知っておきたいマンションの耐震性能

耐震性能
Pocket

東日本大震災以降、大きな地震が発生していますが、先日熊本で震度7の地震が発生しました。その規模は阪神淡路大震災にも相当するものだそうです。マンションに対する地震対策はこれまで以上に注目されることになるでしょう。そこで賃貸マンションを借りる上でも、どのような対策が講じられているのかを知っておくことは大切です。1981年の耐震基準改定以降、ほとんどのマンションは耐震構造となっています。躯体を強化して地震の揺れに耐えることを目的としたものです。そしてその弱点を補う形で免震構造と制震構造によるマンションも建つようになってきています。それぞれどのような特徴を持つのかを挙げてみます。

耐震構造

とにかく地震の揺れによって建物が倒れないように、その目的で地震に耐える構造にしています。建物の骨組みなどを強く頑丈にすることで、地震の揺れを受け止めることになります。理論上は震度6強の揺れには耐えることができます。けれどもそのエネルギーは建物の内部にそのまま伝わるので、高い建物ほど上層部の揺れは大きくなります。そのために、家具などが倒れる恐れがあるので、壁に固定するなどの工夫が必要になります。

免震構造

基礎と建物との間に免震装置を設置しているものです。最大震度7の新潟中越地震でもほとんど倒れなかった実績があります。大きな地震を受けると、この免震装置が変形することで激しい揺れをゆっくりとしたものに変えてくれます。地震の力を50%から80%は減らすと言われます。そのために建物には地震のエネルギーが伝わらないことになります。ただし、想定以上の巨大な地震が起きると、免震装置に使われている積層ゴムが破断する恐れがあることを指摘されています。また、この免震構造とするためには、軟弱地盤や液状化の恐れがある地盤の場合には不向きとなります。また、免震装置が正常に作動するかどうかを定期的に点検する必要がありますし、大きな地震を受けたら免震装置を修理する必要もあります。また、ゆっくり長く揺れる長周期地震動に対しては共振しやすいという面も持っています。ただし、大きな地震が起きても建物が変形したり外壁や天井などが破損することも少ないのが特徴となります。

制震構造

建物の要所に揺れを吸収する制震装置を設置しています。制震パネルやオイルダンパーなどが使われていますが、地震の揺れを20%から30%ほど減らすとされます。超高層マンションでは多く導入されているものです。長所として繰り返しの揺れに強いことが挙げられます。免震装置のようにメンテナンスをまめに行う必要もありません。ただし中高層マンションに設置しても、それほどの効果は期待できません。

地震が起きた時はどうする?

どのような地震対策が採用されていても、大きな地震が発生した時のための備えは必要です。少なくても数日間買い物せずに済むくらいの水と食べ物は備蓄しておきたいところです。そして地震が発生した時にどう行動するかを決めておくことです。というのも、大きな揺れの中では体を自由に動かすことができないからです。まずは頭を守ることが大事です。そしてキッチンで火を使っていたら、その場から離れることです。揺れを感知したら火は勝手に消えてくれます。そしてとにかく玄関を目指すことです。ドアを開けて、枠が変形して開かなくなるのを防ぎます。建物から外へ逃げる時は、ブレーカーを落として、できればガスの元栓も閉めておきます。エレベーターは使わずに非常階段を使うことも忘れてはいけません。あとは地域で定められた避難場所を目指すことになります。


マンション選びではどのような構造となっているかも大切ですが、過信するのは危険です。制震構造も免震構造も、その実績については十分なデータがありません。まずは日頃の備えと、発生した時の行動をシミュレーションしておくことが大切です。

Pocket

-住宅の設備・建材
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

image (34)

あったら便利!浴室暖房乾燥機の実力とは?

Tweet Pocket今やマンションだけではなくアパートにも設置されている浴室暖房乾燥機は、便利な設備として人気があります。冬場のヒートショックを避けるために、寒い浴室を暖めておいたり、逆に暑い夏場 …

no image

床材の種類と特徴を知る

Tweet Pocket住宅選びで特に大切なのが床材です。色味や踏み心地など毎日の生活において、少しでも快適なものを選びたいと誰もが思うのではないでしょうか。その種類は実に豊富ですし、また場所によって …

no image

こんなにもある!収納の種類と特徴をチェック

Tweet Pocket住まいにはモノをしまっておくための収納が数多くあります。設置する場所や収納目的に応じてかなりの種類があるので、それぞれの特徴や役割を把握して上手く活用すると便利です。 &nbs …

オール電化

ホントにお得なの?|オール電化物件のメリットとデメリット

Tweet Pocket東日本大震災以降、電気料金は値上がりしていることでオール電化には逆風とみられてきました。この4月から電力の自由化が始まりましたが、深夜割引をするサービスは今のところありません。 …

no image

お風呂好きには必ず欲しい設備|便利な追い焚き機能を知る

Tweet Pocket賃貸マンションを選ぶ際に、お風呂の設備として追い焚き機能が付いているかどうかが大きなポイントになります。長くバスタイムを楽しみたい人にとって、お湯の温度を保てる追い焚き機能は便 …