あなたに合うのはどのタイプ?キッチンの種類とそれぞれのメリット

キッチン

賃貸マンションには様々なキッチンが設置されています。部屋の広さに応じてタイプが選ばれることが多いものですが、それぞれに特徴や使用する上でのメリットが異なるものです。キッチンには部屋の中に設置されるオープン型と、独立した部屋のようなクローズ型とがあります。それぞれに対して共通する種類ごとに特徴をまとめてみます。

I型キッチン

image (56)
<特徴>
最もベーシックな、コンロと作業スペースとシンクが1列に並ぶタイプとなります。通常は壁に向けて設置されるものですが、部屋の広さを確保したい時に有効な形です。調理を行う際には平行移動のみで済むので使い勝手は良いものです。またエアコンの恩恵を受けやすいのもこのタイプの利点です。特に夏場のキッチンは暑いものですが、室内のエアコンの位置によっては暑さをしのぐことができます。

<メリット>
部屋の一面に調理設備が揃っているので、まずニオイが効率良く排出できることが挙げられます。また壁に向かって作業することで集中できるという声も多く聞かれます。さらに、壁に造作棚があれば収納も充分に確保することができますし、あるいは雑貨をディスプレイすることも可能です。壁に窓があるタイプであれば、外の景色を見ながら調理ができます。

<デメリット>
部屋に背を向けることになるので、小さな子供がいる場合には後ろを振り向きながら作業することになります。部屋の照明を背にすることで、手元が暗くなる場合もあります。

I型キッチンを採用したお部屋の例

L型キッチン

image (57)
<特徴>
ワークトップをL字型に曲げた形となります。シンクとコンロを離して配置していますが、I型よりも作業動線が短くなるのが特徴です。部屋の角に設置することで、デッドスペースを減らす効果もあります。

<メリット>
壁面にもカウンターを設ける形であれば、ワークスペースが広く取れることになります。キッチンを設置するスペースが少なくて済むので、賃貸マンションにも良く見られます。シンクとコンロ、冷蔵庫のトライアングルが無駄のない動線を確保できることになります。少ない歩幅で必要な動作が行えることが利点です。コーナー部分のワークスペースを自由に使えるのもこのタイプのメリットになります。

<デメリット>
唯一デメリットとされるのが、コーナーの部分がデッドスペースとなって収納を確保できないことです。また、収納棚を自分で設置したい場合には、そのスペースの確保が難しいケースもあります。
ただし最新のL型キッチンはコーナーの収納にも工夫されたものがあります。

L型キッチンを採用したお部屋の例

対面キッチン

image (58)
<特徴>
カウンターキッチンとも呼ばれるものですが、分譲タイプのマンションでは7割ほどがこのタイプを採用していると言われます。キッチンがリビング向きに配しているので、調理をしながらリビングの家族とのコミュニケーションを取れるのが特徴です。キッチンの前にカウンターがあるタイプと、作業スペースのトップ部分がフラットとなっているタイプがあります。フラットなタイプはフルオープン型と呼ばれます。

<メリット>
リビングの様子が一目でわかることが大きなメリットとなります。また開放感があり、調理していても孤独感を感じないのが利点です。食事前後の配膳が非常に便利ですし、また配膳前のお皿などをカウンターに置いておくこともできます。

<デメリット>
開放感があるために、ニオイが部屋全体に広がりやすくなります。そのために強力な排気システムを必要とします。来客時にはシンクが丸見えになってしまうので、常に綺麗にしておく必要があります。

対面キッチンを採用したお部屋の例

U型キッチン

image (59)
<特徴>
アルファベットのUやカタカナのコのように、3方向に広がるタイプになっています。キッチンに立つ人を中心にして、シンクとコンロ、そして冷蔵庫や食器棚がレイアウトされることになります。

<メリット>
L型のように調理の際の動線が短いことが挙げられます。そのために作業効率も高まることになります。移動することなく体の向きを変えるだけで調理ができます。また収納スペースも確保しやすく、特に足元の収納スペースも広く取れるようになります。

<デメリット>
キッチンそのものが大ぶりになるので設置スペースがそれなりに必要となります。そのために賃貸マンションの場合には、部屋が狭くなりがちです。収納自体は多いのですが、分散されることにより使い勝手は工夫が必要となります。

アイランド型キッチン

image (60)
<特徴>
アイランド、つまり島状に独立したキッチンです。元々外国ではよく用いれる型となります。壁側にI型のキッチンを取り付けて、シンクとコンロのどちらか、あるいはその両方を分離する形です。両方を壁側に設置した場合には、島の部分は作業台となります。このタイプのキッチンが選ばれる理由は、主にインテリアの一部として見た目を重視することにあります。そのために、デザイン性の高いものや高級感のあるものが多くなります。ちなみに島の左右どちらかを壁につけたものをペニンシュラキッチンと呼びます。

<メリット>
島部分は四方向から作業できるので、複数の人が同時に調理に参加できるようになります。パーティなどに向いた形と言えます。調理台として広いスペースを確保できるために、配膳の準備もしやすくなります。
開放感もあるので、コミュニケーションを取りながら作業することに向いています。

<デメリット>
汚れが目立つので、常に綺麗にしておく必要があります。かなり広い部屋でなければ置けないのもデメリットとなります。油はねやニオイ対策も必要となります。

アイランド型キッチンを採用したお部屋の例

二列型キッチン

image (61)
<特徴>
I型を2列に並べたタイプとなります。コンロと作業スペース、シンクを2つに分けて平行に配置しています。洗い物や下ごしらえと煮炊きする場所が別になる形となります。それぞれのスペースにゆとりを持てるので、作業スペースを確保できるために、本格的に料理をする人に好まれるタイプです。

<メリット>
2人で作業する場合にもストレスなく行えることになります。収納のスペースが多いことに加えて、オーブンなどの調理設備を備え付けるのも無理なく行えます。また、キッチン自体にそれほどスペースを必要としないので、オープン型にもクローズ型にも設置できるのも利点です。調理に専念したい場合にはクローズ型を、家族とのコミュニケーションを取りながら作業するのであればオープン型を選ぶことができます。

<デメリット>
シンクとコンロとの間を素材や鍋が行き来することで、床が汚れることになります。また振り返りの動作が増えることにより、思いの外疲れることもあります。また、2つのキッチンの幅の広さによって使い勝手が変わります。2人で作業するには広めに間隔を開けた方が良いのですが、1人で使うのであれば狭めの間隔が必要となります。その兼ね合いが難しいものです。コンロが対面側にあると、レンジフードの効率が下がることになります。また油はねも気になるものです。



このように、それぞれに使い勝手が異なりメリットにも違いがあります。賃貸マンションの場合には部屋の広さによって設置されるタイプがほとんど決まることになります。そのために、求めるタイプのキッチンがあればそれに応じた広さの部屋を探すことにもなります。また、クローズ型を選ぶかオープン型を選ぶのかも生活習慣などを考慮して決めることが大事です。単にお洒落というだけで選ぶと後悔することもあるので、普段の調理スタイルなどを当てはめてシミュレーションしてみることも大切です。

-住宅の設備・建材
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

no image

こんなにもある!収納の種類と特徴をチェック

住まいにはモノをしまっておくための収納が数多くあります。設置する場所や収納目的に応じてかなりの種類があるので、それぞれの特徴や役割を把握して上手く活用すると便利です。    クローゼット 洋 …

浴室

入浴に便利な追い焚き機能|メリットと注意すべき点とは

賃貸マンションを選ぶ際に、バストイレが別になっているタイプは人気があります。さらにお風呂に追い焚き機能がついているものは、さらに人気を集めています。ワンルームタイプとなると、たとえデザイナーズマンショ …

宅配ボックス

外出の多いあなたに必須!?|宅配ボックスの話

国土交通省での有識者検討会において、宅配ボックスを活用した二酸化炭素排出削減が提案されました。どういうことかと言うと、配達先の不在による再配達によって排出される二酸化炭素発生を抑えることが狙いというわ …

no image

1216?1616?知っておきたい浴室のサイズ

マンションの浴室はほとんどがユニットバスとなっています。特に賃貸物件の場合には、取り付けが楽で費用も抑えることができるので採用されやすいものとなります。デザイナーズマンションのようなスタイリッシュな建 …

no image

快適な暮らしは構造から。建物構造の種類と特徴とは?

住宅には様々な工法がありますが、地盤やコスト、工期や建物の規模によって適切なものが選択されることになります。代表的なものは幾つかに分かれますが、お部屋探しの際は参考にすると便利です。 中高層規模の賃貸 …