メゾネットに住む!

Pocket

1

騒音でも大丈夫 2つのフロア

メゾネットタイプのマンションへの関心が高まっています。住戸内に階段があり、上と下の2フロアを使うマンションで す。フロアが2つあるので一戸建てに住んでいるような感覚を楽しめ、階下に住む人への騒音を気にしなくてもよいのが売りの「内階段のあるマンション」。個性的で余裕の空間を楽しめる住まいとして、友達などに自慢できることも人気の秘密のようです。

1フロアタイプの「フラットフロア」だと間取りに変化をつけにくく、面白みに欠けるといわれることから、2つのフロアを使うことで住まいに変化をと考え出されたのがメゾネットです。

広々空間 通風、採光も有利

メゾネットでは、例えば下の階にリビングを置いてパブリックスペースにし、上の階には主寝室・子供部屋・浴室を置いてプライベートスペースにするといった具合に分けた生活ができます。上の階にリビングを置いて下の階に寝室を置けば、リビングで子どもが遊んでも下の階に住む人に騒音の迷惑をかけなくて済みます。さらに、階段部分を吹き抜けにして立体的な空間が生まれるので、広々とした開放感を味わえます。2層にバルコニーがあるので、通風や採光でも有利になります。

デメリットもあります。住戸内に階段を設けるので有効面積が少なくなってしまうこと。また、トイレは上と下の階の両方にないと不便なので、普通なら1つで済むトイレを2つ設けることが多く、有効面積がさらに減ってしまいます。また、生活動線が不便になり、下の階で洗濯をして、干すのは上の階という具合に、階段で移動する必要があることです。

こうしたマイナス要素があっても、メゾネットにはそれを補って余りある魅力があります。騒音は階下の人だけでなく、家庭内でも気を使うもの。その点、メゾネットなら夜遅く帰ってきたり、わが子の遊ぶ音を気にせずテレビを見たいという時、さらには家庭内でも自分だけのプライバシーを守りたいという場合にもフロアが2つあるメリットが生きてきます。

でも、1棟すべてをメゾネットタイプにしたマンションはまだ少なく賃貸物件としては希少です。こだわりのマンションに住みたいという人は、メゾネットの物件を探して一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

Pocket

-物件選びのポイント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

教育

子供の教育を意識するエリア選びを考える

Tweet Pocket賃貸マンションを探す際の条件のひとつとして、子供の教育環境を意識したものもあります。できれば勉強しやすい環境となる学校を、あるいは学力の高いところにと望むことになります。もちろ …

no image

ワンランク上の生活「コンシェルジュサービス」とは

Tweet Pocket タワーマンションや数百戸規模のマンションにコンシェルジュが常駐するケースが増えてきました。ホテルのサービスマンのように住人のために動いてくれる存在となります。そして提供される …

no image

ロフト付賃貸ってどうなの?

Tweet Pocket ロフト付賃貸のメリット・デメリット ロフトのメリット 賃貸マンションで、ロフト付きの物件が人気です。 一戸建て住宅だと、屋根が低くて狭いといったイメージを持つ人が多いかもしれ …

コンクリート打ちっ放しイメージ

デザイナーズと言えばコレ!コンクリート打ちっ放しの魅力とは?

Tweet Pocketデザイナーズマンションで見られるコンクリート打ちっぱなしのマンション、その都会的なお洒落感は通常のマンションでは得られないものです。一方でこのコンクリート打ちっぱなしには、いく …

no image

マンションとアパートの違いって?

Tweet Pocket私たちがふだん何げなく使っているマンションとアパートという言葉。実は法律的な区別はないんです。アパートはこじんまりしていて家賃が安め、マンションはしゃれたイメージがあって家賃が …