お風呂好きには必ず欲しい設備|便利な追い焚き機能を知る

入浴イメージ|追い焚き
Pocket

賃貸マンションを選ぶ際に、お風呂の設備として追い焚き機能が付いているかどうかが大きなポイントになります。長くバスタイムを楽しみたい人にとって、お湯の温度を保てる追い焚き機能は便利なものです。そこで今回は、このお風呂の追い焚き機能について取り上げたいと思います。

名古屋のデザイナーズ賃貸

追い焚き機能とはどのようなもの?

そもそも追い焚き機能とはどのようなものなのかを知っておく必要があります。賃貸物件の情報では、割とこの機能についてあやふやな場合があるからです。

追い焚き機能とは、浴槽のお湯を設定する温度に保つために温める機能のことを表します。ガスによる給湯器でその機能が備わっている場合と、オール電化でエコキュートなどに備わっている場合とがあります。基本的には、追い焚き機能ありとされていれば、給湯器などにお湯の温度調節を行う機能が備わっていることを表しています。

追い焚き機能にはどのような種類があるのか

まず賃貸マンションにおいて、追い焚き機能にはどのような種類があるのかを紹介します。

基本的には追い焚き機能とは、浴槽のお湯の温度が下がった時に設定温度まで温める機能を意味します。これを自動的に行ったり、あるいは手動で行うことになります。そしてもうひとつ、追い焚き機能に近いものとして差し湯機能があります。

追い焚きがあくまでも湯船のお湯をそのまま温めることに対して、差し湯は高温に温めたお湯を湯船に送ることで、全体の温度を高めるものとなります。湯量が増えるのが特徴ですが、温めるのは追加で送るお湯の分だけで済むというメリットがあります。

追い焚き機能も湯量が少なくなれば、自動的にお湯の量を増やして温度を上げることになります。結果的には差し湯と同じことになりますが、湯船全体を暖めるのか足すお湯を事前に温めておくかが違うというわけです。

賃貸マンションにおける追い焚き機能の種類について

賃貸マンションの追い焚き機能には、フルオートバスとセミオートバスのふたつの種類があります。フルオートバスの場合には、湯船の湯量が少なくなると自動的に足し湯を行います。その上で、お湯を設定された温度に保つように温めながら巡回させます。

さらにフルオートバスには、追い焚き配管に自動洗浄機能が付いているものがあります。お風呂の追い焚きで気になるのは、湯船の雑菌が繁殖することです。お湯は36度前後が最も雑菌が繁殖しやすいとされますが、長時間お湯を使い続けることでその繁殖が気になります。けれどもフルオートバスの中には、浴槽の栓を抜くことで配管にお湯が通り、その時点で追い焚き配管を洗浄する機能が備わっているものがあるというわけです。

一方でセミオートバスの場合には、スイッチを押すことで設定した温度のお湯を設定量まで張ったり、自動機能を入れることによって自動的に追い焚きを行うものとなります。フルオートとの違いは、スイッチを押すか否かにあります。機能的にはほとんど同じというわけです。

オール電化の追い焚き機能について

ここで、オール電化の場合の追い焚き機能について紹介します。これまでは電気でお湯を沸かす場合、タンクを設置して夜間の安い電力を使うものが主流でした。そしてお風呂のお湯はこのタンクから使うことになるので、追い焚き機能というものはありませんでした。

けれども最近は追い焚き機能が備わっているエコキュートを設置することで、オール電化でも追い焚きができるようになっています。賃貸マンションの場合には、このような追い焚き機能が備わっているエコキュートが設置されているかどうかを確認しておく必要があります。

賃貸マンションの追い焚き機能の主流について

数年前までは、賃貸用マンションでは追い焚き機能がついた物件は少ないものでした。特に単身者向けのワンルームマンションはほとんど設置されていなかったものです。これは建設コストを下げることも理由ですし、それほど需要がなかったこともあります。また追い焚き機能を備えた給湯器の寿命は、無いものの半分とも言われます。そのランニングコストを考えると、家主としては追い焚き機能がない給湯器を付けたいという事情があります。

けれども近年では、追い焚き機能が備わったワンルームマンションも増えています。人気の設備ランキングでも、この追い焚き機能が上位に上がってきていることも背景にあります。空室リスクを軽減させるためにも、これからも追い焚き機能がついた物件は多く建設されると見られています。

ただし築年数の古い賃貸マンションには、追い焚き機能がない物件が多くあります。実際に市場で見られる賃貸物件情報では、追い焚き機能が備わっている物件は少ないものです。新築や築年数の新しいものは装備されているものが多くなっていますが、家賃もその分高くなります。手頃な家賃の物件では装備されていないことが多いので、注意しておく必要があります。

分譲タイプのマンションの追い焚き機能について

分譲タイプのマンションは設備を充実させることで、物件の魅力をアピールしています。そのために分譲賃貸マンションはフルオートバスが設備されているのが主流と言えます。オール電化の高層マンションでも、追い焚き機能が備わったエコキュートを設置しています。

また築年数の古いマンションでも、リフォーム時に追い焚き機能のついた給湯器に交換しているものがあります。給湯器は10年以上経過すると、交換が必要になります。その際に追い焚き機能がなかった場合には、新たに機能が備わっているものに交換するというわけです。賃貸マンションの場合には、このような交換をするケースはあまり見られません。けれども分譲賃貸マンションの場合には築年数が古くても、フルオートバスが備わっているものが多く見られます。

追い焚き機能つきマンションのメリットとデメリット

お風呂が好きな人にとっては、追い焚き機能がついていると嬉しいものです。またお湯を張り替えるとガス代と水道代がかなりかかるという点も挙げられます。特に寒冷地の場合、水温はかなり低いので新たに温めるとなるとガス代が高くなります。けれどもお湯を一晩残しておいても、温度は水道水ほどには下がりません。そのために温め直せばガス代はほどかからないというわけです。

ただし同じお湯を使い続ける場合には、雑菌に注意が必要です。1人暮しの場合なら、湯船に浸かる前に体を洗っておくなどの工夫をすれば、雑菌の繁殖を抑えることができるかもしれません。

一方で給湯器は給湯用バーナーに比べると、追い焚き用バーナーの出力は半分と言われます。夏場は良いのですが、冬場に冷めたお湯を温め直すには、相当のガス代が必要となります。一晩置いたお湯がかなり冷えているのであれば、新たに張り替えた方がお得と言えます。その点に注意して利用する必要もあるというわけです。

終わりに

湯船にゆっくりと浸かりたい人にとっては、お湯の温度を一定に保てる追い焚き機能は非常に便利です。けれどもその機能を備えたマンションを借りるには、色々と条件があります。

賃貸専用であれば築年数の新しいものを、あるいは分譲賃貸マンションを探すことが必要となります。またガス代などのランニングコストを考えて、どのように活用すれば良いのか、無駄のない出費となるように工夫することも必要です。

デザイナーズマンション賃貸のスタイルプラス

名古屋のデザイナーズマンション賃貸

Pocket

-住宅の設備・建材
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

宅配ボックス

宅配ボックスは外出の多いあなたには必須!?

Tweet Pocket 国土交通省での有識者検討会において、宅配ボックスを活用した二酸化炭素排出削減が提案されました。どういうことかと言うと、配達先の不在による再配達によって排出される二酸化炭素発生 …

ペット共生

ペット共存賃貸マンションを知る|ペット専用設備のあれこれ

Tweet Pocket 賃貸マンションを借りる際に、ペット可能となる物件を探す人が増えています。けれどもその数はまだ少なく、さらにペットをめぐる住人同士のトラブルも少なくありません。 そこでペットと …

オール電化

ホントにお得なの?|オール電化物件のメリットとデメリット

Tweet Pocket 東日本大震災以降、電気料金は値上がりしていることでオール電化には逆風とみられてきました。この4月から電力の自由化が始まりましたが、深夜割引をするサービスは今のところありません …

image (34)

あったら便利!浴室暖房乾燥機の実力とは?

Tweet Pocket 今やマンションだけではなくアパートにも設置されている浴室暖房乾燥機は、便利な設備として人気があります。冬場のヒートショックを避けるために、寒い浴室を暖めておいたり、逆に暑い夏 …

キッチン

あなたに合うのはどのタイプ?キッチンの種類とそれぞれのメリット

Tweet Pocket 賃貸マンションには様々なキッチンが設置されています。部屋の広さに応じてタイプが選ばれることが多いものですが、それぞれに特徴や使用する上でのメリットが異なるものです。キッチンに …

名古屋のデザイナーズ賃貸専門サイト