくなるので、ピンポイントで貼るのがお勧めです。まずはリビングで普段座る位置の目線の先に、お気に入りのデザインのものを貼るというのが基本的な使い方です。

さらに上級者的な使い方としては、あえてニッチなスペースに貼るというテクニックがあります。例えば天井近くの梁のように、普段気にかけないような場所に貼ると逆に目立ちます。あるいは、ちょっとしたくぼみなどにお洒落なステッカーを貼るのも遊び心があります。床に近い部分にネコのステッカーを貼ってみるのもいいですね。

玄関を変えよう

玄関は部屋に最初に足を踏み入れる場所です。このスペースをどのように演出するかによって、部屋のイメージも大きく変わります。

玄関の床に木目調のクッションフロアを敷くだけで、暖かみのある雰囲気を感じます。壁も板壁風にカッティングシートを貼ると、さらに柔らかな印象になります。あるいは大理石風のクッションフロアを敷くことでデザイナーズマンション風にすることもできます。また、レンガ調にすることでブルックリンスタイルを演出することが可能です。床にアンティークレンガ、壁は漆喰調とすることによって、ナチュラルな雰囲気にもできます。

さらに、ドアにカッティングシートを貼ることによって、床や壁との相乗効果を生むことになります。

キッチンを変えよう

DIYインテリア-キッチン

壁をウォールステッカーでおしゃれにしたら、次はキッチンを変えてみてはいかがでしょうか。普段使うところをお気に入りのデザインにすることで、楽しい気分にもなります。

まずキッチンの壁を好きなデザインにするコツを紹介します。下地に幅の広いマスキングテープを貼ることで、その上に好きなカッティングシートを壁紙として貼れるようになります。キッチンでは定番となる木目調のものやタイル調のものなど、自由に選ぶことができます。100円ショップでも色んなデザインのものがあるので気に入ったものを探すことができます。

定番のものに飽きたら、他のデザインに挑戦してみましょう。モノクロのタイル状を使えば、メリハリが効いたスタイリッシュな感じになります。ミックスカラーのものであれば、ポップな遊び心を感じることができます。ユニークデザインのものを組み合わせることで、さらにポップな雰囲気を演出できます。

トイレをおしゃれに

DIYインテリア-トイレ

室内でも特に生活感が出るのがトイレです。ここをおしゃれに変えることで、カフェ風にすることもできます。ポイントはタンクを隠すタンクレスです。ちょっと大がかりな作業が必要ですが、雑貨を飾るなどのおしゃれも楽しめるので人気があります。

必要となる道具はメジャーと電動ドライバー、タッカーと呼ばれるホチキスのようなもの、そしてサンドペーパーです。電動ドライバーはネット通販で格安で手に入ります。

タンクレスDIYの流れとしては、まずサイズを測ってベニヤ板をカットします。これはホームセンターで板を購入する際にカットしてもらえます。次にサイドなどに角材やベニヤ板を取り付けて補強しておきます。取り付けは電動ドライバーを使用します。次にベニヤ板に好みのタイルやシートを貼り、土台を完成させます。続いて上部の板も、水受けなどの穴をあけて作成します。上部の板を土台に取り付けて完成です。上部の板には好みに応じて布を貼り付けるのもアリです。そしてお気に入りの雑貨を飾っておけば楽しい空間へと変わります。

壁もマスキングテープとカッティングシートでおしゃれな雰囲気にできます。レトロな感じの壁にすれば、カフェやレストランのような雰囲気となります。

バスルームもDIYでリラクゼーション効果を

DIYインテリア-バスルーム

水回りとしてバスルームのインテリアは難しいものですが、工夫によってリラクゼーション効果を高めることができます。バスルームには、水に強いお風呂用の壁ステッカーを貼ることができます。基本的に茶系を使うことで、落ち着いた雰囲気になります。グリーン系の色を使えば、清々しい気分になれます。さらにワンポイントステッカーを貼ることで、お洒落感を高めることができます。

また、脱衣所にディアウォールを設置することで、ちょっとした物置にすることができます。洗濯機の上にスペースが空いていれば、おしゃれな収納棚を作れます。そこにカゴを置いてタオルなどを収納すると便利に利用できます。

ディアウォールを活用しよう

ディアウォールとは、床と天井の突っ張り棒で、上部のパーツ内にバネが入っています。ツーバイフォー材をはめ込んだものを使うことで、横棚を通して作り棚とすることができます。

ディアウォール
出典:diy-lab.jp

壁一面に設置することで、雑貨や観葉植物を飾ることができます。あるいは本を置いてブルックリンスタイルを演出したりと工夫できます。あるいは奥行のある棚を取り付けることで、ちょっとした作業スペースとなるカウンターを作ることもできます。

キッチンの壁にも設置できるので、調味料や食器などを置いて見せる収納代わりにできます。あるいはカウンター下のようなデッドスペースに設置することで有効利用できます。縦に長いスペースがあれば、食品を保管するパントリーにすることもできます。収納を増やすと共にインテリアとしてのおしゃれな雰囲気も演出できます。

玄関に設置すれば、大量の靴も置けるようになります。見せる収納として、お気に入りの靴をディスプレイするのも良いでしょう。また、うまく活用すれば間仕切り代わりにすることもできます。キッチンが室内から見えないように区切ると共に、収納としても活用できます。

このディアウォールは、一本でも利用できるのが特徴です。フックやワイヤーバスケットなどを取り付けることで、ちょっとしたスペースを収納にしたりディスプレイ空間にできます。

終わりに

賃貸物件でも、このように工夫することによってかなり雰囲気を変えることができます。予算もそれほどかからないので、季節によって変えることも可能です。ウォールステッカーはイベントによっても変えると楽しいものです。ハロウィンやクリスマスなど、時期に応じて変えることで雰囲気を楽しむことができます。

Pocket

借りる前に知っておきたい!賃貸マンションの初期費用の目安は?

初期費用

Pocket

引っ越しのための賃貸物件を選ぶ際に、その初期費用を考慮することが大事です。家賃の金額に応じて初期費用も増減するからです。そこで今回、その初期費用について挙げてみます。

目安は家賃の6か月分と保険料や引っ越し費用

賃貸物件を借りる場合、部屋が決まり契約となれば、様々な初期費用が必要となります。その金額は割と大きなものとなるので、事前にどの程度必要になるのかを知っておくことが大事です。その項目と費用の目安としては、敷金2か月分・礼金2か月分・前家賃1か月分・仲介手数料1か月分となります。その他に保険料や保証人代わりの保証料、そして引っ越し費用となります。保険料や保証料は条件によって多少変わりますが、引っ越し費用は時期などによって大きく異なります。

敷金とは

家主に対して一時的に預けておく費用となります。退去時には原則として返却されるものですが、様々なことで差し引かれる費用があります。敷金は家賃滞納に対する保険や退去時の原状回復の担保としての意味合いがあります。このうち、原状回復とは、賃借人の故意や過失、善管注意義務違反、あるいはその他の通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧することと定められています。そのために要した費用が敷金から引かれて返却されることになります。その他の経年変化や通常損耗等については、賃貸人が負担することになります。

この敷金は、関西や中国、九州地方などの一部の地域で保証金と呼ばれます。そしてこの保証金には、「敷引き特約」と呼ばれるものがあります。これは退去時には「○か月分は返却しません」という内容のもので、「礼金」の代わりというイメージです。そのために、保証金制度を採用している場合には礼金はありません。保証金の金額は家賃の半年~8か月分ほどとなります。

敷金の金額は大体家賃の2か月分と言われますが、実際は物件によって異なります。礼金が無いかわりに敷金が3か月分といったケースもあります。賃貸需要が多い物件は金額は高めとなります。

礼金

礼金は文字通り、家主に対して部屋を貸してくれるお礼として支払うもので、敷金とは異なり返却はされません。昔からの名残となるものですが、戦後の焼け野原で住む場所を提供してくれる大家さんに対するお礼として支払われたのが始まりとされています。大体家賃の2か月分というのが相場ですが、やはり物件によって異なります。

借り手がなかなかつかない物件の場合には礼金が無いこともあります。また、敷金の割合を増やして礼金をゼロにするケースも多くみられます。敷金は退去時のクリーニング費用などを引いた残りが戻ることになるので、初期費用としては同じですが退去時からするとお得になります。

前家賃

家賃は翌月分を先に支払うものなので、賃貸契約を結んだ後には前家賃が必要となります。さらに加えて、当月の日割り家賃も必要となります。例えば月初に引っ越しとなる場合には、およそ2か月分の家賃を先に支払うことになります。けれども、これでは負担がかかるという理由で、翌月分は当月末に支払うというケースもあります。つまり前家賃は不要となるわけです。

仲介手数料

賃貸物件を借りる際には、家主と直接賃貸契約を結ぶわけではなく、不動産業者を通して契約することになります。そこで不動産業者に支払うのが仲介手数料となります。これまでは家賃の1か月分が相場でしたが、敷金や礼金のように物件によって異なるケースが見られるようになっています。家賃の半月分であったり、場合によっては無料とするものも見られます。なるべく空き部屋となる期間を短くしたいといった事情がある場合に、このようにお得な物件もあります。また、不動産業者が家主である場合には仲介するわけではないので、仲介手数料は発生しません。

保険料

賃貸物件を借りる際には、火災保険などの損害保険への加入が義務付けられます。これは家財保険とも呼ばれますが、借主の過失により火災や水漏れを起こした場合に、賠償責任が生じた際の保険です。正確には、重大な過失がなければ、自分の部屋が出火元となっても建物の建て直し費用などを負担する責任は負わなくてもよいとされます。ただし、退去時には原状回復義務があるので、そのために保険金が使われることになります。また、隣の部屋が出火元となった場合、そのもらい火で家財を失っても損害賠償請求はできません。そのために自分自身のために保険をかけるという意味があります。

保険の内容としては、まず借家人賠償責任保険があります。これは自分の過失により火事や水漏れによって貸主に損害賠償責任を負った場合の賠償保障です。借りている部屋に対して適用される保険となります。次に個人賠償責任保険がありますが、これは水漏れによって階下へ損害を与えた場合の賠償保障です。そして部屋の中の、窃盗などによる家財に対して保障されるのが家財保険です。生活に使うものが対象となりますが、パソコンや携帯電話は対象外となるケースが多いものです。

保険料はプランによって異なりますが、保険業法によって賃借人がこのプランから選べるようになっています。だいたい目安としては15,000円から20,000円ほどとなります。

保証料

賃貸物件を借りる際に、連帯保証人の代わりに保証人代行会社を利用することが条件となるケースが多いものです。その保証料が初期費用に含まれます。2年間で家賃の25~30%ほどとなります。

引っ越し費用

家財道具を新居へ移すために引っ越し業者に支払う金額です。これは引っ越しの時期によって金額は変動します。最も移動が多い2月から3月にかけては、引っ越し費用は最も高くなります。引っ越しシーズンが終わり落ち着く4月後半から夏にかけては安くなります。また、土日の休みに引っ越す人が多いことから、平日も費用は安めとなります。

家財道具の量や移動距離、建物の階数などによっても金額は変わりますが、基本的にトラックの大きさと作業にあたる人数によって料金が決まってきます。

初期費用を抑えるテクニック

敷金や礼金、保証料などは交渉によって安くしてもらうことが可能です。もちろん、人気が高い物件は無理ですが、長い間空室となっている部屋などは交渉の余地があります。また、最初から敷金や礼金がゼロとなっている物件を探すこともできます。

また、物件を探していると「フリーレント」と記された部屋を見ることがあります。これは条件に記された月数の家賃が不要となるものです。これは、長いこと借り手がつかない部屋がある場合、家賃を下げてしまうと他の部屋の住人から不満が出るために、一定期間の家賃をタダにすることでお得感を出すというものです。ただし、条件がつく場合もあるので注意は必要です。例えば一定期間内での解約に対しては違約金が発生するといったものです。長期間借りるとかえって割高となるケースもあるので、条件をよく吟味しておくことが大切です。

終わりに

賃貸物件を借りる際に必要となる費用は、地域や物件によって差がありますが、家賃によってはかなり高額となる場合もあります。けれども物件によって、あるいは工夫により安くなるケースもあります。基本的には住みやすい人気の物件は高額となりますが、そうではない場合には条件の良いものも多く探すことができます。また引っ越し費用に関しては、その時期などでかなり金額は変わります。少しでも負担を減らすためには安くできるテクニックを知っておくことが大切です。

Pocket

住友不動産 三井ホームエステート ダイワハウス工業株式会社 名鉄コミュニティ 矢作地所 長谷工