美しい街並みが魅力!人気の文教地区「星ヶ丘」

Pocket

image (28)
愛知県の中でも高級住宅地として、また文教の地として有名なのが星ヶ丘エリアです。東京で言えば文京区といったところでしょうか。東京大学本郷キャンパスを筆頭にお茶の水大学や日本女子大学、さらには順天堂大学や日本医科大学などがあるのは大学病院などが多いことも関係しています。星ヶ丘にも椙山女学園大学や愛知淑徳学園といった有名大学が存在します。また、栄駅や名古屋駅へも地下鉄一本で行ける利便性の高さもあります。

【自然に恵まれた地域】

星ヶ丘エリアには日本で初めてコアラを紹介した東山動植物があり、その周りを緑が取り囲んでいます。園内の温室は日本最古となるものです。また1万歩ウォーキングコースが整備されるなどゆとりのある住環境が提供されています。そしてその環境に溶け込むように存在するのが星が丘テラスという低層ショッピング街です。

【星が丘テラス】

道路を建物が挟むようなガラス張りのショッピングモールとなるのが特徴で、平成15年には名古屋市都市景観賞も受賞しています。近くに椙山女学園大学があるために、女性客が多く見られます。駅の南には三越がありますが、ここは全国でも食品売り場の売り上げ比率が高い百貨店として有名です。このような買い物環境と女性客の多さが、このエリアが安心して住める理由となっています。緑も多く子供に遊ばせるにもちょうど良い環境となることが、文教地区としてのステイタスを確立させるものとなっています。

【駅の周辺には住宅街は少ない】

駅の周辺はショッピング街や公共施設が占めているので、住宅街はあまりありません。逆にこの棲み分けが住環境にメリハリを持たせているとともに、高級住宅街と呼ばれる理由でもあります。病院や銀行にも不自由しない住みやすさもまた、高い人気につながっています。ただし、スーパーやドラッグストアを利用する場合には、ひとつ隣の一社駅が便利です。住環境としては人気のエリアとなりますが、買い物に関してはある程度の工夫は必要になります。

【東山スカイタワー】

高さ134mの星ヶ丘のランドマークタワーとして、日本の夜景100選にも選ばれた星ヶ丘の夜景と海を堪能することができます。7階のレストランでは、この夜景とともに食事を楽しむことができます。

【コミュニティ】

住みやすい街の定義は人によって異なりますが、昔から人同士の付き合いがそのひとつとされてきました。近年では様々な施設などで便利になる都市ですが、人同士の付き合いが希薄になってきています。昔のように近所の人達が集まるようなことも少なくなっています。この星ヶ丘では、星が丘テラスが中心となってコミュニティを形成しています。地元の学生と共同でイベントを開くなど、地域の連携を取れるように工夫しています。これは単にショッピングなどが便利な施設を作ることが目的ではなく、あくまでも街づくりがビジョンとしてあることを意味します。このビジョンこそが、星ヶ丘が住みたい街としてランキングにも上位となる基盤となっています。文教地区と呼ばれるのも、単に学校が集まっているからではありません。安心して勉学に励むことができる環境が整備されているということです。星ヶ丘三越や東山動植物などといった設備と恵まれた自然、これらが一体となっているところに、この星ヶ丘の魅力が集約されています。

近年では大型のマンションも多く建設されています。都心と比べると価格は高くはないものの、この地での物価などを考慮すると居住費用は割高となる面もあります。それでも多くの人がこの地域での暮らしを求めるのには理由があります。安心できるところ、落ち着いた雰囲気、これは幾らお金を出しても買えるものではありません。この地域に住むからこそ得られる特権のようなものです。

星ヶ丘周辺のデザイナーズマンション賃貸はこちら

Pocket