大人女子が満足できる可愛いお部屋のインテリア

インテリアコーディネート|Ceres丸の内

Pocket

仕事をバリバリこなす女性でも、1人暮らしの部屋は可愛らしい女の子っぽさを求める人は多いのではないでしょうか。

今回のインテリア案件では、そのような女の子っぽさを感じさせる部屋です。色の配色と家具選びに注目していただければと思います。

 白を基調としてテイストをまとめる

女の子っぽい部屋といっても、そのイメージは人によって違います。つまり、求めるテイストが異なるというわけです。

ピンクを使った部屋が好みの場合もあれば、ガーリーテイストを好む人もいます。

いずれの場合でも、そのテイストでまとめることが大切です。

そしてもうひとつ、基本色としてベースは白にすることが必要となります。その上でそれぞれのテイストに合う色で統一することにより、部屋の雰囲気をまとまった感じにすることができます。

今回は上品な雰囲気をご希望とのことで、ベースカラーの白に統一しています。

 家具はコンパクトなサイズを

インテリアコーディネート|リビング|Ceres丸の内

今回のお部屋は、1人暮らしとしては広めの1LDKタイプとなります。

リビングとベッドルームが分かれることで、それぞれの雰囲気も分けて演出することができます。

部屋も広めに確保されていますが、女の子っぽさを演出するためには大型家具はなるべくコンパクトなサイズを選ぶのがポイントです。

しかも家具の色もベースカラーとなる白に合わせているので、膨張色となります。見た目がより大きく映るので、その分も考慮して小さ目なサイズを選んでいます。

まずソファは東谷のGS-340という商品を、色はホワイトにしています。脚のついた英国風のデザインが、上品な印象を与えてくれます。

対面するテレビボードはサンコウのルーツという商品です。こちらもホワイトですが、扉は濃いブラウンとなっています。このブラウンは部屋の建具などの色に合わせているので、部屋全体と調和する効果が得られます。

このふたつのアイテムの間に、スミノエのランソーというラグマットを敷いています。こちらも白をベースとして模様が描かれたデザインとなりますが、さらに上品な雰囲気を加える効果が得られます。

テーブルもアルテジャパンのYG-64、ガラステーブルとすることでお洒落な雰囲気を演出しています。

照明はシャンデリアタイプを

インテリアコーディネート|照明|Ceres丸の内

やはり女の子っぽい部屋となれば、照明にもこだわりたいものです。

そこで今回は上品な雰囲気をテーマにしているので、スタイリッシュ感のあるシャンデリアタイプを選んでみました。商品はキシマのCC-40287です。

さらにスタンドライトとして、エルックスのイオスという商品を置いています。これはデンマークの会社による、ノルディックデザインと呼ばれるものです。羽毛を使っているので、柔らかな印象を与えてくれます。

最後に女の子の部屋として外せないアイテムとなる、ミラーを置いてリビングは完成です。選んだのはカイヤのスタンドミラーです。

スタイリッシュなベッドでアクセントを

インテリアコーディネート|寝室|Ceres丸の内

ベッドもホワイトのコンパクトなサイズのものを選んでいます。商品はディグレースというスタイリッシュ感のあるものです。

ヘッドボードにはくぼみがあって、そこに小物を置けるようになっています。

シンプルながらに洗練されたデザインとなりますが、このようなシャープな家具を置くと、女の子っぽさを演出する部屋にアクセントをつけることができます。

カーテンはスミノエのD-7007という商品ですが、やはりこのようなレースカーテンは外せないアイテムです。

アクセントカラーの選び方

最後に小物についてご紹介します。

リビングのソファにもベッドにも、エンジ系パープルのクッションを置いています。

今回のようにほとんどベースカラーである白で統一した部屋の場合、そのままではぼんやりとした雰囲気になってしまいます。

そこで、アクセントの効いた色の小物を置くことで、その白も映えるようになります。

その時に選ぶ色は、自分が求めるものを反映することが大切です。

 

今回のクライアント様は、会社では仕事に全力を注ぎ、家ではその分ゆっくりと気分を落ち着かせたいと考えています。

パープルの持つ心理的効果は、緊張や不安を癒し心と身体を回復させると共に、感性を豊かに創造性を高めるというものとなります。

少し落ち着いた色調にすることで、癒し効果を高めているのがポイントです。

おわりに

いかがでしょうか。女の子っぽいインテリアとなると他にも色んなパターンはありますが、今回の家具選びのポイントは他のテイストでも生かせるのではないかと思います。

色の選び方と家具のデザインを押さえることで、希望に叶うようなインテリアにすることができるでしょう。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

名古屋市中区「Ceres丸の内」

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

名古屋のデザイナーズマンション賃貸

Pocket

プラウドタワー名古屋栄|物件レポート

プラウドタワー名古屋

Pocket

タワーマンションのメリットは大きく分けてふたつあります。ひとつは便利かつ豪華な設備です。そしてもうひとつは、再開発を伴うことで商業施設などを併設することが挙げられます。

今回ご紹介する「プラウドタワー名古屋栄」は、名古屋駅と栄の中間に位置する納屋橋東地区の再開発により、リバーサイドに誕生した29階建てのタワーマンションです。

プラウドタワー名古屋栄の基本情報

プラウドタワー名古屋栄は地下鉄東山線の伏見駅から徒歩6分、さらに桜通線の名古屋駅からも徒歩10分の立地となります。2017年6月に竣工した29階建て、間取りは1LDKから4LDKとなります。専有面積は42.58㎡ –から89.58㎡、賃料は170,000円から350,000円と、それなりの金額となっています。

名古屋では珍しく、商業施設との複合開発の中で誕生しました。敷地内には他に3階建ての商業施設とオフィス棟があります。商業施設にはスーパーやレストラン、クリニックなどが入り、毎日の買い物などが便利に行えます。

このマンションのもうひとつの特徴が、12階までは内廊下となり13階以上は外廊下となっている点です。これは12階までマンション内にタワーパーキングが入っているためですが、このようなスタイルのマンションは非常に珍しいと言えます。

タワーマンションならではの豪華共用施設

タワーマンションといえば、建物内の豪勢な施設などが特徴と言えます。もちろんこのプラウドタワーも、住む人の満足度を高めてくれるような施設が色々と用意されています。

まず圧倒されるのが、二層吹き抜けとなる豪華なエントランスです。ガラスウォールに広い空間、さらに奥にはロビーとまるでホテルのような雰囲気を醸し出しています。エントランスの横には、タワーマンションで定番となるコンシェルジュカウンターがあります。嬉しいのはその利用時間です。8時から12時と17時から21時までとなっています。24時間ではないものの、忙しい主婦や少し帰りの遅いサラリーマンが利用できる時間帯をカバーしています。これなら共働き世帯も十分に利用できるのではないでしょうか。

3階には、書店と提携しているライブラリーコーナーも用意されています。その他にスタディルームやキッズルーム、27階には眺望を楽しめるパーティールームもあります。また名古屋を一望できるスカイデッキなど、充実した設備は名古屋のマンションの中ではトップクラスと言ってよいでしょう。

室内の設備について

それでは居室の設備について触れたいと思います。豪華な建物のイメージそのままに、充実した設備が住み心地の良さを感じさせます。

浴室換気乾燥機とバスタブの追い焚き機能や床暖房、キッチンシンクのディスポーザーはもはや高級マンションでは標準装備とも言えます。もちろん、この物件でもしっかりと備わっています。他にウォークインクローゼットと温水洗浄便座、タンクレストイレなど高級マンションに備わる設備は揃っています。

さらに備わっているのが浴室のミスとサウナです。充実したバスタイムを過ごすことができそうです。さらにトイレ内に手洗いカウンターがあるのも、ちょっとした気遣いですが便利に使えるものです。エアコンは天井に埋め込まれているので、リビングがすっきりとした印象になります。またキッチンスペースでは食器棚も標準装備されています。

商業施設のテラッセ納屋橋

プラウドタワー名古屋栄の住みやすさをさらに高めてくれるのが、併設された商業施設の「テラッセ納屋橋」です。ここにはユニー株式会社のスーパーマーケット「ラフ―ズコア」が入り、毎日の買い物を楽しめるようになっています。他にホームセンターのカインズも入っているので、日用品の買い物にも便利です。

その他専門店やカフェ、レストランなど21店舗が入っているので、食事やちょっとした休憩などを手軽に楽しめます。

プラウドタワー名古屋栄まとめ

「暮す」ということにここまでこだわっているマンションも、そう多くはないと思います。豪華な雰囲気とラグジュアリーな空間はもちろん高い満足度を与えてくれます。住むということに喜びすら感じるかもしれません。けれども、それを支える住みやすさがしっかりと確保されていることが、このマンションの魅力でもあると感じます。

名古屋市中区のタワーマンション「プラウドタワー名古屋栄」の詳しい情報はこちら

Pocket

お洒落でリラックスできる空間|淡い色の家具で清潔感を演出

インテリアコーディネート|グランツ|名古屋

Pocket

今回のインテリア案件は、ワンルームで生活する女性の方がご依頼人になります。清潔感のある部屋をご希望とのことで取り組みました。

清潔感のあるワンルームのインテリアとは

清潔感を感じる部屋にするポイントは、白などの明るく淡い色を使うことです。またガラスなど光を通す素材の家具を置くのも効果的です。さらにモノをあまり置かずにスッキリとした雰囲気にする必要もあります。 ただしワンルームとなると収納も少ないですし、どうしてもモノに囲まれた空間になりがちです。そこをどのように工夫するかがポイントになります。

今回のお部屋で注意したこと

今回のご依頼人のお部屋は、壁の一面が濃いブラウンのアクセントクロスとなっています。そのために透明感のある素材を使った家具を置いてしまうと、その濃さが透けることで家具の存在感が薄れてしまいます。さらに壁の濃さが目立ってしまうので、家具を選ぶ際には淡い色で統一することにしました。

インテリアコーディネート|グランツ

面積の大きなソファは東谷のハミングSS-112を選びました。丸みをおびた可愛らしいフォルムと、細かな千鳥柄が女性の部屋にはぴったりではないかと思います。色は淡いブルーにすることで、アクセントクロスを背に存在感を感じさせることになります。

家具選びのポイントは?

インテリアコーディネート|居室|グランツ

ソファの前には丸いラグマット、スミノエのFP-101を敷いています。こちらも白とブルーの柄となっているので、清潔感を感じさせるものとなります。

そしてローテーブルもやはり丸みのあるお盆のようなフォルムが特徴の、NW-723という商品を選んでいます。細くて長い脚も特徴的ですが、このすっきりとしたデザインも清潔感を演出するのに役立ちます。また、通常のテーブルとは異なり縁のついた独特のフォルムが、上に花瓶などを置いてもお洒落に感じさせてくれます。円形のテーブルは狭い部屋に置くとスペースを取らないので、圧迫感がなくなって便利でもあります。

カーテンも清涼感のあるレースカーテン、LX50505を選びました。陽射しが入るので部屋全体が明るい雰囲気になります。

ベッドもシンプルなデザインに

インテリアコーディネート|ソファ|グランツ

ワンルームのお部屋ということで、決して広くはない空間をいかに有効に活用するかが今回の課題でもあります。そこで大きな面積を取るベッドに、スチール製のシンプルなデザインとなる東谷のB-241S-WHを選びました。

コンパクトなサイズなので部屋を圧迫しませんし、スチールに施された白の塗装が清潔感を演出してくれます。また小物としてクッションを置いていますが、ファーのついた可愛らしいものをチョイスしています。

お気に入りの小物をディスプレイする工夫とは

インテリアコーディネート|シェルフ|グランツ

収納が少ないワンルームでは、お気に入りの小物をどのようにディスプレイするのかも悩みどころとなります。

今回はシェルフタイプのチェストとなる、OL-334という商品を置いています。ちょうどソファの正面に設置することで、写真や気に入っている雑貨などをディスプレイして楽しむことができます。シェルフ棚は背面もすっきりしているので、家具自体は大きなものですがワンルームに置いてもそれほど圧迫感を感じません。

ゆとりある空間が清潔感を演出します

今回のインテリアは以上となり、非常にシンプルにまとめています。ワンルームのお部屋でもまだ十分にスペースが空いています。もう少し収納を置いたりすることも可能ではありますが、ちょっと贅沢かなと感じる程度のゆとりを確保することで清潔感を演出することができます。

終わりに

今回は清潔感のある部屋をテーマにしたインテリアに仕上げました。狭いワンルームのお部屋であっても、色使いと工夫によってすっきりとした印象を与えることができます。また小物にもこだわることで、可愛らしさも演出している点に注目していただければと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

名古屋市中区「グランツ」

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

名古屋のデザイナーズマンション賃貸

Pocket

モロッコインテリア|異国情緒あふれる個性を演出

インテリアコーディネート|名古屋|アーデン春岡

Pocket

今回は美容師という専門職の仕事をしている女性がクライアントです。個性的なインテリアをご希望とのことで、ヒアリングを行いモロッコインテリアを取り入れる形で提案させていただきました。

モロッコインテリアの特徴

モロッコカサブランカイメージ

今回のお部屋はワンルームタイプなので、インテリアを統一することで部屋全体の雰囲気を希望するものにできます。そこで取り入れたモロッコスタイルは、ヨーロピアンとアジアンのそれぞれのスタイルを融合させたような形となります。鮮やかな色合いと宮殿をイメージさせることが特徴となっています。

専門職に携わっているということで、このような刺激を受けるような部屋の方がイマジネーションも生まれやすいのではないかと考えました。もちろん仕事から帰ってゆっくりとくつろげることも大切です。けれどもクライアント様のご要望により、刺激も受けることができるようなお部屋をとのことで個性的なモロッコスタイルを選んだというわけです。

モロッカンテイストを決めるポイント

インテリアコーディネート|居室|名古屋|アーデン春岡

まずモロッコスタイルを感じさせるアイテムとして、トレーテーブルを採用しました。丸く縁があるのが特徴ですが、今回は東谷のNW-724という製品を選びました。さらにソファも脚が長く、丸みを帯びているのが特徴のクラッシュクラッシュのMONIKAⅡを採用しています。このふたつのアイテムを置くだけで、モロッカンテイストを感じることができます。

さらにモロッコスタイルの特徴となるのが、宮殿をイメージさせる提灯のような形のモロッコランプがあります。MALLEE-PENDANTというシーリングライトが、ちょうどモロッコランプに近いものとなります。そしてテーブルとソファの下にフランセル円型140φというラグマットを敷くことで、イメージするものに仕上がっています。

インテリアの色に関しては、落ち着いた印象を受けるブラウンを基調としています。ブラウンにも様々な色調がありますが、今回はモロッコで富や財産を守ってくれるとされるイエローを帯びた色合いにしています。

テレビボードもテーブルやソファと同様に、脚の長いタイプを選んでいます。製品はテーブルと同じ東谷のSTN-333としています。金属製の脚がモダンスタイルを感じさせます。

ベッドスペースのポイントは天蓋

インテリアコーディネート|ベッドスペース|名古屋|アーデン春岡

宮殿をイメージさせるモロッコインテリアでは、ベッドに天蓋というのも定番です。とはいっても、今回のようなワンルームタイプのお部屋で天蓋というわけにもいかないので、カーテンを利用することにしました。

カーテンはスミノエのD-7161、綺麗なブルーが印象的な製品です。モロッコインテリアではブルーやホワイトも、爽やかさを演出するものとしてよく取り入れられます。そしてこのカーテンの下を開いて左右でまとめることにより、まるで天蓋のような形にすることができます。ベッドもこのカーテンに合わせて、ブルーの関家具のウッシーを選びました。シンプルなデザインなので部屋も広く感じさせることになります。

インテリアをまとめるポイント

インテリアを決める上でポイントになるのは、落ち着いた雰囲気の中に刺激を受ける個性を持たせることです。今回はあまり馴染みのないモロッコスタイルを取り入れていますが、このような独特な雰囲気が専門性の高い仕事に携わる方には人気があります。そして色合いを工夫することで、落ち着ける雰囲気も醸し出せるようにします。このバランスをいかに取るかが重要なポイントと言えます。

終わりに

今回は美容師の方に提案したインテリアになりますが、同じように創造性を感じさせるような部屋を希望される方の参考になるかと思います。モロッコスタイルは実は押さえておけば良いポイントが決まっているので、誰でも取り組めるインテリアではないかと思います。

今回ご紹介したお部屋はこちら

名古屋市千種区「アーデン春岡」

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

名古屋のデザイナーズマンション賃貸

Pocket

ダークトーンの中にメリハリを演出したインテリアコーディネート事例

インテリアコーディネート|シエルブルー栄

Pocket

今回のご依頼は、ダークトーンでまとめた部屋をご希望のお客様からの案件です。単身赴任されている方ですが、予算は10万円とのことで10万円セットプランで提案させていただきました。

どのような雰囲気にまとまったのか

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

まず家具は全体的にダークトーンにして、統一感を出せるようにしています。ただし全てが同じ色調となってしまうと部屋全体が重い雰囲気になるので、カーテンは明るめの色を選んでいます。

今回のお部屋は建具やリビングの床が濃いダークブラウンとなっています。その色調に合わせた家具を選びました。インテリアの基本は、統一感を出すために同系色でまとめることです。ダークブラウンの同系色はビビッドなレッドや暖色系のオレンジです。それを踏まえて、今回のインテリアを考えてみました。

基本はブラウン・アクセントカラーにレッド系

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

まず家具は基本的にブラウン系でまとめています。テレビボードはダークブラウンの東谷のSO-1120を、ローテーブルも東谷のSO-100を選びました。ガラストップとすることでスタイリッシュ感を演出しています。このふたつを同じメーカーにすることで、色調を合わせることができます。ソファは少し赤身を帯びたブラウンで、レザー調の佐藤産業のASHBYをチョイスしています。

ここでひとつチェックポイントがあります。テレビボードとローテーブルは足の無いタイプを、ソファは足のついたタイプを選んでいます。足が無い家具は重厚感を生みますし、逆に足があれば床との間にスペースが空いて軽さを感じることができます。少し明るめのソファは足つきにすることで、あまり部屋が重い雰囲気にならないようにしています。けれどもそのソファに座って正面を見ると、テーブルとテレビボードの重厚感を楽しむことができるようになっています。

ローテーブルの下にはラグマットを敷いていますが、こちらはアクセントを出すためにグレー調のモリヨシのショアという商品を選んでいます。濃いブラウンの床に同系色のラグを置いてしまうと、重い雰囲気になってしまいます。けれどもグレー系のラグを置くことによって、部屋の統一感を失うことなく雰囲気を重くしないようにできます。

カ―テンはオレンジ系で

インテリアで大事なのは、アクセントカラーをどのように使うかということです。メリハリを持たせつつも統一感を出すために、メインカラーの同系色を選ぶことになります。そこで今回はカーテンにアクセントカラーを取り入れて、部屋全体が重い雰囲気にならないようにしています。選んだ商品はカズマのプレーンを、明度を抑えたオレンジ系のものとしています。

ベッドスペースは窓際に

今回のお部屋は1Kタイプなので、リビングルーム内にベッドスペースを確保することになります。そこでベッドは窓際に置いて、明るい光が差し込む中で目覚めることができるようにしています。リビングスペースはダークトーンに、ベッドスペースは明るめにすることで、メリハリを出しています。ちなみに枕カバーにもアクセントカラーであるビビッドなレッドを採用しています。

部屋に入った時の印象を決めるもの

インテリアコーディネート|リビング|シエルブルー栄

今回、家具の置き場所にもこだわりを持って選んでいます。まず玄関から廊下を通ってリビングに足を踏み入れた時、その目線の先にベランダのサッシがあります。実はこの場所が、部屋の第一印象を決めると言われています。

サッシにはオレンジ系のカーテンを、その目線上に置いてあるソファも明るめのブラウンとしています。つまり、部屋に足を踏み入れた瞬間は、明るい印象を受けることになるわけです。仕事から帰って明るい印象を受ければ、疲れも癒されるというわけです。そしてソファに座ると重厚感のある家具が目に入り、ゆったりとくつろぐことができます。

終わりに

今回はダークトーンの雰囲気を目指したインテリアとなりました。ポイントは全てをダークな色調にせずに、アクセントカラーをうまく取り入れてメリハリを出すということです。また生活動線を考慮した家具の配置を考えて、カラーを選ぶことも大切と言えます。

今回ご紹介したお部屋はこちら

名古屋市中区「シエルブルー栄」

デザイナーズマンション賃貸/名古屋最大級の専門サイト

名古屋のデザイナーズマンション賃貸

Pocket