マンションの音に悩まされない、物件選びのチェック方法とは

Pocket

bsPAK93_taikusuwariatama20140322

賃貸マンションの引越しを考える人にとったアンケートによると、住んでみて不満に思う理由で圧倒的に多いのが音の問題です。住人同士のトラブルでも多いのはやはり、他の住戸から漏れる音が原因となるものです。これは実際に住んでみないと分からない部分も多いものです。けれども物件探しにおいて注意しておけば、ある程度は音に関する悩みを回避することができます。特にせっかくのデザイナーズマンションに住むことになるも、音に悩まされるような事態は避けたいものです。

音漏れの原因は3つ

まず窓から入り込む屋外の音です。大通りに面していれば車の音が、公園や幼稚園が近いと小さな子供の声が響いてきます。この場合には、建物の環境を考慮して避けることができます。そして屋内からの音漏れが起こるのは、壁と床、そして天井です。また、音には人の声やテレビの音などの他に、モノを落としたり歩いたりする時に発する打撃音があります。打撃音の場合は、隣り合う住戸以外からもコンクリートを伝わって響いてくる場合もあります。

まずは建物の構造に注意

マンションとひと口に言っても、その構造は様々です。それぞれに特徴は異なりますし、コストも違います。基本的に賃貸用に建てられたマンションの場合には、家賃の利回りを高めるために極力コストを下げる傾向があります。アパートで多く見られるものですが、鉄骨構造の場合には防音性はかなり低いとされています。コンクリート厚も薄めとなるので、隣の部屋の音も気になるようになります。そして賃貸マンションに多いのは鉄筋コンクリート、あるいは鉄筋鉄骨コンクリート造です。これはコンクリートと鉄筋を組み合わせたもので、さらに柱に鉄骨を使用しているのが後者のタイプです。耐久性には違いが出ますが、この両者には防音性に関しては差はないとされています。ただし、柱を使用せずに壁に鉄筋を埋め込んだ壁式構造の場合、耐久性と共に防音性にも特に優れているとされています。ただしコストがかかるために物件数自体は少ないのですが、同じ建物にオーナーが住んでいるような物件に比較的多く見られるものとなります。これらの構造に関しては、不動産屋で確認することができるので必ずチェックしておきたいものです。オーナーが同じ建物に住んでいるデザイナーズマンションならば、かなり造りにこだわっている場合があるので防音性には期待できます。

隣の住居からの音

これは単純に、戸境の壁のコンクリートの厚さに比例します。コンクリートが厚くなるほどに音は遮断されます。ここで知っておきたいのは、同じ建物であっても、壁の厚さは異なるということです。例えば高層マンションの場合、耐震性の面から課題となるのが重量です。そのために、コンクリートの重さを減らすために上階へ行くほどに壁は薄くなる傾向があります。下階の方が壁に関しては防音性は高くなるわけです。

上階の音

上階に子供がいる場合、マンションであってもどうしても音は響くものです。けれども、二重床二重天井であれば、間に空気層があるので少しは音が軽減されます。理想はその空気層にも吸音材を入れているものですが、これも不動産屋に聞けば構造を知ることができます。ただし、多くのリビングでは天井を高く確保するために、二重天井としていない物件が多くなります。できれば、天井は低くなっても二重天井のものを選びたいものです。お洒落なデザイナーズマンションの場合も、特に築浅物件は二重天井のリビングは少ないので是非チェックしたいところです。

居住条件を確認する

例えばワンルームや1LDKの場合、子供は不可とする物件は多いものです。やはり音に関する問題が出るからですが、一応その確認をしておくことも大切です。物件の下見の時には、上階の洗濯物に子供服があれば注意が必要です。他にもペットの飼育が可能であれば、犬の鳴き声も結構聞こえるので要注意となります。

Pocket

-物件選びのポイント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

お部屋探し

理想のお部屋を探すポイントとは?

Tweet Pocket賃貸物件を探すにあたり、誰もが理想の部屋を探したいと思うものです。けれども家賃設定などに余裕があれば良いのですが、大抵は少しでも家賃を抑えた中で探すことになるのではないでしょう …

no image

自分に合った「間取り」とは?

Tweet Pocket 賃貸物件を探す際に、間取りをどのタイプにするかはひとつの課題となります。それは使い勝手や居心地を決める上で大事な要素となるからですが、その前にひとつ考慮しておくべきことがあり …

日当たりの良い部屋

「南向き」が一番?ライフスタイルに合った日当たりを考察

Tweet Pocketライフスタイルが多様化している現代では、賃貸物件を選ぶ時の部屋の向きも、どの向きが最適かは変わってきています。   南向きが人気であることは変わりないのですが、はたし …

no image

ワンランク上の生活「コンシェルジュサービス」とは

Tweet Pocket タワーマンションや数百戸規模のマンションにコンシェルジュが常駐するケースが増えてきました。ホテルのサービスマンのように住人のために動いてくれる存在となります。そして提供される …

no image

光熱費を抑えたい!そんな人の物件選びとは

Tweet Pocket 賃貸物件探しに常につきまとうのは、家賃と理想とのバランスをいかに取るかではないでしょうか。ちょっと広めのお洒落なデザイナーズマンションで通勤の便も良くて、買い物環境も申し分な …