色の使い方で「広さ」と「立体感」を演出するコーディネート

ノーブル徳川|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご紹介するインテリアは、50㎡弱の1LDKのお部屋です。決して広くはないお部屋をダイニングとリビングに分けて、生活空間を使い分けたいとのご要望の元に提案させていただいています。また、色の使い方に工夫をして圧迫感を感じないようにしているのもポイントです。

 

 

ダイニングテーブルの位置がポイント

今回の間取りは、リビングダイニングと寝室とに分かれた形となっています。そのリビングダイニングですが、キッチンが部屋の中心部近くに配されています。いわゆるセミオープンタイプのキッチンですが、リビングにいる家族とのコミュニケーションが取りやすいのがメリットとなります。ただしリビングを広く確保できないので、テーブルやソファなどをどのように配置するかが重要です。今回の場合はダイニングテーブルの場所がポイントになります。

 

まず置き場所として選んだのはシステムキッチンの横です。これでキッチンスペースとリビングスペースを分けることができますし、キッチンからダイニングテーブルまでの動線もしっかりと確保できます。選んだテーブルはHOMEDAYのDT-03-08です。心地よく上質な生活を提供したいとのコンセプトに提供される家具ですが、チェアを2脚置いてちょうど良い大きさとなっています。

 

ノーブル徳川インテリア|ダイニングテーブル

 

ダイニングテーブルはスペースが空いていれば、ついモノを置いてしまうものです。それを避けるために、食事のために最低限必要な大きさで選んでいます。チェアは同じHOMEDAYのDC-156-Fですが、パイプ製のために圧迫感を感じさせない存在感となっています。

 

 

すっきりとした印象にするコツ

今回のご要望は、ダイニングスペースとリビングスペースをきっちりと分けながらも狭さを感じさせないというものです。そのために、部屋全体をすっきりとした印象にする必要があります。そのためには色の配色に気を配ることになります。

 

そこでダイニングテーブル以外は寒色系でまとめています。上品な印象も欲しいのでグレーを多く使っています。ダイニングチェアやソファ、ローテーブルは同じグレーで統一し、カーテンも明るめのグレーとしています。ラグには白のラインを取り入れることで、若干明るい雰囲気となっています。ソファとTVボードを縦に配することで、横のダイニングスペースが視界に入りにくくしています。これだけで同じ空間でありながら、集中してリラックスできるようになります。

 

使用したインテリアは、ソファがNDstyleのTETTOベンチ、ローテーブルも同じくNDstyleのAM-LT100となります。TVボードはHOMEDAYのLV-85-165、ラグはスミノエのレチェGYです。カーテンもスミノエのD-7111/7538としています。

 

ノーブル徳川インテリア|リビング

 

 

ベッドは寝室にあまり家具を置いていないので、少し存在感を感じさせる黒のサンコウのカールを選んでいます。リビングダイニングと寝室との間に、エルノックスのシルヴェィアという個性的なスタンド照明を置いています。シーリング照明も同じエルノックスのカプスを設置しています。

 

ノーブル徳川インテリア|ベッドルーム

 

 

シンプルながらも落ち着いた雰囲気に

今回のお部屋は収納が十分に確保されているので、収納家具はあまり用意していません。そのためにすっきりとしたシンプルなインテリアを実現できるわけですが、あまり無機質にもしたくないものです。そこで同じグレーでも、色のトーンを変えることで室内に変化を感じさせるようにしています。

 

あまりに同系色でまとめてしまうと、かえって落ち着かないものです。そこで色の明るさを変えることによって、室内に立体感をもたせるようにしているわけです。

 

 

終わりに

今回は部屋を広く見せるための色使いがポイントとなっています。上品な雰囲気を演出させるためにグレーを使い、さらにそのトーンを変えることで落ち着ける雰囲気も感じるようにしています。シンプルな部屋にしたいけれども、どうしても単調になってしまうという場合には参考になるかと思います。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/tokugawa_mansion/b/

名古屋市東区「ノーブル徳川」

 

 

Pocket

ナチュラルな色合いで高級感を演出するコーディネート

TOURNEY名駅|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回インテリアのご依頼をいただいたお部屋のご要望は、高級感を感じるものとなります。お部屋は広めのワンルームで、明るい雰囲気を感じます。そこでその明るさを生かした高級感を演出したものといたしました。

 

ベースカラーはブラウンに

高級感と言えばダーク系の色彩がメジャーですが、明るい上品な雰囲気でも演出することができます。またワンルームのお部屋の場合、黒っぽい高級感を演出すると部屋が狭く感じます。そこで今回はブラウンをベースにして、ナチュラルな雰囲気になるようにしました。

 

45775c89af01fa5328c0575d0984ac0b

 

まずカーテンはサンゲツのAC6263のブラウンを選びました。モール糸を使った上質な生地とシックな色合いが、上質感を感じさせます。ベッドもブラウンのフレームとなる関家具のシティⅡを選んでいます。タモ材を使ったシンプルで上品なデザインが決め手となっています。ちなみに床板はスノコとウッドスプリングの二種類から選ぶことができます。どちらも今回のナチュラルな高級感というイメージに合うものだと思います。

 

他にサイドテーブルとシェルフにもブラウンを選んでいます。サイドテーブルはMKマエダのTMO-030、シェルフは東谷のNWS-603です。ここまでブラウンで統一してきたので、室内の雰囲気にメリハリを出すためにソファはホワイトを、ベッドと同じ関家具のズームという製品を選びました。ラグもソファに合わせて白をベースとしたスミノエのツイスティにしています。テレビボードはこの白とブラウンの調和が取れるようなライトブラウンに、選んだ製品はFISのカーシーとなっています。

 

2DSC_6990

 

ここで白を選んだ理由を説明します。高級感を演出するために必要なのは、ある程度の広い空間です。上質な住空間を作るためにもゆとりのある広さが必要ですが、ワンルームというスペースで広さを感じるために白を選んだというわけです。

 

アクセントカラーはグリーンに

インテリアでの色使いで大切なのは、ベースカラーとアクセントカラーの選び方です。今回のアクセントカラー選びで注目したのは、キッチンのシンクに使われていた明るいグリーンです。緑はナチュラルな雰囲気に合いますし、高級感も演出できます。今回はソファに置いたクッションを、キッチンの明るいグリーンに合わせてみました。ベッドランナーもベッドフレームのブラウンに近い色調のグリーンにして、統一感を保てるようにしています。

 

目指したのはパリのアパルトマン

インテリア作りでは誰でも苦労するものです。今回のような高級感をテーマにした場合、家具には注力するけれども空間作りがうまくいかずに、求める雰囲気が出ないというケースも少なくありません。そこで他のインテリアを参考にするのも良いかもしれません。

 

例えば今回のように、ワンルームでナチュラルかつ上質な高級感を演出する場合はどうでしょう。これはヨーロピアンスタイルが近いですし、フランスのアパルトマンが参考になります。狭い部屋が多く、それでもエレガントな雰囲気を出しています。今回のインテリアは寝室となるスペースをベッドの後ろにして、普段は視界には入らないようにしています。そしてソファに座って視界に入る家具に注目して欲しいと思います。

 

DSC_6960

 

まず存在感を感じないサイドテーブル、淡い色合いのテレビボード、そしてお気に入りのアイテムを飾れるシェルフなどがテーマとなるナチュラルな高級感を生み出しています。このようなアイテムの使い方は、アパルトマンインテリアから学ぶことができます。絵画やサンスペリアといった観葉植物も、ちょっとした雰囲気作りに貢献しています。

 

終わりに

いかがでしょうか。高級感は決して、重厚な色合いで演出するものとは限りません。このようにナチュラルな色合いでも、上質な雰囲気で高級感を演出することができるというわけです。

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/tourney_meieki/d/

名古屋市西区「TOURNEY名駅」

 

 

Pocket

都会的な重厚感にエレガントさを加えたインテリア

アルテミス|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご紹介するインテリアは、重厚感を感じさせる雰囲気がテーマとなります。とは言っても、ダークな感じにならずにお洒落感も生み出せるような仕上がりを目指しています。

 

今回のお部屋の特徴

今回インテリアのご依頼をいただいたお部屋は、35㎡ほどの1DKタイプです。1人でお住まいになるには十分すぎるほどの広さとなります。

 

お部屋を拝見して目に留まったのは、主寝室の壁一面に備えられたクローゼットの扉です。黒に近いダークな色合いと白い壁のコントラストが重厚感を感じさせました。そこでインテリアのテーマも、重厚感を感じるようなお洒落な雰囲気としました。

 

3

 

とは言っても、完全にモノトーンにせずにお洒落感の割合を増やしたいと思いました。フローリングの色が明るく、その色合いを生かしたいと思ったからです。そこで、使う色は白と黒の他に、深い色合いの緑を取り入れました。黒と緑の組み合わせはエレガントさを感じさせます。緑の彩度によっては、芸術的な雰囲気も感じることになります。都会的な重厚感にエレガントさを加える、そんな雰囲気に仕上げることができるわけです。

 

ポイントは緑の使い方

黒と緑は都会的であり、エレガントな雰囲気を演出します。そこで、どの家具に取り入れれば良いのかという話になります。

 

今回のテーマはあくまでも重厚感なので、ソファなどに緑を入れると、その重厚感が薄れてしまいます。そこで、主寝室のインテリアはあくまでもモノトーンを基本としています。ソファを白に、ローテーブルとベッドを黒にしました。そしてソファに座った正面が、壁一面のクローゼットという配置になります。さらにラグも黒をベースとしたデザインを選びました。そして深い緑色をカーテンに採用して、部屋の雰囲気にアクセントを添えています。カーテンはサンゲツのEK554です。これはオーダーカーテンなので、バルコニーのサッシと壁の窓でデザインを揃えることができました。

 

3

 

さらにモノトーンによる緊張感を和らげるために、ベッドにも緑を取り入れています。ベッドスローの色を光沢感を抑えたエメラルドグリーンにすることで、和らいだ印象とゴージャス感を演出しています。

 

色の使い方と部屋の印象の決め方

ダイニングからバルコニーに目を向けてみると、壁一面のクローゼットの色が濃い割には圧迫感を感じないと思います。これはソファを白にしているからです。さらに奥にベッドを置いて緑のベッドスローを敷いておくことにより、暗い印象を受けずに重厚感を感じることができるのではないかと思います。

 

2

 

ここで選んだ家具をご紹介します。まずベッドは関家具のスピナです。スピナは国内最高環境安全基準の素材を使用し、ドイツ製のウッドスプリングとのダブルクッションで包まれるような感触となっています。

 

ソファはFISのオズを、ローテーブルはMKマエダのコレットを選んでいます。このテーブルはガラスの天板を使い、中はディスプレイスペースとなっています。お気に入りのコレクションを収納しておくことができるので、見て楽しめるテーブルとなります。ソファは足がついたタイプなので、スマートな印象を与えます。これが重厚感を感じさせながらもお洒落な雰囲気を与える効果を演出します。

 

家具のレイアウトのポイント

今回のお部屋は1DKですが、ダイニングスペースにはテーブルなどを置いていません。主寝室との境は引き戸なので、扉を開けば広い空間にすることができます。そこで主寝室にローテーブルを置いて、ダイニングとの一体感を感じるようにしています。重厚感を感じるには、ある程度の広さを確保する必要があります。狭い空間の中をモノトーンで決めてしまうと、どうしても圧迫感を感じるからです。

 

終わりに

今回は壁一面のクローゼットからインスピレーションを得て取り組みました。部屋の個性を生かすようにしてテーマを絞ると、無理のない暮しやすい空間を生み出すことができます。このようなアプローチも、インテリアのひとつのポイントと言えます。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

 

http://www.style–plus.jp/bukken/artemis/a/

名古屋市西区「アルテミス」

 

Pocket

照明とゾーニングで優雅な雰囲気を演出するコーディネート

カスタリア伏見|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回ご紹介する案件は、優雅な雰囲気を目指したインテリアです。照明と空間の使い方に注目していただければと思います。

 

部屋のコンセプトを決めるまでの流れ

今回インテリアのご依頼を受けた部屋を見た時に、まず、どんな方向性でいくかを考えました。

 

注目したのは、玄関から居室に続く長い廊下と、バルコニーの横に位置する居室につながる空間です。玄関からの廊下には十分な収納がありますが、この空間を生かすのは難しいと思えました。さらにバルコニー横の空間も、広さは決して広くないのでどんな用途に使えば良いか迷うところです。けれどもこの空間は、ゆとりを生むものであると捉えた時に、コンセプトがまとまりました。優雅な雰囲気を感じる部屋にしよう、というものです。

 

まずは照明選びから

コンセプトが決まったところで、まずインテリアの主となるものを決めます。

 

DSC_6300

 

優雅な雰囲気となれば、照明の使い方もポイントになります。まずシーリングライトをはずしてダクトレールを取り付け、スポットライトを設置しました。このスポットライトは向きを自由に変えることができるので、部屋の中に陰影を生むことができます。

 

さらに卓上ライトを設置して光量を確保すると共に、室内に表情を持たせるようにしました。けれどもこのお部屋はワンルームなので、食事や就寝などあらゆる生活活動をひと部屋で行うことになります。そこでもうひとつ、何か照明を取り付けたいと考えました。そこで選んだのは、エルックスのシルヴィアスチールです。北欧はデンマークの照明ブランド、VITAの製品ですが、この独特のフォルムが求める雰囲気にピッタリだと感じました。

 

ゾーニングのポイントについて

今回のお部屋は広めのワンルームなので、ホテルのちょっとした贅沢な雰囲気も取り入れたいと考えました。幸いにも廊下に十分な収納量のクローゼットがあるので、生活感を感じるような収納家具は置いてありません。

 

唯一、ベッドルームを作るための仕切りとして、ユニットシェルフを置いてあります。そして本格的なシステムキッチンが配されているので、ダイニングスペースもしっかりと確保しています。ただし、テーブルはあまり存在感を全面に出したくなかったので、色はホワイトの1人用で奥行があまり無いタイプとしています。

 

DSC_6272

 

メインとなるリビングスペースには、ラグマットを敷いてゾーニングを意識しています。ソファはNDスタイルのシエスタ、ローテーブルも同じくNDスタイルのアルマです。NDスタイルは2015年にグッドデザイン賞を受賞したソファなどを扱っている、神戸ファッションマートなどに直営店を持つインテリアショップです。

 

ベッドルームは奥のスペースに確保しています。決して広いスペースではありませんが、壁の上部に窓があるので閉塞感はありません。また天井にはダクトレールを伸ばし、スポットライトでライティングしているので、ゆっくりと休める空間を演出しています。

 

2

 

 

こだわりの空間について

今回のコンセプト作りのポイントになった、バルコニー横のスペースについてご紹介します。南に面した非常に明るい空間ですが、さほど広くないので使い勝手に悩むかもしれません。そこで今回はテーブルとチェアを置いて、ちょっとした書斎のような空間にしています。

 

3

 

独特のフォルムを持つコンパクトなテーブルが、今回のお部屋のコンセプトを象徴するものとなっているのではないかと思います。スタイリッシュでありながらも、木の足がどことなく安心感を与えてくれます。優雅でお洒落な空間でありながらも、ゆっくりとくつろげる雰囲気を確保しています。

 

終わりに

今回のお部屋の雰囲気、いかがでしょうか。細かく生活空間を分けているにも関わらず、何となくゆとりを感じるのではないでしょうか。一見すると無駄に見える空間を、心のゆとりにつながるように演出してみました。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/lexington_husimi/b-/

名古屋市中区「カスタリア伏見」

 

Pocket

木のぬくもりが安らぎを感じるカントリー調インテリア

RESIDENCE丸の内七間町|インテリアコーディネート|名古屋

Pocket

今回お届けするインテリアはカントリー調をテーマにしたものです。木のぬくもりを感じるような部屋作りを目指す方のお役に立てるかと思います。

 

カントリー調のインテリアのポイント

今回ご依頼を受けたお部屋は、キッチンのデザインからカントリー調のお部屋が似合うのではないかという発想を得ました。フローリングもパイン材のような淡い色合いなので、木のぬくもりを感じるような雰囲気作りを目指しています。カントリー調といえば、パイン材ですよね。そこで今回、パインの無垢材を使ってハンドメイドテイストを醸し出しているインテリアブランドから家具を選んでみました。

 

3DSC_1063

 

ベッドとテレビボードをmamというブランドの商品から選んでいます。ベッドはカモミール、テレビボードはmalberryという商品です。そしてソファはナチュラルなライフスタイルを提案する、noraというブランドから選んでいます。実はmamはnoraから生まれたブランドでもあるので、共に同じような雰囲気を感じるというわけです。

 

家具の配置について

今回のお部屋は1LDKなので、リビングルームとベッドルームが分かれています。それぞれに家具をレイアウトするわけですが、部屋全体の統一感を失わないように注意しました。

 

2DSC_1056

 

幸い、リビングとベッドルームは引き戸で仕切られているので、戸を開けば一体感のある空間にすることができます。そこでベッドは戸を開いても見えにくいところにセッティングして、リビングからバルコニーまでの一体感を感じるようにしています。収納はウォークインクローゼットがあるので、他に収納家具は置いていません。他にも理由はありますが、それは後でご説明します。

 

ローテーブルの下には大きめのラグマットを敷いて、暖かみのある雰囲気をさらに高めています。また部屋の片隅に折り畳み式のパーティションを置くことで、カントリー感を演出しています。

 

 

インテリアで余白を作る理由とは?

こちらのお部屋はウォークインクローゼットがあるので、特に収納家具は置いていません。けれども理由はそれだけではなく、あえて余白を作っています。

 

北欧調インテリアもそうですが、このような木のぬくもりを感じるお部屋というのは、暖かみのある小物などを置きたくなるものです。そしてそのためには、さらにお気に入りの家具も欲しくなったり・・・つまり、モノが増えるということです。もちろん、あまり窮屈になるほど詰め込むのは良くありませんが、気に入ったもので囲まれたいという欲求が出てくるんですね。そこであえて余白を残しています。これで完成ではなくて、ご依頼者様のお気に入りの家具などを入れて満足度がさらに高まるようにと、色使いなども工夫しています。

 

6697e2c78ecae3a7b0e4d1a316323219

 

あまり色数を増やすと、今後増える家具の色を限定することになってしまいます。かといってあまりに同系色でまとめてしまうと部屋に締まりがなくなります。今回はテーマがカントリー調なので、基本は淡い木目の色としています。そしてアクセントカラーとして濃いブラウンの丸テーブルを置いています。メインのローテーブルはチェリーのLT-80で、色は白にしました。

 

その他のインテリアのご紹介

今回採用した、その他のインテリアをご紹介します。まずスタンド照明はエルックスのHARVE、ラグマットは東谷のTTR-117を選びました。カーテンはスミノエのD-7151です。ベッド周りの小物もライトカラーで統一していますが、カーテンは濃いブラウンにして寝室を落ち着いた雰囲気にしています。デザインも重厚感のあるドレープにしています。

 

6710613772cae9b5ea6c2417be518229

 

終わりに

いかがでしょうか。カントリーの基本はパイン材の木材家具を置くことです。それだけでも雰囲気を醸し出せますが、大事なのは適度な空間作りです。そして余白部分にどんなお気に入りの家具を置くかによって、さらに満足度は高まることと思います。

 

 

今回ご紹介したお部屋はこちら

http://www.style–plus.jp/bukken/amano_syoji_project/c/

名古屋市中区「RESIDENCE丸の内七間町」

 

 

Pocket