ブルーのソファーが映える大人のモダンコーディネート

インテリアコーディネート|プレサンスロジェ丸の内

Pocket

今回は広めの2LDKにお住まいの方からのご依頼です。深みのあるブルーのアクセントクロスが印象的なお部屋ですが、この色をコンセプトにしたインテリアをご要望とのことで提案させていただきました。

 

 

アクセントクロスに合わせたソファ選び

 

今回のお部屋は寝室のひとつがブルーのアクセントクロスとなっています。この色が気に入ったご依頼人様からのご要望でブルーのソファを探しました。そこで選んだのはリラックスフォームのブリスチという商品です。

 

インテリアコーディネート|ソファ|プレサンスロジェ丸の内

 

こちらはファブリックの色が21色も用意されていて自由に選べるようになっています。アクセントクロスは深みのあるブルーですが、ソファは床や建具の色味が濃い茶色なので明るめのブルーを選択しました。そのコントラストによって、ソファの存在感も増しているのではないかと思います。ソファにはオットマンも付属していますが、広いリビングにはピッタリ合うのではないでしょうか。この明るい色味のソファに合わせて、ローテーブルはガラス製のアルテジャパンのYG-17を用意しました。テーブルの脚が幾何学模様となっているので、ガラスの天板と併せてシャープな印象を醸し出しています。

 

明るいブルーには空間を膨張させる効果があります。床とクローゼットの扉などが濃い色味なので、このソファを置くだけでリビングに寛げる効果を与えることになります。さらにラグマットにサンゲツのスタイルキットを置いています。白とグレーの市松模様となるのが特徴ですが、やはり膨張色なのでソファとの相乗効果を生み出します。

 

 

テレビボードは床材に合わせて

インテリアコーディネート|テレビボード|プレサンスロジェ丸の内

 

一方でソファに座って正面となる壁は、茶系のアクセントカラーとなっています。ここに置くテレビボードは床の色に合わせて統一感を演出しています。ここの色合いが例えばコントラストを生むようになると、何となく落ち着かなくなりリラックス効果が生れません。選んだのはMKマエダのTAL-160という商品ですが、床の色とうまくマッチしています。さらにスタンド照明としてアートワークスタジオのAW-0250を置いてみました。なかなか良い雰囲気を作り出せたのではないでしょうか。

 

 

シーリングライトにもこだわりが

 

リビングのシーリングライトはインターフォルムのLT-1989という商品を選びました。非対称で細いアームが伸びる独特のデザインですが、セードランプの位置も異なるので細かな陰影を与えることができるようになっています。光量も十分にあるので、今回のような広いリビングでもこのライトひとつあれば十分に明かりを確保できます。もちろんセードの角度調整ができるので、好みに応じて光を当てる場所を変えることができます。

 

 

寝室は異なるタイプを2つ確保

 

実は今回のご依頼人様には、月に1度ご友人がいらっしゃるということで寝室も用意されています。そこで2つの寝室それぞれに異なるインテリアを用意しました。

 

インテリアコーディネート|ベッドルーム|プレサンスロジェ丸の内

 

まずメインの寝室には茶色のアクセントクロスが落ち着いた雰囲気を与えてくれる部屋を確保しています。こちらは普段の疲れをしっかりと癒せるように、徹底してラグジュアリーな雰囲気を出せるようにしています。まず、ベッドはヘッドボードをアクセントクロスに合わせて茶色とするために、関家具のプラハを選びました。そしてその横に、ヘッドボードの色に合わせた東工芸のテーブル、ED-2939を置いています。さらに天井にはスポットライトタイプのシーリングライトを設置しています。床や建具の濃い色味がここではそのまま生かされる形で、ゆっくりと休める空間に仕上がっています。

 

インテリアコーディネート|ゲストルーム|プレサンスロジェ丸の内

 

一方でゲストルームとなる寝室はベッドもシーリングライトもシンプルなものを選び、あまり個性を出し過ぎないようにしています。その結果、ブルーのアクセントクロスが生きてくるのではないかと思います。

 

 

終わりに

 

今回はご依頼人様からのご要望で、ブルーのアクセントクロスに合わせたソファ選びから始まる形となりました。細部に至るまで統一感が出ているのではないかと思います。お気に入りの家具に合わせてインテリアを考える場合の参考になるのではないでしょうか。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/pressance_loger_marunouchi/d/

名古屋市中区「プレサンスロジェ丸の内」

 

 

Pocket

コンクリート打ちっ放し壁を最大限に活かす|シンプルアメリカンなインテリア

インテリアコーディネート|SKビルディング7

Pocket

今回のご依頼は、モデルルームでのインテリアです。コンクリート打ちっぱなしの部屋の特長を生かした雰囲気をご希望とのことです。

 

 

モデルルームのインテリアのポイントは?

モデルルームでのインテリアを考える際に重視するのは、そのお部屋ならではの暮らしを提案することです。この部屋だからこそ魅力的に見えるようなインテリアを考える必要があります。そのためにはまず、お部屋の特長や利点をチェックすることが大事です。

 

今回ご依頼のあったお部屋は、コンクリート打ちっぱなしの壁がポイントになります。これをどのように活用するかによって、他の部屋では得られないような雰囲気を提供できるようになるわけです。

 

 

コンクリート壁のピーコン穴を活用

ピーコン穴|インテリアコーディネート

 

コンクリート打ちっぱなしの壁には、ピーコン穴と呼ばれる穴があいています。これはコンクリートを流し込む際に利用した金具の跡です。コンクリート打ちっぱなしの壁では、このピーコン穴を活用することができます。今回の案件でも、そのピーコン穴に長ねじを取り付けて、収納となる板を設置しています。そこで見せる収納を今回のインテリアのコンセプトとして、家具選びも行っています。

 

 

見せる収納のインテリアのポイント

見せる収納をコンセプトとした部屋に置く家具は、解放感を感じさせるものである必要があります。そのためには極力、床が見えるような家具を選ぶことがポイントになります。そして今回のお部屋は、カジュアルなブランドショップに勤める男性が住むイメージで仕上げました。キッチンとダイニングを明確に棲み分けせずに、キッチンスペースに好きなものをレイアウトできるように棚を設置しています。キッチンにはカウンターチェアを置いて、食事も楽しめるようにしています。選んだカウンターチェアは東谷のPT-28という商品です。

 

 

リビングスペースのこだわり

リビングスペースもオープンな雰囲気を醸し出しています。テレビボードは東馬のケルトという商品になります。東馬はリビングをメインにモダンカジュアルな家具を製造しているメーカーですが、ケルトは一枚板のシンプルなデザインが特徴となります。何かモノを置いておきたくなるような雰囲気が、今回のお部屋にはピッタリです。

 

ソファはサンコウのカジノを、ラグにはモリヨシのライラを選びました。そしてローテーブルにはガラステーブルである東谷のPT-28を置いてカジュアル感を演出しています。キッチンとリビングは、カジュアルでアメリカンな雰囲気が感じられます。

 

 

寝室もカジュアルな雰囲気を

寝室|インテリアコーディネート

 

キッチンのコンクリート打ちっぱなしにおける見せる収納の雰囲気は、寝室にも取り入れています。選んだベッドは東谷のポールという、シンプルながらにやはりアメリカンスタイルな雰囲気を持つ商品です。カーテンはカズマのLX5230を設置し、白っぽい床との組合せでシンプルな雰囲気を演出しています。シンプルすぎると殺風景になりますが、照明にこだわることで雰囲気作りを狙っています。ここで選んだのはアートワークスタジオのAW-0321というシーリング照明です。ライトを自由な角度に変えることができますし、明るい部分と影の部分を作るので魅力的な雰囲気を醸し出せる逸品です。

 

 

終わりに

今回はコンクリート打ちっぱなしの部屋を活用したインテリアを考えました。そこで見せる収納をポイントにすることで、選ぶべき家具も自然と決まるというパターンになりました。結果的にはシンプルでアメリカンな雰囲気になりましたが、統一感は得られているのではないでしょうか。この壁があるからこそ実現できる生活を提案できたのではないかと思います。

 

 

Pocket

際立つ上質な高級感|モノトーンのモダンインテリア

トランセット覚王山|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回のご依頼人は外資系の大手企業にお勤めの外国人の方です。お二人で住まわれている2LDK、100㎡近くの賃貸マンションのリビングを担当いたしました。シンプルかつ高級感を感じるお部屋をご希望とのことで、その仕上がりをご覧いただければと思います。

 

 

モノトーンのインテリアのポイント

 

今回のリビングは、生活感を感じないモダンな雰囲気を目指しています。そこで白と黒を基調としたインテリアとなるわけですが、どのように高級感を持たせるかがポイントです。

 

モノトーンの場合、白と黒の比率によって印象は大きく変わります。黒の比率を高めることで重厚感を感じる雰囲気に、逆に白を増やすと上品な高級感を感じる雰囲気になります。ただし白い家具は膨張して見えるために、狭い部屋で使用する場合は注意が必要です。家具が主張しすぎるので、部屋が狭く感じてしまいます。

 

今回のリビングは十分な広さがあるので、ソファとテレビボードは白を基調としたものに揃えました。ソファはFISのELENA、テレビボードはMKのMIN-150です。ソファはシックハウス対応のもので、レーヨンとポリエステル素材のシンプルなデザインとなっています。色はヴァニラホワイトですが、ここにアクセントカラーとなるパープルのクッションを置いてメリハリ感を出しています。

 

トランセット覚王山|インテリア|リビング

 

 

モノトーンは単調な雰囲気になりやすいので、ビビッドなカラーをひとつ入れるのがポイントです。今回のお部屋は、キッチン周りが鮮やかなオレンジの壁となっています。このオレンジに近いビビッドカラーということでパープルを選びました。さらにインパクトのあるワインレッド色の椅子を置くことで、部屋全体を引き締める効果を生み出すようにしています。

 

 

白をさらに際立たせる工夫

 

モノトーンはシンプルで生活感を感じさせない雰囲気を生み出しますが、下手をするとインパクトの無い部屋にもなってしまいます。そこで今回は、この白を際立たせるために、大きめのラグマットを用意しました。

 

トランセット覚王山|インテリア

 

リビングは相当に広いので、これくらい大きなものを敷いても違和感はありません。そしてこのラグマットを置くことで、その両端にあるソファとテレビボードの存在感が引き立つようになります。また、膨張色の白だけでは何となく落ち着かない空間になりますが、ダークカラーのラグマットを敷くことで落ち着いた感じになります。さらにこのラグマットを置くことで、ダイニングスペースとリビングスペースとのゾーニングの役割もきっちりと果たしてもらっています。

 

 

モダンインテリア定番のテーブルとは?

 

モノトーンのモダンインテリアに欠かせないテーブルと言えば、ガラスの円形テーブルです。今回はリビングのローテーブルにHOMEDAYのLT-78を、ダイニングテーブルは楽天で仕入れたラックスファーをチョイスしています。

 

トランセット覚王山|インテリア|テーブル

 

ダイニングテーブルですが、キッチンからリビングへの動線を考慮して、少し小さめのものを選んでいます。お二人でお住まいとのことで、食事には十分の広さは確保しています。そしてメインの生活空間であるリビングスペースを広く確保するために、キッチンとの境目に配する形にしています。

 

高級感を演出するためのポイントに、空間の使い方があります。何も置かないという空間をある程度確保することで、高級感を演出することができます。厳選した家具を在るべき位置に配して、他には何も置かないという潔さがポイントというわけです。そこでこれだけ広い空間でありながらも、今回はダイニングスペースをあえて限定させることにしました。

 

 

その他のインテリアのご紹介

 

ダイニングチェアは、言わずと知れたイームズを選びました。ダイニングスペースは控えめですが、アイテムにはこだわるという主張をしています。他に、スタンド照明にはディクラッセのVieri novaを選んでいます。ヴィンテージ調のデザインが特徴ですが、高さを調節できるのでソファで読書をする時にも便利です。

 

トランセット覚王山|インテリア|ダイニング

 

終わりに

 

いかがでしょうか。今回のお部屋はかなり広いところでしたが、同じような雰囲気を求める方のお役にも立つのではないかと思います。色使いひとつで、空間の雰囲気は大きくかわるというわけです。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/transet_kakuouzan/h/

名古屋市千種区「トランセット覚王山」

 

 

Pocket

建具と床色の調和を目指した大人カジュアルインテリア

リバーコート砂田橋|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回のご依頼はカップルでお住まいの部屋を大人カジュアルな雰囲気に、というものです。新婚でのインテリアの参考になると思います。

 

 

大人カジュアルなインテリアとは

 

今回のお部屋は50㎡ほどの1LDK、寝室もリビングも広めに確保されているので、二人暮らしには十分な広さとなります。インテリアも余裕を持って家具を配置することができます。カジュアルな雰囲気をご希望とのことで、まずはアクセントとなる家具をひとつ決めることになります。

 

お部屋を拝見すると、木目調の建具やキッチンが印象的に映ります。フローリングもこれらの色合いに合わせた濃い色となっています。そこでメインの家具を茶色にすることにしました。そこで選んだのが、東谷のGS-78です。アメリカンヴィンテージの雰囲気を持ったソフトレザーによるものです。室内の建具やフローリングなどよりもワントーン落とした色合いなので、存在感を持たせることができます。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|ソファ

 

そして足つきのソファを選んだのは、カジュアル感を出すためでもあります。足の無い家具は重厚感を感じるために、カジュアルな雰囲気を生み出しにくくなります。そこで今回はベッドやチェストなど全て足つきのものを選んでいます。

 

また、テーブルは東谷のPT-28を選びましたが、これは全てがガラスでできています。この素材感とブラックを選んだことで、大人な雰囲気を演出できます。ベンチチェアも座面はテーブルに近い色合いにして、さらに落ち着いた雰囲気を感じるようにしています。ただしこのままでは重い雰囲気になってしまうので、ラグマットは明るいグレーのモリヨシ製ショアGYをチョイスしました。

 

照明にもひと工夫しています。アートワークスのAW-0407Vという製品を選びましたが、アンティーク調のシンプルなデザインとなっています。

 

 

アクセントポイントに何を選ぶか

 

ベースカラーは茶色を使い、落ち着いた雰囲気を演出したリビングですが、ここでアクセントとなる家具に何を選ぶかがポイントになります。

 

そこでリビングの一面の壁がブルーであることに注目しています。このアクセントウォールをどのように演出するかを考えた末、チェアを置くことにしました。ソファがヴィンテージ系となるので、同じヴィンテージ感を演出できるような東谷のCOD-456という製品を選んで配してみました。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|テーブル

 

ホテルのような雰囲気も醸し出す製品なので、大人な感じを演出することにも役立ちます。そしてこのチェアの上に、DICLASSEのアクアというスタンド照明を置いています。室内の照明を落とせば、ブルーの壁をお洒落に照らしてくれます。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|照明

 

 

ダイニングスペースのこだわり

 

ダイニングテーブルには、サンコウのブリード3点セットを選びました。これはテーブルがハート型になっている独特のフォルムとなります。若い夫婦にも人気の製品ですが、落ち着いた雰囲気のリビングスペースに対して、こちらは若々しい雰囲気を演出しています。チェアもS字のハイバックとお洒落なデザインになっています。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|ダイニング

 

 

寝室はシンプルに

 

リビングには色のチョイスなど色々と工夫していますが、寝室は逆にシンプルな雰囲気にまとめました。ベッドも極めてシンプルなデザインとなっていますし、両脇にも照明や観葉植物を置くための簡単なサイドテーブルを配するのみとしています。

 

リバーコート砂田橋Ⅱ|ベッドルーム

 

 

解放的な広い部屋なので、あえて他には何も置かずにストレスフリーな空間にしています。収納もウォークインクローゼットがあるので、他に家具は置いていません。北欧インテリアのようなシンプルな雰囲気で、リラックスできる空間にしています。

 

 

終わりに

 

今回は大人カジュアルがテーマでしたが、いかがでしょうか。室内の建具などを生かしたベースカラー選びと、アクセントウォールを生かしたテーブルなどがポイントになっています。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/rivercourt_sunadabashi2/b/

名古屋市東区「リバーコート砂田橋Ⅱ」

 

 

Pocket

モダン感を愉しむ寒色系インテリア

アーデン泉プレミア|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご依頼のお客様は非常に多趣味であり、交際されている方もよく遊びに来るお部屋とのこと。そこでお二人でくつろげるようなインテリアを目指して取り組んでみました。

 

 

基本的なテイストを決める

 

今回は具体的なご要望はありませんでしたので、まずはお部屋の雰囲気を生かしたインテリアを目指すことにしました。建具や素材感などがデザイナーズ仕様となっているので、モダンな雰囲気が自然であると判断できます。となればモノトーン系の色合いで揃えたいところですが、注意点があります。交際されている方がよく遊びに来られるとのことで、完全なシングルライフを目指すわけではないということです。そこでベースの色はグレーとすることにしました。グレーはモダンインテリアによく使われますが、この色自体には中性的かつカジュアルなイメージがあります。

 

アーデン泉プレミア|インテリア|リビング

 

そこでまずソファにグレーを選びました。製品はNDのエルダーというものです。座クッションにポケットコイルを使っているので、へたりが少ないモデルです。今回はオットマンもセットで用意しました。ソファに合わせて選んだラグマットは、モリヨシのベルギー製インフィニティです。グレーやブラウン、ブラックなどを織り込んだ絵柄が単調になりがちなモダンインテリアに変化を与えてくれます。さらにテレビボードの黒とソファを調和させる役割も持ちます。テレビボードもNDのWD-AV160を選びました。

 

ローテーブルは東谷のPT-26、ガラステーブルです。ラグマットで遊びを持たせているので、ここでモダンスタイルらしさをしっかりと演出しています。これでリビングのスタイルは完成となります。カジュアルテイストのグレーのソファでゆったりとした安心感を得られるようになります。様々な色が入ったラグでさらにリラックスしながら、ガラステーブルのモダン感を楽しむというスタイルになります。完全にモダン系で揃えてしまうと、落ち着かないものですしリラックスできません。少しゆるさを持たせることで、モダンスタイルの生活を楽しむ余裕が生まれるわけです。

 

 

寝室もリビングの雰囲気をそのままに

 

今回は寝室もリビングの雰囲気をそのまま受け継ぐ形にしました。あえてこの二つの空間を分けずに統一させているわけです。もちろん、寝室はゆっくりと休むための工夫も必要です。ベースの色は寒色系のグレーとし、リビングと同様なラグを敷いています。

 

また照明にも工夫しています。インターフォルムのメルチェロという、ペンダント照明を設置しています。これは北欧デザインが温かみを感じさせてくれるものとなります。シェードを重ねるデザインが光を柔らかくしてくれるのが特徴です。

 

アーデン泉プレミア|インテリア|寝室

 

カーテンはカズマのLX50505、これはいわゆるレースカーテンですが、南東の2面の窓から明るい陽射しが入るようになっています。リビングもレースカーテンのみですが、こちらは北向きとなるので室内が明るくなるようにとの配慮があります。

 

 

一部にアクセントカラーを入れるとメリハリが生れます

 

インテリアで大事なことは、統一感を持たせると同時にメリハリもうまく出すことです。統一感というのは、逆に言えばメリハリがなくつまらない印象も与えます。家というのは完全に休息するだけの空間ではありません。時にクリエイティブな思考を必要とすることもあるわけです。そこで今回、寝室の他に残っている部屋に、イームズの赤いアームシェルチェアを置いています。明るい雰囲気とすることで、リラックスする空間と差別化を図っています。

 

アーデン泉プレミア|インテリア|アクセント

 

 

終わりに

 

今回は寒色をベースにモダンな雰囲気を実現しつつも、落ち着ける部屋を目指してみました。色と素材の組み合わせで、一見すると相反するものを同居させることができる例ではないかと思います。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/aden_izumi_premier/e/

名古屋市東区「アーデン泉プレミア」

 

 

Pocket